なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いざ説明会へ
2012年01月26日 (木) | 編集 |
2011年1月30日(日) DAY4

夢クリニック説明会の日。

説明会だけに行ってもよかったのですが、せっかくなので
私の状況をしっかり診てもらった上で相談したいと思い
診察も受けることにしました。

朝9時半に病院に着きました。
説明会が3時からなので時間的に余裕があると思っていたのですが
甘かったです…。 診察は2時半まで掛かってしまいました。

初診で日曜日ということもあって、かなり混んでいて
説明会が始まる前から、疲れてしまいました。

この病院では、基本的に毎回採血をしてホルモン値を測り
その数値を元に治療が進んでいきます。

ということで、私も採血をしました。
結果は約1時間後に出るので、その間に内診が行なわれます。
混んでいる場合は時間が掛かりますが…。

感染症、貧血などを含め、沢山の項目を検査しました。

ホルモン値の結果は

E2   62
LH   10.3
FSH  11.0
PRL   3.4
TES  39.6

FSHは、できれば10以下が望ましいが
15以下であれば、特別悪くはない。その他は特に問題なし。

今までの治療履歴を説明し、この病院でなら
どのような治療をしていくのかを聞いてみました。

この病院には、一番初めの採卵だけ、完全自然周期という
全く薬を使わない採卵を行う成功報酬システムというのを行なっていて
採卵、移植などにかかる費用は、通常よりも安価で済み
妊娠が成立した段階で成功報酬として大きな金額が請求される
というシステムがあります。
(系列の病院によっては、料金形態やシステムが違います。)

私の場合は、まずこの成功報酬システムで採卵をして
卵の状態をみて、もしダメなら卵の質を改善する周期を挟んで
次の周期には低刺激の採卵をやってみるという提案を受けました。

先生の話によると、今までの治療で過剰な排卵誘発を
繰り返したことによって、体に大きな負担をかけたことが
卵の質の悪化を招いたのだということでした。

そうであろうことは、この系列の病院に行っておられる方の
ブログをたくさん読んだので分かっていましたが
やっぱりそうなんだなぁと改めて実感しました。

この時点では、この病院はとても魅力的だけど、私の場合は
胚盤胞まで育つ卵ができないし、金銭面での負担が一番心配でした。

そして、説明会を受けました。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
最後の転院
2012年01月20日 (金) | 編集 |
2004年9月から始めた不妊治療。 初めは不妊治療じゃなかった。
『不妊』という言葉に抵抗を持っていました。

子どもができないんじゃない。 授かっていないだけ。
そう自分に言い聞かせ、赤ちゃん待ちと称し通院をしました。

初めの病院では、原因は特に見つからず
通常のステップを踏み、人工授精を6回やったところで
体外受精を視野に入れた時、初めての転院を決意。

2006年12月、有名なクリニックに転院。
実績も経験もある病院ということもあり
今まで分からなかった私の問題が発覚。

甲状腺、ポリープ、不正出血の問題など
諸々を治療してもらっている間に時間がかかり
4月になってしまいました。

いよいよ4月から体外受精に入るという矢先。
忘れもしない私の誕生日に悲劇は起きました。
突然の膝痛に襲われ、原因不明の病気になり歩けなくなりました。

それからは不妊治療を断念。
病名も治療法も分からず、一生歩けないとまで言われました。
真っ暗なトンネルの中をさまようような日々。

そこからなんとか這い上がり、2009年1月不妊治療を再開。

まともに歩けないこともあり
近所の小さなクリニックに通い始める。
初めての体外受精なので、軽い気持ちだった。

採卵してみると卵の質が良くないことが判明。
それでも、新鮮胚移植と凍結胚移植をやってみた。
当然、結果は出ない…。

やっぱりそんなに甘くないんだと痛感。
もう少し専門的にやっているところに転院しないと。
ということで、2009年12月、また別の病院に転院。

この病院で絶対に授かれると思っていた。
丁寧に1人ずつに合う治療法で、かなりの実績のある病院。
でも、実際のところはひどいものだった…。

ここでの採卵は3回。
胚盤胞まで育ってくれたのは初めの1回だけ。
一番悪いグレードだったけど…。

2回目ではグレードが悪く、まともな卵の数も少ないため
初期胚での移植となる。

漢方を取り入れ、徹底的に食べ物にも注意して臨んだ3回目の採卵。 
過去最悪の結果。 卵巣が腫れあがるまで誘発したのに
結局移植できる卵は育たず…。

ここで心が折れてしまった。
赤ちゃん待ちから、正真正銘の不妊だと実感した瞬間でした。

採卵をする度にどんどん悪くなっていく一方で
この先、どうなるんだろうと本気で考えました。

同じ病院、同じ治療をを続けても結果は出ないと思い
またまた転院を決意しました。

4回目の採卵で卵巣が腫れあがり
数日間、立つことも苦しくなり、体の限界を感じました。

色々と調べた末、今までとは全く違う治療方針の
病院を見つけ、そこに興味を持ちました。
体に優しい自然周期、低刺激採卵をしている病院。

でも、一方で不安もありました。
その病院は胚盤胞移植を主とするので、私のような卵の質が
悪い者にとっては、胚盤胞までたどり着くまでに何回採卵を
しないといけないか…。 考えただけで怖くなります。

この時点では、まだ転院するか
前の病院に戻るか、決められずにいました。

前の病院であと1回だけ採卵してみようかな。
転院した方がいいのかな。
頭の中でグルグルグルグル…
色んな思いが交差しました。

あれこれ考えても結果は出ません。

そうだ、とりあえず、説明会に行ってみよう。
説明会に行って、内容を聞いて、それから決めよう。

ということで、新しい病院の説明会に行ってみることにしました。

お久しぶりです
2011年12月06日 (火) | 編集 |
大変ご無沙汰しております。
ブログを休止して、早1年が経ってしまいました。

この1年の間、日本は未曾有の大災害に見舞われました。
3月には東日本大震災が、夏には台風洪水被害がありました。
多くの尊い命が奪われ、被災された方には、今なお不便な生活を
余儀なくされておられる方も沢山いらっしゃると思います。

犠牲になられた方のご冥福をお祈りすると共に
心からお見舞い申し上げます。

さて、私の方もこの1年色んな事がありました。
何から書いたらいいのか…。
たくさんありすぎて、分かりません。

まずは、一番の課題である赤ちゃん待ちのこと。

去年の11月に4回目となる採卵をして
30個近くの卵が採れたにもかかわらず
1つも戻せないという散々な結果に終わり
体も心も回復しないままに、病院からは次の採卵を勧められ
かなりの不信感を持ってしまいました。

このまま同じ病院に通っても、結果が出ないのではないか。
でも、せっかくここまで頑張ったんだから
あと1回くらい頑張ろうか…。
色々考えました。

でも、よくよく考えてみると、採卵を繰り返す度に
誘発刺激は強くなり、卵の質はどんどん悪くなっていました。
卵巣は腫れあがり、数日間まともに立てない状態になりました。

やっぱりこの病院に通い続けるのは、あまりにもキツイ…。
だけど、同じような病院に行っても、同じようなことをするなら
結果は同じ。 それなら違うスタンスを取っている病院を
探してみた方がいいのでは?

ということで、自然採卵、低刺激採卵をヒントに
病院を探してみました。

そこで見つけたのが、かの有名な夢クリニックでした。
この系列の病院は全国にたくさんあって
高齢の方や他の病院でうまくいかなかった方が
結果を出しておられるのは知っていたのですが
私の住む近くにはないと思っていました。

なので、今まで繰り返した転院の際にも
選択肢には上がってこなかったのですが
なんと、数年前に関西にもできていたのが分かりました。

ホームページや色んな方のブログを見て
すごく良さそうな病院だということは分かりましたが
基本的に胚盤胞まで育てて戻すということなので
胚盤胞まで育たない私の場合は、何度採卵すればいいかと
考えると、金銭的なことがネックになって
なかなか踏み切ることができませんでした。

そこで、病院の説明会に参加させてもらい
治療の方針を詳しく聞いて、今までの採卵が
いかに怖いことなのかを改めて知りました。

こうなると、もう前の病院に戻ることはできず
頑張るならば、この病院以外はないということに
なってしまいました。

ということで、多くの不安はあったものの
結果はどうなるか分からないけど
やれるところまで、なんとかやってみようと
2月から通うことにしました。
[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。