なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
詳細説明
2012年03月02日 (金) | 編集 |
2011年5月3日(火) DAY30

先日凍結した卵ちゃんの詳細を聞きに
ダンナと一緒に病院に行きました。

この日は、培養師さんと先生からの話を聞くだけだったのですが
祝日だったので、かなりの時間を待つことになりました。

まずは培養師さんの話から。
今回の一連の流れを聞きました。

6日目の時点で胚盤胞に到達したが
大きさは夕方の時点で170μm。

凍結基準としては、6日目で180μmないと
凍結できないため、翌日まで様子を見ることに。

7日目朝9時の時点で、すでにイクシーホールからの
脱出が始まっており、30%くらい出ている状態だった。

通常は、230~240μmになると殻(透明帯)を破り
脱出が始まるが、今回はこの大きさになっていたかは不明。

原因としては、透明帯の伸びが悪く、硬かったため
細胞が成長しようとしているのに、周りの殻が伸びないので
イクシーホールから出てきたのではないかとのこと。

イクシーホールからの脱出に関して、顕微授精をしたら
全てがこうなるという訳ではなく、今回のようなケースは
極めて稀で、今までに例がない。

というのも、イクシーホールから、少しだけ細胞がはみ出すことは
よくあるのだが、通常は浸透圧の関係で元に戻るそう。
仮に、戻れなくなった場合は、そのまま成長が止まるか
くびれた所がちぎれてしまう。

しかし今回の場合は、脱出した細胞も、残っている細胞も
両方成長しているので、こんな例は今までにない。

透明帯の中に残っている細胞の状態を見るため
アシステッドハッチングを行ない、細胞を確認すると
1つ1つの細胞がきれいで問題がなかった。

卵の大きさ、は次の通り。

            <脱出した部分>   <残っている部分>
7日目 11:15   95.85μm     163.98μm 
7日目 13:50                181.31μm
8日目  朝                   260.00μm

このように卵は細胞は成長を続けていて、8日目の朝の時点で
中に残っている部分が260μmになったので凍結をした。
フラグメントはあったが、問題のない程度。

ちなみに、夢クリの胚盤胞凍結基準は次の通り。

       <大きさ>      <細胞数>
5日目  160μm以上     8以上
6日目  180μm以上    12以上
7日目  200μm以上    18以上

今回は、卵の成長が進んでいるので凍結となったが
今までこんな状態で、しかも8日目で凍結した例はないので
今後、融解に耐えられるか、移植したらどうなるかは不明。

仮に移植できる状態になっても、1つの卵が2つに分かれている状態で
移植することになった場合、一卵性双生児になる可能性が高い。

そして、結合した部分が離れないので、2つ共が着床し
成長した場合には、結合児になる可能性もある。

脱出した部分より、殻の中に残っている部分に胎児になる細胞が
多く含まれており、脱出した部分には少ししか入っていない。

少ししか入っていなくても細胞は増えていくはずだが
今回は前例がないので、正常に成長できるかも不明。
何らかの障害が出る可能性は、通常の場合に比べると高くなる。

もちろん、何も問題や障害がなく、無事に出産できる可能性もあるが
やはり前例がない以上、確実なことは言えない。

この卵を移植するかどうかは、私達夫婦の判断に任せるが
融解後、両方の細胞が生きている場合は、移植は勧めないとのこと。

今回は特別な例なので、胚盤胞後期培養料と凍結代は請求せず
移植可能になった時点で、移植が完了したら発生することとする。
凍結の期間が年単位の長期になっても構わないとのこと。

ざっと書きましたが、培養師さんとの話はこんな感じです。
とりあえず凍結できたとはいえ、この卵を移植するかどうかという
難題につきあたりました。 

何度も言われたのは 「前例がない」 ということ。

一般のクリニックで、20~30年かかるデータを1年で集めてしまう
夢クリニックの膨大なデータをもってしても、例がないなんて…。

電話でこの話を聞いた時は、なんて運が悪いんだろうと思いましたが
言い替えれば、考えられない程、生命力の強い卵だったということ。

逆境に耐えて、信じられないような生命力で成長している卵ちゃん。
できることなら、お迎えしてあげたい気持ちになりましたが
色んなリスクを聞くと、躊躇せざるを得ませんでした。

このあと、先生とも話をしましたが、先生も培養師さんと同じ見解で
この卵を移植するのは勧めないとのことでした。

この卵は置いておいて、良い卵が採れるように
採卵を続けてみてはどうかと提案されました。

私達夫婦も、先生や培養師さんの意見と同じで、できればもう少し
採卵を続けてみて、いい卵ができるかどうかを見てみたいと思い
そのように伝えました。

今後の予定としては、次周期、自然採卵をし
うまくいかななければ、1周期カウフマンを挟み
その次の周期に低刺激をするということになりました。

それにしても、こんなことが起こってしまうなんて…。
きっと誰にも想像ができないようなことだったんだと思います。

電話で聞いた時は、内容が整理しづらかったのですが
実際の卵の写真や、大きさなどのデータを見せてもらって
一連の出来事がよく分かりました。

こんなに頑張ってくれた卵ちゃんを思うと胸が痛いですが
次の採卵に臨むことになりました。

*******************************************************

あまりお金のことは書きたくないのですが
参考にされている方もいらっしゃると思うので
書かせてもらいます。

今回の低刺激周期の料金をまとめましたので
興味のある方だけ、見てください。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
凍結確認、その後
2012年02月29日 (水) | 編集 |
2011年4月30日(土) DAY27 採卵後8日目

前代未聞のイクシーホールから脱出した
卵ちゃんのゆくえを電話で確認しました。

前日同様、イクシーホールから脱出した部分1/3と
殻の中に残っている部分2/3という状態は変わらず
1つの卵が瓢箪のようにくびれている状態。

しかし、アシステッドハッチングして中身を確認したところ
細胞の1つ1つがきれいなものが多く、今朝の時点で
中の細胞に拡張が見られたので、凍結をしたとのことでした。

凍結時のグレードは 3E

夢クリニックでは独自の評価方法を用いていて
前の数字は、1~3で卵の評価を表します。
(1が一番良い)

3というのは一番悪い評価ですが、殆どの人は
3 がつくので気にしなくても良いとのこと。

1 →  5%
2 → 15%
3 → 80%

というのが全体の割合だそうで、1がつくのは稀なことだそうです。

そして、後ろのアルファベットは、A~Eで
年齢と凍結までの時間を表しています。
(Aが一番良い)

今回のEというのは、年齢にかかわらず、凍結まで
8日かかったというだけで、Eになるのだそうです。

ただし、今回のグレードに関しては、通常このような症例のデータが
少なく、無理やりグレードをつけると、このグレードになるとのこと。

というのも、イクシーホールから脱出をした卵が
凍結に至ったのは例がなく、8日目での凍結というのは
以前は行なっていたけれど、その卵で妊娠に至ったケースが
なかったため、打ちきりになったのだそうです。

今回は8日目に凍結するということになりましたが
通常の場合とは異なるので、異例ではあるけれど
凍結するということになったそうです。

通常は凍結をした時点で、受精、前期培養、後期培養、
凍結の費用が発生しますが、今回は異例づくめということで
後期培養と凍結費は、無事に融解が完了し、移植ができたら
発生するということで免除してもらえることになりました。

それから、アシステッドハッチングの費用も
今回は請求しないということにしてもらえました。
金額にして恐らく12万円位なると思います。
すごく有難いお話でした。

そして、今回の一連の流れについて、電話では
詳細な説明が伝わらないので、もし希望するのであれば
後日、詳しく話を聞きに来てほしいと言われました。

今後のことも話し合いたいし、卵のことも
もっと詳しく説明を受けたかったので
後日、ダンナと二人で病院に行くことにしました。
凍結確認
2012年02月28日 (火) | 編集 |
2011年4月29日(金) DAY26 採卵後7日目

凍結確認の日。

採卵後2日目の時点で、グレード1とグレード4の2つの卵ちゃんが
胚盤胞になって、凍結できたかどうかの確認をしました。
(12:00~13:00 電話にて)

グレード4の卵は、採卵後6日目の午後に桑実胚になったのですが
翌7日目の朝の時点で、茶色く変色していたので、残念ながら
培養中止となったそうです。

グレード1の方は、6日目の朝に胚盤胞になったのですが
まだ初期の状態で、凍結するには大きさも足りないため
もう1日様子を見ることになりました。

7日目の朝確認すると、透明帯から脱出しかけている状態だったそうで
これを聞いて、私はすごくいい感じなのかな~と期待したのですが
そうではありませんでした…。

というのも、着床直前に見られる通常のハッチングではなく
「イクシーホール」という顕微授精の際にできた微細な穴からの
脱出だったのです。

しかもその状態というのが、卵の1/3がイクシーホールから
脱出しかかっていて、2/3が残っているというのです。

そして、その穴(イクシーホール)は小さすぎるので
細胞がつっかえて、それ以上外にも出られず、元にも戻れない状態で
その穴によって細胞がくびれた状態になっているというのです。
いわば、瓢箪(ひょうたん)みたいな形になっているとのこと。

そこで、これからどうするかという説明がありました。

脱出しかかっている部分に手を加えると、細胞が壊れてしまうので
イクシーホールから離れた部分をアシストハッチングして
殻の中に残っている部分の細胞の状態を確認し
もう1日培養を続け、細胞の拡張が見られるか様子をみる。
もし拡張が見られたら、凍結をするということになりました。

ちなみに、このアシストハッチングは元々必要だったそうで
どちらにせよ移植時には必要なので、細胞の状態を
確認するためにも、凍結前に行なうとのことでした。

そして、今回のこのイクシーホールからの脱出というのは
かなり稀なことらしく、顕微授精をしたからといって
必ず起こるということではないそうです。

電話越しに話を聞いていたので、何が何やら
さっぱり分からなくて、何度も聞き返しましたが
培養師さんは、すごく丁寧に説明をしてくださったので
とても有難かったです。

それでも、分かったような分からないような…

とにかく、もう1日様子をみるということなので
翌日の電話確認まで待つことになりました。
受精、分割確認
2012年02月27日 (月) | 編集 |
2011年4月23日(土) DAY20 採卵後1日目

前日採卵した2個の成熟卵。
うまく受精してくれたかどうか確認の日。

12:30にクリニックに電話をすると
2個とも無事に受精したとのこと。
あぁ~よかった。 ひとまず安心

翌日10:30に分割確認となりました。


2011年4月24日(土) DAY21 採卵後2日目

分割確認の日。
受精した2個の卵のうち

① 4細胞 グレード1
② 6細胞 グレード4

という結果でした。

グ、グレード1!? 思わず聞き返しました。
今まで一度も到達したことがない夢のグレード1
しかも4細胞と優秀です!!

もう1つの方は6細胞だったので、こっちの方が
分割スピードが早くていいのではと思い、確認すると…。

きのうの夕方の時点では分割を開始しておらず、今朝になって
急に6細胞になったそうで、割球の大きさが不均等で
フラグメントが多めにあるので、グレード4がついたとのことでした。

分割スピードが早ければ、それだけいいということではないんですね~。

次の確認は、いきなり5日後になるそうで
凍結できたかどうかを確認することになりました。

前回の自然周期では、新鮮胚移植も考慮に入れていたので
ほぼ毎日分割確認ができたのですが、今回は刺激周期だったので
うまくいっても凍結胚移植になるということで
いきなりの凍結確認に飛ぶことになったみたいです。

人生初のグレード1の卵ちゃん。
一体どんな成長を遂げてくれるか。
楽しみなようで、怖いような…。

採卵では、変性卵や空砲が多くてガックリしたけど
1つだけでも、人生初のグレード1の卵ができてくれたことは
カウフマンの効果があったのかな?

どうかどうか運命の卵ちゃんになってくれますように
ドキドキの確認を首を長~くして待つことになりました。
採卵当日
2012年02月24日 (金) | 編集 |
2011年4月22日(金) DAY19

カウフマン療法を経て、卵の質が変わっているか…。
運命の採卵の日。

朝一番に到着しましたが、採卵順は6番目で一番最後。
順番が来るまでベッドで待機。

今回は卵の数が多いので局所麻酔を希望しました。
看護師さんからは、数が少ないときは麻酔の方が痛いと
言われていましたが、麻酔の痛みは全然我慢できました。

私にとっては、採卵の方がはるかに痛いんだけどな~
多分、私の卵巣の位置に問題があるんだと思います。

消毒、麻酔が終わり、採卵が始まりました。

まずは右から。
麻酔が効いているせいか、前回の採卵では無理だった
横に置かれているモニターを見る余裕がありました。

採卵針が卵巣に入っていき、卵胞に刺さると
卵胞液が吸い込まれていくのがよく分かりました。

麻酔はしているとはいえ、針が卵胞に刺さるときは
痛みを感じます。 でも我慢できる程度でした。

右側が終わり、次は左。
左の卵巣は奥の方にあるらしく、かなり痛みを感じました。

痛くて、どうしてもお尻が浮いてしまいます。
うまく採卵ができないからと何度も注意されましたが
どうしても浮いてしまいます
それでもなんとか頑張っていると痛すぎて涙が出てきました。

初めはモニターを見れませんでしたが、しばらくすると
痛さに慣れてきて、少しだけ見ることができました。
麻酔をしても、やっぱり左は痛かったです

採卵の後は、リカバリールームへ移動。
前回とは違い、お腹の痛みが強く残っていました。
安静のため、しばらく休むのですが
その間、とても幸せな気分になりました。

なんと、自分の赤ちゃんを抱っこしている夢を見たんです。
これは幸先がいい!! と明るい気持ちになりました。

安静後、タンポンを抜いて出血の有無を確認します。
前回と違って大分出血していました。

その後、内診で再度出血の確認。
この時点では、出血は止まっていました。

そして、いよいよ採卵の結果発表。
培養師さんとのお話です。

採卵したのは、右6個、左7個で、計13個。
しかし、正常卵はたったの 2個 だけでした。

右 6:  正常 1 変性卵 3 空砲 2
左 7:  正常 1 変性卵 1 空砲 5 
計13:  正常 2 変性卵 4 空砲 7 

あんなに痛い思いをしたのに、正常卵はたったの2個だけ。
変性卵は相変わらず多い。

カウフマンをしても変わらないのか…。
すごくガックリした気持ちになりました。

正常卵2個は、共に成熟卵でした。
受精率のことを考えて、今回も顕微授精を依頼しました。

予定としては、胚盤胞まで育てて、うまくいけば凍結し
翌月以降に移植するということになりました。

抗生剤フロモックス 朝夕1錠2日分
プラノバール 夕1錠12日分が処方されました。

正常卵が2つあるとはいえ、変性卵はやっぱり多いという結果。
期待していただけに、残念な気持ちが勝っていました。
幸先のいい夢はどこへやら…。
低刺激周期スタート
2012年02月13日 (月) | 編集 |
2011年4月6日(水) DAY3

前周期のカウフマン療法を受けて、卵の質が改善されているか
ドキドキの低刺激周期が始まりました。

通常の体外受精では、周期2~4日目で注射を開始し
10日間くらい毎日ガッツリと続けますが
この病院では排卵誘発の錠剤から始めていきます。

E2   57
LH  0.8
FSH 3.8

FSH、LHは前周期のプラノバールの影響で低め。
上がろうとしている状態なので問題なし。

内診では、小さい卵が数個できているのを確認。
採卵は6~8個大きいのが摂れることを目指す。

今日から排卵誘発開始。
10日間の予定で、セロフェン1錠、夕食後に服用する。

次回はDAY7で、注射を開始する。


2011年4月10日(日) DAY7

E2    63
LH   7.0
FSH 10.8

卵は5mm前後で、沢山できている。
私は、卵が多くできやすい体質だそうで
できすぎないように注意が必要とのこと。

ホルモン値は、FSH 12くらいを目指す。

今日から注射開始。
フォリスチム150単位を1日おきに行なう予定。
今日は、お腹に打ってもらう。


2011年4月12日(火) DAY9

E2   135
LH   8.7
FSH 11.9

卵は左右4~5個ずつできている。
大きさは4.7mm~6.0mm前後。

12を目指していたFSHは、いい感じになっている。
FSHは11~13が理想。

卵胞の数が6個前後で成熟するようにしていく。

今日もフォリスチム150を注射。
前回はお腹だったので、腕に挑戦。
やっぱり腕の方が大分痛い


2011年4月14日(木) DAY11

今日は、フォリスチム150の注射のみ。
いつもは最低2時間かかるのが、30分で終了。
楽チ~ン


2011年4月16日(土) DAY13

E2   585
LH  11.4
FSH  8.7

予定していたセロフェン服用の10日間が経ったけれど
卵胞13~16mm、E2もまだ低いので追加で飲むことに。

セロフェン2日分追加。
フォリスチム150の注射もする。


2011年4月18日(月) DAY15

E2  1262
LH  10.0
P4   0.6

卵胞右5個(14~17mm)左3個(12~14mm)と小さめ。
大きさは一番大きいのが21mmになるようにする。
E2は、卵1つにつき300~400が望ましい。

セロフェン2日分追加。→ これで終了。
注射、今日はhMGコーワ100。


2011年4月20日(水) DAY17

E2  2252
LH  16.6
P4   1.5

卵胞右6個(24.6~17mm)左3個(小さめ)
E2は、卵9個で1つあたり250となるので、まずまずの値。

他院の採卵では、これをクリアしたことがないので
良い方向に繋がってほしい。
採卵は4月22日に決定。

<採卵までの予定>

スプレキュア(右→左 1回ずつスプレー)
4/20 ① 24:00
      ② 25:00

ボルタレンサポ25mg(座薬)
4/21 ① 17:00
      ② 23:00

いよいよ低刺激周期の採卵が決まりました。

今までの刺激周期では、20個以上の卵が採れるも
ほとんどが変性卵という結果でした。

さてさて、カウフマンを挟んでどう変わってくれたか。
怖いような、楽しみなような複雑な心境でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。