なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退院しました!
2007年06月04日 (月) | 編集 |
6月2日に退院しました 

入院の翌日、関節鏡手術となりました。

心配していた原因・・・
ちゃんと分かりましたよ

原因は 『滑膜』 という膝を覆っている膜が
異常に増殖していたそうで、それを取り除き
膝の中をキレイに洗うような手術をしました。

術後しばらくは、激しい痛みと微熱、めまいなどがありましたが
1週間ほどで落ち着きました。

退院する頃には、以前のように、歩けるようになるものだと
思っていましたが、なかなかそれほど甘くなかったようで
まだ、松葉杖なしでは歩けません。

でも、手術前よりは、痛みの程度も断然軽いし
なんといっても、階段の上り下りができるようになりました 

リハビリで、手摺りと松葉杖を使って、うまく昇降できる方法を
教えてもらいました。
この方法なら、ほとんど痛みが出ません。

もともと痛みの強かった右膝は、筋力がほとんど落ちていたせいもあり
まだ、歩く時に、真っ直ぐに伸びませんが、左は、筋力も順調に戻り
重心を置けるほどになりました。

痛みは、左の方がマシではあるものの、動くと、まだ両方に感じます。
なので、痛み止めの薬を毎食後に内服しています。

腫れと熱感は、随分マシになりましたが、やはり、まだ少し残っており
1日数回、アイスノンで冷やしています。

まだまだ、元の状態には、程遠いですが
自宅でリハビリを続けつつ、頑張っていこうと思います 

最後に、今回、無事に退院できたのは
多くのみなさんの励ましや温かい言葉のおかげです。
本当にありがとうございました

少しづつではありますが、着実に回復の方向へ進んでいますので
ご安心ください。

詳しくは、追々、記事にしていこうと思いますが
ひとまず、退院のご報告まで。

みなさんのところにも、全然、お邪魔できていなくてごめんなさい。
また、ボチボチと遊びに行かせてもらいますね。
スポンサーサイト
入院中の不正出血
2007年06月06日 (水) | 編集 |
前回の記事では沢山のコメントを頂き、本当に有難うございました

こんなに沢山の人から励ましてもらったり、応援してもらったりして
私は、幸せものだと思います

ブログを通じて知り合えた出会いに、改めて感謝します
本当にありがとう


さて、入院中にリセットし、今日は周期10日目です。

入院中はもちろん、退院後も基礎体温を測っていません
そろそろ測ってもいいかなとも思うのですが、どうしようかな?

歩けるようになるまでは、通院ができないんだから
治療も休むしかないもんなー 


入院中、不思議なことが起こりました。
毎度毎度、もれなくやってくる茶オリさんのこと。
[続きを読む...]
分かっちゃいるけど・・・
2007年06月08日 (金) | 編集 |
6月2日に退院して、明日でちょうど1週間。

手術前はできなかったことが、色々できるようなりました。

花の水遣りは、義母にお願いしていましたが
なんとか自分でできるようになりました。

洗濯も少しづつなら、階段を1段昇っては
洗濯籠を2段くらい上げて、少しづつ進んでいけば
なんとかベランダまでたどり着けて
椅子に座れば、洗濯も干せるようになりました。

入院中に伸び放題になった花の切り戻しや、花柄摘みをしたり
Yシャツのアイロンがけなども挑戦しました。

少しづつだけど、色々できるようになってきたと
ちょっと満足していたのですが・・・

おとといの夜からめまいと吐き気がしていました。
でも、きのうの朝、起きるとよくなったいたので
洗濯やアイロンがけなど、張り切ってやっていたのですが・・・

またもや、めまいが・・・
頭がクラクラしてくるのです  そして吐き気も・・・

これは、入院中にもよくあった症状で、手術後1週間くらいは
少し動くと、こんな調子でした。 麻酔の副作用だそうです。

それにしても、手術から2週間以上経っているのに
麻酔の副作用とは考えにくいんだけど・・・

でも、確かに家事などで動くとしんどくなります。

動くといっても、洗濯を2階から3階に運んで
洗濯を干したり、洗濯をたたんだり。

アイロンなんて、Yシャツたったの3枚!

花柄摘みだって、椅子に座りながらやってるのに・・・

今まで、何でもなかった簡単なことが
今の私にはこんなに重労働になっているなんて・・・

4月からあまり動けなかったもんだから、冬の衣類のクリーニングや
冬布団の片付け、シーツの洗濯。

掃除は、簡単にはダンナがやってくれるんだけど
私がいつもやるみたいに、入念な床の拭き掃除や、トイレ掃除、
棚の埃や、置いているオブジェに溜まっている埃の掃除など・・・

入院中の記録や、入院中に感じたことなど
ブログにもいっぱい書きたいことがあります!

やりたいことがいっぱいあるのに、思うようにできない今の私。

きのうは、PCに向うと気持ち悪かったので
横になって過ごしました。

『無理をしないように過ごす』 
『今は膝の完治を最優先に』


分かっているつもりでしたが
気持ちに体がついていってないんですね。

チャキチャキ動いて、さっさとあれこれ片付けてしまいたいのに
できないことが、すっごくもどかしいです

でも、無理をしたら余計にしんどくなるだけだし
できないことは、できないって、ちゃんと認めなくっちゃね。

『掃除をしなくても死なないんだから(笑)』

入院中に知り合った素敵なおばちゃんが言ってたなぁ・・・

そうそう、今、できなくても、死ぬわけじゃないんだから、大丈夫!

って、ちょっと大袈裟な気もするけど
これくらいの気持ちで、のんびり構えられるようにしないとね!

気持ちを切り替えて、できることを少しづつ!!

こんなことは、頑張ることじゃないんだろうけど
今の私には、これが課題かな
これも原因
2007年06月11日 (月) | 編集 |
めまいと吐き気は、今は落ち着いています。
用事をして、しんどいなと感じたら、横になって
しばらく休むことにしました。
そうすると、だいぶん楽になります

この体調不良に関して他に気付いたのは、倦怠感、眠気もあること。
いくら寝ても、朝、すっきりしていないのです

ここ2ヶ月ほど安静にしていたから、平衡感覚が鈍っているというのも
確かにあると思うのですが、それだけが原因なのか気になったので
薬の副作用も調べてみました

はい、ありました!  ビンゴです  

めまい、吐き気、倦怠感、眠気、全てありました!! 

入院してからは ロキソニン を飲んでいるのですが
どんな薬でも同じだと思いますが、長期服用の場合は
注意が必要だと書いてありました。

そこで、今は1日3回服用しているので、回数を減らしてみようと
今日のお昼は服用しませんでした。

すると、やっぱりです。
少し倦怠感が楽になりました。 しかし・・・
案の定、痛みがひどくなります
1日3回飲んでても、歩くと痛いんだから、当たり前なんだけどね。

今後は、痛みの具合と薬の副作用を考えながら
調整していこうと思います。

今日は、関西は気持ちのいい晴天です
昨日と一昨日は曇ったり雨が降ったりで、スッキリしない天気でした。

この天気、痛みの程度に大きく影響するんです!!

雨の日は痛みがひどくなります。
入院中も雨の日は、みなさん痛くて動くのが辛いと仰っていました。

実際、私も同じで、雨の日は痛みがひどくなります。

詳しいメカニズムは知りませんが、入院中に聞いた話によると
気圧の関係で、痛みにも影響するんだとか。

ほんと人間の体って不思議なことが多いですね。
これから梅雨だっていうのに、先が思いやられるわ・・・
入院初日
2007年06月12日 (火) | 編集 |
この記事から、しばらく入院中のことを綴りたいと思います
投稿日と記事の内容が合いませんが、その辺はご了承を・・・

*****

5月20日(日)

入院が決まって、入院準備をするにも、歩けないので
衣類はお店に行って買うことができないため、ネットで注文。
入院までに4~5日あるし届くだろうと・・・

それが入院前日になっても届かず、問い合わせると近くの配送所には
入院当日には届くとのことだったので、ダンナに取りに行ってもらい
急いで荷物をまとめ、なんとか入院までに間に合いました。

そんなドタバタの出発でしたが、なんとか13時に受付を済ませ
夕方まではダンナが付き添ってくれ、手術の説明を受けたり
同意書を書いたり、入浴も済ませました。

病院は数年前に改装されたらしく、とても清潔感がありました。
その辺は、いい感じ

私の部屋は4人部屋。
女性の部屋と男性の部屋はもちろん別々です。
消灯は22時、朝は6時に点灯。
朝食は7時半、昼食は12時、夕食は18時。
入浴は、シャワーは時間予約制で毎日可、
大浴場は入浴許可が出たら毎日可。

私の部屋の人は70代の女性が2人と、40代の女性。
ダンナと一緒に、それぞれの方に挨拶を済ます。
ひとまず、みなさん優しそう。

夕食前にダンナが帰り、夕食は部屋へ運んでもらえました
動けるようになれば、食堂で食べるそうです。
同じ部屋の方は全員食堂でした。

病院食といえば、すっごくマズイというイメージでしたが
この病院は、温かいものは温かく、冷たいものは冷たくして配膳され
味もそれほど悪くありませんでした。

後日談ですが、他の人の話では、沢山入院したけど
この病院が一番おいしいという声が多かったほどでした。

手術の前日は、翌日の手術に備え、ゆっくり休んだ方がいいとのことで
誘眠剤が渡されます。 

消灯は22時でしたが、入院前から睡眠不足が続き、肌荒れ、
口内炎がひどく、これでやっと眠れると、ひと安心。
21時に内服し就寝。

がしかし、眠れたのはたったの1時間
目が覚め、そこから眠れず・・・
0時になり、頭がフラフラするのと、眠れないのとでナースコール。

熱を計ると 37.30 
氷枕を持ってきてもらう。
夕食後の検温でも 37.10 あり、おかしいなとは思ってたんだけど・・・

私が眠れないのに対して、看護師さんは誘眠剤を追加で出すか
悩んでおられました。
どうやら前例がないらしく、普通は誘眠剤1錠で
朝までぐっすり眠れるそうです。

その結果、1錠だと多すぎるので半錠追加で飲み
1時ごろまで眠れませんでしたが、その後は、なんとか眠れました。

眠れなかった原因は、手術前で緊張していたこと、
はじめての入院で慣れない環境だったこと、
そして最大の原因は、いびきと物音と明かり。

私を含む4人の大部屋で、私以外の3人全員がいびき。
特に隣のベットの方はものすごい轟音。
また別の方は何回もトイレに行かれて、
そのたびに看護師さんを呼ばれます。
寝返りを打つたびに聞こえる物音や 『痛い~』 という唸り声。

消灯されているとはいえ、真っ暗ではありません。
小さい明かりは点いています。

家では、すぐに眠れる方ですが、物音や明かりがあると寝付けません。
なので、寝る時は必ずドアを締めて、部屋を真っ暗にしています。

こんな私なのに、薄いカーテンの向こうには
知らない人が3人も寝てるんだーなんて考えたら
そりゃ、眠れません!!

先が思いやられると感じた初日の夜でした
いざ手術
2007年06月13日 (水) | 編集 |
5月21日(月)

朝6時には部屋の電気がつくので、明るくて目が覚めました。
なんとか5時間くらいは眠れた感じ。

昨晩22時から絶飲食のため、朝食はありません。

7時30分、点滴の針を刺しても痛みが軽減するテープを
貼ってもらいました。 

点滴の針は、とっても太くて、手術の翌日まで針をつけたままなので
このテープがあると腕を動かしても痛みが出ず、漏れないそうです。

8時、母が来てくれました。
手術は9時30分からだと言っておいたのに
こんなに早い時間から来てくれました。

トイレ、着替えを済ます。

8時30分、点滴開始。

9時45分、手術室へ移動。

病室のベットのまま移動です。
コンタクトも眼鏡もはずさなければならないので
ほとんど何も見えない状態。

母は手術室の前まで着いてきてくれました。

行ってきます 

と、母に告げ、いよいよ手術室へ。

はじめて見る手術室。
ぼんやりしか見えないけど、ドラマのワンシーンみたい。

手術台まで移動。

先生が膝を曲げたり、伸ばしたりして、痛い箇所を最終確認。

膝を抱え込むような感じで、体を海老のように曲げ腰椎麻酔。
コレ、1箇所かと思いきや、そうじゃないんです!!
3箇所打ちましたが、これがなんとも 

麻酔が効いてくると、膝が曲がるかもう一度確認。
さっきまで、痛みで全然曲がらなかった膝がぐにゃあと曲がる。

やっぱり曲がるねぇ。 痛いから曲がらんかったんやねぇ。

と、先生。

麻酔が効いてるから自分の足じゃないみたい。
ぐにゃぐにゃに曲がるんだもん。

じゃあ、今から全身麻酔も点滴入れていきますね。

点滴が追加され、口には酸素マスク
顔の前にはついたてを立てられました。

いよいよ始まる・・・



ここから記憶がありません。
[続きを読む...]
術後1日~2日
2007年06月15日 (金) | 編集 |
5月22日(火) ・ 23日(水)

夜中、痛みや患部の熱感で目が覚めるものの
初日よりは眠れるようになりました。

手術翌日の午前中、つなぎっぱなしの点滴と導尿の管が外れ
トイレは自分で車椅子で行くようになりました 

痛み止めを内服しているものの、動かすと結構痛みます。

腫れと熱感はひどく、患部に冷たい氷り水を注入するサポーターを巻き
冷たさを感じなくなってきたら、中の水を冷たいものに交換します。

手術後から 37.0~ 37.5 の微熱が続きました 

朝は、6度後半までに下がりますが
安静にしていても夕方から夜になると上がってきます。

めまいとむかつきはマシになってきたものの
トイレに行ったり、起き上がっていると、少し頭がクラ~とします。

雑誌や小説など持ってきていましたが、まだ読むほどの元気はなく
横になっていることが多かったです。

リハビリは、手術の翌日から始まりました。
手術の翌日は、部屋までリハビリの先生が来てくださり
ベッドの上で足首を動かす訓練のみ。

術後2日目は、別の階のリハビリルームにて
クールダウンも含め、1時間程度。

食事は術後翌日までは部屋食にしてもらいましたが
2日目から食堂へ行くようになりました

部屋で食べていると食欲もなく、カーテンで仕切られた狭い空間だし
気分もあまりよくないため、半分位しか食べられませんでしたが
食堂では、お話をしながら食べられるし
外の景色が見えるので、とっても食が進みました
そして気持ちも晴れやかになりました

私の病棟は9階で、食堂からは、私の大好きな色、
黄色と緑のコントラストがかわいいホテルが見えます

実はこのホテル、私たちが結婚式を挙げたところなんです
そのホテルの隣が入院している病院というわけ。

このホテルには、結婚式の打ち合せで何回も通ったので
隣が病院ということは知っていましたが
まさか自分が入院することになるとは思ってもみませんでした
初めての洗濯
2007年06月17日 (日) | 編集 |
5月24日(木) 術後3日目

患部の痛みと腫れ、熱感も随分マシになってきました。

微熱も朝は6度前半になり、頭のふらつきも感じなくなってきました。

この日は、起床後すぐから下痢。
鎮痛剤の副作用で便秘になったため、緩下剤を飲んでいたのですが
どうやらそれが、効きすぎたよう・・・

何回もトイレへ急行 

朝食後の回診の後、今日はなんだか気分もいい 

はじめての洗濯へでも行ってみることに。
洗濯室は13階。

その前に洗剤を地下2階の売店まで買いに行く。

洗濯機は古い全自動で洗剤を直接ぶち込む感じ。
柔軟剤は洗濯が終わる10分前に直接投入するようだ。
全自動と言えど、なんと原始的な・・・

柔軟材を入れるタイミングにアラームをかけていたけど
バイブ無しにしてて気付かず・・・

慌てて行ったときには、洗濯終了8分前。
何も考えず、急いで投入。

が、直後に水流が止まり、すぐに脱水へ

説明書きをよく見ると脱水の11~9分前に投入してくださいだと。

あらら・・・

途中で止めることもできず、すすぎを延長することもできず・・・

仕方無しに、乾燥機へ入れ、また病室へ戻る。

40分後、また13階へ。

乾燥機から洗濯を出し、また病室へ戻る。

全部乾いておらず部屋の椅子やベッドサイドに干す。

そうこうしているうちに少し疲れた感じになってきたので
横になりました。

だんだん頭と目が回っているような感覚に。
むかつきも出てくる 

あれ~、 おかしいぞ。 朝はあんなに元気だったのになぁ・・・

そのまま横になり、昼食も部屋で。
食欲もなかったけど、無理矢理食べる。

そのままリハビリの時間まで横になる。

リハビリは事情を話し、軽めにしてもらう。
夕方の入浴もキャンセル。
夕食も部屋でいただく。

術後、3日も経って、だいぶん楽になったと思ったのに
少し動いてこんなことになるとは思いませんでした。

聞けば、手術時の麻酔の副作用で、めまい、むかつき、微熱は
しばらくは続くそうです。

元気になったと思っても、無理は禁物なんだって。
でも、無理と言っても少し動いただけなのに・・・

移動は、全て車椅子だったけど
エレベーターで何回も往復したのがダメだったみたい。

23時に就寝

途中1回は目が覚めましたが、その後は朝までぐっすり。
こんなに熟睡できたのは初めてでした 

部屋の人たちとも仲良くなったし、慣れてきたのかなぁ 
久しぶりに
2007年06月18日 (月) | 編集 |
きのう、退院後、初めて外出しました 
といっても、車に乗せてもらって、お花を買いに 

母の日のプレゼントもできていなかったので、父の日のプレゼントと
一緒に母にも送ろうと思って。

それから、自分用のお花も少し買って
久しぶりに園芸を楽しみました 

外出したのは、1時間ちょっとで、歩く距離もお店の中だけなので
大したことなかったのですが、立っているだけでも痛くなってくるから
まだまだだな・・・ なんて感じちゃいました

今回、お花を植えたのは、日々草、クロサンドラ、メランポジューム
ペチュニアの4種類だけ。

いつもなら、もっと大量に買い込むんだけど、お花を選ぶのも
植えるのも、これくらいの量が限界だったから・・・

写真は、後日できればアップしまーす 

最近の体調は、退院したころよりはマシになってきて、
吐き気はなくなりました。

ただ、倦怠感とめまいは、毎日ではないものの
1~2日おきにはある感じです。

膝の痛みも、リハビリの成果も、少しづつだけど
快方に向っている感じかな・・・

明日は、退院後、初めての外来です 

一人では行けないので、またダンナに送迎してもらいまーす
新たな疑問
2007年06月18日 (月) | 編集 |
5月25日 術後4日目

痛みも、めまいも少しマシになってきて、食欲も出てきた頃
ふと疑問が沸きました。

手術をして 『滑膜の異常増殖』 というのが判明しましたが
この 『滑膜』 とは一体何ぞや?

また、この滑膜が、どうして増殖したのか? ということ。

そもそも、膝が痛くなったのは
忘れもしない4月5日に義母と出かけてから。

実はこの日、私の誕生日で、義母がお祝いにランチを
ご馳走してくれるというので、高台の素敵なお店に行ったんです。
行きは送迎ロバスで坂を上っていったんだけど
帰りは桜がキレイなので、花見がてら、歩いて下りたんです。

それが、めちゃくちゃキツイ坂道で、ゆっくり30分くらい
桜を見ながら、ゆっくり下ったんです。

で、その後も2時間くらい、他の場所に花見に行ったら
その帰りには、階段の上り下りができないくらいに
痛くなってしまっていた・・・ というわけ。

その後、安静にすること2週間。 

で、とうとう歩けなくなったんだけど、滑膜はどの時点で
増殖をしていったのか? ということが疑問として浮上したのです!

花見に行く前から、階段を下りる時に、たまに右膝が痛むことは
あったんだけど、左は全く痛くなかったんです。

滑膜は、花見に行く前から、徐々に増殖していたのか?
それとも、急な坂道を下って、膝に負担を掛けたことで
増殖が始まったのか?

主治医の先生は、平日は、ほぼ毎日様子を見に来てくださるので
思い切って聞いてみることにしました。
[続きを読む...]
嫌な予感・・・
2007年06月19日 (火) | 編集 |
前回の記事の続きです。

ダンナのパソコンで 『滑膜増殖』 について調べてみました

まずは 滑膜 とは何ぞや?
というところから・・・

滑膜 は関節のふくろを作るものの一つで、最も関節側にあるものです。
その厚さは、関節によって違いますが、2cmにもなる大きなひだです。
その働きは関節を滑らかに動かすために関節液を産生し
また関節内をきれいに維持するためにいらなくなったものを
関節の外へと排除しています。

この滑膜に炎症が起こると、膜が肥厚(厚くなる)したり
増殖したりして、正常に機能しなくなったりすることがあります。
さらに進行して、滑膜が増殖すると、徐々に軟骨や骨が
破壊されてしまいます。


図で詳しく知りたい方は こちら をどうぞ。

ここで、まずゾッとしたのは、滑膜の増殖により
軟骨や骨が破壊されるということ。 

増殖が進んで放置していると、骨が侵食されていくそうなのです 

今回は、軟骨や骨には異常がなかったからよかったようなものの
もっと放置していたら、破壊されていたということで・・・ 

骨の破壊が進むと変形性膝関節症になり
将来的には人工関節にしなければなりません。


次に 『滑膜増殖』 について・・・

これを調べていて、まず、目に付くのが リウマチ という言葉でした。

滑膜増殖とリウマチはセットのような書き方・・・

実は、このリウマチというのを見て
すぐに、すっごく嫌な予感がしました 


それは・・・  甲状腺のこと。


[続きを読む...]
抜糸とリハビリ
2007年06月20日 (水) | 編集 |
5月26日(土) 術後5日目

予定通り、術後5日目で抜糸となりました。

初めて見る傷口。

片膝に3箇所づつ、7~8ミリの小さな傷があり
『X』 のように縫ってありました。

糸を引っ張る時に少し痛みがありましたが、全然大丈夫でした 

リウマチのこと、病室で、ダンナのPCから色々調べて
不安でいっぱいだったので、思いきって先生に聞いてみました!

先生の見解は、リウマチとは違うとのこと。
その時は、詳しく何も聞かなかったけど、心が少し軽くなりました。
後から、何がどう違うのか気になりましたが
入院中はそれ以上聞きませんでした。


リハビリのことを詳しく書いていませんでしたので
ちょっと紹介します

リハビリは病棟とは別の階にリハビリルームが設けてあり
そこで1時間ほど担当の先生に見てもらいます。

手術の翌日は、病室のベッドの上で足首を動かすだけだったけど
術後2日目からリハビリルームに行きました 

長椅子に座って足を投げ出し、足首の上下運動、
膝が真っすぐに伸びるようにするストレッチ、
膝が何度曲がるかを調べ、曲がるようにする訓練、
太ももの裏表、膝上、ふくらはぎの筋肉を付ける訓練など。

膝の曲がり具合は、初日は90度だったのが
その3日後には130度まで曲がるようになりました。
右は120度で、左より10度曲がりが悪いですが
120度曲がると合格なので です

座った状態で膝を真っすぐに伸ばすそうとすると、痛くて痛くて
全然伸ばせなかったのですが、伸びるようにするストレッチを
しただけで、なんと!! 伸ばせるようになりました

でも病室のベットでは、まだまだ痛いので
膝裏にクッションを置いていますが、歩けなくなってから
っと伸ばせなかったので、とても感動でした

歩行訓練は、術後3日目から、両側にバーがある中に入り
バーを持ちながら進む練習をします。

普通に歩くのと同じように、手と足は反対に出します。

はじめは、どうしても右足がカクンとなってしまい
痛みもあるので、バランスが崩れてうまく歩けませんでした。

術後5日目にもなると、左は痛みも大分とれてきて
重心を半分くらいかけても膝がしっかりしてきました。

それで、いよいよ松葉杖に挑戦することになりました。

バーでの歩行訓練と同じように、出す手と反対の足を同時に出して
片松葉杖をつきながら歩きます。
左はしっかりしてきましたが、右はカクンとなるのと
痛いのとで、まだまだ不安定です

長い距離はまだ無理なので病室3部屋分くらいを往復するのが精一杯。
少しづつ距離を伸ばしていくことにするか 

ストレッチ、筋トレは病室でもできるので
リハビリの時間以外も、必ず、朝昼晩、やっていました。 

松葉杖の練習も少しづつ頑張りました。
近況報告 退院後 1~2週間
2007年06月21日 (木) | 編集 |
入院中のこと、まだまだ、いっぱい書きたいことがありますが
今日は、近況報告をしたいと思います!

6月2日に退院して今週末で3週間になります。

そして、今日は、ちょうど手術の1ヵ月後にあたります。
5月21日が手術の日でした。

早いですね~。

退院して初めの1週間は、まだまだ痛みも強く、少し動くと
めまいや吐き気に襲われ、日中も横になることが多かったです

2週間目は、体力も若干戻ってきて、洗濯や料理など家事も
できることが増えました

めまいや吐き気、倦怠感なども時々はありましたが
回数が減ってきました。

リハビリは毎日欠かさずやっているのに、相変わらず
右足には重心が置けない・・・ カクンと膝が折れてしまいます。

それでも、寝た状態での足上げは、退院直後には痛すぎて
上がらなかった右足も、なんとか頑張って上げ下ろしが
できるようになりました。

しかし、梅雨に入り、痛みは増す一方。
痛いと動きにくいし、精神的にも参ってきます。

滑膜増殖について入念に調べ、情報量が極端に少ない中
また別の怖~い病気を見つけてしまいました 

自分は、コレなんじゃないか?
退院して2週間にもなるのに、まだ全然歩けない・・・
どこにも出かけられないし、一人じゃ何もできない。

ふと、このまま歩けないかもしれないという不安が募る。

そんなときに聞こえる窓の外から、赤ちゃんの泣き声。

こんな状態だったら、不妊治療にも通えない。
私は、赤ちゃんを授かることができないんじゃないか・・・
仮に歩けるようになっても、また滑膜増殖が再発したら・・・

なんで、私ばっかり、こんなことになるの?
赤ちゃんを授かる治療すら受けられない。
痛い・・・ 思うように動けない・・・ 歩けない・・・

いつになったら治るんだろう?
本当に治るんだろうか?
また再発したら・・・

そんな中、友達からの妊娠報告。

もう気が狂いそうでした。

ダンナは、仕事で疲れてヘトヘトになっているのに
泣きはらした私の顔を見て慰めてくれる。

なのに、

私の気持ちなんて分からない!!
どうしたらいいの? どうしたらいいの?


取り乱してばっかりで、挙句の果てにはダンナをひどい言葉で
怒らせてしまう。

最悪の日々でした。

母と話をしたかったのですが、声を聞くと泣いてしまうから
ずっと我慢していました。

そんな中、比較的、気分が落ち着いている時に実家へ電話。
なんでもない話をしようと。

でも、出ない・・・ 21時過ぎでした。 もう寝ているのかな?

まぁ、いいやー、仕方ないな。

5分後、家の電話が鳴りました。

母でした。

さっき、電話した?

まるで、テレパシーのようでした。

普通に話そうと思っていたのに、号泣してしまいました。

ダンナに不安なことをいっぱい話しても、ダンナも仕事で
疲れているから、いっぱいいっぱいだし、
私、壊れる寸前だったんでしょうね。

その日は、母に話を聞いてもらい

落ち着くまで、しばらく実家に返ってきなさい。

と母は優しく言ってくれ、私も、そうするつもりでした。


次の日・・・


自分でもビックリするくらい落ち着きを取り戻し、元気になりました。

実家に帰るつもりでしたが、よく考えると、実家には
トイレにもお風呂にも手摺りがないし、ベットもないし
今の私の状況だと、どう考えても無理だと分かり、断念しました。 

でも、帰らなくても大丈夫なほど、心が元気になったので
母にもそのように電話で伝えました。

母ってすごいですね。 本当に痛感しました。

そんなこんなで、退院後2週間目は最悪でした~
退院後 3週間目
2007年06月21日 (木) | 編集 |
梅雨に入ったというのに、連日いいお天気で雨の日に比べると
痛みが断然マシで、気分も爽快 

座って足を上げる運動が、右足でも、やっとできるようになりました。

どう頑張っても、痛くて全く上げられなかったのですが
なんとか工夫を凝らし、椅子に足を置いてその椅子をずらして
数秒耐える、というのを痛みを我慢しつつ繰り返していると
数日したら、なんと、できるようになったのでした

我ながら、ニンマリ 


19日(火)は、退院後、初めての外来でした。

片方の松葉杖をついて、ゆっくりゆっくり痛そうに歩いてくる
私の姿を見て、先生は

う~ん・・・ 

入院前よりは、歩けるようになったけどぉ・・・

う~ん・・・  でも、入院前は全く歩けなかったもんなぁ・・・


きっと、私がもっとスタスタ歩いてくるとでも
思っておられたかのようでした。

まずは、自分で調べた怖い病気でないかを確認。
(難しい病名なので、あえて名前は出しません)

リウマチも含めて全て違うとのこと。

では、私の病名は一体何なのかを尋ねると

滑膜の増殖は、滑膜が炎症を起こしたもの、いわゆる滑膜炎。

滑膜炎としては、手術所見も他のリウマチなどの所見に比べると
非常に軽い。 しかし軽いからといって、それが病気でないかというと
そうでははない。 

なぜなら、花見に行ったぐらいで歩けなくなるのは
通常では考えられないから、病気だという認識で間違いない。

増殖した滑膜を除去して、痛みとなりうる原因を取り除いたのに
現時点で痛みが持続していて、歩けないという現状を考えると
滑膜炎だけが原因かどうかは、ハッキリ言えない。

今後、整形外科の範疇でできることは、硬膜外ブロック注射と薬を
変えてみて、全く効果がなければ、他に原因がある可能性があるので
その場合は、内科で診てもらうことになる、とのことでした。

で、最後の砦、硬膜外ブロック注射に挑戦することになりました 
硬膜外ブロック
2007年06月22日 (金) | 編集 |
先生曰く、まだ痛みが続いているというのは、交感神経(*)
優位に働きすぎて、痛みの悪循環 が 起こっているのでは
ないかとのことでした。

まずは、硬膜外ブロック が どのような治療法なのか
説明しますね 


硬膜外ブロックとは、脊髄を覆っている一番外にある硬膜の外側にある
空間へ、局所麻酔薬などの薬剤を注入し、部分的に神経を麻痺させ
神経の興奮を抑え、痛みを和らげることです。 

痛みがある部分は、血管が収縮し、神経への酸素や栄養を
与えにくくなり、そのことが更に神経にダメージをあたえ
痛みを増強してしまうという悪循環を繰り返しています。

硬膜外ブロックは、痛みを和らげ、同時に神経への血流を改善させ
弱っている神経へ酸素や栄養をあたえ、神経が治るのを助けます。

長く続く痛みの多くは 痛みの悪循環 に よって生じることが
分かってきました。

 
<痛みの悪循環とは>


痛い → 痛い局所の血管が収縮 → 痛い部位に栄養や酸素が行かない
→ 痛みを起こす疼痛物質が溜まる → 痛い


というように、いつまでも痛みが続く状態となります。
痛みが持続する主因は循環障害と考えられています。


<痛みの悪循環を 断ち切る>

神経ブロック療法は痛みを取るだけでなく、血管の収縮に関与している
交感神経(*) の 緊張も解きほぐします。

血管は拡がり血流は改善し、疼痛物質を運び去り、筋肉の収縮・緊張を
取り去るため、痛みが起こりにくくなります。

神経ブロックの効果が一時的なものではなく、局所麻酔薬の
作用時間以上に長く続くのは、このような 痛みの悪循環
断ち切るためだと言われています。


(*)交感神経 について、詳しく知りたい方は こちら から。


この注射、次回の診察の時から始めるのかと思いきや
先日の外来で早速することになり、怖かったのですが
ブッスリやってもらいました 

うつぶせの状態で、腰とお尻の間くらいにしてもらいました。
そのまま動かず、10分待機して終わり。

足がフワフワするような感覚になるらしいけど
しばらくすると治まるので問題ないそうです。

案の定、歩くと足が浮いた感じがありました。
血の循環が良くなり、腰の辺りがじんわり暖かくなりました。

薬もロキソニンから ノイロトロピン という 交感神経に働きかける
薬に変わりました。

ロキソニンの副作用、めまいや吐き気は、胃が荒れていることが
原因でした。 なので、胃薬も追加で処方してもらいました 

さて、効果や如何に
硬膜外ブロック その後
2007年06月26日 (火) | 編集 |
先週の金曜日に、実母がお見舞いに来てくれました。

我家に来るのは、これで2回目です。
1度目は父と車で来てくれましたが、今回は母だけで
電車で来てくれました。

精神的に参っていたときと比べると、随分元気になっていたのですが
やっぱり来てくれると嬉しいものですね

いっぱい話ができたし、心がとっても落ち着きました


さて、先週の火曜日に硬膜外ブロック注射をしてもらって
今日で、ちょうど1週間が経ちました。

実は初めの2日、びっくりするほどの回復ぶりを見せてくれたんです

リハビリをすると、いつもは痛くて上げにくかった右足も
スムーズに上がるし、今まではどう頑張ってもカクンと膝が折れて
無理だった片足立ちが右足でできました

やっぱり効果出てるのかなぁなんて半信半疑だったのですが
それが確信に変わる出来事が・・・

なんと、階段を松葉杖なしで、手摺りをつかむだけで
上り下りができたんです!!

そして、家の中なら松葉杖なしで歩けるようにまで、なったんです 

もう、嬉しくて嬉しくてたまらなくて、一刻も早くダンナに
言いたかったんだけど、ダンナが帰って来るまで内緒にしておいて
帰ってきたら、びっくりさせようと黙っていました。

そして、ダンナが帰ってきたら

こんなことできるようになったよ!!

と言って、歩いて見せました。

ダンナはびっくりして、めちゃくちゃ喜んでくれました。

これなら、もうすぐにでも歩けるようになると2人で大喜びしました。


が、喜んだのも束の間・・・


その次の日から、徐々に痛みが増していき
松葉杖なしでは歩けない状態に、また戻ってしまいました

注射の後、2日間は晴天だったこともあり、劇的な回復振りを
見せたようで、3日目からは雨続きで痛みが出てきてしまい
また、『痛みの悪循環』 がやってきたのかもしれません。

その後は、日に日に痛みが増しており、まだ注射を打つ前よりは
マシだけど、だんだん近い状態になってきました。

次の診察は7月10日なので、まだまだ先です 

できれば、もっと早めに診てもらいたいんだけど・・・

硬膜外ブロックは、明らかに効果があったし
この注射を続ければ、治ってくれるかもしれません。

早く先生に相談したいです。


日曜日にリセットしました。

先月は、極端に量が少なかったけど、今回は、いつもより量が多くて
かなりフラフラしています 

昨日も今日も横になっていました。
明日には、楽になるかなぁ?

いつになったら、治療再開できるんだろ?

早く歩けるようになりたいなー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。