なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい病院
2008年04月02日 (水) | 編集 |
4月になりましたね

早いもので、足を悪くしてもうすぐ1年になります。
今まで、カテゴリーは退院後○ヶ月という風にしていたのですが
この4月で1年になることもあり、4月からは発症後どのくらいという
くくりに変えさせてもらいます。

去年膝のことでカテゴリーを増やした時は
まさか、ここまでカテゴリーが膨れ上がるとは
思ってもみませんでした

まっ、グダグダ話はやめて、気を取り直して頑張ろう

きのうは、新しい病院にいってきました

前の病院はダンナに送り迎えをしてもらっていたのですが
新しい病院に行く曜日が、どうしてもダンナの都合と合わず
これからずっと1人で行かなくてはなりません。

幸い前の病院より家から近いし
駅から病院も近く、歩いて行ける距離なので
頑張って挑戦してきました!

ダンナはタクシーを使ったらいいなんて言ってたけど
そこは、主婦です   もったいなくて・・・

行きも帰りもなんとか1人で頑張りました
(若干の後悔がありますが・・・)

ただ、MRIやレントゲンの画像を沢山持っての両松葉はキツかった。。
風が強くて、持ってる画像がバタバタ揺れるし、重いしで
腕が攣りそうになりました

私の足で家から駅までは5、6分
駅から病院までは7,8分の距離でした。
健康な足だったら、この半分の時間で行けて
何でもないあっという間の距離なのに、それが今の私には重労働

なんとか頑張ったけど、帰ったら家の中も普通に歩けないほど
痛くなっていて、今日も安静にしています。 
せめて、これくらいの移動が楽にできるといいんだけど

新しい先生は、良さそうな人でほっとしました
小柄で物腰の柔らかい方で、話しやすそう。

診察室に入ると、まず紹介状を見てくださいました。
「セカンドオピニオンを希望」と書いてあったらしく

セカンドオピニオンはやってないんだけどね~ と、先生。

あっ、そういう訳じゃなくて・・・
前の病院で原因も治療法もハッキリしなくて
先生が疼痛研究をされてるのを知って
病院を変わるつもりで来たんです。
前の病院には転院するとは言いにくくて
セカンドオピニオンという言葉を使ったんです。。


なるほどね~。 そういうことかぁ (笑)

実際は、こんなにスムーズにしゃべれなくて
しどろもどろで話してましたが・・・

一番初めにかかった町医者のことも知っておられ

じゃぁ、住まいは○○だね。

と、私の住んでいるところもご存知でいい感じでスタートしました。

でも、予約がなかなか取れないだけあって
先生はお忙しそうで、私も初めてということもあって
緊張していて思っていることをうまく話せませんでした。

今までの治療内容や膝が悪くなった経緯を書類にして
先生に渡したのですが、ぎっしりA4用紙8枚もあったので
さすがにゆっくりは目を通してもらう時間がなくて
大まかな経緯を自分の口できちんと説明できたらよかったのですが
テンパってしまって言いたいことの半分も言えませんでした

後から、あー言えばよかった、こー言えばよかったと後悔ばかり。
まぁ、書面で渡しているので時間があるときに見てくださるのでは?
と、自分に言い聞かせませした

で、診察の内容はというと

レントゲン、MRI画像を見る限り、少し水が溜まっているが
特に大きな異常はない

(水が溜まってるなんて今まで1回も言われたことないんですけどー。)

赤外線の温度計で膝の表面温度を測定。
問題なし。

背中が硬くなっていないか、直立の体勢で体が横に傾くか確認
特に問題ない感じ?

血液検査

首、胸、股関節のレントゲンの撮影


きのうのところは以上で終わり。

色々検査しないと分からないみたいで
きちんと診断がつくまで3ヶ月くらいは掛かるみたいです。

ちょっと気が遠くなるけど、仕方ないですよね~。 
次の診察は2週間後

今度はもうちょっと落ち着いて話ができるようにしないとね
スポンサーサイト
この1年を振り返って
2008年04月02日 (水) | 編集 |
きのう、新しい病院の先生にお渡ししたこの1年の
膝痛の経過と治療内容をブログにも残しておきたいと思います。

とても長くなりますので、お時間のある方だけ
見ていただけたら嬉しいです。
[続きを読む...]
今年のお花見
2008年04月06日 (日) | 編集 |
 1年の中で1番好きな季節です
そして、1番楽しみなのが桜

仕事をしていた頃は、毎日通勤途中に見れたし
お昼休みは、近くの公園でお花見をしていました。

仕事を辞めてからは、まだ蕾の頃から毎日桜を眺め
ワンコの散歩や、買い物の途中に自転車でウロウロ
1人で散歩にテクテクなど。

こんな風に毎日、毎日、楽しんでいました。

そしてもう1つ。 どこに行くかアレコレ考え
友達と京都に出かけるのもまた春の楽しみでした。

それが今年は・・・
見たくても、今の私が歩いて行ける距離にはありません。

週末にダンナに連れて行ってもらうしかできないんだな~
なんて、半ば諦めぎみに思っていました。

それが、先週の3日。
近くに住んでいる友達が、連れて行ってくれました。
その友達は運転をしないので、ご主人の運転で

私の足のことをいつも心配してくれていて
仕事の合間にわざわざ誘ってくれたのです。

感謝感謝です。
[続きを読む...]
2つの誕生日
2008年04月08日 (火) | 編集 |
先週の土曜日は私の誕生日でした
いやぁ、もう誕生日が来ても嬉しくない年なのですが・・・

でもでも、やっぱり祝ってもらえると嬉しいものです

それともう1つ。 
お花見に行って足を痛めたのが、去年のちょうど同じ日でした。

誕生日のお祝いにと義母が食事に誘ってくれ
高台にある懐石料理屋さんに行ったのでした。

その帰り道、ものすごく急な坂道を30分くらいかけて
ゆ~っくり下ったんです。

それはそれは、桜がきれいで、見とれていました

あれから、1年。
1年もこんな状態が続くとは思ってもみませんでした

この日は、私の誕生日ということもあり
一生忘れることができない日になりました

でも今年の誕生日は、そんな辛い思いをかき消すほど
嬉しいことが盛りだくさんの素敵な日になりました
[続きを読む...]
気になること
2008年04月09日 (水) | 編集 |
前回の記事では、沢山のお祝いコメント、ありがとうございました 
と~っても嬉しかったです  ホントに私は幸せ物です

さて今回は、ちょっと暗い内容になっちゃいますが、スイマセン

最近の足の状態。。
よくないです

気温が上がったせいで、朝起きると
膝の辺りがものすごく膨張している感じがして
重たいし、痛いしで、朝から嫌な気分です

日中も、何も動かなくても熱が膝の辺りにこもって調子悪いです。
1日に何回も冷却しないといけません。

まぁ、これは今に始まったことじゃないので仕方ないのですが
最近、他にも気になることが色々あるのです。

ここ1,2週間のことだと思いますが、動悸、胸痛、頭痛、疲労感など。

動悸は激しくはないのですが、じっとしている時に
ドクンドクンという心音をよく感じます。 
そして少し苦しい感じがするのです。
この苦しい感じがひどくなると胸痛に繋がります。

それから、少し動いただけで、ものすごい疲労感を感じます
洗濯、掃除、料理など、少しの家事だけで・・・

そして疲れを感じると、必ず頭痛がしてきます。
週末など、出かけた後は、疲労感も最高潮でぐったり。。
頭痛もそれに増してひどくなります

ちょっと怖くなるほどの痛みのときもあって
私の体はどうなってるんだろうと不安になります。

以前、仕事をしていたときに過労とストレスで
胸痛、頭痛など同じような症状が出たことがあるのですが
仕事を辞めたら治まりまりました。

今回も心因性なのかもしれませんが
今度病院に行ったら、この症状のことも相談してみようと思います。
疑わしい病名
2008年04月11日 (金) | 編集 |
1年前に歩けなくなってから今まで
『原因不明』 『膝』 『疼痛』 などのキーワードから
自分の症状と同じ疾患はないかずっと探してきました

今まで聞いたことのない沢山の病気を目にしました。
自分の体が健康だったら、一生知ることのない
病気だったかもしれません。

4月1日から新しい病院に行き始めて、きちんと診断がつくまでは
3ヶ月はかかると言われましたが、現時点で自分の病名として
疑っている疾患が2つあります。

1つは、以前このブログでも紹介したことのある 線維筋痛症
(参考までにその時の記事は→「線維筋痛症と私」 「医者の言葉」)

前の病院では線維筋痛症ではないと言われましたが、
改めて自分の症状と比べると似ているところが多いのです。

先日、テレビで線維筋痛症のことを取り上げており
食い入るように見ていました

18箇所の圧痛点を押すと、大声を上げるほどの痛みを訴えられ
時折、何の前触れもなく全身に激痛が走る発作が起こるそうです。

その映像も流れましたが、大声で叫びながら床の上を
のた打ち回られる姿は、あまりにも衝撃的で凝視できませんでした。

実際の患者さんを目の当たりにすると
私とは比べものにならないほどの激痛を訴えておられ
やっぱり私は違うのかなと思ってしまいます。

もう1つの疾患は、CRPS (Complex Regional Pain Syndrome)
和名は、複合性局所疼痛症候群

TypeⅠとTypeⅡに分類され、TypeⅠは以前 RSD
(反射性交感神経性萎縮症)と呼ばれていたもので
TypeⅡはカウザルギーと呼ばれるものです。
RSD とは Reflex Sympathetic Dystrophy の略。)

この疾患のことは、後日詳しく記事にしようと思いますが
簡単に説明すると・・・

骨折、捻挫、打撲等の外傷(記憶にないほど小さな外傷も含めて)等を
きっかけにして、おおよその完治時期になっても慢性的に痛みや腫れ、
自律神経症状が持続し、その結果 、運動制限や関節の拘縮を
引き起こす事があり、その様な病態の事を称します。

この疾患は、四肢の1つ、またはそれ以上にあらわれる多症状で
身体のどの部分にでも発症する可能性があるそうです。

医師の間でも知名度が低く
この病気のこと自体を知らない医師も多いんだとか。

レントゲン、MRI、血液検査などでは全く異常が見られないため
この疾患だと分かるまでに、いくつもの病院を回り
何年もの時間を要してしまうことも多いそうです。

早期に治療がなされない場合、疼痛や筋萎縮が四肢や全身に広がり
日常生活にも多大な支障が出て、QOL(Quality of Life)にも
大きな影響が出ます。

そして、一番怖いのがこの病気は進行性のようで
原因も治療法も未だ確立しておらず、難病指定にもなっていないことから
患者は経済的にも精神的にも、ものすごく負担を強いられる
ということです。

私は、まだこの疾患だと診断されたわけではないので
紹介するのは、診断された時にしようかとも思っていたのですが
以前から拝見していたブログの方と交流をするようになり
紹介させていただくことにしました。

長くなりましたので、続きは次回に
きっかけ
2008年04月11日 (金) | 編集 |
前回の続きです。

私は、まだ CRPS だと診断されたわけではないので
紹介するのは、診断された時にしようかとも思っていたのですが
以前から拝見していたブログの方と交流をするようになり
紹介させていただくことにしました。

その方とは、最近相互リンクもして頂いた 
よっちゃんのRSD日記 の よっちゃん さん です。

今まで、RSDやCRPSのことを書いておられるブログを
少し拝見していましたが、私の症状とは比べるに値しないくらいの
お辛い症状を抱えておられる方が多く、私みたいなものが
コメントをするのは、失礼にあたるのではないかと思い
ずっとできないでいました。

それに、私はブログで不妊治療のことを扱っているし
デリケートな治療だからこそ、あまり進んで
人に話したくないという思いもありました。

しかし、いろいろな4月 という記事を見て
思わずコメントしてしまいました。
ちょうど新しい病院に行き始めたことがあり
何かに背中を押されたような気持ちになりました。

それ以来、私のブログへも来て下さるようになり
メールでのやりとりもさせて頂いて色々とアドバイスをもらっています。

よっちゃんさん自身、CRPSの症状と戦っておられ
体もお辛い中、私の相談を親身になって聞いて下さり
本当に有難いです。

私は、足が悪くなって初めてCRPSという疾患を知ったわけで
健康なままだったら一生知らなかったかもしれません。

他にも、数え切れないほどの難病や原因不明の病気があり
世の中に知られていない病気が沢山あると思います。

自分が知らないことがいかに多く、世の中には苦しんでいる人が
数え切れないほどいらっしゃるんだということに気付かされます。

同じ病気にならないと本当の苦しみは分からないと思います。 
でも、その苦しみを理解しようと努力することはできると思うんです。 

まずは 『知る』 ということ。
とても大切なことだと思います。

このブログをきっかけに、CRPSのことを
知っていただけたらと思いました。

また、よっちゃんさんのブログへコメントをさせてもらった際
私のブログを公表するかどうか悩みました。
やはり、誹謗中傷、偏見などがあるのも事実ですから・・・。

でも、これもひとつの 「きっかけ」 だと思い、公表させてもらいました。

きっと、何の苦労もなく子供を授かった方は
このブログに書かれているようなことは無縁だと思います。

私が、足を悪くして知ることができた病気のことと同じように
私のブログをきっかけに、こういう世界もあるんだということを
少しでも知ってもらえたらいいかと思いました。

私のブログを見て下さっている方は、赤ちゃん待ちをしていらっしゃる方
もしくは、その経験者の方が多いと思います。

もしかしたら、最近の私のブログに違和感を感じておられる方が
いらっしゃるかもしれないので、経緯を書かせてもらいました。

最近は、よっちゃんさんのところから見に来てくださっている方も
おられるようで、アクセス数が少し増えています。
(ありがとうございますっ!)

今まで見た頂いていた方、もしくは新しく覘いてくださった方、
両方の方がいらっしゃると思うので、少し私の思いを
書かせていただきました。

改めて、これからもよろしくお願いします ( ペコリ)
こんなブログですが、よろしければ、これからも見てやってください
花粉症
2008年04月14日 (月) | 編集 |
今日は、耳鼻科に行ってきました

病院までは、私の足で徒歩4~5分の距離ですが
その距離を歩くのも、最近はおぼつかない状態なので
自転車に杖を積んで行って来ました。

こんな感じで ↓ (以前にも登場しましたが。。)

杖でもOK自転車


自転車は、平坦な道なら乗ることができます。
坂道があるとチョット難しいかな

前回行った1ヶ月前は、両松葉で普通に行けたんですけどねー

私は、スギとヒノキの花粉症なので、5月のGWごろまで格闘です
先生の話によると、私の住む関西では、ヒノキはあと1週間くらいが
ピークだそうです。

ピークを過ぎても薬とマスクは欠かせませんが
飛散量が減れば、だいぶん楽になります

去年は、花粉が終わったと思えば、すぐ入院で忙しかったな~。
布団干したり、シーツや冬の厚手の洗濯ができないままでした。

あぁ~、早く布団干したいよ~

明日は、膝の病院です

ダンナの送り迎えが期待できないから、1人で行かないといけません。
なんとか足がもってくれますように。

前回は、初診だったので、緊張して慌しく終わってしまいましたが
明日は落ち着いて診察が受けられるといいんだけど。

平常心、平常心
きのうの病院
2008年04月16日 (水) | 編集 |
きのうは、転院して2回目の診察でした

自力で行かなくては行けなかったため、足がもってくれるか心配でしたが
帰りは、ダンナが都合をつけて送ってくれました

行きだけで、限界に近かったので助かりました

緊張の診察の結果は・・・

正直、何だかなーといった感じ

まず、前回検査をしてもらったレントゲンと血液検査の結果は
特に問題がなかったようです。

この先生は、あまり丁寧に教えてくださらない感じで
前回の検査の結果はどうだったか、こちらから聞かないと
言ってくださいませんでした。

レントゲンの結果に問題がなかったことから

先生: 全身性のじゃないようやね。

私:  そうですか。 レントゲンに問題はないんですね。

先生: ・・・・・・

私: 全身性じゃないということは、線維筋痛症じゃないってことですか?

先生:  そうやね。

心配していた CRPS の可能性を尋ねると

前回、患部の表面温度を測って問題がなかったこと
皮膚の症状が何も出ていないことから CRPS ではないと
言われました。

松葉杖をついて歩いていることについて

杖を使わずには歩けないの?
筋力がなくなるから良くないんやけどなぁ。


杖がないと歩けないんです。。
杖をついても、駅から病院に来るだけで精一杯の状態で・・・


この話、前回も同じこと言ったんだけどなー。。(心の声)

あの~、前回お渡しした治療経過、読んでいただけましたでしょうか。

あぁーあれね、チラッと見たけどねー。

なにっ!! チラッとかい!?  (心の声で突っ込みました)

その書類をカルテから出されましたが
パラパラとめくるだけで特に見ることなく・・・

あの~ それに書かれてる症状を見ていただいて
何か疑われる病気はないんでしょうか。 
気温が高かったり、入浴とか圧迫刺激で
ものすごく調子が悪くなるんですけど・・・ 
何か考えられることありますか。


この質問に対して、特に思い当たる疾患はないと言われました。
って、その前に本当にしっかり書類を見ていただけたのかが
疑問ですが・・・

慢性疼痛で、血流が良くなったり、圧迫刺激で調子が悪くなると
訴える人はそれなりにいらっしゃるそうで、だからといって
これだという疾患に当てはまるということはないそうです。

そして薬の処方。
今まで飲んでいたものに、新しく モービック錠 10mg
追加されました。 どんな薬か聞くと、炎症を抑える薬だとのこと。

前の病院からの紹介状にも書いてあったように
手術所見で膝滑膜の増殖があったということは
膝の中に炎症が起こっているということなので
炎症を取る必要があるのだとか。。

ちなみにその他の薬は、テシプール、ノイロトロピンです。
前の病院では胃薬が出ていましたが、今回はありませんでした
胃腸は強い方ではないので、ちょっと心配です。。

で、薬の処方が終わったら、次回の診察は6週間後にと言われました。

って、先生、これで終わりですか。。 という感じだったので
その後も、ちょっと食いついて質問をしました。

私としては、とことんまで色んな検査をしてほしいのですが
先生はこれ以上何か検査をするつもりはないようでした。

前回、診断がつくまで3ヶ月くらい掛かるとおっしゃったのは
薬の効果を見るのに、それくらい必要だということだそうです。

で、私の病名は何になるのか聞くと
『慢性疼痛』 『膝内症』 という言葉が出ました。

膝内症というのは、前の病院でも手術後の診断書にも出てきた疾患。

調べてみると・・・

【膝内症とは、 膝関節の中にある軟骨が損傷する事が原因となって
起こる痛みなどの症状のことを言います。 スポーツで膝を酷使した場合
膝にねじりがくわえられた場合等に関節内の軟骨が炎症を起こす事が
主な原因で、関節に水が溜まる、屈伸時に異音がするなどの症状が
現れます。 治療は、傷ついた組識や発症している程度によって
異なります。 損傷が軽い場合は、安静にしているだけで治りますが、
症状が重い場合にはギブスでの固定や手術が必要なこともあります。】 

って、私、こんな感じじゃないんですけど。。
手術して軟骨には何も問題なかったし、水も溜まってなかったし・・・

先生曰く、慢性疼痛では病名がつかない人、原因が分からない人が
沢山おられるようで、私もその1人だと。。

もともと肩凝りですが、最近は特にひどくて
肩と首が痛くて痛くてたまりません。
首は後ろを向こうと思っても痛くて、途中までしかいきません。

このことが、線維筋痛症に関係あるのかと思って聞いたのですが
松葉杖を使っているからでしょう、とのこと。

そういえば、きのう たけしの本当は怖い家庭の医学 で 
線維筋痛症のことをやっていて、まさに私の症状にピッタリなので
心配して実家の父が電話をしてきてくれました。

事情を説明し、この病気ではないと言われたことを説明して
電話を切りましたが、その後番組を見ていると
私はレッドゾーンでした。。

つまり、一度病院で診てもらったほうがいいという状態。
って、診てもらって違うと言われたんだからどうしようもないのですが。。

18箇所の圧痛点を押したら痛いのは前から痛かったのですが
どのくらいの力で押すのか、どのくらいのレベルが痛いというのかが
よく分からなかったのですが、力は押した時に爪が白くなるくらいの力
とのことで、それでやってみると18箇所中ほとんどの場所が
痛かったです。。

次の診察は、6週間後。。

このこと、もう一回聞いてみようかな~。

今回の先生は、悪い人でもなさそうだし、話し方も優しいんだけど
こっちから色々聞かないと詳しく説明してくれない感じです。

って、どの先生もそんな感じかな。。

そうそう、薬もらう薬局が変わったから薬の説明書きの内容も
変わっていて、よく見るとノイロトロピンのところに
『水か白湯で飲んでください』 とありました。

私、いつも薬はお茶で飲んでるんですけど、これってマズイのかなぁ?

今日は、胸痛がちょっとしんどいです。。(あっ、コレ聞くの忘れてた
天気も悪くなってきて疼痛もずっしりしてきてます。

ハァー、6週間後かぁ。。
長いなぁ。。
きたきた
2008年04月18日 (金) | 編集 |
水曜日から飲み始めた モービック ですが、きましたよ、副作用。。

↑ に リンクさせたページでは眠気のことは書いてありませんでしたが
薬局からもらった薬の説明書きには、

『目の調節障害や眠気を起こすことがあるので
車の運転などは控えてください』  とありました。

きのうの夕方から眠気がものすごいパワーで私に襲ってきます。
テシプールの飲み始めもこんな感じで、目を開けようとしても
眠くて眠くて目が開けられないんです。

きのうの15時ごろ。
あ~眠いなぁ。。 ちょっとだけ寝よう
 
で、そろそろ起きなきゃ~ 
と途中何度も起きようと頑張りましたが、起きれず。。
なんとか頑張って起きてみると、辺りは真っ暗
なんと19時でした。。

ちょっとだけのつもりが、なんと4時間も!!

そんなに寝たら夜に眠れないかと思いきや
なんのなんの、眠れるんですね~これが。。

で、朝は起きられませんっ!

ハァ~、ダンナを1人で仕事に行かせてしまいました。
しかも、出張だっていうのに・・・
ダンナよ、こんな嫁でごめんちゃい

それと、気になっていた胃の症状。
ちょっとキタ感じです。

少しだけ胃が痛みます。
まだ全然我慢できる範囲なので、もうちょっと様子みてみます。

薬を飲むと、だいたい副作用ってやつが出ます。
ホント困ったモンです。


そうそう話は変わりますが、前回の診察で
血液検査に問題はないと言われたのですが
家に帰ってよく見ると2項目、基準値でないものがありました。

尿素窒素(BUN)  6.3 基準値(8-20)
補体価(CH50)  50.9 基準値(30-46)

尿素窒素は、高いと腎不全、低いと中毒性肝炎、劇症肝炎、
肝硬変の末期、尿崩症、末端肥大症 など があるそうです。

補体価というのは、よくわかりません。
調べると、こんなことが書いてありました。

『補体は免疫反応の過程で使われるたんぱく質です。
免疫反応の異常を伴う疾患では、産生低下・消費増大による
低補体となることがあります。自己免疫疾患の多くがこれにあたります。
リウマチでは急性期炎症性反応物質としてむしろ高値になることが
一般的です。低下している場合は、膠原病の合併やより重篤な
状態を考慮します。 』

リウマチだと高値になるってことかな?

でも、私はリウマチの検査を何度もしているけど
問題なかったし、先生からも何も言われていないから
大丈夫なんだと思いますが、チョット気になったので書いてみました。

連日、天気が悪くて嫌ですね~

早く、お日さん戻ってこ~い
春のお花 続々
2008年04月21日 (月) | 編集 |
秋に植えたチューリップが咲いてくれました
桜と並んで、チューリップも春を代表するお花ですよね。

その他にも春になって、続々と我家を彩ってくれているお花たち。
今日は、ちょっこっと紹介させてくださいね

(小さい画像はクリックすると大きくなります。)
[続きを読む...]
困っていること
2008年04月24日 (木) | 編集 |
最近、肩凝りと胸痛がひどくて困っています。。

肩凝りは高校生の頃からで、慢性なので
美容院でマッサージをしてもらうと ありえない! と 言われます。

最近は、首、肩、背中が、もっのすごく凝って
痛すぎて気持ち悪くなるほど。

ストレッチや肩回し、塗り薬など色々やってはいるものの
なかなか頑固者で困ります。

マッサージにでも行ってみようかな?

あと胸痛。
これは、結構深刻です。

3月頃からたまに心臓や肺の辺りが痛いな~と思うことがありました。

が、ここ数日、それがものすごいんです。
たまに痛いな~と感じていたのが、常時痛いんです。

痛い箇所は、左胸の辺りが多いのですが
今日は右胸や肺の辺りも痛く、ものすごく息がしにくいです。

大きく息を吸わないと、しっかり呼吸ができていない感じです。

ご飯を食べる時も、苦しくてものすごく食べにくかったです。
何回も休憩をして、大きく息を吸い込みながらの食事でした。

この痛みと苦しさは、膝の痛みと関係があるのかな??

新しく飲み始めた モービック
今日で9日目だけど、この副作用ということはないかと調べてみると
胸痛というのはありませんでしたが、

喘息発作の誘発 ・・・ ゼーゼーする、息が苦しい。
アナフィラキシー様症状 ・・・ 息苦しい(ゼーゼー)。

などとありました。

ゼーゼー? ゼーゼーてどんなのかな?
とにかく息が吸い込みにくくて、胸が痛くて、苦しいのです。
これって、ゼーゼーしてるっていうことなのかな? 

喘息の人が息がしにくくて、ゼーゼーするのは見たことがありますが
私のも同じなのかどうかよく分からないのです。

モービック、やめた方がいいのかな~と思ったりしています。

こんなに息が苦しくて胸が痛いのは初めてのことなので困っています。
どうしようかなぁ


最後に紹介させてください! お友達が増えました

逃げないほうが楽なんだよ の 『TOM』 さん 
学校の先生で、CRPSと闘いながらも教壇に立っておられます。
生徒さんにも人気があり、とても博学で尊敬できる方です。

いたいの痛いのとんでいけ ~CRPS・ジストニアと共に~ 
の 『まめ』 さん
CRPS、ジストニアと闘いながら、いつも前向きに目標を持って
頑張っておられる方です。 その姿勢には本当に頭が下がります。
彼女のブログからは学ぶことがいっぱいです。

みなさん、よろしくお願いしますね。
薬剤師さんの話
2008年04月26日 (土) | 編集 |
苦しかった胸痛のことですが、きのう薬剤師さんに相談しました。

やはり モービック  に原因があるようです。
モービックを飲むときは、大抵胃薬が一緒に出されるそうなのですが
私の場合は、出されていませんでした。

モービック以外に今飲んでいる薬は、ノイロトロピン、テシプール、
マグミット(便秘)、チラーヂン(甲状腺)、アレグラ(花粉症) です。

モービックを飲むときに抗うつ剤との飲み合わせには
気をつけないといけないみたいですが、テシプールは問題ないようです。

問題なのは胃薬で、今まではノイロトロピンとテシプールだけでも
飲んでいたのに、今回は飲んでいなかったこと。

モービックを飲み始めてすぐに胃が痛み出したのですが
数日すると治まったので大丈夫かな~と思っていました。

薬剤師さんの話によると、胃の痛みが別の場所に移ることもあるらしく
おそらく胸の辺りの痛みへ移ったのではないかということでした。

対処法としては、とりあえずモービックを中止して
胃薬を処方してもらうのがよいとのことでしたので
きのうからモービックをやめてみました。

すると午前中は変わらず辛かったのが、午後からは楽になりました。
少し胸が苦しい感じはありますが、息を大きく吸い込まないと
呼吸ができないというほどではありません。

今朝は、少し動悸があり苦しいのはありますが、耐えられる程度です。
あんなに胸が苦しいのは初めてだったので正直焦りました
ご心配をお掛けしました。

月曜日に前の整形外科に行くので、相談しようと思います
次の手
2008年04月30日 (水) | 編集 |
28日は前の整形外科に行ってきました

前とか今とかややこしいですね。
今後は、前の病院は O(オー)病院
4月からかかっている病院は A病院 と書きますね。

A病院では、膝の表面温度を見て異常がなかったことと
皮膚の状態に問題がないことからCRPSではない、
それとレントゲンの結果から線維筋痛症ではないと言われ
私の今までの治療履歴にろくに目を通すこともなく
これ以上の検査をするつもりがないようなことを言われたので
このまま薬を変えて様子を見ても何かが変わる気がしないのです。

今まで薬や注射などで散々様子は見てきました。
A病院の先生は、線維筋痛症やCRPSを診ておられる先生で
原因不明の疼痛研究などもしておられるので
もっと多角的に色々診てもらえるのかと期待していたのですが・・・

専門の先生に診てもらって、それらの病気ではないと言われたなら
それが正しいのかもしれませんが、もっと私の症状や経過などを
詳しく聞いてもらって、検査も十分した上なら納得がいくのですが
そうでないところがひっかかるのです。

そこで、このまま次の診察まで1ヶ月以上も空くのなら
別の病院で診てもらうのも、1つの手かなと。

で、前のO病院に行って紹介状と画像の貸し出し、
新しい病院への診察予約などをお願いして来ました。

O病院の主治医には、2週間ほど前に手紙を書いて
近況報告をしていたのですが、A病院でのこと、
最近の状態などを説明しました。

A病院で、繊維筋痛症、CRPSでないと言われたことは
予想されていたそうで、納得しておられました。

私が新たにサードオピニオンを取ろうとしていることに関しては
あまり意味があるようには思えないというようなことを
おっしゃいましたが、だからといって、効果のある治療が
自分にできるかというとそうではないので、それも1つの方法だと
言っておられました。

最近の私の足の状態の話になり、いつものように
気温が上がってきたのでそれだけで辛いと言うと
またお約束の初めて聞いたような顔をされました

圧迫もよくないと言っても、同じように

じゃぁ、サポーターはできないんやね。

って。。  ハァー   
こうも毎回同じことを言ってるのに、
同じように初めて聞くかのような態度を取られると
この先生は一体私の何を診てきたんだろうって、溜息が出ちゃいます。

温めること、圧迫することが
調子を悪くする原因!!
ここ、1番大事なとこですよーーー!!!


って、大声で言ってやりたい気分でした。。

そして、しばらく考えこんだかと思うと

じゃぁ、冷やしてみましょうか。

えっ!? どうやってですか?

アイスノンで。

って、これには新喜劇なみに、ずっこけそうになりましたよ。

それも、前から言ってるでしょーーー

セカンドオピニオンの相談の時にも言ってるし
痛くなったら冷やす、最近は気温が上がってきたから
冷やす回数も必然的に増えています、って!

まぁ、先生には落ち着いて

それは前からやっていますよ。

と、サラリと言っておきましたが・・・

悪い先生ではないし、どちらかというと話も聞いてくださる方だと
思うのですが、こんなやりとりが1年も続けば・・・
そりゃぁ、転院も考えますよね

ってことで、5月7日に予約が取れました。
大学病院の疼痛専門の科です。
原因が分からない場合は、まずは麻酔科で診てもらうそうです。

4月から行き始めたA病院も整形外科だし
麻酔科では診てもらったことがないので
少し期待しています。

それと、モービックで胸痛が出たことを話し、胃薬を出してもらいました。
モービック、胸痛、胃薬の因果関係には首を傾げておられましたが・・・

胃薬も出たことなので、きのうからモービック再開しました
また睡魔おばけが襲い掛かってきて格闘しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。