なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
案の定
2007年12月04日 (火) | 編集 |
やっぱり毎日というのは難しいですね・・・

前回の記事で 曇りの日もね! 1日1回、外歩き  
なーんて目標を掲げたもののやっぱり無理でした

ダンナが病院回りの仕事をしているせいもあり
我家はよく風邪をひきます。

ダンナの会社では、誰かしら風邪をひいておられるらしく
病院か会社で菌をもらってくるんでしょうね・・・

仕事をしている時は、それほどでもなかったのですが
辞めてからは、人の多いところにもあまり行かないので
免疫力が落ちってしまって、よくひいてしまうんです。

それが、今年は・・・

さらに外に出ないので、かなり弱っちぃ~  
寒くなってから、すでに2回もひいちゃいました 

で、この週末はダンナと仲良く風邪ひきさんで
おとなしくしていました。

風邪をひくと、関節が固まる感じで
動きが悪くなったり痛みが出たりします

風邪のにしんどさに加えて、膝も痛いので気分も萎えちゃいます。

でも今日は風邪の具合もマシになってきたので
少し出かけてみました

少しって、これが本当に少しなんだな~ 

家の中なら杖なしで結構スタスタ歩けているので
こんなに歩けるんなら、外でも!!

と思ってしまうのですが、なんのなんの。。

片松葉杖で7~8分が限界でした
まぁ今日は調子が悪い方なので、これくらいでヨシとするか。

両松葉だともっと歩けるはずですが
それだと筋力がつきにくいので、片方で練習したいのです。

次の病院は来週の月曜日 

それまで1週間もないから
きっと劇的に歩けるようにはならないだろうな。。

薬を減らしていけるのは、ちゃんと歩けるようになってから。
今年中はやっぱり無理か。。

無理して歩くと、痛みが強く出てその痛みがひきにくくなるので
そうならないように、調整してやっていかないと

焦らない、焦らない
スポンサーサイト
痛み
2007年12月07日 (金) | 編集 |
外歩きは、片松葉で 8分 が限界だと分かり
調整しながらやっています 

きのうは午前と午後に分けて2回挑戦しました。
お天気も良くて、とても気持ちが良くて GOOD

この調子で今日も
な~んて思っていたのですが・・・

痛いんです
きのうは歩いた後も調子がよかったのにぃ

多分、きのう寝る前にした布団乾燥機が原因かと。 

冬になると、毎日寝る前に布団乾燥機をして
ふっかふかのほっかほかの状態で寝るようにしているので
今年もそろそろ始めようかと、きのうやったのですが。。

お風呂に浸かると痛みが増強するということは
このブログで何度も紹介しているのですが
ほっかほかの状態で寝るということは
お風呂に浸かっているような状態になるんですね~  

ヤバイかなぁ。。と思いつつ
眠気に負けてそのまま寝てしまいました

で、朝起きると。。
びっこをひくほどの痛みが・・・

冷やしたら少しマシになるものの
これじゃ外歩きは無理だわ 

ほっかほかの状態でお風呂に浸かっているような
心地いい気分で眠りにつける~ 
というのが布団乾燥機の醍醐味なんだけど
今年は、ちょいと工夫がいりそうです。。

加湿器をかけるので、布団が湿りやすいこの時期。。
布団乾燥機は必需品 

だけど、今年はほっかほかの状態が
十分冷めてからベットに入らないと!!
(って、何をしていることやら。。

醍醐味が味わえないのは残念だけど
こんなに痛みが出てしまうんじゃ、何にもできないもん 


そもそもこの痛み、完全になくなることはあるのかな?

全く痛みがなくて、すっごく調子のいい状態だったとしても
次の条件があれば、必ず痛みはやってくる。


1. 患部を温めたり、飲酒によって血流がよくなる。

2. 立て膝をついたり(痛くて無理だけど)
   ストッキング、タイトなズボンを履くなどの圧迫刺激。

3. 立った状態なら10分、片松葉なら8分以上など
   一定時間以上の膝に負担をかける運動刺激。

4. 気分の落ち込み、ストレスなどによる精神的要因。


薬を飲んで痛みを抑えているはずなのに
こんなちょっとのことで痛みは必ず戻ってくる。

こんな状態で薬をやめられるときが来るのかな。。

これで薬を飲んでなかったら
痛みはもっともっとひどくなるんじゃないかなって思えてくる。。

次の月曜日は病院の日 

先生に聞いてみようかな?
でも、そんなことは分からないって言われるのがオチだろうな 
 
今日は大人しくして、波が穏やかになることを待つしかないな 
ダンナと買い物
2007年12月09日 (日) | 編集 |
週末はダンナと一緒に自転車で買い物に行きました

杖を積んで自転車に乗れるようにと
ダンナがカスタマイズしてくれました

傘立てを取り付けてくれたのです。

杖の先が太すぎて下の部分は固定できませんが
ハンドルに杖を通すことにより何とかうまくいきました

↓ こんな感じ。 (クリックすると大きくなります)
杖でもOK自転車    杖でもOK自転車 アップ


ダンナは歩いて、私は自転車に乗って行きました。

私がいくら一生懸命ペダルをこいでも
ダンナの歩くスピードと大して変わりません

平坦な道ならゆっくりだけど普通にこげるのですが
ほんの少しでも傾斜があると進まなくなってしまいます

そんな時は、電動アシスト自転車ならぬ
人動アシスト自転車に早変わり

ダンナが背中を押してくれて前に進みます

急な坂道も、らっく楽 
楽しく自転車に乗ることができました

ダンナよ、ありがとう。
(家に帰ったらハァハァと息を切らしてました。 ごめんちゃい

買い物の方はというと、ゆっくりどれがいいかと
吟味しながらスーパーをウロウロするのは
まだ無理らしく、すぐに足が疲れて痛くなりました。

いつもは週末にダンナに任せっぱなしの買い物。
私一人で行けるようになるのは、まだまだ先の話になりそう。

毎週毎週、大変だと思うのですが
チラシチェックに始まり、スーパーを何軒かはしごして
安くていい物を買ってきてくれます。

面倒くさいからひとつのスーパーで買えばいいのに
と言っても、色々まわるのが楽しいみたいで
買い物をすごく楽しんでくれているようです。

すっごく安くて新鮮なものを買えた日にゃぁ大興奮です
私なんかよりよっぽど買い物上手

とっても、ありがたいことですね
いつもありがとう
診察の日
2007年12月11日 (火) | 編集 |
きのうは膝の病院に行ってきました

片松葉で先生のところまで行くと
前回より楽そうに歩いているけど
まだ薬を減らすところまではいかないということで
いつもの通り、薬を処方されました

全く痛みがなく調子がよくても
温めたり運動することで痛みが出ることを話すと
もう一度MRIを撮ってみましょうと言われました。

一度滑膜を取るとその部分が強調されて
MRIを撮っても病変を見つけにくくなるから
今後MRIで診断するのは難しくなると言われていたのだけど・・・

きっと撮っても何にも分からないに決まってるけど
先生がそう言っているのだから断るわけにもいかず。。
6週間後、撮ってもらうことになりました。

自分でも、まだしっかり歩けないし
薬を減らすタイミングではないと分かっていたので
仕方ないと思うしかありません。

それより、前回1ヶ月前の診察の時に
先生から衝撃的なことを聞かされていたので
そのことを確認しなければという思いでいっぱいでした。
[続きを読む...]
線維筋痛症と私
2007年12月13日 (木) | 編集 |
前回の記事の続きです。

ここで 線維筋痛症 という病気と
私の症状がどんな風にリンクしているか比べてみます。
医療用語など難しい内容が含まれていて読みにくいと
思いますので、興味のある方だけ見ていただければ嬉しいです。


 線維筋痛症とは?

線維筋痛症は、全身に痛みが生じる病気です。
原因は不明、通常の医者が行なう血液検査では異常が現れません。 
また、治療法も確立されてはいません。
原発性線維筋痛症と続発性線維筋痛症に大別されます。

原発性線維筋痛症は、特発性線維筋痛症もしくは
全身性線維筋痛症とも呼ばれています。
続発性線維筋痛症は慢性関節リウマチや
自己免疫性甲状腺疾患等に続発する線維筋痛症のことで
何らかの自己免疫・自己抗体の関与が推定されます。
続発性とは自己免疫疾患等に続発する型をさし、交通事故・出産等を
契機に発症したものは原発性線維筋痛症となります。

 私は無痛性甲状腺炎で甲状腺を患っているので
多少なりとも関係があるのではと感じてしまいます。



 症状

全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。
その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが
多いです。 痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが
変わったりする
こともあります。 痛みが強いと日常生活に支障を
きたすことが多く、重症化すると、軽微の刺激(爪や髪への刺激、
温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、自力での生活は
困難になります。 

 痛みの箇所は膝だけ。 曇りや雨の日は痛みが増したり
倦怠感が増して、あまり動けない。


随伴症状として、こわばり感、倦怠感疲労感、睡眠障害、抑うつ
自律神経失調、頭痛過敏性腸炎、微熱、ドライアイ、記憶障害、
集中力欠如、レストレスレッグス症候群などが伴う事もあり、
症状は個人差があります。

 抗うつ剤の影響かもしれませんが、日によって倦怠感、
疲労感がひどくて動けなくなる。 便秘がひどい。 
気分の落ち込みが激しくなるときが多い。


中には、リウマチや他の膠原病を併発する人もいます。
痛みによって不眠となりストレスが溜まり、それがまた痛みを
増強させる場合もあると考えられております。
死に至る病ではありません。
線維筋痛症は男性よりも女性に多く、中高年の方に多い病気です。
そのため自律神経失調症や更年期障害、不定愁訴などど
他の病気と診断されることも少なくありません。
現在人口の1.66%、約200万人いるのではないかと疫学的に
発表されております。


 診断方法

明確な診断基準はなく、現段階では1990年に発表された
アメリカリウマチ学会の分類基準を参考にしています。

全身に 18箇所の圧痛点 があり、4kgの力で押し11箇所以上痛く
また広範囲の痛みが3ヶ月続いていることが条件。
11箇所以上でなくても専門医の判断で線維筋痛症と
診断されることもあります。他の病気があっても線維筋痛症の
診断は妨げられません。

 4kgの力というのがどれくらいの力か分かりませんが
押してみると、痛いような痛くないような・・・。 
いわゆるツボのようなところが多いので強く押すと痛い。
これを痛いというなら11箇所以上は痛いけど
もともとひどい肩こりなので判断がつきません。


また、検査をしても異常がないのが特徴です。
血液、レントゲン、CRPという炎症反応、筋電図、筋肉の酵素
CT、MRIを検査しても異常がなく、線維筋痛症と診断できる検査が
ありません。 そのため患者の多くは診断されるまで、何箇所もの
医療機関を何年にもわたってまわり続けることになってしまうのです。

 私の場合も血液検査、レントゲン、MRIなど異常がありません。


 病因

原因はまだ未解明です。
アメリカでは、中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり痛みを
増幅させているのではないかと考えられているようですが
はっきりはしておりません。 また、肉体的・精神的ストレスや事故
手術等が引き金となって発症するのではないかとも言われおります。

 歩けなくなった4月までにはものすごいストレスがあったことは確か。
昨年12月から不妊クリニックを転院し、すぐにでもIVFに入ろうと
思っていたのに、内膜ポリープの手術、甲状腺疾患、不正出血で
色んな病院に行かせれ、クリニックの先生とも相性が悪く
かなりストレスフルな生活を送っていました。
今でもストレスがあるとかなり痛みが強くなります。



 治療薬

薬は特効薬はまだなく、普通の痛み止めが効かない場合が多く
脳内の痛みをコントロールする作用がある向精神薬を服用することが
主流となっております。 患者は精神的な病になっているのではなく
薬の痛みをコントロールする作用を期待して服用しています。

 痛み止めは効かず、抗うつ剤、副交感神経に
働きかける薬を飲んで、だいぶん動けるようになりました。



 予後について

線維筋痛症は生命にかかわる病気ではありません。
通常、数カ月から1~2年で症状が改善される方が多いようです。
しかし、症状が続いており、発病から数年たっても疼痛レベルが増強し
家事が出来なくなった、歩行が困難になったなど、日常生活に支障を
きたす患者さんも相当数存在します。


このように私の症状と比べてみて、ぴったり合うというわけではなく
ところどころ、同じような症状があるという状態です。
18箇所の圧痛点と言われても、よく分かりません。

この病気だと明確に判断できる検査がない以上、私みたいな場合は
この病気であっても、なくても判断がつかないような気がします。

最後の  予後について にあるように、数ヶ月から1、2年で
症状が改善してくれれば問題ないのですが、私のように今のところ
ある部分だけの痛みが、全身の痛みに広がっていくのではないか
このまま治らなければ、不妊治療なんてできないし、できたところで
ストレスとの戦いでもあるこの治療をしたら、病気がもっと悪化するのは
目に見えている。。

考えないようにしようと思いながらも
聞いてしまったからにはどうしても気になってしまう  

あーでもない、こーでもないと考え、落ち込み・・・
それでも頑張って前向きに気持ちをもっていき
動ける日もあればしんどくて動けない日もあり。。

そんな苦悩の1ヶ月を過ごしたのでした。

(つづく

以下のサイトを参考にさせて頂きました。
線維筋痛症 Fibromyalgia
線維筋痛症友の会
線維筋痛症
医者の言葉
2007年12月13日 (木) | 編集 |
11月に医者から 線維筋痛症 ではないかと言われ
自分は本当にこの病気なのかと思い悩む日を過ごし
先日の診察で、このことを聞きました。

いつものように最近の調子を話し、
薬を出すと言われたあとその話になるのかと思いきや
先生からは、病気のことには一切触れず。。

私から聞いてみました。

先日、線維筋痛症だと言われたんですが・・・
私のように痛みの箇所が膝だけでも
線維筋痛症なのでしょうか?

圧痛点18箇所を4kgの力で押すとありますが
その箇所を押すと痛いような痛くないような・・・
どのような痛みをさすのか分からないんです。


私の首の辺りを押して、表情を見ながら

うーーーん、多分違うでしょうね。
けろっこさんの場合は、痛いのが膝だけですし・・・
圧痛点は強く押すと誰でも痛いものです。


えっ!? 先生、この間は、多分そうだ、って言ってでしょ
この間と全く逆のこと言ってるの分かってる!!??
先生の一言で、私はこの1ヶ月どんな気持ちで過ごしてきたことか!!

自分で調べて、甲状腺機能低下症から線維筋痛症に
なることがあるというのを見たんですが、私は無痛性甲状腺炎という
疾患をもっていて、機能低下症になっていた時期もあるのですが・・・


えっ!? 甲状腺悪いんですか?

先生よぉ、甲状腺悪いって前から何回も言ってるでしょーが
甲状腺のこと言うと、いつも初めて聞いたような顔するよね!!
なーんて心の中でぼやきながら

前から先生にも甲状腺の血液検査のデータを
お渡ししていますように、薬は毎日飲んでいるんです。


そうですか?
でも、今は機能低下症じゃないんですよね?
だったら、関係ないと思いますよ。
甲状腺の方はそちらの病院で定期的に診てもらっておいてください。


はぁ? なんだそれ 

だったらさー、前回の診察で「多分そうだと思う。」って言ったのは
なんだったの? 毎日沢山の患者を診ていて、
いちいち覚えてないのかもしれないけどさー、こんな大事なことを
しかも、全く逆のこと言うのは、ホントやめてほしい!

同じことを言われるのでも、医者の言い方ひとつで
心が軽くなったり、重たくなったりするもんなのに
こんなことってアリですか!!

患者はね、医者の言葉ひとつで一喜一憂してるんだよ!
もっと言葉に気をつけてほしいと切に願います!!

ストレスによって、痛みの強さが増すことについて聞いてみると
これは、線維筋痛症だけに関わることでなく、リウマチや
慢性疼痛等にも言えることだから、だからといって
線維筋痛症ということにはならない、と言われました。

結局、線維筋痛症ではないということになりましたが、
今診てもらっている先生は、こういった慢性疼痛が
専門分野の先生ではないので、本当のところはよく分かりません。

先生の一言で振り回されてしまいましたが
この病気だと断定されるよりは、まだよかったのかもしれません。

実際のところ、この病気だったとしても
明確に判断できる検査はないんだし
今の状態から抜け出せて、元の状態で
歩けるようになれれば、私はそれでいいのですが・・・

色々考えてしんどくなってしまったけど、今までどおり
あまり悪い方に考えずにやっていこうと思います。

この一連の記事を読んでくださった方には
ご心配をかけてしまいましたね。 ごめんなさい。
でも、こんな病気があるのだということを知ってもらいたかったのと
この1ヶ月、深く考えたことだったので、書かせてもらいました。

明日は、久しぶりに甲状腺の病院に連れて行ってもらいます 
薬は11月の終わりに切れていたんですけど
ダンナの都合もあり、すぐには行けませんでした。

私の甲状腺疾患と足のことが関係あるのか
甲状腺の担当医にも相談しましたが
関係ないと言われています。

今回は、線維筋痛症のことを聞いてみようと思います。
ガーン
2007年12月19日 (水) | 編集 |
先週14日に甲状腺の病院に行って来ました
今回もダンナに半休を取ってもらい連れて行ってもらいました
ダンナに付き添われるのはこれで3回目。
早く一人で行けるようになりたいんだけど。。

過去2回は、杖で歩くのも辛くて
病院では車椅子を使わせてもらっていましたが
今回は、片松葉になりました
それを考えれば、大きな進歩!
ヨシとするか

11月の終わりに甲状腺の薬が切れていたのですが
ダンナの仕事の都合もあり、すぐに行くことができませんでした。

薬を飲んでいるといっても、妊娠を望まなければ
飲まなくてもいいと言われているので
特に問題ないと思っていました。

前回病院に行ったのは7月の終わりで、薬の服用量が多くて
目標としている数値が下がりすぎてしまっていました。

(その時の記事は こちら 。)

今回は、薬が2週間切れていたのですが、結果は如何に?
[続きを読む...]
メリークリスマス
2007年12月25日 (火) | 編集 |
クリスマスですね
みなさんはどんな風に過ごされましたか?

我家は23日にダンナと2人でプチパーティをしました

ちょっと贅沢に生ハムとウォッシュチーズ
パスタにケーキ ワインにシャンパン

ゆっくりいっぱいお酒を飲んで
まったり楽しいクリスマスを過ごしました


クリスマス ディナー  クリスマス ケーキ


今年も残すところあとわずか。

12月に入ったら、ちょっとづつ大掃除を始めようと
思っていたのに、気づけばあと1週間 

毎年、クリスマスが終わらないとお尻に火が点かないんだな~

気持ちよく新年を迎えられるためにも
頑張って大掃除するぞ
おぉ~っ
大掃除
2007年12月31日 (月) | 編集 |
前回の記事で大掃除を頑張ると書いていましたが
文字通り頑張りましたよ~ 

25日から5日間は朝から夕方まで1日中掃除してました
工夫すればできるもんですねー。

家中の網戸を全部はずして、お風呂場で洗うんだけど
椅子に座れば、それほど苦もなくできたんです。

他の掃除も座ってできるところは座ってやって
立ってする作業で、痛くなってきたら少し休んでという風に
やっていると、ピッカピカになりました

あとはお風呂と床掃除だったんだけど
30日から痛みがひどくなってきて
残念だけど断念しました

ダンナはそんなに頑張ってやらなくても自分がやると
言ってくれていたのですが、毎日遅くまで働いてくれていて
休みの日は買い物にあっちこち行ってくれて
ゆっくり休む暇がないのに大掃除までお願いするのは
どうしてもできませんでした。

少しやり残したけど、なんとかできて我ながら満足です

大晦日はダンナの実家に御節のお手伝いに行って
夜は、毎年恒例の忘年会。

ウチにダンナと私の共通の友達と
その家族がやってきて大忘年会です   
子供も合わせて10人くらい、夜中まで飲んで泊まっていく人もいたり。

元日は朝からダンナの実家に挨拶に行ってと忙しいです。

年末にかけてバタバタと慌しかったけど
大掃除もできて、これで気持ちよく新年を迎えられそうです
2007年を振り返って
2007年12月31日 (月) | 編集 |
今年も残すところ1日となりましたね。

2007年。

私の今までの人生の中で一番辛い1年だったかもしれません。
でもそのお陰で、気づかせてもらったこと、勉強になったことが
山ほどあった年でもありました。

健康であることがいかに素晴らしいことか。
歩けることがどんなにスゴイことか。

自分ひとりでは生きていけない
周りの支えがあってこその自分だと気づかせてもらえた。

励ましの言葉がどれほど心を救ってくれるか。
周囲の温かさに涙がいっぱい出ました。

家族がいてくれることの有難さを
心の底から噛み締めることができました。

辛いどん底の気持ちを救ってくれた友達。
いつも温かい言葉をかけてくれたブログの友達。
コメントは残さずともそっと応援してくれていた方たち。

いつも気にかけてくださるご近所の方。
素晴らしい出会いができたOさんご夫妻。
一番大変だった時から助けてくれた義両親。
手術で心細かった時に、ずっと傍にいてくれた母。
心配してくれた父。

そして、いつもいつも支えてくれたダンナ。

言葉にはできないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。

ブログを通じて、私のことを応援してくださったみなさま
本当にありがとうございました。
温かい言葉や優しいその思いに
どれだけ救われたことか分かりません。

本当に本当にありがとうございました。
そしてお世話になりました。

どうか良いお年をお迎えください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。