なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポリープオペ前日
2007年01月06日 (土) | 編集 |
周期10日目  

明日のポリープ切除手術に向けて
子宮口を拡張させる前処置を受けました。

前回軽く説明は受けていたのだけれど、スティック状のものを
挿入するとしか聞いていなかったので詳しく聞いてみました。 

その先生は以前一度だけ診察してもらった女医さんで
印象が悪かったのだけど、詳しく説明してくださいました。 

ラミセルという棒状のスティックを子宮の入り口に挿入することに
より、水分を含んで徐々に膨らんでいき子宮口が開いていく
ということでした。 

家に帰って更に調べると以下のような説明が・・・


ラミセル・・・ 化学繊維からなる直径3~4mm、長さ6cmほどの
細いバー。先端に紐がついていて生理用タンポンと同じ形をして
います。水分(分泌物)を含み、少しずつ膨らんでいきます。
子宮口を広げる助けをします。 

同じ機能で海藻を乾燥させてできたラミナリアというものも
あるそうです。


内診室に移動し、いよいよ挿入。 

人工授精のときの感じとよく似ていました。 
なにやら金属のようなものを子宮口のところにあてられ、
ネジのようなものをカチャカチャ回しているような音が聞こえました。

で、ラミセルとガーゼを挿入されました。 
痛みは殆どありませんでした。 

その後、明日の手術に際しての注意事項を説明してもらって終了。 

今日は午後9時以降は絶食。 飲料は可。 入浴はシャワーのみ。 
手術当日は絶飲食。

挿入後、徐々に生理痛のひどい感じ、お腹と腰が重た~くなり、
頭はフラフラ~
一人で帰れると思ってたけど、無理でした。 

旦那が休みだったので、うまい具合に迎えに来てくれて助かりました。
  
帰宅後、痛み止めを飲んだけど、殆ど効かず、かなりしんどいです 


(会計)
診察料: 210
自費:  1,580
合計:  1,790
スポンサーサイト
ポリープオペ当日
2007年01月07日 (日) | 編集 |
周期11日目  

絶飲食の為、うがいをして喉を湿らせ、いざ病院へ。
相変わらず、生理痛のひどい感じでフラフラしながらも
無事病院へ到着。 

オペは9時からだけど、8時30分に着いて準備が始まりました。
まずはリカバリールームへ通されました。 

病院の大部屋のような感じで、ベットの周りをカーテンで
仕切ってあり、点滴を吊るすものや、鍵の掛かるロッカーなどが
ありました。 術着に着替え、ベットで横になりながら待ちました。 

ENYA の心地いい音楽が流れていました

まずは点滴。 手首の辺りにブスっと・・・。 
しばらく痛かったです。 
麻酔は入っておらず、生理食塩水だけでした。 

10分後くらいに手術室へ徒歩で移動。

看護婦: 今から麻酔しますね~。 
      麻酔が入っていくときにビリビリした感じになりますけど
      問題ないですからね~。少しボーっとしてきましたか?


私:    いいえ、まだ全然しません。 
[続きを読む...]
オペ後消毒
2007年01月09日 (火) | 編集 |
周期13日目  

今日の先生は、また初めての先生でした。 50代くらいの先生。 
いまいち、話し方に説得力がない。

内診室で準備をしたら、だいたいすぐ名前を呼んでもらえるのに
10分近く待たされました  

しかも、下は何もつけていない状態・・・ 
一応バスタオルがあるけど、こんな格好で待つなんて
普段ありえないからどうしようかと思ったよ・・・

やっと名前を呼ばれて内診室へ。

先生: 出血もないようですね。

グリグリと何やら消毒されました。 その時・・・

痛゛―ぁ    

足が ビクンっ とした。

消毒の仕方が激しかったのか、一箇所めちゃくちゃ
痛いポイントがあって、ほんまにビックリした   

今まで内診でこんなに痛かったことなかったから・・・
卵管造影でさえ、ほぼ無痛だったのに・・・

もーぉ この先生は嫌やーーー!! 

心の中で叫んだよ。

その後はまたずっと生理痛のような感じで、腰とお腹が痛ダルかった。

次の診察は1週間後。 絶対、今度は院長先生にしよっと。


(会計)診察料: 350
高温期検査の結果
2007年01月10日 (水) | 編集 |
周期14日目

12/20 に行った高温期(黄体期)検査の結果が出ました。

前、通っていた病院では、高温期9日目に行っており、
正しい数値ではなかったものの、少しおかしいと言われていました。

毎周期恒例の茶オリさんも、ホルモンバランスが悪いせいでは
ないかと勝手に考えていました。

それに卵管造影後、卵管狭窄で卵管水腫の疑いもあると言われていた
ので、大きな原因として、クラミジア感染が考えられる為、
これもまた心配の種でした。


行った検査は 

● 黄体期ホルモン検査
● 抗クラミジア抗体検査
● 一般感染症検査
● 感染症血液検査:風疹抗体


結果は、というと  ↓↓

[続きを読む...]
こりゃ大変だ~
2007年01月12日 (金) | 編集 |
周期16日目

先月の甲状腺機能検査で数値が悪かったので、
甲状腺の専門病院を紹介されたのですが、実はまだ行ってません。

年末に行こうと思って、HPを調べたところ、検査を受けるには
『ヨード制限』 たるものをしなければいけなかったのです。

ヨードとは様々な食物に含まれていますが、
最も検査に影響が出るのが海藻類らしいのです。

ヨードを多く含む食材は ↓

こんぶ(とろろ昆布、つくだ煮、昆布茶などの昆布製品)
わかめ、のり(のりのつくだ煮等、加工品)、ひじき、
寒天(みつ豆、トコロテンなど)、ヨード卵、昆布だし

我家は和食が多く、朝晩は必ず 昆布だし の入った
わかめ 入り味噌汁、もちろん 昆布の佃煮のり
ほぼ毎日食べていました

これらのヨードを1週間制限してからでないと
無理だということが分かり、昨年末は断念

年始はおせちを食べるので、だしに昆布が含まれてるから
とまだ始められず。

で、1月6日からヨード制限をスタートしたのでした。

これが、なかなか大変で、お菓子ですら昆布エキスを
含んでいるものがあるので、注意深くパッケージを見てから
食べなければなりません!

外食も何に含まれているか分からないので、
ほとんどできませんでした。

今日でやっと1週間。

15日に病院に行くことになったので、
あと少し、気を抜かずに頑張ろっと


ヨード制限について詳しく知りたい方は ↓ からどうぞ。
http://www.kuma-h.or.jp/iodine/index.html


甲状腺の病院
2007年01月15日 (月) | 編集 |
周期19日目

やや大変だったヨード制限を終え、病院へ。

紹介状があったため、比較的早く診てもらえました。

まず、身長、体重を測ってもらい、診察を待つ。

担当していただいたのは、ある程度年齢のいった男の先生でした。

必要な検査をして、1時間後に結果が分かるので
再度お話があるとのこと。

検査の内容は下記の通り。

● 血液検査
● 尿検査
● 心電図
● 一般撮影(胸部レントゲン)
● 頸部超音波

頸部超音波以外はしたことのある検査なので、特に問題なし。

頸部超音波だけは、初めてだったので少し緊張しました。
ゼリーのようなものを塗り、ローラーのようなもので入念に
首の辺りをコロコロ。

甲状腺の腫れがないか等、色々なことを調べていたようで、
結構長く感じました。

といっても実際には5分くらいだったのかな?

一通り検査が終わり、次は結果を聞きに行きました。


[続きを読む...]
今後の方針
2007年01月17日 (水) | 編集 |
周期21日目

ポリープの術後消毒と今後の方針を確認する為、病院へ。

今日は院長先生。

術後の経過は順調でした。
ポリープの病理解剖の結果も問題なく、
癌の疑いはないと言われました。
ひと安心です

消毒の後、今後の方針を相談しました。

昨12月に転院して全ての検査をしましたが、
現在問題があったのは下記の通り。

①  甲状腺の問題 
   → 無痛性甲状腺炎
②  子宮内膜ポリープ
   →  先日手術済み
③  黄体化ホルモン(LH) と卵胞刺激ホルモン(FSH)のバランスが悪い
   → LH 2.6, FSH 7.9 正常値は 5-15
   だが、LHとFSHは1対1でないとバランスが悪い

④  テストステロン(男性ホルモン) 60 
   → 40以上は問題あり
⑤  左右両方とも卵管狭窄、左のみ卵管水腫の疑い

前の病院では全く問題がなく、原因不明と言われ続けました。
2年も通ったのに、原因の一つすら見つからなかってどういうこと?
よくもまぁ、こんなに見つかったこと 

それだけ、新しい病院がすごいってことか・・・ あらためて実感

まずは、甲状腺の数値が安定しないと、治療はできないので、
安定すれば再開するというのが、大前提なのですが・・・

卵管の問題に関しては、卵管鏡下卵管形成術(FT)をするには、
金額的にも負担が掛かるし、手術をしても妊娠の確立は
20~30%らしいのです。 
私の場合、水腫の疑いもあるから、絨毛がやられていたら
再生しないので、期待はかなり薄いということが分かりました。

先生は、まず私の意向を聞かれました。
私は、諸々のことを考えると体外受精の方がいいと思うので、
そのようにお願いすると、先生もその選択が無難でしょうとの
回答でした。

ロング法とショート法がありますが、
私の場合はどちらがいいのか確認してみました。
以前、ネットで調べましたが、なかなかこれといった回答が
見つからなくて・・・

先生: ホルモン値を見るとショート法ですね。

私:  あっ、そうですか。ホルモン値って・・・

と、私が言い終わる前に
 
先生: 年齢も若いし、ホルモン値からロング法ですね。

私:  えぇっ! ロング法ですか? ショートではなくて?

ずっこけそうになった。

えぇーーっ!!?? 先生さっきショートって言ったやん?
それに若いって、私、今年34才なんですけどぉーーー。


心の中で思ったけど、口にできなかった

ホルモン値が悪いこととか、他にも質問したかったのだけど、
先生、今日はいつになく忙しそうで、これ以上は聞けませんでした。

ダメねっ!私って 

というわけで、2ヵ月後、甲状腺の数値が安定していれば、
ロング方で体外デビューとなりました 

で、先生曰く、甲状腺の数値が安定するまで、
婦人科への通院はしなくていいということに。

それで、納得して帰ったんだけど・・・

家に帰るとあれこれ思い出してきて
LHとFSHのバランスが悪いのと男性ホルモンが高いのはどうなるの???

それにしても、男性ホルモンが高いってどうよ!?
なんだか複雑 

で、次、生理が来たら病院行ってみることにしました。
先生にはもう来なくていいって言われたけど、数値が悪かった検査を
再検査してもらおうと思います。

それに、甲状腺の病院から、自己抗体があるかどうかの結果が
院長先生宛に郵送されるから、それも聞きに行かないと行けないのです。

やっぱり、少しでも疑問を持ったまま待つのは嫌です。
ここまできたら、分からないことはとことん調べて、聞いて、
万全の状態で臨みたいもんねっ 

がんばりまーっす!!

(会計)
診察料: 350

あら!またきちゃったの?
2007年01月19日 (金) | 編集 |
周期23日目

何がきたって? 

例のアイツです・・・   茶オリさん

今周期もやってきてしまいました

おとといの周期21日目に薄~い茶色かピンクの間くらいのが、
ちょっと出てきて、ヤバイかなと思ってたら、
きのうは、ばっちりいつもの調子で現れました 

私は、だいたい28日周期だから、いつものように
生理予定日1週間前にやってきたことになる。

気持ち悪いくらい、規則正しくやってくるコヤツ 

高温期のホルモン検査は問題なかったし、ポリープも取ったから
絶対、今周期は出ないと思ったのにぃ

何が原因なんだろう? ほんと分かりません。
黄体化ホルモン(LH) と卵胞刺激ホルモン(FSH)のバランスが悪いのが
関係あるのかなぁ

やっぱり、この茶オリが出ることが、不妊の原因になってるのかなぁ?

生理になったら、病院行って先生に聞いてみよっと!

ブログについて
2007年01月22日 (月) | 編集 |
今日は、私がブログを始めたきっかけとブログに対しての気持ちを
書こうと思います

本格的に不妊治療をはじめて、そろそろ2年半が経ちます。
タイミングを何回しても駄目で、その頃から何か原因があるのかと
ネットで色々調べ出しました。 

もともとパソコンには詳しくなく、メールと少しネットを
するくらいでした。

不妊治療のサイトや赤ちゃん待ちのサイトを読みあさりました。
そこで分からない言葉があると、それを調べたりして、
それで、みなさんがされているブログに辿り着いたのです。

ブログを読ませて頂くと、治療の始めの頃は専門用語がよく出てきて
正直、あまりよく分かりませんでした。
それが、自分の治療が進んでいくにつれて、だんだん分かるように
なっていきました。

でもその頃は、ブログを自分がするなんて考えてもおらず、
私にはそんな知識もないし、ブログをされてるひとは、
すごいな~と思うばかりでした。

自分の治療がだんだん進むにつれて、ブログをされている人に
コメントを送りたいと思ったことが何度もあります。

でも、コメントを残される方は、そのブログをされている方と
相互リンクされている方や、リンクしていなかっても
ブログをしている人が多かったので、いつも躊躇してしまい、
結局一度もコメントができませんでした

昨年12月から転院することになり、前の病院で原因不明と
言われていましたが、新しい病院では、どんな風に診断されるのか、
今後の自分の治療を記録に残したいと思いました。

それで、まず日記をつけてみることにしたのです。
手始めにワードで、病院初日のことを書いてみました。

それで、ズルズルとその続きに通院の記録を書いていったのですが、
なんといっても、見にくい・・・

後で見るには見ずらい・・・
でも毎日シートを分けるのもすごい量になるし。
それなら、私もブログにしてみようかと思いつきました。

でも、私はそんな知識ないし、
みなさんのようにうまくできないかもしれないし・・・
コメントとか、ちゃんと返せる自信ないし、
中傷コメントとか多いって聞くし・・・

だったら、公開しないブログはないのか?

ということで、お正月休みが終わった頃から非公開にして、
ワードの日記をブログに移しました。

転院する前の記録も残したかったので、以前の記録も書きました。

それで、やっとブログが形になってきた頃、
私の中でだんだんと葛藤が起こってきたのです。
[続きを読む...]
リセット
2007年01月24日 (水) | 編集 |
周期1日目

本日リセットしました。

先周期はポリープの切除術を行ったので、
タイミングもとっていないので、特に落ち込みはありません。

12月に引き続き、27日でリセットとなりました。
今まで28日周期が多かったのに、ここ2回は27日周期になっています。

12月に行った周期3日目~7日目にするホルモン検査の
結果が悪かったので、再検査をしてもらうべく予約を入れました。

29日の月曜日に行くことになりました。

今、不安に思っていることを色々聞いてこようと思います

① ポリープを切除したのにどうして茶オリが出るのか?

② 黄体化ホルモン(LH) と卵胞刺激ホルモン(FSH)のバランスが悪い
  と、どういう影響が出るのか?

③ Bテストステロン(男性ホルモン) の数値が高いと
  どういう影響があるのか ?


少しづつ、不安に思っていることや疑問点が解決していけたらいいな 


今回の生理は、先周期のポリープ切除の際に、
内膜も一緒に取っているので、もしかしたら、軽いのでは?
と少し期待しています。

いつもは1日目~3日目までは、鎮痛剤を飲まないと
やってられません

さて今回はどうかな? ちょっと楽しみです
効果あったかな?
2007年01月26日 (金) | 編集 |
周期3日目

先周期ポリープ切除の際に内膜を取ったので、今回の生理は軽いかも・・・
なんて書いてましたが、結果はといいますと・・・

① 量 →    やや少ない
② 生理痛 →  少しマシ
③ 色・形状 → いつもより鮮血でサラっとした感じ

もともと量は多い方ではなく、3日もすれば量的にはほとんどなくなり、
あとはダラダラと茶色いヤツが5日目くらいまで居座る感じなんです
けど、今回は全体的に量が少し少ない感じです。

生理痛は、いつも初日から3日目までは薬にお世話になるんですけど、
今回は初日に1回飲んだだけでした。 
風邪薬を飲んでいたので、それに鎮痛成分が入っていたのかも
しれませんが・・・ 

一番気になったのは、色と形状でしょうか。
黒っぽい色や、塊がほとんどなく、すごくキレイな赤なんです。
これって、やっぱり内膜を取っているからなんでしょうかね?
それにいつもよりサラっとしてるんです。面白いですね。

内膜を取ったからといって、劇的な変化はなかったですけど、
やっぱり少しは違いがあったようです。

ちょこっと報告でした


タイトルとは関係ないのですが、お知らせです!!

ブログ超初心者の私ですが、コメントに装飾機能をつけてみました。

皆さんのように、投稿フォームの上辺りに置きたかったのですが、
どうしても、フォームがずれておかしなことになってしまうのです
なので、とっても微妙な位置になっております。
それに、送信ボタンが左にずれておりますが、お許しを・・・
ほんと私には、まだまだ難しいですっ

よかったら使ってやってください

なんだかな~
2007年01月29日 (月) | 編集 |
周期6日目

病院に行って来ました。 今日の目的は下記の通りです。


① LHとFSHのバランスが悪く、男性ホルモン値が高いと
  どういうことが考えられるか? 聞く。

② ①の再検査依頼
 
③ ポリープを取ったのに茶オリが出るのは何故か? 聞く。

④ 私のかかっている甲状腺の病院から、私の検査結果
  (自己抗体があるかどうか) が 婦人科の病院へ郵送されている
ので、その結果を聞く。


今日はかなり時間が掛かりました

まず診察室に呼ばれるまでに2時間近く待ちました。

やっと診察室に入れたかと思いきや、そこで更に10分ほど待つ・・・

いつもは2~3分くらいで先生が来られるのだけど。

診察室といっても、奥で繋がっているので
両隣の部屋の声が聞こえてきます。
どうやら先生はお隣の方とお話をされているようで、深刻な様子。

聞くつもりはなかったのだけど、聞こえてしまいました。

お隣の患者さんは泣いておられました。
受精卵がどうとか聞こえたので、
体外受精をされた方だったのでしょうか。

先生のボソボソと話される声。 患者さんの鼻水をすする音。
泣きながら何かを質問されていました。

何分くらい待ったのか分かりませんが、
先生が席を立たれる音がしました。

私の番かな?と思いきや、お隣の内診室へ。

あ~今日も忙しそうだなぁ・・・

ちゃんと質問できるかな?と少し不安になる・・・

しばらくすると、やっと先生が私のところへ来てくれました。

で、今日は色々聞きたいことがあって、自分の判断で来た旨を説明し、
上記の ① から質問をしていきました。

① に関しては、私の場合、LH 2.6, FSH 7.9 というのは、
LHは問題がない値らしく、FSHが高すぎるので、
卵巣の機能低下が考えるだそう。

前回、別の先生には、LHとFSHが1対1でないとバランスが悪いと
言われたので、なんだかしっくりきませんでしたが、
まぁその場は良しとしました。

男性ホルモンが高いのは、具体的に何がどう悪いというより、
妊娠に必要なのは女性ホルモンで、男性ホルモンが高いと、
やはり妊娠しにくいと考えられるとの回答。

ふむふむ・・・分かったような分からないような・・・
でも、これも良しとしました。

次の質問をしようとすると、先生は

ちょっとごめんね

と言って、隣の内診室へ。 別の患者さんを見に行かれたのです。

すぐに戻って来られ、次の質問 ③ へ。

ポリープ取ったのに、茶オリが出るのはどうしてでしょうか?

うーーん、ポリープ取ったばかりだしねぇ・・・
しばらく様子見ましょうか。
次も出るようだったら、またカメラ入れて見てみましょう。


えっ、カメラですか??

ちゃんとポリープが取れてないのかもしれないし、
別のがまたできたのかもしれないし。


せんせ、別のってこの間手術したばっかり
なんですけどぉーーー


さすがにコレは言えなかったけど、心の中でつぶやきました 

で、最後の ④ へ。

[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。