なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お灸効果
2010年10月14日 (木) | 編集 |
きのうは、5週間ぶりに鍼に行ってきました。
体調不良でほとんど外出できなかったので
こんなに空いちゃいました

体調が戻ってからは、セルフをやっていたけど
特に腰の状態が悪くて、困っていました。

5週間ぶりだし、状態も悪いし
反応鈍いだろうなと覚悟していたのですが
新発見があって、いい効果が出ました

前回も試してくださったお灸。
鍼との相乗効果で、ふくらはぎがふにゃふにゃになりました。
前回は、鍼を刺した後に放置する時間(置鍼時間)に
お灸をしてもらったのですが、今回は鍼を刺す前に
してもらいました。

背中、腰、ふくらはぎ。 
じわーっと温かくなって、そのうちピークに達すると
かなり熱いのですが、我慢できないところは
先生が位置をずらしてくださいます。

お灸が終わって、全体的に温まったところで
いつもの鍼を始めてもらいました。

すると、腰は状態が悪かったわりには
悪いところを特定できる感覚があったり
鍼を刺された感覚が分かりました。

さすがに、認知覚が出るというほどではないにしろ
それなりの反応が感じられ、8月の終わりに
ダンナの事故で、最悪の状態になって以来
一番いい感覚が出ました。

そして驚いたのは、鍼を抜く時でした。
状態が悪いと、鍼が患部に吸い付くので
なかなかスムーズに抜けないのですが
なんと、なんの抵抗もないままスッと抜けたんです。

しかも、いつも必ず吸い付く場所があるのですが
そこですら、全く問題なく抜けました。
今まで感じたことのないようなスムーズな抜け方で
先生も「普通の人みたい」とビックリされていました。

そして足の治療が終わり、2回目の背面治療のこと。
今度はお灸をせずに鍼をしました。

1回目の反応が良かったので、2回目は認知覚が出るかなと
期待したのですが、1回目と変わらないか、少し鈍いくらいでした。

そして鍼を抜くと、ガッツリ吸い付いていました。
ひどいところは、ギシギシ、ミシミシいって
力を入れて引っ張らないと抜けないような状態。

お灸をするのとしないのとで、こんなに差があるなんて
先生も初めてのことだったらしく、目からうろこでした。

初めてといっても、私の体質は何かにつけて
かなり異常なので、初めてで当然といえば当然なんですけどね

お灸と鍼の組み合わせ。
しかも鍼を刺す前に温めておくと
私の場合は、かなりいいみたいです。

来月に採卵も控えているので、腰を温めるのはいいことだし
鍼に行ったときはお腹もお灸をしてくださるので
まさに一石二鳥です。

しばらくお灸との組み合わせで、やってもらおうと思います。
体にも赤ちゃん待ちにもいい効果が出るといいな
スポンサーサイト
ふくらはぎ革命
2010年09月10日 (金) | 編集 |
先日の台風を境に少しだけ秋に近づきましたね。
1日中エアコンをつけていたのが
朝晩はなくても過ごせるようになりました。

きのうは空を見上げると、夏の入道雲から秋を思わせる
うろこ雲に変わっていて、ちょっぴり秋を感じました。

しかーし、今日は2時頃から室温が30度を超えてきたので
ギブアップでしてクーラーかけちゃいました
心地の良い秋が早くきてほしいものです

さてさて、きのうは鍼に行ってきました。
ダンナの一件があって以来、腰の不調は続いていて
この2週間は鍼を刺しても、まったく感覚が分からない状態で
先週は特にひどくて、4回くらい刺しましたが
結局最後まで感覚が出ることはありませんでした。

状態が悪いときでも、鍼を刺して時間を置いて
再度鍼を触ってみると、感覚が分かったり
1回目で感覚がなくても、3回目くらいでは
少しは分かるのですが、ここまで無反応だと
先生も私もガックリきていました。

この2週間、感覚はほとんどなかったけど
セルフ治療は毎日続けていて、ローラーやマッサージ
ストレッチなど、時間をかけて頑張っていました。

すると、その成果があったのか、きのうは1回目から
ほんの少しだけ鍼を刺した感覚が分かりました。
まだまだ認知覚には程遠いですが、ちょっとだけ安心しました。

で、タイトルの 『ふくらはぎ革命』 ですが・・・
きのうは何が起こったかというと、驚くような効果が
ふくらはぎに現れたんです!!

私が冷え性だというのは、何回も書いていますが
夏場もこの冷えは健在で、とくに膝から下がひどいんです。

お腹や腰も冷えますが、薄手の腹巻やオーバーショーツを
履いているので、それなりにガードできているんですよね。
だけど、足元は長ズボンに薄手のレッグウォーマーをしても
結構冷えるんです。 触ってみるとものすごく冷たいんです。

クーラーをかけると冷気が下に下がるので
夏場はどうしても足元が冷えてしまいます。
ある程度は仕方のないことなのですが
私の場合は、この冷えがかなりひどいということが
鍼を受けていて判明したんです。

先月の終わりごろから、ふくらはぎにも鍼をして
もらっていたのですが、その時に鍼を刺した痕が
なかなか消えなかったんです。

他の部位では、長くかかっても2,3日あれば
きれいに消えるのですが、ふくらはぎだけは
1週間経ってもくっきり残っていたんです。

で、また鍼をすると、どんどん鍼痕が残ってしまって・・・。
どうしたものかなと思っていたら、あることを思い出しました。
そういえば、4月頃にできものがふくらはぎに出来たとき
2ヶ月くらい痕が残っていたんです。

そのときは、年だから代謝が悪いのかな~と
漠然と思って深く考えていなかったのですが
今回のことで、血流が悪いからだとピンときました。

私のふくらはぎから足首までは、パンと張っていて
浮腫みと張りがひどいような状態で、つまもうと思っても
硬くてつまめません。

足元が冷えると体にも良くないので、ローラーで
ふくらはぎのマッサージはしているのですが
それだけでは全く追いついていないんですよね。
ローラーの直後は多少肌の色が良くなりますが
やめるとすぐに戻ってしまいます。

鍼をすると血流が良くなるので、ふくらはぎに
鍼をするようになってからは、少しは冷えが改善するかと
期待していましたが、一向にその気配はありませんでした。

そこで、その話を先生にすると、最近患者さんで
お灸と鍼を組み合わせた治療をしてすごく効果が出た方が
いらっしゃるので、それをやってみようということになりました。

お灸は以前にも、赤ちゃん待ちのためにもなるので
鍼を置いている時間にお腹にしてもらったことは
あったのですが、他のところで試すのは初めてでした。

1回目のうつ伏せの施術の時に、ふくらはぎにお灸をしておいて
2回目の時に鍼を刺してもらい、さらに鍼を置いている時間に
もう一度お灸をしてもらいました。

そして、ふくらはぎの筋を緩める場所が
膝の裏側や太ももの裏側にあるので
そこにも鍼をしてもらうと、かなり緩みました。

そして、鍼を抜いた後にマッサージしてもらうとビックリ! 
なんと、タプンタプンのふにゃふにゃになったんです!!

これは5月に友達にアロマをやってもらったとき以来のことで
鍼でこんな状態になったことはなかったので、先生も私も
ビックリで、大喜びしました。

硬くてつまめなかった、ふくらはぎも足首もつまめました。
そして、肌の色がきれいな白とピンクが混じったような
色になっていて、血流が良くなっているのがよく分かりました。
普段は、もっと紫がかっているような色なんですよね。

そして、きのうはこのお灸をお腹や腰にもしてくださいました。
先生には不妊治療のことも話しているので、いつもお腹や体が
冷えないように気遣ってくださっています。

お灸は結構熱くて、1箇所に置き続けると我慢できなくなるので
何度も位置を変えてくださいました。
お腹は10個も置いてくださって、あっちこっちと
熱くなったお灸をこまめに移動させてくださいました。
すごく有難かったです。

そのおかげで、きのうは治療が終わってからも
お腹や腰がじんわり温かくて心地良かったです。
家に帰って腰を見てみると、いつもより鍼痕がマシでした。

やっぱりお灸で血流を良くしてやると、違うんだな~と実感。
それに、ふくらはぎがあんなに変わるなんて
お灸のすごさに改めて感心しました。
T先生に感謝です。

1日経って、その後のふくらはぎの状態はというと
施術直後のふにゃふにゃとまでは、いかないけれど
柔らかさは、保っています。

そして驚くのが、ふくらはぎの鍼痕です。
きのう鍼を刺したところがどこか分からないほど
消えているんです。

きのうの施術直後にも、いつもに比べてかなり痕が薄いとは
思っていましたが、1日で消えるなんて本当にビックリです。
それだけ、今までは血流が悪かったということなんですよね。

家にもお灸があるので、時間があれば自分でもやろうと思います。 
お灸は、匂いが染み付くので敬遠していたんですよね。

きのうも帰りの電車で、体と服にしっかりお灸の匂いが
染み付いていて、自分でも臭かったくらいです。
きっと周りの人に迷惑掛けただろうな~
ごめんなさーい 

だけど、そんなこといっている場合じゃありませんね。
大敵である冷えにここまで効くなら、頑張って取り入れなきゃ!
次から鍼灸院でしてもらうときは、匂い対策も考えようと思います。

あっぱれお灸!!
バンザイふくらはぎ革命です
身体の状態
2010年08月29日 (日) | 編集 |
5月に友達にアロマをしてもらって
今までにないくらい身体の状態が良くなりました。
その後、足のことも含め、状態を書いていなかったので
書こうと思います。

6月初旬の状態は → アロマその後

友達のアロマ効果を無駄にしないように
6月は体外受精の採卵が終わるまで
週2回のペースで鍼に通いました。

おかげで、日に日に感覚が鋭くなり
鍼を刺されたときの感覚も分かるし、今までのような
鍼を刺した後の筋肉の締め付けもなくなっていきました。

認知覚も大分出るようになり
今までどうにもこうにもならなかった腰に
少し回復の兆しが見え始めました。

6月の中頃に採卵を終えてからは
念のために判定日まで鍼には通いませんでした。
その間、1ヶ月!!

最高でも2週間しか空けたことがなかったのですが
その倍も治療に行きませんでした。

今までになく治療に行かないということもあって
家では毎日入念なセルフローラーと
ストレッチは欠かしませんでした。 
入念にやると2時間は余裕で掛かっちゃいますけど
ガンバリました

そのおかげもあって、1ヶ月ぶりに治療に行ったときは
それほど悪化はしていませんでした。

1ヶ月前よりは少し硬くなっていましたが
鍼の感覚はそれなりにが分かり、締め付けも
あまりありませんでした。

その後は、10日~2週間に1回くらいのペースで
通っていて、腰もかなり反応がよくなってきていて
認知覚もさらに分かりやすくなって、それなりに
いい状態が続いていました。

いい状態といっても、完全に良くなったと
いうわけではなく、辛いのは辛いのですが
ひどい時と比べると、楽になったという感じです。

腰のことばかり書いていますが、肩や背中なども
続けて治療はしてもらっており、辛いときもあるけど
かなりマシになりました。

足はというと、6月からはT字杖でほとんど動けています。
近くのスーパーなら、自転車で行って店内はカートを押して
回るので、杖を持たずに出かけるようにもなりました。

それから鍼に行くときも、T字杖で行けるようになりました。
鍼を受けると、どうしても鍼後の痛みがあるので
松葉杖でないと歩くのがきつかったのですが
最近は、なんとかT字杖で通えるようになりました。

と、こんな調子で大分回復していました。
だけど、この病気にはちょっぴり落とし穴があります。
それは ストレス

赤ちゃん待ちでのストレスや周りの環境で
疼くことがなくなっていた膝が疼いたり
足腰の調子が悪くなることが多々あります。

この1週間ほど前にも大きなストレスがあって
今までで一番良かった状態が一気に戻ってしまいました。

ダンナが大きな事故に遭ってしまい、奇跡的に命に別状なく
大きな怪我もなかったのですが、事故後の検査や
その他色々で、かなり心配することがあったので
身体が一気に緊張したみたいです。

命がなくなってもおかしくない事故だったので
生かしてもらったというだけでも感謝しなければ
ならないんですけどね。

あんなに良かった状態も、1日あれば一気に戻ります。
身体は敏感です。 その状態に持っていくまで
2年近くかかったのに・・・。

今はまた腰の反応が鈍く、締め付けも少しありますが
足の状態は、悪くなっていません。
それだけは救いです。

まぁ、そんなことを言っていても仕方ないので
また前向きにやっていくしかありません。
きっと回復も早いはずです。

行ったり来たり、浮き沈みを繰り返しながらやっています。
それでも最悪の状態にまでは、戻っていないので
全体的に見れば、快方に着実に向っていると思います。

これから、1年のうちで一番状態のいい秋を迎えますが
今年の夏はまだまだ続きそうなので、秋が待ち遠しいです
アロマその後
2010年06月06日 (日) | 編集 |
友達に4日連続でアロマをしてもらって
体のいろんなところが柔らかくなったり
肩や背中の重たさがなくなったわけですが
その後、どんな状態になっているかを書きたいと思います。

友達と別れてから、ダンナと丸2日観光をしました。
階段や坂道が多かったり、レンタサイクルで1時間半くらい
ブラブラしたので脚は疲れたのですが痛みはなく
疲労感があるくらいでした。

驚いたのは、冷えが少し改善していたことでした。
夜になるとものすごく寒くなったので
冷え性の私は案の定、足先までキンキンに冷えていたんです。

こんなときは、温かいものを食べても足先は冷えたままのことが多く
お風呂に浸からないと温まらないのですが、ご飯屋さんに入って
夕食を食べていると、足先までポカポカに温まっていたのです。
こんなことは今まで考えられなかったので
ダンナもビックリしていました。

他には、旅行から帰って翌日のこと。
私は疲れやすいので、大きなイベントごとがあると
次の日はぐったりして、日中に休まないとしんどかったのですが
帰った翌日も、その翌日も、ダウンすることはなく
家事に買い物にとたくさんの用事ができたのです。

冷えがマシになったことといい、疲れにくくなったことといい
滞っていた老廃物が流れて、体中の血の巡りが良くなったことで
体が変わったんだと思いました。

さて、アロマで柔らかくなったところはというと・・・

ふくらはぎや太ももの柔らかさは、2日後には結構戻ってしまって
元の状態ほどではないにしても、結構硬くなってしまいました

背中も張りが少し出てきたり、鏡で見ても施術直後の
スッキリした感じよりは、少し厚くなっているのが分かりました。

疲れにくくなったのは嬉しいことだけど
見た目や触った感じは元の状態に近くなってしまったので
せっかく友達が一生懸命やってくれたのに
申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

友達曰く、施術を受けて筋肉が柔らかくなった人は
2つのパターンに分かれるそうで、1つはそのまま
硬さが戻らず良くなっていくパターン。
もう1つは、元の状態に戻ってしまうパターン。

後者の場合は、施術が足りないのだそうです。
私の状態を知って、友達はもっとやってあげたいと
言ってくれました。

私は申し訳ないやら、嬉しいやら複雑な気持ちでした。

そんな状態の中、鍼に行ってみました。
いつも私の体を見てもらっている先生なら
些細な変化も気づいてくださるかなと思って・・・。

先生は私を見るなり、顔も含め全体的にスッキリしている
印象を受けたそうです。 背中は張りが戻っていたので
施術直後ほどスッキリしているということはなかったのですが
いつもはゴツゴツした感じがあるのが、滑らかになっていると
言ってくださいました。

そして治療がはじまると、なんとなんと驚くことが!!!
鍼を刺した反応がいつもと全然違いました。

最近は、腰に鍼を入れると、鍼が入っている感覚すら
分からないほど鈍くて、悪いところも特定できなかったのですが
1回目の刺鍼から刺激がきて、ズーンと響きました。

背中や肩、脚に関しては、1回目からガンガン刺激がきて
ものすごく効きました。

治療前の状態が、鍼を2回くらい入れた後の筋肉の状態になっていて
刺激が分かりやすいので、悪い場所も特定できるし
治療効果もすごく上がりました。

友達がやってくれたアロマ効果を無駄にできないと
先生もいつもよりも入念にたくさんの場所に鍼を入れてくださいました。

おかげで、一番悪い左の腰には3回の刺鍼をしてくださり
認知覚が何度も何度も出ました!!!

今まで1年8ヶ月治療を受けてきて
こんなに刺激がきたのは初めてでした。

アロマ施術直後に比べると筋肉の硬さが大分戻っていたので
残念な気持ちになっていましたが、体の中は
かなり変わっていたみたいです。

いつもは硬すぎて鍼が入りにくいのが、スッと入りました。
抜くときは、まだ少し鍼が食いつくところがありましたが
それでもいつもよりは断然マシでした。
いつもみたいに、ミシミシ、ギシギシいうことはありませんでした。

先生といつも話していたのは、治療が終わった時点で
全体的に少し柔らかくなった状態で、その状態から
治療を始められたらいいのにね、ということでした。

まさに、その状態になっていたので
先生も私もビックリで、友達の力には本当に驚きました。
それとともに、またまた感謝の気持ちでいっぱいになりました。

足は大分状態が良くなってきたので
それほど心配はしていなかったのですが
腰に関しては、正直良くなる気がしていなかったので
今回、初めて腰も良くなるかもしれないという気持ちになれました。

友達が作ってくれたこの状態を無駄にしないように
少し詰めて治療に通いたいと思います。

最近は週1回だったけど、行ける範囲で
2回くらい通えたらいいかなと思います。
アロマ
2010年06月04日 (金) | 編集 |
旅行に行ったときに、友達にしてもらった
アロマのことを書きたいと思います。

正式には「アロマセラピー トリートメント」とかいうのかな。
アロマセラピーというものがあるのは知っていたけれど
私には縁遠いものだと思っていました。

それが、入院先で知り合った友達のおかげで
素晴らしい世界だと教えてもらいました。

入院中にも何度か膝下だけとか、部分的にアロマを
してもらっていましたが、その時は体の状態が良くなかったので
せっかく気持ちのいい施術も、満喫できないでいました。

友達は、ずっと私にアロマをフルコースでしてあげたいと
言ってくれていて、今回の旅の目的も、友達の好意に甘えて
アロマをしてもらうことが一番の目的でした。

友達は最低でも3日間は、連続で毎日やってあげたいと
言ってくれていましたが、友達の体調も心配なので
できる範囲でお願いするつもりでいました。

さてさて、そのアロマは前回の記事にも書いたとおり
初日早々からたっぷりしてくれました。

アロマオイル、いわゆる精油は、その人の体調や症状に合わせて
調合してくれます。 そして香りも好みのものか確認してくれます。

部屋の雰囲気も良く、お洒落なライトや落ち着いた照明
心地のいい音楽と心地の良い香りが気分をリラックスさせてくれます。

オイルを調合してくれたら、いよいよ施術のスタートです。
まず、うつ伏せで足から始まりました。

ベットは柔らかいのですが、膝上の部分があたると
少し圧迫されて違和感があるので、足首の辺りに
クッションおいて、その違和感を減らしてくれました。

足が終わると、腰、背中、肩と施術。
そして、仰向けになって今度はおもて面の脚。

トータルで1時間~1時間半くらいかな。
時間ははっきり覚えてないけど
かなり長い間やってくれていました。

終わると、気持ちもスッキリしていて足を触ってみると
自分の足じゃないみたいに柔らかくなっていて
軽くなっていました。

こんな調子で、アロマを受けていきました。
2日目は、フルコースでやってくれました。

初日の施術部分に加えて、お腹、顔、首、鎖骨まわり、腕など
フルコースというだけあって、体の全ての部分をしてくれました。

これが気持ちいいのなんのって。
初日は初めてということもあって緊張していたけど
2回目はぐっすり眠ってしまうほどでした。

この日は、なんと2時間15分もしてくれました!!
フルコースといっても、普通は90分だそうで
状態の悪い人で120分を数回したことがある程度だったみたい。

健康な人でも2時間以上、立っているだけでもしんどいのに
全力で施術をしてくれたんです。
しかも彼女は、そこまでできる程には病状が
回復していないはずなのに・・・。

全身全霊をかけて施術してくれました。
彼女の思い、気持ち、そして念のようなものが
伝わってきて、涙が出ました。

その日の夜、お風呂上りに脚を見てみると
すっごく細くなっていました。
そして、硬かった足首、ふくらはぎ、膝周り、太ももが
全て、ふにゃふにゃに柔らかくなっていました。

嬉しくなって友達に報告すると
友達も喜んでくれて、正直な感想を言ってくれました。

実は、初日に私の体を触ったとき、全身が硬すぎて
驚いたんだそうです。 そして、硬い部分は全て冷えきっていて
マッサージをしても、しても、跳ね返されるような感じで
こんなひどい状態は、今までで初めてだったので
正直、どこまで改善させられるかなぁと不安に思ったそうです。

硬いというのも、健康な人の凝りがひどい状態とは違って
病的な硬さだそうで、うまく説明ができないのですが
パンッ と張っている状態というか、浮腫みとは違うんだけど
腫れているような感じで、硬いんですよね。
硬いというのも、ただ硬いという状態とはまた違うんですけど。
(って、分かりにくいですよね。説明ヘタですいません

T先生にも跳ね返されるほど硬いとはよく言われていたけど
これでも、指で押せば少しへこむようになってきたし
大分状態は良くなってきたはずだったんですけどね。
まだまだ、そんなにひどい状態だったとは・・・。

それが、1日目の施術で、体が思ったより
いい反応を示してくれたんだそうです。

冷えの強い私の体は、施術をしていると
冷えのある部分から水分のような液体が出たそうです。

それは、汗ともなんともよく分からないそうなのですが
体液なんでしょうね。 循環が悪くて滞っていたものが
老廃物として出たのだと思います。

同じ冷え性の人でも、人によって反応は様々みたいですが
私の場合は、足の裏をはじめ体のいたるところから出たそうで
そんな色んなところから出るのも、私が初めてだったみたいで
彼女も驚いていました。

2日目の施術を始めると、背中周りが一回り小さくなっていたり
初日よりも全体的に柔らかくなっていたそうです。
そして、初日は冷えきって体がなかなか温まらなかったのが
温まるのも早くなったんだとか。

そして、2日目をフルコースで受けると
さらに体がうまく反応をしてくれたようで
今まで感じたことがないくらい、足が柔らかくなっていました。
そして、自分の足じゃないみたいに細くなっていました。

よく入院中にも、私の実際の脚はもっと細いんだよ
と友達から言われていました。

その頃の脚は、膝周りが張っていてお皿がどこにあるのか
全く分からない状態で、どこもかしこもパンパンに張っていました。

だけど、私は半信半疑で聞いていたので
その時の言葉を思い出して、こういうことだったのかと
納得がいきました。

3日目は、友達が午後から治療に行くので
その前の午前中にしてくれました。
時間にして、また1時間半くらいかな。
初日と同じような施術でした。

友達が治療を受けたあとは、体がキツイのを知っているので
友達のところにお世話になるのは、この日の午前中までで
午後からはダンナと合流する予定になっていました。

旅行の滞在はあと2日あるんだけど、もしかしたら
友達の体調次第ではもう会えないかもしれないと思いながら
また連絡をすると言って別れました。

友達は、3日間はアロマをすると言ってくれていて
彼女の体に無理をさせないようにと思っていたのに
ここまでやってくれて、しかもこんなにも効果が出るとは
思っていなかったので、有難くて有難くて本当に涙が出ました。

そして、4日目。
この日は友達の体調が良ければ、顔を少しだけ見て
お別れの挨拶をして、ダンナと観光をする予定でした。

朝、彼女の体調を聞くと、やっぱりどうしても
あと1回、全体を流すだけでもアロマをやりたいと
言ってきてくれたんです。

私は、もう十分すぎるくらいやってもらったし
治療の翌日で体がキツイのも分かっているので
断ろうとしていたのですが、体は大丈夫だから
やらない方が後悔するからと強く申し出てくれて・・・。

ほんの少しだけ、サラッと流す程度ならと
結局、彼女の好意に甘えることにしました。

そして、最後の日。
短時間で流すだけと言ってくれていたのに
やっぱり、全身全霊で心を込めて施術してくれていました。

その気持ちのこもった施術に、本当に胸が熱くなって
涙がこぼれました。 あとで聞くと彼女も涙を流しながら
施術してくれていたそうです。

彼女曰く、私の状態は今までに見たこともないほど悪かったけれど
その好転も、今までになくすごく反応があったようで、ここまで
短期間で体の状態が変わった人も初めてだったと言ってくれました。
そして、それを心から喜んでくれました。

きっと、彼女がそれだけ気持ちを込めて施術してくれたのが
私の体の奥の奥まで浸透して、その気持ちが伝わったんだと思います。

鏡を見ると、背中は二周りほど小さくなっていて
いつもは背中と肩が張りを主張しているのが
背中はあるのかと思うほど、違和感がなくなっていました。

ふくらはぎや太ももは、ふにゃふにゃに柔らかくて
硬い足首も少し柔らかくなっていました。
ダンナに触ってもらうとダンナもびっくりしていました。

まるで自分の体じゃないみたいで、こんなに
体が変わるのかと本当に驚きました。

ここまでしてくれた友達に感謝の気持ちでいっぱいです。
まだまだ色々と書きたくて、感謝の気持ちはつきませんが
長くなるので、この辺でやめておきます。

本当にありがとう
セルフ治療
2010年05月21日 (金) | 編集 |
きのうは、鍼後の体調不調で午後からは横になっていたのですが
今朝は頭の重たい感じもほとんどなくなり、復活しました!!

今までなら3日は横になる状態が続いたので
用事が溜まってばかりだったのですが
今日は色々と動けてよかったです。

この調子で鍼後の体調不良も治まっていくと嬉しいな。

さて4月半ばから状態が悪くなり、痛みや疼きはさることながら
治療中の筋肉の質もこれまた悪化していました。

鍼を刺しても刺激が来なくなったり
鍼を抜く時に、鍼が吸いついて抜けにくい状態になったり。

調子がいい時には、これらもクリアできてたのですが
やっぱり悪くなると戻っちゃうんですね~。

腰は1回目の刺鍼では、鍼を刺されている感覚さえしないという
かなりヤバイ状態で、刺して数分して鍼を動かすと
少し感覚が出る程度。

そして、2回目、3回目の刺鍼でようやく
少し鍼を刺された感覚が分かる状態でした。

なので、最近は治療をしてもらっても腰や背中が
楽になることはなく、次の治療までにはガッツリ固まって
同じことの繰り返しになっていました

週2,3回通えたらいいのだけど、体調や金銭面を考えると
なかなか思うようにいかないので、治療院で使っているのと
同じ治療の道具を買うことにしました。

「ローラー」と呼ばれるもので、鍼を刺す前や鍼を抜いた後に
筋肉をほぐすのに使う道具です。

通常は人にやってもらうものですが、足は自分でできるし
腰や背中も、工夫すれば自分でもできるということで
使ってみることにしました。

これが、そのローラーです。

ro-ra-_20100520101403.jpg


足には、両手を使えるので問題なく使えるのですが
問題は背面でした。 

私が使いたいのは、後頭部、首、肩、背中、腰、お尻。
って、ほぼ全身やん! と突っ込まないでくださいね。
そうなんです。 範囲が広いんですよね~。

で、実際にやってみると・・・。

これが、1人でもできるんです!
床にローラーを置いて、その上に仰向けになり
腰や背中などを張っている場所にグリグリと押し当てるんです。

腰は感覚が鈍いので、なかなか悪い場所が特定しにくいのですが
それでも、何もしないよりは少し楽になります。

後頭部、首、肩、背中に関しては、もう最高に気持ちいいです。
グリグリ、グリグリ、気づけば1時間半もやってました。

やったあとは、全身が軽くなった感じがして
すごくいい感じでした。

ただ、時間が経つとまた重たくなってしまいます。
パソコンなんかやると一発ですね

でも、何もしないよりは筋肉がほぐれているので、続ければ
必ずいい方向に繋がるんじゃないかなと期待をしています。

足は、ふくらはぎ や すね、太ももなど
適度にローリングすると少し軽くなりました。

そして、きのうはセルフローラーをして始めての治療。
何かいい効果は出ているかな~と期待しました。

1回目の刺鍼では、残念ながら刺激が来ず
ひどいところは鍼を刺された感覚すらなかったのですが
数分して鍼を動かすと、かなり激しい刺激が来るようになりました。

最近では、そんな激しい刺激が来ることはなかったので
まさしく、ローラー効果でした

感覚は少し出るようになったけど
鍼の吸いつきは変わらずで、抜くときはギシギシ、ミシミシ。
鍼が筋肉に吸いついて抜くのは相変わらず痛かったです。
また鍼もスッと抜けるようになってほしいな。

うまく使えるかな~と思ったローラー。
思った以上に自分でも使えるし、全身のマッサージができるので
治療効果が上がってくれそうで嬉しいです。

先生の治療だけに頼らず、自分でできることも
どんどんやっていかなきゃと思っています。

毎日のストレッチに加えて、ローラーが日課になりそうです
不調その後
2010年05月20日 (木) | 編集 |
先日書いた不調のその後ですが、徐々に回復してきました。

足の疼きと熱感はマシになり、寝る前に
疼きと格闘することが少なくなりました。

近所の買い物はT字杖で行けるようになり
長時間歩行も片松葉杖ならできるように戻りました。

ただ、腰が良くないのでそれが辛いところですが
一時期を思えば大分戻ってきたのでよかったです。

ここ3回連続で、鍼に行った後に風邪のような症状が出て
体調を壊して3~4日寝込むというのが続いており
やっと体調がよくなって2~3日したら、また鍼に行って
体調を壊すという状態でした。

体調を壊すと何もできなくなるので、やりたいことが
たまっていきます。 なので、鍼に行くのが怖いのですが
行かないと足も腰も辛くなるのが、難しいところで・・・。

で、きのう治療に行ってそのことを先生に相談しました。
すると治療後に体調を壊すのは、今回の不調と関係が
あるかもしれないと言われました。

大きな仕事を抱えていたり、やらなければならないことがあるときは
気が張っているので風邪をひかないけれど、ひと段落して気が緩むと
ドッと疲れが出たり、風邪をひいてしまうという話は
よく聞きますよね。

鍼を受けると副交感神経が優位になります。
今回の私の不調は、自律神経が大きく関係しているので
治療を受けて、副交感神経優位に一気に傾き
自律神経のバランスが崩れて体調を壊すということも
考えれるとのことでした。

なるほど~。
そういえば、今までは治療中に眠ってしまうことは
ほとんどなかったのですが、最近はよく寝てしまいます。

それから、帰りの電車ではぐったりしてしまい
寝てしまいます。 家に帰ってからも疲れがひどく
夜も早くから眠くなって仕方がありません。

他に考えられるのは、寝ると体温が下がるので
治療着のような薄着でいるときに寝てしまうと
体が冷えて、免疫力も弱っているときなので
風邪をひきやすいのかもしれません。

原因は特定できないけど、体の状態が良くないので
体調も不安定なんだということなんでしょうね。

きのうの治療では、遠方から通っているお友達と
偶然にも予約が同じになって、一緒に治療ができました。
久しぶりにお話できてよかったです。

相変わらず、二人ともまだ完治とはいかないけれど
少しずつはよくなっているので、これからも
お互い励ましあって頑張って行きたいです。

治療の様子なども書きたいのですが
パワーが切れてきたので、この辺でやめておきます。

治療前は体調がすごくよくなっていたので
今回の治療後は大丈夫かなと思っていたのですが
やはり、今回もしんどくなっています。

頭が重くて、体がだるくて、少し悪寒がする。
なんでしょう。やっぱり風邪のような症状なんですよね。

だけど、ブログが書けるくらいなので
いつもに比べると少しマシなのかもしれません。
今日は少し休んで、ひどくならないことを祈ります
不調
2010年05月14日 (金) | 編集 |
先日の記事では、秋から春にかけて、すごく調子が良くなってきた
と書きましたが、その後、足も体調も急降下してしまいました

今週も火曜から3日間寝込んでしまって
今日になって、ようやく少し楽になってきました。

状態のひどい時は、常に疼きや痛み、感覚異常などがあり
精神的ストレスがあると痛みのレベルが上がっていました。
しかし、鍼治療を受けるようになって疼きがなくなると
ある程度のストレスがあっても調子が悪くなることはありませんでした。

それが、今回は違いました。
4月の中頃に精神的にダメージを受けることがあって
その後から、体調も足の状態も悪くなっていきました。

具体的に何があったのかは書きませんが
体がここまで反応するということは
私にとって大きなダメージだったのだと思います。
(悩みの元はすでに解決済みなので、安心してください。)

足には痛みと疼きが出て、T字杖では歩けなくなり
台所仕事も立ってできなくなりました。
片松葉杖では歩けますが、長い距離を歩くのが辛くなりました。

疼きはしばらく感じていなかったので
嫌な感覚を久しぶりに思い出しました。

体調面では、動悸、息切れ、倦怠感がひどく
少し動くと疲れるようになり、手の指先まで痺れるようになりました。

指先の痺れは、遠方での入院中に状態が一番悪かった時にしか
出たことがなかったので、正直驚きました。

指先の痺れがあったのは、2日ほどでしたが
ここまでの反応に、ちょっぴり焦りました。

そして、不調になってからというもの
鍼に行くと、必ず翌日から体調が悪くなるんです。

それが風邪なのか何なのか、よく分からないんですよね~。
とにかく体がだるくて、頭が重たくて、悪寒がして
3~5日間くらい寝込んでしまうんです。
ゴールデンウィークもそんな感じで、半分は寝込んでました。

悩みの種は2週間くらいで解決したので
今は、少しずつ状態は落ち着いてきています。

考え込むと、まだ少し息が吸い込みにくい
感じはありますが、動悸と息切れはなくなりました。

足の方は、少しの買い物はT字杖でできるようになりましたが
基本的には片松葉杖で動いています。
台所仕事は、立ったり座ったりでやっています。

こんな感じで、少しは落ち着いてきたのですが
疼きがなかなか消えてくれません。
それほどひどくはないのですが、夜布団に入ると
熱がこもったようになって疼きます。

足を布団から出すと楽になるので、しばらく出しているのですが
そうすると寒くなるんですよね~。
なので、また布団中に入れると、今度は疼く。
膝の部分だけ、パジャマと布団に大きく穴を開けたくなります(笑)

最近は、寝つくまで、足を出したり入れたり。
疼き調節と格闘するのが日課になっています。

ゴールデンウィークは夏日だったので結構疼いてしまって
その感覚を膝が覚えてしまったのでしょうか。
今週は気温が下がっているのに、嫌な感覚が居座っちゃってます。

去年の夏は、30度を越えないと疼きは出なかったので
まだ20度もない今から、この状態というのは
これからが思いやられます。

それから、今回の悪化で筋肉の質にも影響が出ちゃいました。
鍼の際、腰や背中はまた前のように感覚が鈍くなってしまいました。

1回目の刺鍼では、鍼を刺されている感覚がほとんどないんです
なので、腰も背中もガッツリ悪くなってます。

せっかく認知覚が出るようになっていたのに
以前の状態に戻っているので、先生にも
申し訳ない気持ちになります。

とまぁ、タラタラと不調を綴ってしまいましたが
悪くなったことばかりを悔やんでも始まらないので
体調を整えて、また調子を上げていきたいです

腰の状態を考えると、週2回くらい治療に通いたいのですが
治療後に体調が悪くなるので、通うに通えずで
どうしたものかと思っています。

体の調子がガクッと落ちて、免疫力も落ちてるから
風邪をひきやすくなっているのかなぁと思っているのですが
まずは体調を安定させて、足も腰もまた復活したいです。

調子は落ちたけど、気持ちは落ち込んでいませんのでご安心を
不調なんて吹っ飛ばして、がんばるぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。