なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お知らせ と ご報告
2008年08月10日 (日) | 編集 |
ご心配をお掛けしております。
ブログの更新も、コメント返しもすぐにできず、申し訳ありません。

最近の私の状況を書かかせてもらいます。

睡眠障害は、8月1日から、4つ目の薬 「ベゲタミンB」 を飲んで
なんとか眠れるようになりました

でも、眠りについても、数時間後には熱感と疼きで
目が覚めてしまうので、冷蔵庫まで行き、アイスノンで冷やします。
今までの薬なら、その後は眠れなかったのですが
アイスノン冷却後も眠れるようになり、体は随分楽になりました。

けれど、この薬は副作用もあるし、薬の説明を読むと
長く飲みたい薬だとは思わないので、1週間だけ飲んで
8月7日から、また1つ前に飲んでた薬、クアゼパム2錠に変えました。

これに変えると、就寝後3~4時間で目が覚めてしまって
熱感を冷やし、その後はほとんど眠れないのが難点なんですけどね~。

睡眠不足から体が辛くなれば、また強い薬に戻したりして
調整しつつ、やっていこうかと思っています。

最近、足の調子は、前回の記事の時よりは少し回復しました

右足が全く自力で上がらなくなるほど悪化してしまったのには
正直、凹みましたが、睡眠が改善されて、自分でリハビリを続けたら
自力で、なんとか上げられるようになりました。
まだまだ楽に上げられるというほどではないので
精進が必要ですが・・・

院内もひどい時期は杖をついていましたが、今は杖なしになりました。
ただ、外出するときは両杖で10~15分ほどしか歩けません。
しかもそれは、早朝5時くらいのまだ日が昇るか
昇らないかという時間帯です。

日中は35度くらいになる日もあり、熱過ぎて外に出られません。
出ようものなら、膝の疼きと灼熱地獄で、即撃沈です

足の調子もさることながら、最近は体の不調が多くてしんどいんです。
メールの返事やブログの更新、コメント返し、お友達へのブログ訪問
いつもならすぐにできることが、できないのです。

なんとか頑張ればできるのかもしれないんだけど
頑張ってやろうとすると動悸がしてしんどくなってしまいます。

そのうち、やりたいこと、やらなければならないことが増えていって
考えると動悸がして、息がしにくくなります。

また、嫌なことを思い出したり、嫌な話を聞いたりするだけでも
動悸がしてきて、息をしても空気が吸い込むにくくなってしまいます。

ブログで書いた病院でのストレスから、不眠になり、動悸、
呼吸困難(息が吸い込みにくく、空気がたくさん入ってこない)
会話疲れ(人と会話するのが億劫で、すぐに疲れてしまう)
などになっています。

家族と電話で話していても、途中で息が切れてしんどくなります。

病院の仲の良い友達と8月初めから、念願の2人部屋になり
環境は落ち着いてきましたが、未だに、人と会話すると
しんどくなったり、動悸がしてきます。 そしてすぐに疲れてしまいます。

今の私の状態はこんな感じです。。

なので、ブログの更新はもちろん、コメント返しすら
ろくにできない状態なので、退院して落ち着くまで
ブログは休止にさせてもらおうと思っています。

とにかく今は治療だけに専念しようと思っています。
入院生活も、いつの間にか2ヶ月を超えてしまいました

1日も早く退院できるよう、それまで治療に専念し
自分でも本を読んだり、自分に合う治療法を考えて
病院の治療以外に、工夫して、ストレッチ、リハビリ、マッサージなど
色んなことを研究しつつ、治療に生かせる方法を自分で考えて
頑張っているところです。

また元気になって落ち着いたら
ゆっくりご報告させてもらおうと思います。

いつも応援してくださっているみなさま、本当にありがとうございます。
みなさんの温かい気持ちから、大きな大きなパワーをもらっています。
私、頑張りますからね!

まだまだ夏本番!
みなさん、夏バテしないよう体調管理には十分気をつけてくださいね。

以上、近況報告とブログ休止のお知らせでした。
スポンサーサイト
疼きと熱感
2008年07月30日 (水) | 編集 |
前回の記事から、もう2週間も経っているんですね~。
全くそんな実感がありません。
相変わらず、低迷は続いており、膝に関しては最悪の状態です。

眠れなくなったのも、ちょうど2週間くらい前からで
眠剤も、マイスリー1錠、ハルシオン2錠、クアゼパム2錠と
徐々にレベルアップしていき、でも、どれを飲んでも
ぐっすり朝まで眠れることはありません。

4~5時間で必ず目が覚め、その後は膝の熱感と疼きに悩まされ
それ以上、眠ることが出来ません。

寝る前には、湿布を貼って、数時間後に目覚めた後は
冷蔵庫で冷やしているアイスノンで、両膝を冷やします。

そうすると、ほんの少しは楽になりますが、劇的な効果はありません。
この熱感と疼きがひどくなり出したのは、前回の記事で書いたストレスも
関係していますが、一番の原因は室温が高いことだと思います。

夜は22時になると冷房が消え、朝7時過ぎにならないとつきません。
さすがに、この季節になると、冷房なしで寝るのは
かなりキツイものがあります。

杖なしで歩けていた頃は、閾値が上がっていたので
入浴時に冷水で患部を冷やすこともなく、室温の高さや湿気にも
熱感や疼きが出なかったのですが
痛みが全身に広がってからは、閾値がぐ~んと
下がっちゃったのも、あるんでしょうね~。

4人部屋なのでカーテンで締め切っているため、空気がこもるので
窓を開けて寝ることも考えましたが、外の音がうるさいかったり
防犯上、やはり怖いというのもあります。

注射も全身にしてもらっていますが、最近は膝の痛い部分に注射を
打つとかなりの激痛で、注射をするのが苦痛でたまりません。
それに加えて、別の場所に注射してもらうのも
今まで痛くなかったところまで、痛くて痛くてたまらない時が多いです。

何なんでしょうね~。 
閾値が下がって、今まで痛みと感じなかったものを
感じてしまうようになったのでしょうか。

首、肩、背中、腰、お尻、膝、大きく分けて痛いところはこれくらい。
あとは、腕やふくらはぎもあるけど、痛みの程度は低いです。

今、一番辛いのは、右膝です。
院内を歩くのも、びっこをひかないと歩けないし
階段も辛いので、エレベーターを使わせてもらっています。

ベットに足を上げるのも痛くて難しくなっちゃいました。
座った状態や、仰向けになった状態でする足上げも
左はできても、右はできないんです

外出はできず、院内を歩くときも手摺りを持ったりして歩いていましたが
痛みがひどすぎる時は、院内でも片杖をついています。

痛みが強くなったせいで、 コカール という薬も飲み始めました。
薬は飲みたくないんだけど、このままでは、どんどん閾値が
下がっていくので、毎食後2錠ずつ飲んでいます。

飲んではいても、効いているのかどうかは
正直あまりよく分からないんですけどね~

眠剤は、あまり効いてくれないけど、4~5時間寝れれば十分かと
自分に言い聞かせ、眠れないと思わず、時間を有意義に
使うような心持で、この痛みが消えてくれるよう頑張るつもりです。

ブログを長い間、放置しているにもかかわらず
いつも見に来てくださって、ありがとうございます。

ブログに書きたいことが山ほどありますが
眠剤が効いていないとはいえ、日中は倦怠感と
頭が冴えないのとで、ぼんやりしていることが多いです。

それと、健忘症のようなことがよくあり、今朝のことが午後には
覚えていなかったり、前日のことが思い出せなかったり・・・。

まぁ、こんな感じで低迷を続けていますが
そのうちまた、絶対浮上しますからね

連休にダンナが来てくれて遊びに行ったり
お部屋の友達と毎日楽しくお話しているので
励まされ、助けられています。

先生も『絶対良くなるからね』と言ってくださいます。

本当に心強い有難いことばで、心が救われます 

また前のように、杖なしで歩けるようになれると信じて頑張りま~す

いつもいつも応援してくださってありがとうございます
低迷してます。。
2008年07月16日 (水) | 編集 |
毎日暑いですね~

関西よりは、こちらは随分過ごしやすいですが
それでも日中は30度を越えていて
外に出ると、とろけちゃいそうです

入院して、そろそろ1ヶ月半を迎えようとしています

先日の記事 『やっちゃいました』 で、調子が悪くなったと書きましたが
その後、2週間経った今も低迷期が続いています

今から思えば、無理をして歩いたのが悪いのではなく
なるべくしてなったのだと思います。

今まで1年以上歩けなくて、歩き始めたので
使っていなかった筋肉が疲労を起こして筋肉痛となり
健康な人なら、2、3日で治るところが、私の場合は
今は病気なので、なかなか治らないのだと思います。

繊維筋痛症。。

まだまだこの病気としては、軽い方だから希望を持って
治療に臨まなければと、頭では分かっていても
つい2週間前には、杖なしで歩けていたのに
今は、両杖で10分~15分。。

膝下は疼くし、治まっていた熱感も出てきてちょっぴり疲れています。

痛みは、体中に広がりました。
肩、腕、胸、首、背中、腰、お尻、股関節、太もも両側面
膝、ふくらはぎ、足首、足の甲・・・

数えだしたらキリがありません。

注射を全てのところに打ってもらうのは、無理なので
特に痛いところ、1回40箇所くらいを
1日2回、打ってもらっています。

杖なしで30分歩いた後の1週間くらいは
股関節と臀部が痛くて、少し歩くのも辛かったのですが
今はその辺りは良くなってきました。

今、辛いのは、肩、背中、腰。 
背中の痛みが強いときは、肋間の辺りも痛くなり
呼吸が、しづらくなることもあります。
夜もあまり眠れません

それから、今低迷を続けている理由は
同室の方へのストレスがものすごく大きいです。

4人部屋で、1人は以前から何度も紹介している
仲のよいお友達なのですが、あとの2人が年配の方で
こちらが常に気に掛けなければいけないような感じなんです。

4人部屋のメンバーも私とお友達を除いて
あとは、何人も入れ替わっています。

こんなことを言うといけないのでしょうが
正直、今が一番しんどいです

それなりに距離を置けばいいのは分かっているのですが
放っておけないような発作を起こしたり、痙攣が始まったり
高熱が出たり、ここは分娩室かとういうような叫び声が聞こえたり。。

この病院は完全看護ではなく、看護師さんも忙しいので
私ともう1人の友達が看護師のように、動かざるを得ないことが多く
いつも気に掛けなければならないような状態で
2人とも病気が一気に悪化してしまいました

できることなら、2人部屋に移動させてもらいたいのですが
空きがないので難しいようで、このままの状況が続けば
治るものも治らないような気持ちになってきます。

自分の調子が良ければ、他の人のことも
助けてあげられるんだけど、今は、何かしようとすると
動悸がしてしまい、しんどくなってしまいます。

これからは、その方たちとは、なるべく距離を置くようにして
自分の時間を持って、気分転換をできるようにしようと思っていますが
部屋が変わるか、メンバーが変わらない限り
なかなか難しいことなのかもしれません。

この低迷期がいつまで続くのが分かりませんが

きっと治るんだ!!

と、信じて頑張りたいと思います。

もっといい報告がしたかったのですが、最近は、こんな感じです

まぁ、こんなときもあるさ! と自分に言い聞かせて
這い上がっていきますよ
一時帰宅
2008年07月10日 (木) | 編集 |
先週の週末に、2泊3日で一時帰宅をしてきました

一時帰宅を決めたときは、ものすごく調子がいいときだったので
杖なしで帰れるかな~と思っていたのですが・・・
両杖での帰宅となっちゃいました

ダンナが会いに来てくれたときは、杖がないと歩けなかったので
杖なしでスタスタ歩けるところを見せたかったのにな~

土曜日の13時半頃に到着しました
田舎のスローライフにどっぷり浸かっていたので
町行く人の多いこと、歩くスピードが早いこと

そして、何より あ~つ~い~ 

病院では、日中はクーラーがついていますが
夜は、クーラーなしで長袖で布団を着て眠れます

大阪に着いた瞬間、もう蒸し風呂状態

用事がいっぱいあったので、自宅には戻らず
買い物やダンナの実家への挨拶など用事を済ませて
家に辿り着いたのは、夕食の時間になっていました。

いやぁ~、やっぱり我が家はいいですね~
もっのすご~く、落ち着きます

あぁ~ 帰ったきたぁ!! 

って感じでした。

家の中は、片付いていないかと思っていたら
ダンナがキレイに掃除をしてくれていて
床もピッカピカでした

毎日遅くまで仕事をして、自分のご飯もちゃんと毎日作り
洗濯、掃除、お花の水遣りまで、しっかりとやってくれていました。

毎日のご飯も、私が作るものと同じようなもの
煮物から、洋食、中華、何でも作れちゃうんです。
案の定、その夜も、おいしいご飯を用意してくれました。

久しぶりの家のご飯は、とびっきり、おいしかったです
やっぱり家で食べるのが一番!!

限られた時間で、たくさんの用事をしなければならないので
翌日もその翌日も、朝は5時起きで、フル稼働
洗濯、アイロンがけ、裁縫、掃除、お花の世話などなど。

日中は、美容院に行って、カット、カラー、パーマ
コンタクト購入 メガネのレンズ交換

朝から、晩まで、ず~っと外に出ていました。
夜は、少し作り置きの料理など。。

いや~、それにしても動きまくりましね~

髪の毛は、学生時代はずっとロングだったのですが
ここ10年以上、ずっとショートかセミロングだったんですね。

でも、足を悪くしてから、いつの間にか学生のときのような
腰上くらいまでのロングになっていて
ふんわりパーマをかけてたんです。

で、今回は、少し切るくらいにしようか
肩が凝るので短くしようか、迷ってたんですね。

それが、例のうだるような暑さ
迷わず、切っちゃいました。 バッサリ、肩くらいまで
とっても軽くなって快適です

一時帰宅中は、家の用事をするときは
杖なしですが、外出時は、両杖でした。 

今回、まず感じたことは、以前より格段に体力がついたということ
それから、杖を使っているとはいえ、たくさん歩けるようになったこと

入院する前は、ちょっと買い物について行っただけで
家に帰ると、横になるくらいだったし
スーパーをウロウロすることが、まずできませんでした。

何か買うものを決めておき、それだけを買うようにしないと
足が痛くて持ちませんでした。

今は、少し調子が悪くなっているとはいえ
確実に快方に向かっているのだと実感できました

病院へは、月曜日の午後に戻りました 

病院に戻るとき、今度はいつ帰れるんだろうと思うと
寂しさが込み上げましたが、長い人生のほんの少しの
間だと思って、気合を入れ直しました

また、こちらのスローライフをゆっくり楽しもうと思います
やっちゃいました
2008年07月03日 (木) | 編集 |
先日の記事で、杖なしで17分歩けたと書きましたが
その後、毎日少しずつ距離が伸びて
なんと 30分 歩けるようになりました!

片杖を使えば、1時間 は歩けるようにもなりました!

しかし、歩いた後は、必ず痛み、疼き、熱感が出てきます。

注射をしてもらうと治まるときもありますが、治まらないときもあり
夜に熱感と疼きで寝にくいこともあります。

注射で閾値が上がってきたのは事実だけど
まだまだ、熱感と疼きは消えてはくれないんですよね~。

連日歩いていると、痛みがひどくなってくるので
自制しながら、やらないと怖いな~なんて
思っていた矢先、やっちゃいました

おととい、義母がお見舞いに来てくれて駅前までランチをしに行って
駅前でブラブラした上に、帰りのバスの時間が
うまい具合になかったので、歩いちゃったんです。

杖を持って出かけなかったので、杖なしで20分くらいブラブラして
更に25分歩いて病院まで帰りました。

その日は達成感の方が大きくて、痛みもそれほど
気にならなかったのですが、翌日から股関節が痛くなりだし
今日は腰やお尻にまで痛みが広がってしまいました。
院内を少し歩くだけでも痛く、片杖で10分歩くのが精一杯に…

気をつけないと! と思っていたのに、やっゃいました

しばらくは、散歩も控えておとなしくしておきます

早くまた歩けるようになりたいな。
今度は無理したらダメですね~。

私ってば、すぐにやりすぎちゃうんですよね。 
おバカさんなんだから~

今週末に一時帰宅する予定です。

杖なしで帰れるかなぁと思っていたのに、とんだ誤算でした

自宅に戻って鋭気を養って、また腹を据えて治療に臨もうと思います
足以外の痛み
2008年06月28日 (土) | 編集 |
もともと私は、学生の頃から、ひどい肩こりに悩まされていました。
それが、足を悪くしてから、ものすごくひどくなり
痛くて頭痛を伴うこともしばしばありました。

今の病院に診察に来たときにも、膝の痛みの他に
肩、首のコリを伝えていました。

入院3日目になって、あまりにも痛すぎて我慢できなくなったので
肩と首周りにも注射をしてもらうことにしました。

肩、首、背中、腕の付け根、腕・・・
言い出したらきりがないほどコリがあります。  

肩にも注射をしてもらうようになって1週間が経っても
全くコリは改善しません。

それどころか、昼間に散歩をすると、夕方から夜にかけて
割れるように頭が痛くなって、薬を飲むことも多くなりました。

足がよくなってきたことで、歩く時間が増えて
杖も今までより長い時間持っているので
余計に肩に負担がかかるのでしょうね。。

頭痛は、たくさん動いた日の夕方に決まってひどくなります。
今まで歩けても10分程度だったのが
30分とか1時間とか動けるようになってきて
体がびっくりしたのかな??

そんなこんなで、頭が割れるほどの頭痛を2日ほど経験すると
その後は、そこまでひどい頭痛は起こらなくなりました。

ただ、肩や首のコリは一向に良くならず
肩こりは15年くらいの長い付き合いなので
ほんの数日、注射をしたくらいでは
なかなか良くならないのだと思います。

肩こりがマシにならないことを先生に話すと
体のいろいろなポイントを先生は押し始めました。

何をされているのか、すぐに分かりました。

そう、繊維筋痛症 の圧痛点を調べておられたのです。

18箇所全てを押される前に、自分から言いました。
自分で圧痛点を調べたら、ほとんど全部痛かったことを。。

繊維筋痛症かどうか判断するには
18箇所の圧痛点を 『4kgの力』 で 押して痛いかどうか
が判断基準になるのですが、4kg というのが
どれくらいの力なのか分からないと言うと

握力計を出してくださり、試してみました。
4kgって、ほんのちょっとの力なんですね。
思っていたより力を入れないことが分かりました。

そのくらいの力で押してもやっぱり痛い。。


先生、私、繊維筋痛症なんですか? 


恐る恐る聞いてみました。


そうだね、繊維筋痛症といってもおかしくないね。


ガーン


先生のブログにも書いてあるように
筋筋膜疼痛症候群は、繊維筋痛症の子どもみたいなものだって。

私も繊維筋痛症のごくごく軽い症状が出ているといっても
おかしくないんだろうなとは自分でも感じていたので
ある程度、予測できた答えだったものの
さすがにその日は、あまり眠れませんでした。

まぁ、でも今は薬も飲まずにやっていけているんだから
治療に専念して、まずは足を治し、可能であれば
肩やその他の圧痛点も改善していけばいいかなと思っています。

繊維筋痛症の圧痛点って、実は押せば結構誰でも痛いんですよね。
それが、押して気持ちいいくらいのコリか、苦痛を伴うものかで
違ってくるのかな~なんて、自己解釈しています。

私の場合、繊維筋痛症でも、ステージ1 か ステージ2
という軽い部類だそうです。

あちこち痛いところがあるけれど、確実に足は良くなっています
気楽な気持ちで、痛みと付き合っていこうっと!!
中間報告
2008年06月26日 (木) | 編集 |
早いもので、今日で入院して20日目となりました。

少し前の記事に、目標は、今月末に退院なんて
書いていましたが、とても達成できそうにありません

今日までの治療の成果を書いてみようと思います。

まず、驚くべきは、薬をやめられたこと
今は、便秘の薬以外、痛み関係はな~んにも薬を飲んでいません

入院前は、消炎鎮痛のモービック、ノイロトロピン、
テシプール(抗うつ剤)、セルベックス(胃薬)を飲んでいましたが
入院して2日目でモービックとノイロトロピン、セルベックスをやめ、
8日目でテシプールをやめました。

テシプール以外は、効いている感じがしていなかったので
それほど抵抗はなかったのですが、1回飲まなかっただけで
激痛が起こるほどのテシプールをやめるのは
正直言うと、とても不安でした。

案の定、テシプール以外の薬をやめた影響は
ほとんどありませんでした。 
若干、痛みが出ましたが、耐えられる程度でした。

テシプールをやめた8日目というのは、苔の園と東尋坊に行った日で
実は、結構痛かったんですよね~

入院してから、忘れてしまっていたあの灼熱感、グツグツ煮立った
嫌な感じが出てきて、痛みもジンジン、ズキズキ。。 
安静にしていても、常に疼いていました。

それでも、あの日、あれだけ動けたのは
今更ながら治療の成果なんでしょうね

テシプールをやめたことで、懐かしい疼きと熱感が出たものの
シップを貼って一晩寝れば、翌朝にはマシになりました。

今から思えばタイミングが良かったと思うのですが
ちょうどその頃に生理になり、生理痛の薬を3日間飲んだので
嫌な痛みが随分楽になりました。

その薬というのは、ロキソン です。

この薬は、今までも何回も飲みましたが
膝の痛みには全く効かなかったんです。

それが、今回は効いたんです!!

きっと、トリガーポイントブロック注射の効果が出て
痛みの閾値が、ぐ~んと上がったのでしょうね。

今までは閾値が低くて効かなかったものが
効くようになったのだと思います。

入院してから、ひどい熱感を感じることが少なくなって
冷却することがなくなったのも、閾値が上がったからだろうと思います。

そんなこんなで、今は薬を飲まなくても全然平気になりました
これって、すごいことですよね。 我ながら興奮しちゃいます

そして、歩ける距離も着々と伸びていっています

ちょこっとレポートです


2日目  外を歩いてみるが、数十メートルで断念。

3日目  院内杖なし開始。 右膝が痛くて難しい。

5日目  院内杖なし、左は問題ないが、右は長く歩くと痛くなる。
      両杖7分~15分歩けるようになる。

7日目  院内杖なし、左右とも問題なし。 スーパーで1時間買い物。

8日目  テシプールやめる。 苔の園、東尋坊行く。
      両杖30分歩ける。

11日目 片杖15分、両杖30分歩ける。

13日目 両杖30~40分歩ける。 買い物1.5時間。

15日目 片杖20~30分歩ける。

18日目 両杖で45分歩いてスーパーへ。 その後1.5時間買い物。
      

そして、同じく18日目の夕方のこと。
片杖をついて20分くらい歩いている中で
なんと、杖をつかずに 4分間 歩けました

そして、その翌日19日目の昨日。
朝から杖なし歩きに挑戦すると

なんと!!

17分も 自分の足だけで歩けました

杖なしで歩いたのは、1年2ヶ月ぶり。
なんだか、とても変な感覚で、不思議な気分でした。

そして、入院から20日目の今日。

いつもはバスで来ているネットカフェに、1時間かけて歩いて来ました!
同室の仲良い人と一緒に歩いて、40分片杖、20分両杖という感じで。

目標は、杖なしで30分以上、できれば1時間くらい
歩けるようになりたいと思っています。

無理をしすぎず、少しずつ距離を伸ばしていけるといいな

こんな感じで着実に回復しています。

ブログを通じて応援してくださっている皆さま、その他の友達
いつもいつもありがとうございます。

みなさんの励ましにどれだけパワーをもらっていることか。。
入院は、まだしばらくかかりそうですが、焦らずやっていこうと思います。

入院20日間の中間報告でした。
アロママッサージ
2008年06月18日 (水) | 編集 |
今、入院しているのは20人くらいで、そのうち女性は5人です。
時期によっては、女性の方が多いときもあるそうで、
年齢層は、30代の方が多いように思います。

私の部屋は4人部屋で、2人が年配の方、
1人は同年代の方で看護師をやっておられて
アロママッサージのIFAという国際ライセンスも持っておられます。

その方は、看護にアロマを取り入れたいという思いから
仕事をしながら、学校に通って資格を取られたそうです。

寝たきりのお年寄りの方にアロママッサージをやってあげて
ものすごく喜ばれたそうです。

病院にアロマを取り入れてくれるところは、あまりないようで
それでも、少しずつ広めていきたいとおっしゃっています。

で、その方が、お部屋の方にアロママッサージをしてくださるのです。

体全体を使ってのマッサージなので、その方もしんどいはずなのに
「喜んでもらえることが何より嬉しい」と言って
体調のいいときにしてくださるのです。

私も今まで、2回もしてもらいました
足の指先から太ももまで、両足を前と後ろ
ぜ~んぶを丁寧にマッサージしてくださいます

アロマの香りもいろいろあって
自分に合うものを選んで、あらかじめ相談して、やってくださいます。

いい香りがふわっと広がって、何とも心地の良い気分

本当は、暖かい部屋で、着るものもリラックスできるものにして
音楽や部屋の雰囲気もよくないと、本当にリラックスできないから
残念だとおっしゃるのですが、私には、もったいないくらいの
気持ち良さでした。

その方が私の足を触った感じでは
冷たくて浮腫んでいるところが多いのだそうです。

今まで歩いていないのでリンパも詰まっているようでした。

マッサージをしてもらったあとは、足全体が軽くなって
ものすご~く気持ちがよかったです。

今までは靴下を履くと、浮腫みのせいで
靴下のゴムの跡がくっきりついていたのがつかなくなりました。

サロンなんかでやってもらえば、とても高価な施術のはずなのに
無料でやってくださいます。 何かお礼をと言っても

喜んでもらえるだけで、私もストレスが解消できるの。
喜んでもらえた顔、癒された顔をみることが自分の癒しになるんですよ。


なんておっしゃいます。 笑顔が素敵でその人がいるだけで
パッと明るくなるような天使のような人です。

その方とは、同じ部屋で話もよくするし
気が合うのでとても嬉しいです。

その方がいてくださって、本当に救われています。

こんな方に看護をしてもらったら
本当に患者さんは幸せだろうなと思います。

いい人と巡り会ってよかったなとつくづく思います。
一緒にがんばっていける素敵な方です
トリガーポイント
2008年06月15日 (日) | 編集 |
筋筋膜疼痛症候群は、トリガーポイントという
痛みの元となる場所があります。

そのポイントが直接痛い場合もあるし、関連痛といって
その押したポイントではなく、別の場所が痛むこともあります。

この病院で診てもらう前に、そのトリガーポイントを
自分で触って探してみましたが、どうしても分かりませんでした。

先生にメールで相談したときもそのように書いていました。

しかし、初めての診察のとき先生は

メールでは分からないって言ってたけど
こんなに分かりやすいのはないよ! どうして分からなかったの?


と、笑われました。

いろんな文献を読んでいると、トリガーポイントは
触った感じがコリコリしているものだと思っていました。
それから、タウトバンドという筋肉の帯のようなものが
あるらしいのですが、それも全く分かりませんでした。

初めての診察では、 「ここは?」 「ここは?」
と押される場所が、もれなくすべて痛くて
それが、まさにトリガーポイントだったのです。

膝を痛める人は、加齢で膝の軟骨が磨り減って痛みを感じる人も
私のように、坂道を下ったことで膝に負担が掛かった場合でも
痛めている筋肉は一緒で、主に 内側広筋 という膝のお皿の上から
少し内側にある筋肉を傷めるのだそうです。

軟骨が磨り減った人は手術やヒアルロンサンの注射などをしますが
先生から言わせると、そんなことは必要ないそうです。

軟骨が磨り減っていても筋痛症の治療をすると
痛みはなくなるのだそうです。

と、話がそれましたが、私のトリガーポイントといわれる場所は
数え切れないくらいあって、痛みの箇所も日々移動したりします。

タウト・バンド(TB)は、かたくて痛い筋線維の筋みたいなもので
タウト・バンドの中で最も痛みが強く敏感なエリアが
トリガーポイント( TRP)であり圧痛点(TS)だと文献には書いてあって
はじめはよく分かりませんでしたが、今は分かるようになりました。

はじめは、太もも全体が硬くなりすぎていて
タウトバンドという筋が全く分からなかったようです。

最近、太ももが柔らかくなってきたのが自分でも分かります。
先生や看護師さんにも、太ももがしなやかになってきたとか
細くなってきたとか言われました。

筋肉の凝りが、少し取れてきたところも出てきて
筋肉が柔らかくなってきたことで、タウトバンドと呼ばれる
痛みの筋も分かるようになったのだと思います。

初めの数日は、先生にお任せで注射をしてもらっていましたが
最近は、痛い箇所をボールペンで○をして
そこに注射をしてもらっています。

指でぐっと押すと痛いところがあるんですよね。
押さえれば痛い場所は、数えたらきりがありませんが
その中でも、今日はこの辺と自分で決めて印をつけています。

先生の判断で、印のないところに注射をされることもよくあります。

膝のお皿の下側の痛い箇所にも直接注射をしてもらいます。
あとは、内側広筋という太ももの内側が多いです。

注射の跡、内出血がおおくて、今、私の太ももは
見れたものじゃありませんよ(笑) 

注射をしなくても痛みが出なくなるまでは
まだまだ程遠いですが、ボチボチやっていこうと思います。
ネットカフェにて
2008年06月12日 (木) | 編集 |
みなさま、こんにちは。 今日はネットカフェに来ています

病院の近くにはコンビニが1つあるだけで、スーパーへも
駅前にも1時間に1本の巡回バスしかありません

なので、目的地までぐるっと市内1週しないと着けなかったりと
不便も多いですが、自然いっぱいの空気がおいしい環境です

地元の人は、この病院に全国から集まっていると聞くと
首を傾げられるような、お世辞もきれいとはいえない病院で
先生は休みなく土曜も日曜も注射をしてくださいます。

日曜だけは、午前中の1回だけの注射ですが
あとは1日、午前と午後に2回、人によって打つ場所や数は違うものの
私の場合で言うと、片足10~20箇所、最近は肩、首にも
お願いしているので、全部の数で言うと30~40箇所くらい
1回で打ってくださいます。

それだけ注射するのにも、ものすごく手が痛くなると思うのですが
外来、入院の患者さんに毎日献身的に注射してくださいます。

注射は局所麻酔剤のカルボカインで、固まっている
筋繊維を弛緩させて凝りをとっていくというものです。

こちらに来て、明日で1週間です。
あっという間でした。

一番、効果があるなと感じたのは熱感をもたなくなったことです。
リハビリの後、入浴後、何もしていなくてもこの時期は気温が高いので
1日5回以上はアイスノンで冷却が必要でした。
入浴中は、シャワーだけでも熱がこもって痛くなるので
最低3回は冷水で冷やしていたのに、こちらに来てからは

1度も 冷やしていません。

シャワーの後も大丈夫。
お散歩の後も大丈夫なのです。
たくさん歩くと熱をもつのですが、しばらくすると自然に熱がひきます。

この病院に来たときは院内も両松葉杖でしたが
今は、院内は杖なしで歩いています。
長く歩くと右だけ少し重たくなりますが
結構スタスタ歩けるようになりました。

1日、2回くらいは外に出るようにしていて、お散歩に出かけます。
といっても、両松葉杖で往復15分くらいかな。

頑張れば、もっと歩けるかもしれないけど
歩きすぎて痛めるとよくないので
少しずつ距離を伸ばすようにしています。

書きたいことがいっぱいあるのですが
携帯から投稿するのは肩がものすごく凝ってしまって
しんどいし、ストレスも溜まるので極力しないようにしようと
思っています。

みなさんからのコメント返しも、遅くなったり
みなさんのブログにもなかなかお邪魔できませんが許してくださいね。

今、私に必要なのは、リラックスした状態で毎日を過ごすこと

本当はパソコンもしないのがいいのかもしれないけど
こうやって、ブログを書くこともストレス解消になるしね!

でも、肩が凝るから、どうかな~とも思うのですが
これからも、ちょこちょこ来たいと思います。
いい気分転換にもなるので。。

ではでは、また近況報告しますね。

それと、病院名と先生のお名前はこれから極力出さないように
したいと思います。 今まで記事やコメントにも書いていましたが
入院患者の中にもネットをしている人がいらっしゃるので
私のブログがその方たちに見られると嫌なので
これからは伏せることにしました。 ご協力お願いします。 
今までの記事もイニシャルなどに変えさせていただきます。
伸長性収縮
2008年06月09日 (月) | 編集 |
私が膝を痛めたそもそもの原因は花見で急な坂を下ったこと。 
こんなことで歩けなくなるなんて信じられなくて
どこの医者に診てもらっても首をかしげられるばかりでした。

しかし、先生から言わせれば、それは大いに考えられることなのだそうです。

『伸長性収縮』といって、坂道や階段を上るときより
下りるときの方が膝や太ももには負担がかかります。

簡単に言えば、誰でも経験がある筋肉痛がひどくなって
こんなことになったのです。

急性痛になり、放っておくと歩けなくなるのも
あり得ることなんだそうです。

私の場合は、不妊治療中のストレスや甲状腺低下症、
痛みがひどすぎたことによる痛みの悪循環などから
どんどん悪化していったのかもしれません。

これらの事柄はMPSを発症させたり、悪化させたりする要因ですから。

今まで診てもらったどの医者も筋肉を診ようとせず
筋肉に原因があるとは考えなかったのが
私をここまでにしてしまったのです。

私の今の筋肉の状態は、固まって絡まった
インスタントラーメンのような状態で、無理に解そうとすると
壊れてしまうので、まずは筋肉の緊張を解いて
柔らかい状態に戻すのが大切なんだそうです。

もうひとつ例えると健康な筋繊維は、何本も束ねた輪ゴムが絡まらず
パラパラしている状態で、筋痛症の筋肉はその輪ゴムの束が
ねじれて絡まった状態なんだそうです。

それをほどいて早く健康な筋肉になることを願うばかりです。
ご報告
2008年06月08日 (日) | 編集 |
ご心配をおかけしています。 こちらの病院でのことを
報告させてもらいますね。

携帯からの投稿なので見づらいかと思いますが、御了承ください。

6日は朝7時に家を出て10時過ぎに到着しました  
午前中と午後に2回も診察してもらいました

思っていた通りのいい先生で
筋筋膜疼痛症候群 だと診断して頂きました。

筋肉が凝り固まっているところがたくさんあって
何ヶ所も注射をしました。 片足15~20ヵ所
それを両足に午前と午後に。

こんなにたくさんの注射を一度にしたのは初めてで
正直びっくりしました。

それから低周波の電気やレーザーをあててもらって
マッサージもしてもらいました。

先生からは、しばらく治療すれば絶対治ると言ってもらえました。
本当に優しい先生で話も沢山聞いてくださるし
あらかじめメールで相談していた内容もプリントアウトして
私が行ったら遠いところからご苦労様と言ってくださいました。

それから私の症状も頭に入ってる感じで
どうしてこんな痛みが起こったのか詳しく説明してくださいました。

去年の4月、痛みが出てすぐに診てもらってたらすぐに治っただろうけど
今のように慢性の痛みになったら、少し時間がかかるみたいで
入院することになりました。

まだどのくらいの期間かは分からないけど
遠いところから来てよかったと思っています。

昨日治療してもらって、驚きが山ほどありました。 
とにかく劇的な効果があって、きのうはダンナと一緒に近くの
スーパーに行って休みながらだけど2時間くらい動けました

歩いても痛くならないし、熱ももちません

お酒なんて痛くて飲めなかったのに
6日は生チューに焼酎2杯も飲めたんですよ

それでも熱ももたなかったし、痛くもならなかったんです 
他にもそんな驚きがいっぱい 
初めて治るんじやないかって思えました

ダンナには迷惑をかけるけど治療に専念させてもらうことにしました。

ぼちぼちブログも書こうと思ってるのでよかったら見てください

いつも心配してくださってありがとうございます!

感謝の気持ちを込めて、ひとまずご報告まで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。