なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おことわり
2007年09月02日 (日) | 編集 |
退院して、早3ヶ月が経ちました。
相変わらず、歩けません

入院前は、手術をして退院する頃には歩けるようになると思っていた。
退院時は、掛かっても1~2ヶ月もすれば歩けるようになると思っていた。
でも現実は、3ヶ月経っても歩けない。

なかなか治らない自分の足に、苛立ちと焦りを覚え
更には、このまま治らなかったら、どんな人生が
この先待ち受けているのかと冷静に考える自分まで現れ出しました。

書きたいことは色々あるのに、最近はブログを更新する気持ちに
なれずにいました。

そもそも、赤ちゃん待ちのことを綴ろうと思って始めたこのブログ。
最近は、その趣旨に合わない内容ばかりになってきています。

ブログを始めた頃は赤ちゃん待ちのことだけを
記事にしようと思っていました。
それが、甲状腺のことや不正出血のことで
思うように治療が進まなくなり
赤ちゃん待ちのことだけでは、記事が書けなくなり
治療が思うように進まないことへの焦りや不安を記事にし
自分の趣味のこと、日常生活のあれこれを
記事にするようになりました。

治療のことが書けなくても、そこに向う自分の気持ちだったり
日常のことを書くことで、いずれは治療をして赤ちゃんを授かる道へ
繋がる記録になると思っていたから・・・

でも今の時点では、いつになったら目指すべき治療に戻れるのか
全く検討がつきません。

きっとこのブログを見に来てくださっている方たちは
赤ちゃん待ちをしている方が大半だと思います。

赤ちゃん待ちのこと、私の経験を少しでもお役に立ててもらえたらと
思っていたのに、今の自分じゃ何の役にも立っていない・・・

いっそうのこと、このブログは一旦休止にして
新たに、膝の治療を主な内容にするブログを
立ち上げようかとも考えました。

でも・・・
今の時点でこのブログを休止にするのには踏み切れない自分がいます。

いつか赤ちゃん待ちができる状態に戻れると信じたい。
そして、いつかきっと 赤ちゃんを授かりたい。。

ブログを休止することでなんだか諦めてしまうような気がして・・・
まだまだ諦めたくない自分がいます。


このブログを見て下さっているみなさん、いつもありがとうございます。
まだしばらくは、膝の治療のことが中心になると思いますが
その点は、どうかご了承ください。


いつもコメントを下さるみなさん、ありがとうございます。
みなさんの温かい言葉にどれだけ救われているか分かりません。


こんなブログですが、よかったらこれからも遊びに来てください


こんなこと、改めて書くことではないのかもしれないけど
ずっと気になっていたことなので、書かせてもらいました。
スポンサーサイト
膝の病院
2007年08月20日 (月) | 編集 |
8月13日の診察のことを書いていなかったので紹介します。

硬膜外ブロック注射を3回打った尾てい骨の上辺りが腫れていたので
MRIを撮ることになっていました。

MRI、あの音だけは何とかならないものでしょうか
耳栓がうまくできていなかったようでうるさいのなんのって!!
治そうにも一旦始まると動けないので、そのまま我慢しました

結果は、何も問題ありませんでした。

じゃぁ、何故に腫れているの? ということになりますよね!

先生に聞いてみましたが、注射の後が腫れているだけで
MRIで問題がないので大丈夫だということ。

寝転んで腫れている部分にあたったら痛いので、心配は少しありますが
先生が問題ないと言っているのだからと半ば強引に
自分を納得させました。

テシプールを飲み始めてどうかという話になり
はじめの3日ほどは副作用がひどくて、眠気、倦怠感、めまいに
悩まされたけれど、徐々にマシになってきたこと、
痛みに対しては、まだ効果があるかどうかは分からないと説明。

先生はテシプールの量を増やしたかったみたいですが
副作用があるのでもう少し今の量で様子を見ることになりました。

前回の診察で硬膜外ブロックを打たなかったのですが
打っても打たなくても足の痛みは変わりがなかったので
結局、注射は中止になりました。

次回の診察は、3週間後の9月3日。

あー長い。。。


注射の打つ位置を変えてから始まった痺れは
ひどかったときよりはマシになりましたが、相変わらずあります。

常時痺れているという訳ではなく、朝は感じないけど
リハビリの後、家事などで動いた後、夕方~夜にかけて足が疲れた頃、
患部を冷却しすぎた時などに痺れが起こるような気がします。

一旦、痺れ出すとしばらく痺れています。
注意深くいつまで痺れているか確認していないので
よく分かりませんが・・・

先週病院に行ったときは、テシプールを飲み始めて1週間でしたが
今日は更に1週間経っているので、副作用は随分マシになりました。

お昼寝はしたりしなかったりで、夜もダンナが帰って来るまで
待っていられるようになりました。

足の痛みに対しては、どうなのかな?
注射を打っていた頃よりは、若干マシなような気がしないでもない、
微妙なところ。

薬の効果かどうかは分かりませんが、毎月生理前に出る不正出血が
テシプールを飲みだして1週間くらいから止まりました。
抗うつ剤だから、ストレスが軽減されてそうなったのでしょうか?
自分では気持ち的に楽になったとか、全く感じていないので
テシプールの影響なのかどうかは定かではないのですが・・・


この薬の効果ではなくて、別のことで驚くことを発見しました!!!

友達と電話で話したり、Oさんと電話で話したりすると
その直後からしばらく痛みが 全く消える のです!

このことに気づいたのはテシプールを処方された週のこと(8/6以降)。

友達と久しぶりに電話で2時間も話しました。
電話をする前は痛くて歩けなかったのに、途中から杖なしで
歩けるようになっていました。

偶然かと思いましたが、同じようなことが何回もあり
きのうもOさんと電話で話した後、同じように痛みが全くなくなり
歩けるようになっていました。

話すということで、ストレスが緩和されて痛みを感じなくなるのか
詳細は定かではないけれど、なんだか不思議なことが起こっています。

ダンナもその姿を目の当たりにしてビックリしていました。

ということは、テシプール(抗うつ剤)の量を増やすということは
いい効果が得られるかもしれません。

次回の診察はまだ先ですが、先生に相談してみようと思います
痺れは何なの?
2007年08月08日 (水) | 編集 |
6日の月曜日に膝の病院に行ってきました 

前回の記事で書いていたように、先週打った注射の後
2,3日後から膝下や足の甲、指などに痺れがあり
今までにはない症状だったので、先生に聞いてみました。

先生によると、この痺れは良い兆候なのか、悪い兆候なのか
分からないとのこと。

私のような症例は少なくて、データがないので
判断がつかないそうです 

注射初回から3回目まで起こった睡眠障害、頻尿が
先週の注射後には、なかったことも話しましたが
話を聞いてもらっただけで、特に何も言ってもらえませんでした。

滑膜炎だけなら歩けなくなることもないし
仮に歩けなくなっていたとしても、1,2週間で治るはず。

痛みが引かなかったり、歩けなくなっているのは
明らかに何かが原因があるはずなんだけど、それが分からないのです。

今後の治療についてたずねてみると
硬膜外ブロック注射は効果がなくても、1~2ヶ月は行うものらしく
私の場合も、あともう少し続けるそうです。

6月19日から始めたので、そろそろ2ヶ月が経ってしまうのですが・・・

今回の注射は、痺れも出ていることなので
やめておくことになりました 

あと、今後の治療法として考えられるのは、脳に働きかけること。

痛みを感じるのは脳なので、痛いと感じることを感じにくくする為に
薬を使って働きかけようということみたいです。

それで今回は、抗うつ剤の テシプール という薬を処方されました。
[続きを読む...]
切り替えスイッチ
2007年08月04日 (土) | 編集 |
ここ3,4日、かなりブラックな生活を過ごしていました

禁酒もダイエットも、全く頑張る気が起こらず
我慢していることが苦痛になり、一気に爆発しちゃいました

それもこれも、この間の注射の効果が全く見られないというのが理由。

注射当日の睡眠障害や頻尿がなかったのは、よかったけど
全くもって回復の兆しが見えない

しかも、今までなかった症状が現れ出しました。

痺れ です。

膝下から足首にかけて、なんとなくビリビリした感じ。
ふくらはぎ側は、何も感じない。

足の甲から指先にかけて、正座をした後に足が痺れるようなあの感覚。
これまた足の裏には感じない。

歩くのは、杖を使っても痛くて辛いから、椅子での移動がほとんど。

拭き掃除は、いつも椅子に座って、前かがみになってするんだけど
それをすると足も痛いし、頭にも血が上ってフラフラになるので
できない。

ダイエットはしばらく休憩して、好きなものを食べようにも
買いにも行けない。

4月から歩けなくなって、それからず~っと思うように動けない生活。

買い物に行けない、遊びに行けない
実家でゆっくりすることもできない。
いつも家のリビングにいる生活。

手術前よりは、最低限の家事と家の中、玄関先くらいまでなら
自分の意思で動けるようになったものの、リハビリを頑張っても
通院を頑張っても、最近は、前に進んでいる感じが全くしない。

いつまでこの状態が続くんだろ?

硬膜外ブロック注射も効果がなければ続けるのは、よくないみたいだし
この先どうなるのか、不安と苛立ちで自暴自棄になっていました。

お酒を飲むと余計に痛くなると分かっていながら、ビールに焼酎まで
飲んでしまいました。

そんな自暴自棄の私をみて、ダンナは帰りが遅くて疲れているのに
何も言わずに抱きしめてくれました。

お酒を飲んだら痛くなって悪循環なのに、そのことには一切触れずに
今まで、私が好きなお酒を我慢していたことを知っているので

今日は、たくさん飲んだんやなぁ。 
こんなに飲んだのは、久しぶりやなぁ。 


とニコニコしながら、私の頭を撫でてくれました。

そして元気が出るように、甘いものを買ってきてくれたり
仕事を切り上げて早く帰ってきてくれたりもしました。

ダンナが仕事から帰ってきてくれるだけで、心が軽くなります。
抱きしめてもらうと、びっくりするほど元気になります。

本当に感謝感謝です。


1ヶ月の内に最低2回くらいは、こんな気持ちの落ち込みが
やってきます。

ストレスは膝の治療にもよくないと思うけど、必ずやってきます。

そろそろヤバイなーって時に、気持ちの切り替えスイッチがあったら
どんなにいいだろう。

好きなことをしたり、音楽を聴いたり、テレビを見たり
楽しいことを考えたりすればいい、なんて思うけど
しんどいときって何もする気が起こらないのよねー。
しかも、やってみても楽しくないし。

切り替えスイッチ 魅力的でしょ?
病院ハシゴ
2007年07月31日 (火) | 編集 |
きのうは、甲状腺と膝の病院に行ってきました 

甲状腺の病院は神戸、膝の病院は大阪です。
朝、7時半に出発して、家に帰ってきたのは、夜の7時でした。

膝の病院は、3時ごろには診察も終わっていたのですが
ダンナの仕事が終わるのを待っていたので
こんな時間が掛かってしまったんですけどね。

ダンナの運転で連れて行ってもらって甲状腺の病院では車椅子 
膝の病院では松葉杖で移動したけど、それほど動いていないし
待ち時間は椅子に座っていたので、疲れることは何にもしてないのに
家に帰ると、頭はクラクラするし、足は痛いし、体は疲れ果てて
全く何もできませんでした。

家にいる生活が続いているから、体力が相当なくなってるんですね。
実感しました・・・

さて、病院でのことですが、甲状腺は前回から薬の量が増えて
様子をみることになっていたのですが、薬が効きすぎて
今度は、数値が低くなりすぎていました

難しいですね・・・

で、また薬の量を前の分量に減らして、様子を見ることに。

私の症状は、妊娠を望まないのであれば、薬は不要なので
膝の治療がもう少し時間が掛かるなら、甲状腺の薬は
一旦やめてもいいと言われたのですが、歩けるようになったら
すぐにでも婦人科へ通いたいので、薬は続けることにしたのでした。

白血球の数値は、相変わらず標準より少し低かったのですが
膠原病ではないので、問題ないとお墨付きをもらいました 
低いといっても、まだ許容範囲だそうなので、大丈夫みたいです。

念のため、甲状腺と膝のことが関係あるか聞いてみましたが
『関係ない』 とのこと。

少し安心しました

血液検査の詳しい結果は後日アップします


次は、膝の病院でのこと。

先週の注射は効果がほとんどなく、週末ほんの少し出掛けただけで
痛みは最高潮になり、松葉杖で歩くのも困難なほどになっていました
そのことを先生に話すと、注射を打つ方法を変えてみることに。

今までは、仰向けに寝て、尾てい骨の上辺りに打ってもらっていたのが
今回は、横向けに寝て体を海老のように丸め、腰(ウエストの少し下)
に打ってもらいました 

注射の中身や打つスピードも今までと変わりなかったそうですが
なんだか、長い間打たれている感じがしました。
打った直後の薬液の広がり具合もいつもより広く感じました。

10分安静にしたあと立ってみると、両足がピリピリ痺れたような
感覚があり、これも今までは感じたことありませんでした。
先生曰く、問題はないそうです。

それとビックリしたのが、いつも注射当日は悩まされる
睡眠、排尿障害が全くありませんでした。
就寝後、必ず3時間で目が覚めるのが、今回は朝までぐっすり 
注射を打つ場所を変えたせいなのか、よほど疲れていたのか
定かではありませんんが、いつもと違う感じでした。

今回、注射を打ってもらう時に発覚したのですが
今まで注射をしていた付近が腫れているとのこと。
MRIを撮る必要があるそうです。

どういう心配があるのか聞けなかったので、よく分からないのですが
2週間後、MRIを撮ってもらうことになりました。
(来週は予約がいっぱいで無理でした)

家に帰って鏡で確認すると、10センチ四方くらい腫れていました。
ダンナにも見てもらいましたが、目で見てすぐに分かるほどでした。

今までは気付かなかったんだけど、気付いてみると
なんだか痛いような感じがします。 何なんだろ??

それと、気になっていたことを聞いてみました。

ビールを飲んだり、入浴したりすると痛みが出るのですが
新たに、気温が高すぎると痛みがひどくなっていることが
分かりました。

先週、暑い日があったけど、頑張ってクーラーなしの生活をしていると
チラッとブログでも紹介していましたが、週末、クーラーをすると
少し痛みがマシになったような気がしました。

どうやら血の巡りがよくなると痛みが出る感じなので
先生に相談してみましたが、先生は予期していない内容だったらしく
入浴も飲酒も問題ないはずなのにと仰っていました。

気になるようなら、飲酒も入浴も控えた方がいいという回答だけで
なんだか、しっくりいかない感じでした。

さて、きのうの注射の効果ですが、現時点では、ほとんど無し。

どうやったら治るのか、わけが分かりません
がまん、がまん。
2007年07月26日 (木) | 編集 |
毎日暑いですねー

こんな時は、キンキンに冷えたビールをぐいっと 

いいですねー


あ゛ーーー 飲みたいーーー!!!


夕方から、飲みたい気持ちをぐっと我慢しております

何故って、飲むと、てきめんに痛くなるんです

痛くなるけど誘惑に勝てず、それでも、たまにビール1本くらいは
飲んでいたのですが、次の日が動きにくいのなんのって・・・

痛みの悪循環が起こるから、痛みの出ることは
極力してはいけないことが分かった今、飲むのは絶対よくありません。

しかも、月曜日に注射をしたのに、いつものように楽になりません 

打つ前よりは若干動きやすくなったものの、なんだかなーという感じ

こんな時に飲んだら自殺行為だ。
せっかく週1で病院に通うことになったのに、意味ないやん!!


必死で自分に言い聞かせ、ようやく飲みたい気持ちが
治まってきました。

今までは、飲んだら痛くなるんだし、絶対よくないんだからと
自分で自分にブレーキがかかっていました。

でも、絶対飲んだらいけないんだということが分かってしまうと
不思議なもので、どうしても飲みたくなってしまいます。

きのうは、ダンナの晩酌をひとくち拝借のつもりが
ビールを3口、焼酎ロックを4口ほど飲んでしまいました

これくらいなら、今まで翌日調子が悪くなることはなかったのですが
今日は、かなりひびいてしまいました 

ルイボスティーを飲み始めて、便秘解消かと思いきや
ここ3日ほど調子が悪いのと
ダイエット中で好きなように食べられないこと
注射をしたのに、痛みが思うようになくならないこと
毎日暑いこと(ダンナがいない時はクーラーなしで頑張ってます

色んなことがストレスになったんでしょうね。

ヤバイヤバイ  
もう少しで飲んでしまうところでした

まっ、そのうち我慢しきれず飲んでしまうでしょうけど
今日のところは、踏ん張りました 
病院行ってきました
2007年07月24日 (火) | 編集 |
先週の土曜日は、手術をしてちょうど2ヶ月でした。
早いですね~。 

きのうは、膝の病院に行ってきました 

前回の記事にも書いていたように、注射の後1週間くらいは
調子がいいけれど、だんだん痛みが増して、元の状態に戻らないと
先生に話しました。

やはり 痛みの悪循環 が起こっているようです。

膝の痛みの原因となりうるものは、手術で取り除いているのに
まだ歩けないのは、先生にもよく分からないようです 

ただ言えることは、手術前からも色々な薬や注射を試してきたけれど
現在行っている 硬膜外ブロック注射 が 一番効果があるので
これをしばらく続けるしかないようなのです。

そこで、注射の間隔をもっと短くしてはどうかと提案してみました

今までは3週間に1度でしたが、今後は1週間に1度のペースで
注射をしてもらうことになりました 

1週間なら、痛くなってもすぐ相談できるので、安心です 

それと、気になっていたことをもう一つ聞きました。

外出すると痛みがひどくなるなるけれど、動かないと筋力もつかないし
歩行訓練は積極的にするべきかどうか。

日常生活は普通に送らないと、筋力が落ちてしまうので必要だけれど
膝に痛みが出るのような運動は避けたほうがいいとのこと。

痛くなると、痛みの悪循環を招いてしまうので
やっぱりよくないみたいです 

やるなら、プールでの歩行訓練がいいと言われました。
水の中なら膝に負担が掛からないので、すごくいいそうです。

膝に負担が掛からないという点では、自転車もいいのですが
乗り降りの際に足を使うので、痛みが出てしまう可能性があるので
やめた方がいいとのことでした。

プールかぁ・・・
でも一人では行けないし、何よりプールサイドを松葉杖をついて
歩くなんて、考えただけで怖い

一般の人と同じように足の悪いものが使えるかどうかも分からないし
リハビリとして、プール使用ができるかどうも分からないから
調べてみる必要があります 

でも今の状態では、プールサイドまで行くのに多少歩くだろうから
それだけで、痛みが出てくる気がします。
やっぱり難しいかなぁ


さて、きのう打った注射の効果ですが
今のところそれほど出ていません。

いつも2日後くらいから、徐々に楽になってきます。

しばらくは週末の外出もせず、家でのリハビリを頑張ろうと思います!

最近は、午前中に1回、40分程度しかやってないから
回数を増やして、頑張ってみよう 

週に1回診てもらえるというのは、かなりの安心材料になるので
これを励みに頑張りまーす 
気にしない気にしない
2007年07月17日 (火) | 編集 |
みなさん、週末は連休だった人も多かったと思いますが
どのように過ごされましたか?

前回の記事で、「この週末はボチボチ頑張る」 なんて
書いていたのですが、だいぶん頑張っちゃいました。

結局、3日とも出かけたんです

土曜は、散髪 
日曜は、コンタクト購入  ドラッグストア
月曜は、お墓参り お花屋さん ダンナの実家

こんなに続けて出かけるのは久しぶりで、だいぶん疲れました
それに加えて、今日はものすごく足の調子が悪いです 

歩くと痛くて、杖を使っても、ほんの少し歩くのが精一杯 

いつもそうです。

週末、ちょっと外に出ると、2,3日調子が戻らないんです。
痛いからといって出かけないと、いつまで経っても歩けないし
少しづつ、慣らしていくしかないのかなー

なんて思ってはいるものの、今週末で手術から2ヶ月も経つのに
いつになったら歩けるようになるのか?

このまま歩けないのかもしれないという想いが頭をかすめる。

子供づれのお母さんを見て、子供を抱っこして歩く姿、
膝まずいて子供とお話する姿を見て、私にはできないと思ってしまう。

あっ、ヤバイ  ブラックになってきた

痛みが出てきたり、調子が悪くなると
ついつい考えてしまうんだなー

今週末にはリセットの予定なので、また勝手に
周期の計算をしたりして、次の周期も治療は無理か・・・ 
とか考えてしまう 

ダメですねー

いかん、いかん、ついつい悪い癖が・・・


気にしない、気にしない、一休み、一休み
軽~い
2007年07月14日 (土) | 編集 |
久しぶりに髪を切りに行きました 
行ったといっても、ダンナに連れて行ってもらうのですが・・・

いつも行く美容院は、私とダンナの共通の友達がやっている
(正確には任されている)ところで、いつもダンナと一緒に行きます。

ダンナは毎月髪を切るので、私が一緒に行かない時もありますが
私は2ヶ月に1度なので、行く時は一緒にいくという訳なのです。

が、今回は足のことがあったので、4ヶ月も行っていませんでした。

生え際は黒くなってるし、髪も伸びて、増えて、ボッサッボサ
下ろすなんてとんでもない!!!という状態でした

もともと肩こり症なんですが、髪が重くて余計にコリがひどくなって
美容院でも 『ありえないくらい肩こってますよ』 
なんて言われちゃいました

長さはそれほど切っていないのですが、量感を軽くしてもらったので
頭が軽~くなりました 

色も落ち着いてよかったです 


さて、最近の膝の具合ですが、痛みは随分マシになってきました。
家の中なら松葉杖なしで歩けるようになり
階段も片松葉だけになりました。(今までは松葉杖と手摺り)

膝の熱感もひいてきて、1日、8~10回くらい冷却していたのが
5~6回になりました。 

以前は、朝起きるとすぐに冷やさないと動きにくかったのですが
今は、朝食後、しばらくしてからで になりました。

雨続きで、調子は良くないはずなのに、結構いい感じです

こんな風に書いてると、すっごく回復してて
そろそろ前みたいに歩けるんじゃないの? なんて思ってしまうけど
外出するとやっぱり甘かったと実感します。

週末は、必ず1回はダンナと出かけるようにしています。

花屋さんや、洋服屋さん、色んな店舗が集まっている
集合モールのようなところなど。

毎週、外出の時間を徐々に延ばしていき
先週は、1時間半くらいに挑戦したらもうヘトヘト  

ずっと歩いているわけではなく、休み休みなんだけど、それでも
足も疲れりゃ、体も疲れるという感じで、帰ったら横になる始末 

その後、しばらくは足の調子も悪くなったから
先週はちょいと頑張りすぎました

家では、結構スタスタ歩けるようになってたから、
いけるんじゃないかと思ったんだけど、まだもう少し無理みたい。

今週末は、お墓参りや、ちょこっと買い物など
ボチボチ頑張りたいと思います 
膝の病院へ
2007年07月04日 (水) | 編集 |
きのう、膝の病院へ行ってきました 

来週の予定でしたが、不安だったので1週間早めてもらいました。

以前の記事に、2週間前に 硬膜外ブロック注射 をしてもらい 
劇的な効果が2日間続いた後、また痛みが出だして悪化してきたと
紹介していました

その後、幸いにも痛みの程度は注射を打つ前ほどには悪化せず
筋力もついてきて、悪かった右でも片足立ちができるようになり
調子がいいと、リビングでは杖なしで歩けるようにまでなりました

階段も今までは手摺りと松葉杖を使って、1歩づつ足をそろえないと
無理だったのが、上りに関しては、1歩足を出して、次の1歩は
次の階段に足を出せるようになりました。
また、手に何か荷物を持っているときは、手摺りは持たずに
松葉杖だけで上り下りをできるようにもなりました 

これらのことを先生に報告すると、硬膜外ブロック によって
効果が出ているから、今後もこの治療を続けていくことになりました。

この治療が効かなかったら、内科的な病気の可能性があると
言われていたので、ひと安心です

そしてこの治療の効果があったということは、腰に痛みの原因が
あるのかもしれないということで、腰のレントゲンを撮ることに。

いろんな角度から撮ってもらい、先生の説明を仰ぎました

少し骨の間隔が狭い感じだけど、これくらいなら問題ないと
言ってもらえました。

あー よかったぁー

ほっとしました 

その後、硬膜外ブロック注射 を打ってもらって
前回と同じ交感神経系のお薬を出してもらい
次回の診察は3週間後ということになりました。

前回の注射のときもそうだったんだけど、注射を打つと腰の辺りが
じんわり温かくなって、歩くと足がフワフワした感じになります。

そして、睡眠と排尿に多少障害が出ます。
前回と同様に睡眠は3時間くらいしか取れず、頻尿気味になりました。

今朝は3時にトイレに行きたくなり目が覚めた後、眠れませんでした。
5時まではベットの中で何とか寝ようとねばりましたが
限界になったので、起床しました。

これらの障害は、前回も注射当日だけだったので
もう今夜は問題ないので、ご安心を

注射を打って1日経ちましたが、今日は雨ということもあり
少し痛みがキツイです

また、劇的な効果があるのかとチョット期待していましたが
きっと、天候の影響もあるし、その日の状態にもよるんでしょうね。

こうやって一進一退を繰り返し、快方に向ってくれると
信じたいと思います

杖なしで足踏みができるようになった私を見て
きのう看護師さんにも言われました。

随分良くなりましたねぇ。 よかったですねー。
初めは車椅子だったもんね~。


そうなんです

全く歩けなかったのが歩けるようになってきたんだもん 

多少痛みが増しても、凹まず、頑張っていきまーす 

いつも応援して下さる皆さま、本当にありがとう  
硬膜外ブロック その後
2007年06月26日 (火) | 編集 |
先週の金曜日に、実母がお見舞いに来てくれました。

我家に来るのは、これで2回目です。
1度目は父と車で来てくれましたが、今回は母だけで
電車で来てくれました。

精神的に参っていたときと比べると、随分元気になっていたのですが
やっぱり来てくれると嬉しいものですね

いっぱい話ができたし、心がとっても落ち着きました


さて、先週の火曜日に硬膜外ブロック注射をしてもらって
今日で、ちょうど1週間が経ちました。

実は初めの2日、びっくりするほどの回復ぶりを見せてくれたんです

リハビリをすると、いつもは痛くて上げにくかった右足も
スムーズに上がるし、今まではどう頑張ってもカクンと膝が折れて
無理だった片足立ちが右足でできました

やっぱり効果出てるのかなぁなんて半信半疑だったのですが
それが確信に変わる出来事が・・・

なんと、階段を松葉杖なしで、手摺りをつかむだけで
上り下りができたんです!!

そして、家の中なら松葉杖なしで歩けるようにまで、なったんです 

もう、嬉しくて嬉しくてたまらなくて、一刻も早くダンナに
言いたかったんだけど、ダンナが帰って来るまで内緒にしておいて
帰ってきたら、びっくりさせようと黙っていました。

そして、ダンナが帰ってきたら

こんなことできるようになったよ!!

と言って、歩いて見せました。

ダンナはびっくりして、めちゃくちゃ喜んでくれました。

これなら、もうすぐにでも歩けるようになると2人で大喜びしました。


が、喜んだのも束の間・・・


その次の日から、徐々に痛みが増していき
松葉杖なしでは歩けない状態に、また戻ってしまいました

注射の後、2日間は晴天だったこともあり、劇的な回復振りを
見せたようで、3日目からは雨続きで痛みが出てきてしまい
また、『痛みの悪循環』 がやってきたのかもしれません。

その後は、日に日に痛みが増しており、まだ注射を打つ前よりは
マシだけど、だんだん近い状態になってきました。

次の診察は7月10日なので、まだまだ先です 

できれば、もっと早めに診てもらいたいんだけど・・・

硬膜外ブロックは、明らかに効果があったし
この注射を続ければ、治ってくれるかもしれません。

早く先生に相談したいです。


日曜日にリセットしました。

先月は、極端に量が少なかったけど、今回は、いつもより量が多くて
かなりフラフラしています 

昨日も今日も横になっていました。
明日には、楽になるかなぁ?

いつになったら、治療再開できるんだろ?

早く歩けるようになりたいなー
硬膜外ブロック
2007年06月22日 (金) | 編集 |
先生曰く、まだ痛みが続いているというのは、交感神経(*)
優位に働きすぎて、痛みの悪循環 が 起こっているのでは
ないかとのことでした。

まずは、硬膜外ブロック が どのような治療法なのか
説明しますね 


硬膜外ブロックとは、脊髄を覆っている一番外にある硬膜の外側にある
空間へ、局所麻酔薬などの薬剤を注入し、部分的に神経を麻痺させ
神経の興奮を抑え、痛みを和らげることです。 

痛みがある部分は、血管が収縮し、神経への酸素や栄養を
与えにくくなり、そのことが更に神経にダメージをあたえ
痛みを増強してしまうという悪循環を繰り返しています。

硬膜外ブロックは、痛みを和らげ、同時に神経への血流を改善させ
弱っている神経へ酸素や栄養をあたえ、神経が治るのを助けます。

長く続く痛みの多くは 痛みの悪循環 に よって生じることが
分かってきました。

 
<痛みの悪循環とは>


痛い → 痛い局所の血管が収縮 → 痛い部位に栄養や酸素が行かない
→ 痛みを起こす疼痛物質が溜まる → 痛い


というように、いつまでも痛みが続く状態となります。
痛みが持続する主因は循環障害と考えられています。


<痛みの悪循環を 断ち切る>

神経ブロック療法は痛みを取るだけでなく、血管の収縮に関与している
交感神経(*) の 緊張も解きほぐします。

血管は拡がり血流は改善し、疼痛物質を運び去り、筋肉の収縮・緊張を
取り去るため、痛みが起こりにくくなります。

神経ブロックの効果が一時的なものではなく、局所麻酔薬の
作用時間以上に長く続くのは、このような 痛みの悪循環
断ち切るためだと言われています。


(*)交感神経 について、詳しく知りたい方は こちら から。


この注射、次回の診察の時から始めるのかと思いきや
先日の外来で早速することになり、怖かったのですが
ブッスリやってもらいました 

うつぶせの状態で、腰とお尻の間くらいにしてもらいました。
そのまま動かず、10分待機して終わり。

足がフワフワするような感覚になるらしいけど
しばらくすると治まるので問題ないそうです。

案の定、歩くと足が浮いた感じがありました。
血の循環が良くなり、腰の辺りがじんわり暖かくなりました。

薬もロキソニンから ノイロトロピン という 交感神経に働きかける
薬に変わりました。

ロキソニンの副作用、めまいや吐き気は、胃が荒れていることが
原因でした。 なので、胃薬も追加で処方してもらいました 

さて、効果や如何に
退院後 3週間目
2007年06月21日 (木) | 編集 |
梅雨に入ったというのに、連日いいお天気で雨の日に比べると
痛みが断然マシで、気分も爽快 

座って足を上げる運動が、右足でも、やっとできるようになりました。

どう頑張っても、痛くて全く上げられなかったのですが
なんとか工夫を凝らし、椅子に足を置いてその椅子をずらして
数秒耐える、というのを痛みを我慢しつつ繰り返していると
数日したら、なんと、できるようになったのでした

我ながら、ニンマリ 


19日(火)は、退院後、初めての外来でした。

片方の松葉杖をついて、ゆっくりゆっくり痛そうに歩いてくる
私の姿を見て、先生は

う~ん・・・ 

入院前よりは、歩けるようになったけどぉ・・・

う~ん・・・  でも、入院前は全く歩けなかったもんなぁ・・・


きっと、私がもっとスタスタ歩いてくるとでも
思っておられたかのようでした。

まずは、自分で調べた怖い病気でないかを確認。
(難しい病名なので、あえて名前は出しません)

リウマチも含めて全て違うとのこと。

では、私の病名は一体何なのかを尋ねると

滑膜の増殖は、滑膜が炎症を起こしたもの、いわゆる滑膜炎。

滑膜炎としては、手術所見も他のリウマチなどの所見に比べると
非常に軽い。 しかし軽いからといって、それが病気でないかというと
そうでははない。 

なぜなら、花見に行ったぐらいで歩けなくなるのは
通常では考えられないから、病気だという認識で間違いない。

増殖した滑膜を除去して、痛みとなりうる原因を取り除いたのに
現時点で痛みが持続していて、歩けないという現状を考えると
滑膜炎だけが原因かどうかは、ハッキリ言えない。

今後、整形外科の範疇でできることは、硬膜外ブロック注射と薬を
変えてみて、全く効果がなければ、他に原因がある可能性があるので
その場合は、内科で診てもらうことになる、とのことでした。

で、最後の砦、硬膜外ブロック注射に挑戦することになりました 
近況報告 退院後 1~2週間
2007年06月21日 (木) | 編集 |
入院中のこと、まだまだ、いっぱい書きたいことがありますが
今日は、近況報告をしたいと思います!

6月2日に退院して今週末で3週間になります。

そして、今日は、ちょうど手術の1ヵ月後にあたります。
5月21日が手術の日でした。

早いですね~。

退院して初めの1週間は、まだまだ痛みも強く、少し動くと
めまいや吐き気に襲われ、日中も横になることが多かったです

2週間目は、体力も若干戻ってきて、洗濯や料理など家事も
できることが増えました

めまいや吐き気、倦怠感なども時々はありましたが
回数が減ってきました。

リハビリは毎日欠かさずやっているのに、相変わらず
右足には重心が置けない・・・ カクンと膝が折れてしまいます。

それでも、寝た状態での足上げは、退院直後には痛すぎて
上がらなかった右足も、なんとか頑張って上げ下ろしが
できるようになりました。

しかし、梅雨に入り、痛みは増す一方。
痛いと動きにくいし、精神的にも参ってきます。

滑膜増殖について入念に調べ、情報量が極端に少ない中
また別の怖~い病気を見つけてしまいました 

自分は、コレなんじゃないか?
退院して2週間にもなるのに、まだ全然歩けない・・・
どこにも出かけられないし、一人じゃ何もできない。

ふと、このまま歩けないかもしれないという不安が募る。

そんなときに聞こえる窓の外から、赤ちゃんの泣き声。

こんな状態だったら、不妊治療にも通えない。
私は、赤ちゃんを授かることができないんじゃないか・・・
仮に歩けるようになっても、また滑膜増殖が再発したら・・・

なんで、私ばっかり、こんなことになるの?
赤ちゃんを授かる治療すら受けられない。
痛い・・・ 思うように動けない・・・ 歩けない・・・

いつになったら治るんだろう?
本当に治るんだろうか?
また再発したら・・・

そんな中、友達からの妊娠報告。

もう気が狂いそうでした。

ダンナは、仕事で疲れてヘトヘトになっているのに
泣きはらした私の顔を見て慰めてくれる。

なのに、

私の気持ちなんて分からない!!
どうしたらいいの? どうしたらいいの?


取り乱してばっかりで、挙句の果てにはダンナをひどい言葉で
怒らせてしまう。

最悪の日々でした。

母と話をしたかったのですが、声を聞くと泣いてしまうから
ずっと我慢していました。

そんな中、比較的、気分が落ち着いている時に実家へ電話。
なんでもない話をしようと。

でも、出ない・・・ 21時過ぎでした。 もう寝ているのかな?

まぁ、いいやー、仕方ないな。

5分後、家の電話が鳴りました。

母でした。

さっき、電話した?

まるで、テレパシーのようでした。

普通に話そうと思っていたのに、号泣してしまいました。

ダンナに不安なことをいっぱい話しても、ダンナも仕事で
疲れているから、いっぱいいっぱいだし、
私、壊れる寸前だったんでしょうね。

その日は、母に話を聞いてもらい

落ち着くまで、しばらく実家に返ってきなさい。

と母は優しく言ってくれ、私も、そうするつもりでした。


次の日・・・


自分でもビックリするくらい落ち着きを取り戻し、元気になりました。

実家に帰るつもりでしたが、よく考えると、実家には
トイレにもお風呂にも手摺りがないし、ベットもないし
今の私の状況だと、どう考えても無理だと分かり、断念しました。 

でも、帰らなくても大丈夫なほど、心が元気になったので
母にもそのように電話で伝えました。

母ってすごいですね。 本当に痛感しました。

そんなこんなで、退院後2週間目は最悪でした~
久しぶりに
2007年06月18日 (月) | 編集 |
きのう、退院後、初めて外出しました 
といっても、車に乗せてもらって、お花を買いに 

母の日のプレゼントもできていなかったので、父の日のプレゼントと
一緒に母にも送ろうと思って。

それから、自分用のお花も少し買って
久しぶりに園芸を楽しみました 

外出したのは、1時間ちょっとで、歩く距離もお店の中だけなので
大したことなかったのですが、立っているだけでも痛くなってくるから
まだまだだな・・・ なんて感じちゃいました

今回、お花を植えたのは、日々草、クロサンドラ、メランポジューム
ペチュニアの4種類だけ。

いつもなら、もっと大量に買い込むんだけど、お花を選ぶのも
植えるのも、これくらいの量が限界だったから・・・

写真は、後日できればアップしまーす 

最近の体調は、退院したころよりはマシになってきて、
吐き気はなくなりました。

ただ、倦怠感とめまいは、毎日ではないものの
1~2日おきにはある感じです。

膝の痛みも、リハビリの成果も、少しづつだけど
快方に向っている感じかな・・・

明日は、退院後、初めての外来です 

一人では行けないので、またダンナに送迎してもらいまーす
これも原因
2007年06月11日 (月) | 編集 |
めまいと吐き気は、今は落ち着いています。
用事をして、しんどいなと感じたら、横になって
しばらく休むことにしました。
そうすると、だいぶん楽になります

この体調不良に関して他に気付いたのは、倦怠感、眠気もあること。
いくら寝ても、朝、すっきりしていないのです

ここ2ヶ月ほど安静にしていたから、平衡感覚が鈍っているというのも
確かにあると思うのですが、それだけが原因なのか気になったので
薬の副作用も調べてみました

はい、ありました!  ビンゴです  

めまい、吐き気、倦怠感、眠気、全てありました!! 

入院してからは ロキソニン を飲んでいるのですが
どんな薬でも同じだと思いますが、長期服用の場合は
注意が必要だと書いてありました。

そこで、今は1日3回服用しているので、回数を減らしてみようと
今日のお昼は服用しませんでした。

すると、やっぱりです。
少し倦怠感が楽になりました。 しかし・・・
案の定、痛みがひどくなります
1日3回飲んでても、歩くと痛いんだから、当たり前なんだけどね。

今後は、痛みの具合と薬の副作用を考えながら
調整していこうと思います。

今日は、関西は気持ちのいい晴天です
昨日と一昨日は曇ったり雨が降ったりで、スッキリしない天気でした。

この天気、痛みの程度に大きく影響するんです!!

雨の日は痛みがひどくなります。
入院中も雨の日は、みなさん痛くて動くのが辛いと仰っていました。

実際、私も同じで、雨の日は痛みがひどくなります。

詳しいメカニズムは知りませんが、入院中に聞いた話によると
気圧の関係で、痛みにも影響するんだとか。

ほんと人間の体って不思議なことが多いですね。
これから梅雨だっていうのに、先が思いやられるわ・・・
分かっちゃいるけど・・・
2007年06月08日 (金) | 編集 |
6月2日に退院して、明日でちょうど1週間。

手術前はできなかったことが、色々できるようなりました。

花の水遣りは、義母にお願いしていましたが
なんとか自分でできるようになりました。

洗濯も少しづつなら、階段を1段昇っては
洗濯籠を2段くらい上げて、少しづつ進んでいけば
なんとかベランダまでたどり着けて
椅子に座れば、洗濯も干せるようになりました。

入院中に伸び放題になった花の切り戻しや、花柄摘みをしたり
Yシャツのアイロンがけなども挑戦しました。

少しづつだけど、色々できるようになってきたと
ちょっと満足していたのですが・・・

おとといの夜からめまいと吐き気がしていました。
でも、きのうの朝、起きるとよくなったいたので
洗濯やアイロンがけなど、張り切ってやっていたのですが・・・

またもや、めまいが・・・
頭がクラクラしてくるのです  そして吐き気も・・・

これは、入院中にもよくあった症状で、手術後1週間くらいは
少し動くと、こんな調子でした。 麻酔の副作用だそうです。

それにしても、手術から2週間以上経っているのに
麻酔の副作用とは考えにくいんだけど・・・

でも、確かに家事などで動くとしんどくなります。

動くといっても、洗濯を2階から3階に運んで
洗濯を干したり、洗濯をたたんだり。

アイロンなんて、Yシャツたったの3枚!

花柄摘みだって、椅子に座りながらやってるのに・・・

今まで、何でもなかった簡単なことが
今の私にはこんなに重労働になっているなんて・・・

4月からあまり動けなかったもんだから、冬の衣類のクリーニングや
冬布団の片付け、シーツの洗濯。

掃除は、簡単にはダンナがやってくれるんだけど
私がいつもやるみたいに、入念な床の拭き掃除や、トイレ掃除、
棚の埃や、置いているオブジェに溜まっている埃の掃除など・・・

入院中の記録や、入院中に感じたことなど
ブログにもいっぱい書きたいことがあります!

やりたいことがいっぱいあるのに、思うようにできない今の私。

きのうは、PCに向うと気持ち悪かったので
横になって過ごしました。

『無理をしないように過ごす』 
『今は膝の完治を最優先に』


分かっているつもりでしたが
気持ちに体がついていってないんですね。

チャキチャキ動いて、さっさとあれこれ片付けてしまいたいのに
できないことが、すっごくもどかしいです

でも、無理をしたら余計にしんどくなるだけだし
できないことは、できないって、ちゃんと認めなくっちゃね。

『掃除をしなくても死なないんだから(笑)』

入院中に知り合った素敵なおばちゃんが言ってたなぁ・・・

そうそう、今、できなくても、死ぬわけじゃないんだから、大丈夫!

って、ちょっと大袈裟な気もするけど
これくらいの気持ちで、のんびり構えられるようにしないとね!

気持ちを切り替えて、できることを少しづつ!!

こんなことは、頑張ることじゃないんだろうけど
今の私には、これが課題かな
退院しました!
2007年06月04日 (月) | 編集 |
6月2日に退院しました 

入院の翌日、関節鏡手術となりました。

心配していた原因・・・
ちゃんと分かりましたよ

原因は 『滑膜』 という膝を覆っている膜が
異常に増殖していたそうで、それを取り除き
膝の中をキレイに洗うような手術をしました。

術後しばらくは、激しい痛みと微熱、めまいなどがありましたが
1週間ほどで落ち着きました。

退院する頃には、以前のように、歩けるようになるものだと
思っていましたが、なかなかそれほど甘くなかったようで
まだ、松葉杖なしでは歩けません。

でも、手術前よりは、痛みの程度も断然軽いし
なんといっても、階段の上り下りができるようになりました 

リハビリで、手摺りと松葉杖を使って、うまく昇降できる方法を
教えてもらいました。
この方法なら、ほとんど痛みが出ません。

もともと痛みの強かった右膝は、筋力がほとんど落ちていたせいもあり
まだ、歩く時に、真っ直ぐに伸びませんが、左は、筋力も順調に戻り
重心を置けるほどになりました。

痛みは、左の方がマシではあるものの、動くと、まだ両方に感じます。
なので、痛み止めの薬を毎食後に内服しています。

腫れと熱感は、随分マシになりましたが、やはり、まだ少し残っており
1日数回、アイスノンで冷やしています。

まだまだ、元の状態には、程遠いですが
自宅でリハビリを続けつつ、頑張っていこうと思います 

最後に、今回、無事に退院できたのは
多くのみなさんの励ましや温かい言葉のおかげです。
本当にありがとうございました

少しづつではありますが、着実に回復の方向へ進んでいますので
ご安心ください。

詳しくは、追々、記事にしていこうと思いますが
ひとまず、退院のご報告まで。

みなさんのところにも、全然、お邪魔できていなくてごめんなさい。
また、ボチボチと遊びに行かせてもらいますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。