なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院1軒目
2008年09月25日 (木) | 編集 |
きのうの記事で紹介しました 『病院三昧』

1軒目の病院は、内科、心療内科、精神科、鍼治療、
気孔などを取り入れている個人病院でした。

あらかじめ、病院の投稿フォームから500字以内でなら
投稿できるとのことだったので、病院に行く1週間前に
自分の症状をまとめて送信していました

500字で今までの症状をまとめるのは大変で、結構苦労しました。

投稿した文章の最後に、メールアドレスを教えていただければ
詳しくまとめた今までの経緯を添付書類として送る旨
記載しておきました。

それから、何日経っても何の音沙汰もなく・・・

病院に行く前日にいきなり電話がかかってきました
連絡先に電話番号も書いていましたが、連絡があるなら
メールだと思っていたので、正直焦りました

口頭で少し経緯や症状を話しましたが
動悸がしてうまく話せないので、メールアドレスをお聞きし

「明日病院に伺いますが、メールをするので確認しておいてください」
と言って電話を切りました。

予約制ではないとのことで、土曜日の午後に行きました。

病院に着くと待合室はいっぱいで
座れない人も沢山いらっしゃいました。
私も座れませんでしたが、親切な方が席を譲ってくださいました。

問診表の記載や精神状態のテストのようなものをしました。

その精神関係のテストは、誤字脱字だらけで
質問の意味が分からないものもかなり多く、少し戸惑いました

1時間半くらい待って、ようやく呼ばれました。
診察室に通されるのかと思いきや、通された場所は・・・

病院の裏口から続く道を出て、しばらく歩いて行き着いた先は
暗いマンションの1室

なんだここは? って感じで、ものすごく気持ち悪い雰囲気。
しかもエアコンもつけてなくて、蒸し暑い。。

私の症状をあらかじめ、把握しておいてもらわないと
話が進められないので、まずはメールの確認

すると、「メールは一切見ていないって」 一言。 
ハァ?? その時点で、もうお話にならないって感じ。。

私の症状は、一口に話せるようなものではないから
どうしようかと思いましたが、それなりにかいつまんで話しました。

でも、先生の反応は分かってるんだか、どうだかって感じで・・・。 

その後は、日本では保険適用にならないけど
ハンガリーなら医療機器として認められてる
何とかっていう機械による治療法で
自律神経を調節します、とか気孔の話とか・・・。

怪し~い、気持ち悪~い話ばっかりしてくるのです。

そして、その医療機器をどうしてもやらせたいのか
「資料を取ってきますからそれだけでも見てください」
と言って、そのマンションの1室を出たまま
10分以上帰ってこないし・・・

蒸し暑いのと、嫌な雰囲気に私の膝は過剰に反応して
痛くて痛くてどうしようもなくなっていました。

そして、やっと帰ってきたと思ったら、持ってきた資料というのは
A4用紙1枚のペラペラの紙

その後、話が噛み合わないので、その医療機器をするつもりはないし
私の症状を診れるかどうかを確認したい旨伝え、話をしていきました。

電話で話した時、私が気になっている精神疾患について
診れるかどうか確認をしたら、診れると言われたので来院したのに
その疾患について、突っ込んで話をすると、しどろもどろで
分かってない感じが一目瞭然でした。 

鍼灸は、その先生が資格をもっていて
施術してもらえるのかと思いきや、別に鍼灸師がいるとかで・・・。

変なマンションの1室に連れ込まれたのも気持ち悪いし
そんなとこで、なんかの施術受けようもんなら
何があっても分からないような怖い感じがして・・・。 

あげく、私の病態を診れるのか突っ込んで話を聞くと
「手に負えないかもしれませんね~。」 だって・・・。 

なんじゃそりゃ!?  

ダンナも一緒に来てくれてたからよかったけど
1人で行かなくてホントよかったです。 

1人だったら、その変な医療機器もやらされていたかもしれません。

てなわけで、退院後 初病院 と意気込んだわりには
とんだヘンテコ病院でした  

いやぁ、ホームページ上では
それなりのことが書いてあるんですけどね~。
行ってみないと分からないもんです。

ハイ却下! 次ーっ!! って感じでした
スポンサーサイト
病院三昧
2008年09月24日 (水) | 編集 |
先週末 20日(土)~23日(火) まで、最近の私にしては大忙しでした

22日(月) は平日でしたが
ダンナが休みを取ってくれ我家は 4 連休でした。

そろそろ新しい治療先にかからないと、身体も悲鳴を上げているので
やっと重たい腰をあげました。

私が考えている今後の治療は・・・

膝、全身の痛みを診てもらう 身体 の治療 と
動悸、息切れ、倦怠感などを診てもらう  の治療。

診てもらう病院は、大きい病院ではなく、個人病院、クリニックなどの
小さいけれど、献身的に診てくれるところ。

少しずつだけど、治療先を探し、目星をつけているところが
数箇所あったので、まずはかかってみようかと。

まずは、20日(土)。 退院後、初めての病院へ
内科、心療内科、精神科、鍼灸、気孔などを取り入れている病院。

心と身体、両方を1つの病院で診てもらえたら
それがベストだと思ったので・・・。 

21日(日) は、実母が退院後はじめて、顔を見に来てくれてくれました。

電話では動悸がして、ゆっくり話せませんでしたが
面と向うと、沢山の話ができました。 
母に入院中のことなど、思いの丈を聞いてもらえ、充実した1日でした。

22日(月) は、かかりつけの甲状腺の病院へ

動悸、息切れ、体重減少は、甲状腺機能が亢進状態時に起こる症状で
甲状腺はストレスに大きく作用される可能性があるので
一度診てもらうのが賢明だと思い、行ってきました。

23日(火) は、トリガーポイント療法を取り入れている鍼灸院

この4日間で 3つの病院に行きましたが、1人では無理なため
全てダンナに連れて行ってもらいました

せっかくの4連休なのに、全部用事で潰れちゃって申し訳なかったけど
少し前進できたので、よかったです

それぞれの病院レポートは、また別の記事で書きますね


さて、最近の私の体調はというと・・・

不眠は、眠剤を徐々に減らし、全く飲まずに眠れるようになりました。

でも、今度は逆に 9時間くらいたっぷり眠らないと頭痛がひどくて
起き上がれない状態がしばらく続き、日中も頭痛がひどい状態でした。

そして、母が遊びに来てくれた日、久しぶりに入院中のことを
思い出したからか、その日から眠れない日が続いています。

今までのストレスを思い出したこと、新しい病院に行くことで
脳が緊張状態になったのでしょうか。

まぁ、必要なら薬に頼り、ボチボチやっていこうと思います。

食欲は、退院後、何を食べても味がハッキリ分からず
食欲もほとんどなかったのが、最近は和食なら
結構食べられるようになりました

連休中、うどん屋さんで1人前を食べることができました

動悸、息切れ、会話疲れなどは、相変わらずで
実母には話すことが出来ましたが、まだ他の人とはゆっくり話せません。
もっとも、実母が帰った後は、少し横になりましたが・・・。

あとは、先ほども書いたように頭痛がひどいときが多いです。
それから、倦怠感や集中力の欠如。

何かをやろうとしても、すぐに疲れてしまいます。 
休み、休み、ゆっくりマイペースにやるしかないですね。

家事は、買い物、食事の準備以外はやっています。
食事の準備も、簡単なもの、体調の良いときはできますが
ダンナがほとんどやってくれています。 本当に有難いです。

まだまだ、完全復活とは言えませんが
退院直後に比べれば、徐々に回復しているのは事実。

こんな風にブログを更新できることがその証拠かな

病院レポートは、また追って報告します。
今日はこの辺で・・・。
おことわり
2008年09月19日 (金) | 編集 |
まず、初めにみなさんにお断りをさせていただきたいと思います。

当初、私が入院をした病院について、病院名やドクターの名前
地名などを公表していましたが、入院後しばらくして
記事上、私のコメントでは、なるべく出さないようにし、
過去の記事に記載のある場合は修正をしました。

しかし、頂いたコメントに固有名詞の記載がある場合は、管理者と言えど
修正することが出来ませんでしたので、そのままにしていたのですが
やはり、修正させて頂くことにしました。

頂いたコメントに、勝手に手を加えていいものか、随分悩みました。

しかし、今後、入院中にあったことをブログに記載するにあたって
やはり、適切ではないと思いましたので、苦渋の結果
修正させていただくことを決意し、そのように修正させて頂きました。

みなさんから頂いたコメントの中に、病院名、先生の名前、地名などが
入っている場合は、一旦、原文通りにコピー&ペーストして
固有名詞の部分のみを修正させて頂き、その後、原文のコメントを
削除させて頂きました。

ですから、コメントを頂いた実際の日付ではなく、修正を行った日が
コメントをした日付になってしまいましたので、コメントの冒頭に
次のような注釈を入れさせて頂きました。

*このコメントは 2008/00月/00日(曜日)○時○分 に頂きましたが、
地名が入っていましたので、その部分のみ修正させて頂きました。
けろっこより。


修正させて頂いたコメントは、ブログ右側の 『Entries & Commnets』
の過去の記事の欄に出ていますが、修正をさせて頂いた方本人には
出来る限り、個々にご説明させて頂きたいと思っています。

これに合わせて、過去の記事に入院先の H Pや ブログ を
リンクさせていた記事がありましたが、リンクも全て解除いたしましたこと
あしからずご了承ください。

本当なら、私が元気になって退院ができ、痛みを抱えた方に
少しでも、何らかの道筋が開けばと思って公表していましたが
今の心情としては、それができなくなってしまい、残念でなりません。

今後、記事を書かせて頂く上で、どうしてもお断りをさせて
頂きたかったのでこのような決断に至りました。

どうかご理解のほど、宜しくお願いいたします。
退院しました
2008年09月11日 (木) | 編集 |
ご報告が遅くなりましたが、3ヶ月の入院を経て
9月4日に退院しました

ブログ休止をしてから1ヶ月が経っていたのですね。
1ヶ月更新しないと、スポンサー広告が出るので
慌てて更新しています  
(更新すると広告記事は消えるようです。)

ブログを休止にする前、その後にも、本当に色んなことがあり
とても辛い思いをしました。

今、ここで全てを書くことは出来ませんが
残念ながら、無念の退院となってしまいました。

以前ブログにも書いていた身体症状、動悸、息切れ、会話疲れなどは
健在で、足も入院前よりは若干マシにはなったものの熱感、疼きもあり、
たったの5分~10分が立っていられないような状態です。
歩くのには、両杖が必要で、連続で歩けるのは10分くらいかな。

でも、入院前に飲んでいた薬は全部止められたし
スーパーで買い物も、少しなら、できるようになったのは進歩です。

ただ、私が望んでいたのは
「杖なしで歩けるようになって帰ってくること!」 

それができず、入院前に無かった症状まで
発症してしまったことは、残念でなりません。

まだ体調が思わしくなく、色々頑張ってやろうとすると
動悸、息切れが激しくなり、なかなか今まで通りとはいきません。

退院して1週間が経ちましたが、睡眠が少しまともに取れるように
なったくらいで、あとは変わりません。

家事も、まだ全て1人ではできず、買い物、食事の準備などは
ダンナに助けてもらっています。

体調は辛いけれど、やっぱり自宅はいいですね~
それだけで、安心できます。

もう少し体調が整い、精神的にも安定したら
新しい治療先を探そうと思っています。

ご心配をお掛けした皆さま、本当にありがとうございます。

また折をみて、入院生活のこと、近況報告など
綴っていければと思っています

しかしながら、なかなか思うようにいかない体ゆえ
少し時間が掛かるかもしれませんが、どうかご了承ください。

ひとまず、ご心配をお掛けした皆さまへ退院のご報告でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。