なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おことわり
2007年09月02日 (日) | 編集 |
退院して、早3ヶ月が経ちました。
相変わらず、歩けません

入院前は、手術をして退院する頃には歩けるようになると思っていた。
退院時は、掛かっても1~2ヶ月もすれば歩けるようになると思っていた。
でも現実は、3ヶ月経っても歩けない。

なかなか治らない自分の足に、苛立ちと焦りを覚え
更には、このまま治らなかったら、どんな人生が
この先待ち受けているのかと冷静に考える自分まで現れ出しました。

書きたいことは色々あるのに、最近はブログを更新する気持ちに
なれずにいました。

そもそも、赤ちゃん待ちのことを綴ろうと思って始めたこのブログ。
最近は、その趣旨に合わない内容ばかりになってきています。

ブログを始めた頃は赤ちゃん待ちのことだけを
記事にしようと思っていました。
それが、甲状腺のことや不正出血のことで
思うように治療が進まなくなり
赤ちゃん待ちのことだけでは、記事が書けなくなり
治療が思うように進まないことへの焦りや不安を記事にし
自分の趣味のこと、日常生活のあれこれを
記事にするようになりました。

治療のことが書けなくても、そこに向う自分の気持ちだったり
日常のことを書くことで、いずれは治療をして赤ちゃんを授かる道へ
繋がる記録になると思っていたから・・・

でも今の時点では、いつになったら目指すべき治療に戻れるのか
全く検討がつきません。

きっとこのブログを見に来てくださっている方たちは
赤ちゃん待ちをしている方が大半だと思います。

赤ちゃん待ちのこと、私の経験を少しでもお役に立ててもらえたらと
思っていたのに、今の自分じゃ何の役にも立っていない・・・

いっそうのこと、このブログは一旦休止にして
新たに、膝の治療を主な内容にするブログを
立ち上げようかとも考えました。

でも・・・
今の時点でこのブログを休止にするのには踏み切れない自分がいます。

いつか赤ちゃん待ちができる状態に戻れると信じたい。
そして、いつかきっと 赤ちゃんを授かりたい。。

ブログを休止することでなんだか諦めてしまうような気がして・・・
まだまだ諦めたくない自分がいます。


このブログを見て下さっているみなさん、いつもありがとうございます。
まだしばらくは、膝の治療のことが中心になると思いますが
その点は、どうかご了承ください。


いつもコメントを下さるみなさん、ありがとうございます。
みなさんの温かい言葉にどれだけ救われているか分かりません。


こんなブログですが、よかったらこれからも遊びに来てください


こんなこと、改めて書くことではないのかもしれないけど
ずっと気になっていたことなので、書かせてもらいました。
スポンサーサイト
3週間ぶり
2007年09月05日 (水) | 編集 |
9月3日、3週間ぶりに膝の病院に行ってきました 
それまで1週間に1回だったのが、3週間になったので
かなり長く感じました。

抗うつ剤を飲み初めて1ヶ月が経ちますが
効果が出てきている感じです。

注射をしていた頃は、外出をしたり、お酒を飲んだりして
一旦痛みがひどくなると、痛みの度合いは日増しに
強くなる一方だったけど、今は痛みがひどくなっても
翌日かその次の日には回復しています。

家の中を移動するのも、今まではキャスター付の椅子にいちいち座って
動いていたけど最近は、椅子より松葉杖で歩いています。
意識しているわけでなく、気づけばそうなっていました。

椅子で移動するより、松葉杖で歩いた方が早いから
自然とそうなったのかと思いましたが、何より足が痛くないんだと
気づきました。 今までは移動のスピードより痛みが勝っていたから
椅子を使っていたんだろうと思います。

前回、抗うつ剤を飲み始めて1週間後に病院に行ったときは
薬を増量すると言われましたが、その時は副作用がひどかった為
同量で様子をみることになったので、今回はきっと増量されるのだろう
と思っていました。

抗うつ剤の効果が出ていることも分かったことだし
薬をふやして、このまま一気に快方へ向ってくれるといいなと
思っていたのですが、今回もこのまま同じ量で様子を
みることになりました。

前回の話はなんだっただろ?? よく分かりません。
(こういうこと、よくあるんだなー。 ぼやいてみました

硬膜外ブロック注射をしたとき、初回は劇的な回復ぶりをみせたのに
その後は、だんだん効かなくなったのは、体が薬に慣れてしまったから
なのかと聞いてみると・・・

神経をブロックするのに、打つ位置によってすごく効くポイントが
あって、その場所にうまく針がさせたせいか、注射を何回も打つと
その場所が軽く炎症を起こしたような状態になって、薬液を入れても
うまく広がらない場合があるので、その作用が起こったのか
あくまでも推測だが、このようなことが考えられると
おっしゃいました。

ふーん、そうなんだ・・・ 納得したようなしてないような・・・
だったら毎回効くポイントに注射してよって言いたかったけど・・・
流しておきました。

抗うつ剤も、また効かなくなるなんてことが、なければいいんだけど。

今、私の治療に関して言えることは、原因を探ると共に
どうやったら痛みがなくなるか、あらゆるものを試している
状態だそうです。

原因だけを追究して、仮に病名が分かったとしても
治療法が確立されていない病気もあるわけで、それだけでは
不十分だとおっしゃっていました。

確かにそうなんだけど、何でもいいから早く治ってほしいものです。

今の病院は、人工関節の手術やスポーツ損傷、リウマチなどには
詳しいけれど、私のような原因不明の痛みに関しては専門ではないので
最近は転院のことも考えていて、今回チャンスがあれば
相談してみようかと思っていましたが、とりあえず、あともう少しは
今の病院で様子を見てみることにしました。

次の診察は、1ヵ月後。
9月後半の連休もあるので、またこんなに間隔が開いてしまいました。

焦らずいこう。
悪くなってないんだから 

みなさんに温かいコメントをもらったおかげで
今はすっごく前向きな気分なんです。

今、私にできることをやっていこうと思います。
お風呂上り
2007年09月11日 (火) | 編集 |
朝晩、ずいぶん涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。
青くて高い空を見ていると、もう秋だなぁと感じます

クーラーをつけずに過ごすことができて
窓を開けると涼しい風が家の中を吹き抜けるのは
本当に気持ちがいいです。

私は花粉症なので春は窓を開けられません。
花粉の時期が終わってからは、膝を痛めて
思うように動けなかったり、入院したりで
1日中、窓を開けて心地よく過ごせるのは久しぶり

このまったり感、たまりませ~ん


前置きはさておき、きのうの夜のことを書きますね。

歩けなくなってからというもの、常に椅子にお世話になる生活。

お風呂の椅子は、リビングで使うような高さのものに変え
足が悪くても難なく入れるようにしました。

洗面所にキャスター付の椅子を置いておき
お風呂から上がると洗面所の手摺りにつかまり、まず椅子に座る。

椅子に座ったまま体を拭いて、衣類を身につける。

キャスター付の椅子のまま、リビングへ移動。

こんな感じの流れでした。

入浴後、体を拭かずに椅子に座るので、椅子の上には
タオルを敷いておき、その上に座るのですが
きのうは、そのタオルを敷くのを忘れていました。

お風呂から上がると、タオルがないことに気づき
面倒くさかったので、なんとかなるかと、勢いで座らずに
立ったまま体を拭いてみました。

あらっ!?

拭けるじゃないの!!!


そして、そのまま服まで着ることができました。

特に膝が痛いと感じることもなく、難なくできました 

いつから、こんなことできるようになってたんだろう??

我ながら嬉しい進歩に、得意げになってダンナに報告したのでした 

こんな風にちょっとづつ、できることが増えていくといいな
できるようになったこと
2007年09月14日 (金) | 編集 |
前回の記事で、立ったまま着替えられるようになったと書きましたが
その後も、実は色々とできるようになったんです
と、なんだか鼻息荒い感じですが・・・

嬉しいんですぅ

なんと、家の中では杖なしで歩けるようになりました
階段も杖なしで手摺りを持つだけで、しかも足を一歩づつそろえて
歩くのではなく、一段ごとに片足で重心を支えられるように
なりました

でも、降りる時は怖いので慎重に降りたり
杖なしで、階段の上り下りができるようになったといっても
まだかなりの不安があるので、なるべく杖は持つようにしています。

そしてもうひとつ 


キラーン  (ちょっと効果音つけてみました)



なんとなんと!!
[続きを読む...]
新記録
2007年09月17日 (月) | 編集 |
せっかく秋らしい気候になったと喜んでいたのに
週末からまた真夏のような日差しが戻ってきた関西です
あーーあぢぃ~

ここ最近、膝の調子がよかったのは気候のせいもあったようで
今日は重たくて少し膨張している感じです。

家の中は、クーラーをかけているから暑くはないけど
外気温が高いと、どうも私の膝にはよくないみたいです。
お風呂に浸かった後、お酒を飲んだ後も同じように膨張して
重たいような少し痺れたような感じになります。

週末から3連休で、久しぶりに病院以外で出掛けました 

土曜日は、お花屋さん、お墓参り、ダンナの実家、プール。
日曜日は、甥っ子、姪っ子へのプレゼントなど買い物。
そして今日は、ほんのちょこっと日用品の買い物。

病院以外で出かけるのは1ヶ月ぶりくらいだったので
どのくらい動けるようになったか楽しみでした。

プールのことは、まだ何も書いていませんでしたが
実は今回で4回目でした   (また別途書きますね)
いつもはプールに行くだけで限界でしたが
色々出掛けた後でも足がもってくれたので、やや感激

びっくりしたのは、日曜日に出掛けたときのこと。

色んな店が入っている集合モールに行ったんだけど
今までは、ひとつの店に行くだけで精一杯で
30分もすると足が痛くて限界だったのですが
今回は、なんと 2時間半 も動けました

途中2回休憩しましたが、それでも今まででは考えられないことです。

来週実家へ帰るので、甥っ子1人と姪っ子2人に
何かプレゼントをあげたいと思って、洋服を見に行ったのです
色んな店を回ってどれにしようか決めるので
1日では絶対に無理だと思って、何日かに分けて回ろうと
思っていたのですが、1日で回れてしまいました。

これには、私もダンナもビックリ

たっぷり動けて大満足の連休でした 

足が重たい感じなのは、よく動いたせいもあるのだと思うので
今日は、おとなしめに日用品を買いに行くだけでやめておきました。
行くといっても、まだダンナに運転してもらってなんだけど・・・

そのうち1人で出掛けられるようになると嬉しいな
プール
2007年09月19日 (水) | 編集 |
前回の記事で少し書きましたが、膝に負担を掛けずにできる運動を
ということで、プールに通っています。

膝の病院の先生からプールか自転車がいいと聞いて
まずは、プールを探しました。

家のすぐ近くに3ヶ所あるのですが更衣室とプールの階が違ったり
松葉杖でプールサイドに行くには危険なところばかり。
色々調べていると、家から車で10分くらいの距離のところに
とてもいい施設があるのを見つけました。

問い合わせてみると、なかなかいい感じ。

そこは障害者の方も利用できる施設で病院と提携をしていて
マシンジムとプールがあります。

更衣室とプールは繋がっており、プールまでは水に濡れても大丈夫な
簡易車椅子で、係りの人に押してもらって移動できます。

室内プールで、お年寄りや足の不自由な人も安全に入れるように
緩いスロープがあり、その両サイドには手摺りがついています。

25mプールで4コースあり、歩く専用のコースがあるので
泳がなくても他の方に迷惑がかかりません。
(これは、どこのプールでも同じだと思いますが・・・)

着替えは車椅子専用のスペースがあり、鍵の掛かる個室で
もちろん椅子もあります。

入浴はシャワーのみで、車椅子ごと入れる広いスペースがあります。

ダンナと見学にも行って、とても良さそうだったので
通ってみることにしました。
[続きを読む...]
茶オリに効果!?
2007年09月21日 (金) | 編集 |
18日(火)にリセットしました。

この周期は、いつリセットするのかを知るために
体温を測ったくらいで、あとは測らずでした。
とっても楽ちんでした 

さて、タイトルにも書いていますが、何が効いたかといいますと
ルイボスティー なんです。

ルイボスティは今回リセットした2回前の周期の後半から飲んでいて
(カテゴリでいうところの⑧周期後半)その周期の茶オリは
いつものように生理1週間前から出たのですが
⑨周期目は欠かさず飲んでいたところ、初め少し出たけど
途中から出なくなったんです。

その時の記事は こちら

でも、それは抗うつ剤が効いたんじゃないかと思っていたのですが
念のために、⑩周期目は高温期からルイボスティを
飲むのを止めてみたんです。

そしたら、いつものように高温期の半ばから茶オリさん登場です。
しかも、初めっから濃い~んです。
で、そのまま放っておいたんですが、5日くらい経って
ルイボスティをまた飲んでみたんです。

すると、どうでしょう

飲み始めた翌日から茶オリの色が薄~くなっていったんです!

えーーーっ!!!
あなただったのー!? 


みたいな衝撃を受けました!

他の人に効果があるかどうかは分かりませんが
私に関して言うと、間違いなくルイボスティを飲むことで
茶オリに変化がありました。

もう⑪周期目に入っていますが、ルイボスティを飲み続けているので
今周期も茶オリが出ないか、また試してみるつもりです。

茶オリに効くかと飲み始めたルイボスティ。
本当に効くとは・・・
(その時の記事は こちら。)

試してみるもんですね 
実家にて
2007年09月26日 (水) | 編集 |
先週末、実家へ帰ってきました 

膝を痛めてからは、7月に日帰りで帰って以来で
今回は1泊してきました。

7月に帰ったときは、ほとんど動けず椅子に座ったきりで
トイレも何もかもすごく大変でしたが、今回は家の中では
杖なしで歩けたし、トイレはほとんど問題ありませんでした。

心配していたお風呂と階段は結構大変でしたが
なんとか頑張ればクリアできたという感じでした。

実家のお風呂の椅子は低くて座るとき大変でしたが
一旦湯船の縁に座って、椅子に移るという風に2段階で座ると
なんとか座れました。

階段は自宅より急で幅も狭いので、かなり慎重に杖をつきながら
上り下りしました。 

私は4人兄弟の末っ子で、帰省する時は兄、姉をはじめ甥っ子姪っ子が
大勢集まるのが通例なのですが、今回は姉夫婦の家族だけでした。

子供は中2の男の子、小5の女の子、1歳半の女の子と3人います。
末っ子の赤ちゃんは、7月に帰ったときは人見知りをして
全然なついてくれなかったのですが、今回は1時間もすると
慣れてきて、一緒に遊んでくれました。

ダンナも子供は大好きなので、3人でおもちゃを出してきて遊んだり
いないいないばぁをしたり、まだおしゃべりはできないけど
「よーいドン」と言うと、一生懸命腕を振って走るので
それで遊んだり。 

初めは嫌がっていた抱っこもさせてくれて
私もダンナも大満足でした 

抱っこをして、嬉しそうな顔をしたり、赤ちゃん言葉で話しかける
ダンナを見ていると、早く自分たちの子どもを抱っこさせてあげたいな
と心の底から思いました

本当に可愛くて、何をするにも、どんな動作をするにも
ふとした笑顔だったり、頑張って何かをしようとしている顔だったり
踏ん張っている顔や動作だったり、もう何から何まで本当に
イチイチかわいい

人の子供でこれだけかわいいんやったら
自分たちの子は、どれだけかわいいんやろうなぁ。。


なんて言って、本当にデレデレの2人でした

いつかきっと私たち夫婦にも、こんな可愛い我が子を抱ける日が
来てほしいと強く強く思いました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。