なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3軒目の病院
2008年10月01日 (水) | 編集 |
先週から書いている 「病院三昧」 のことですが
とっとと書いてしまいたかったのですが、ここ数日は風邪をひいて
寝込んでしまい、なかなか書けずにいました

先週末、急に気温が下がると聞いていたので
十分に気をつけていたんですけどね~。

見事に日曜から風邪ひいて、ずっと寝込んでました。
ようやくきのうの夜に病院に行って、薬をもらってきました。

なんとか今週中には復活したいものです・・・。
みなさんも気をつけてくださいね~。

さて、9月23日に行った 鍼灸院のことを書きますね。

鍼灸院は、トリガーポイント治療をやっているところです。 

トリガーポイントをやっているとHPに書いてある鍼灸院でも
本当にピンキリで、今までも何軒か行ってみましたが
ここはすごくよかったです! 

初診で、鍼が未経験ということもあり
60分で首、肩、背中、腰、右膝をやってもらいました。

60分では時間が足りなくて、じっくりとトリガーポイントを
探しきれなかったみたいだけど、触診をとても丁寧にしてくださって
トリガーポイントを本当に真剣に探してくださいました。

ハッキリ言って、入院した病院で受けていた治療とは全くの別物でした。
今まで受けていたのは、トリガーポイント治療とは言わないんだと
いうことが、よ~く分かりました。 

そんな時間が足りなかった施術でしたが、右膝はとても軽くなりました。 
右の方が痛くて、左はほとんど痛みを感じないくらいだったのが
施術後は、左の方に痛みや重さを感じるくらい。

トリガーポイントの鍼療法は日々進化しているようで
この鍼灸師さんはトリガーポイント研究会会員で
トリガーポイント療法の第一人者、黒岩共一教授のもとで
今も年に数回、臨床研修をしているそうです。 

研究会の会員という方は沢山いらっしゃるそうですが
ある程度のノウハウが分かれば、その後の講習会に参加しない人も
多いらしいのですが、1回の講習に出ないだけでも
日々技術が進んでいくので、ついていけなくなることもあるのだとか。

現に、ここ数年で膝のトリガーポイント治療は
ものすごく進歩をしているらしく、その進歩をしっかり勉強されている
先生に出会えたというのは、私にとってラッキーなことでした。

HP上は良さそうでも、行ってみてガックリ という病院に
今までイヤというほどあたっているので
今回も期待半分で行ったのですが、先生はものすごく良心的で
とても真剣に診て下さいました。

私の治療履歴を例のごとく、十数ページどっさり渡しましたが
施術を受けた日の夕方に次の予約の電話をした時
全部読ませてもらいましたと言われました!! 

正直、全部読んでくれた先生は初めてかもしれません

先週末に、2回目の治療に行ってきました。
そのことは、また追って詳しく書きますが、やはりいい感じです

ようやくいい先生に巡り会えたそんな気分です。
しばらく、この先生にお任せしてみようと思っています
スポンサーサイト
鍼灸院その後
2008年10月06日 (月) | 編集 |
鍼灸院には、週1回のペースで通っています。
おととい3回目の施術を受けてきました。

1回目は、60分で全身を軽くやってもらうという感じでしたが
2回目は、90分で右膝を中心に全身をしてもらい
3回目は、ダンナの肩凝り30分と同時進行で120分たっぷり。

私の受けている鍼は、古来からある鍼治療とは違い
トリガーポイント治療というものです。

いわゆる鍼治療というものを受けたことがないので
ハッキリとした違いは分からないのですが
簡単に言うと、古来からの鍼はツボと言われるところに
鍼を刺すのに対し、トリガーポイント治療は

痛みの元となっている場所、つまり
トリガー(=Trigger 引き金) ポイント(=Point 場所) を見つけ
そこに鍼を刺していくという治療です。

マッサージを受けて、「ズーン」と響く痛気持ちいい場所、
「あ~そこそこ!」 と思わず口から出る場所がそうなんだそうです。

それは、実際に痛い場所であることもありますが
離れている場合が多いのだそうです。

私の場合、膝のお皿の下が痛いのですが
その トリガーポイント がどこなのかということが
治療のキーポイントとなるのです。

1回目では、膝の周りを中心にトリガーポイントを探してもらいましたが
「ズーン」と響く感覚はあるものの、痛い場所である膝下に響く感覚は
全くありませんでした。

先生曰く、「ズーン」と響くところはトリガーポイントであることには
変わりないのだけど、痛みの箇所に響く所が一番大切な
責任トリガーポイント というものなのだそうです。

2回目の施術では、どのような姿勢、体勢で痛みが出るか
ということをヒントに関係する筋肉を割り出し
膝裏を中心にトリガーポイントを探してもらいました。

うつ伏せになり、膝裏の内側寄りを触察してもらうと
「ズーン」という響きとともに膝の前側に「ピキーン」と繋がるような
そんな感覚がありましたが、痛みの箇所に直接響く
というのではないような・・・

どんな感覚になれば 「責任トリガーポイント」 に
鍼を刺されている感覚なのかがよく分かりませんでした。

でも、先生の感触としては、徐々に悪い筋肉が絞り込めてきた
とのことでした。

3回目の施術では、膝の前側より後ろ側の方が悪いことが
ハッキリ分かり、前回取りこぼした場所にアプローチをかけ
探ってもらいました。

具体的には、膝の後ろ側、内側寄りの場所なのですが
その辺りに30本くらいの鍼を刺してもらいました。

中には、思わず 「痛っ!!」 と大声を出してしまうほど
響く場所があり、それは膝下に響いているのか
よく分かりませんでしたが、確かに思わず声が出てしまう場所は
何箇所かありました。 そして、それは 「ズーン」という響きを伴い
鍼を刺すと 「ピキーン」と 膝の前側に繋がるような
感覚がありました。

それが、「責任トリガーポイント」 というものだったのか・・・

正直言うとよくわかりませんが、毎回施術を受けるたびに
膝のお皿の形がハッキリ浮き出たり
膝周りの腫れぼったい感じが取れていきます。

先日の施術のときには
膝の後ろ側の肥厚が取れ、膝裏がごっそり凹みました。

今まで肉がついているだけだと思っていた私の膝周りは
筋肉が凝り固まり、筋も腱も分からないような状態に
肥厚してしまっていたようです

鍼を刺した後は、10~15分くらい時間を置いてから
鍼を外すのですが、時間を置くにつれ、見る見るうちに肥厚が取れて
細くなっていくのを実際に目にしました。

ビックリでした

右側の膝周りのほうが、筋肉が固まっているので
右側を毎回多めにしてもらっていますが
左も右と同じようなところが悪いようです。

膝周りだけでなく、首、肩、背中、腰、お尻などもしてもらっています。

当初は、腰が痛くて夜なかなか寝付けなかったのが
一度の施術で腰は随分楽になりました。

さすがに、肩と背中は手ごわいようで
なかなか軽くはなってくれません。

まずは、膝から治したいと思っているので
全身までしっかり診てもらうとなると時間が足りないようです。

それでも、先生はいつも時間をオーバーしても
「もう少し診させてくださいね」 と丁寧に診てくださいます。

超過料金なんて一切取られません。

2回目のときは、90分で予約したのに、20分多くしてくださいました。
3回目は、同時進行でダンナが30分のお試しで肩凝りの施術を受けて
私は丸々120分の施術だったのに、2人で120分の金額でした。
しかも、その時も15分くらいは時間がオーバーしていました。

代金は着替えや問診の時間を省き、実際の施術の時間が
反映されるのですが、毎回15分くらい余分に時間をかけて下さいます。

前回の記事で、2回目の予約を電話した時に、私の治療履歴を
全部読ませてもらいましたと言われて感動したと書きましたが
2回目の施術前の問診では、先生の机の上に
私の治療履歴が置いてあり、いっぱい下線や波線が引いてあるのが
分かりました。

そして、筋肉に関する参考資料、文献などがどっさり置いてあり
すごく下調べをしてくださったのだということがよく分かりました。

今まで大変な思いをしてこられたのがものすごく伝わります!
だから、なんとしてでも良くなってもらいたいんです!!


と、先生は言ってくださいました。

今まで、私の作った資料をこれほどまでに目を通し
意見してくださった先生は1人もおられませんでした。

やっと真剣に診てもらえる先生に出会えたと心から嬉しく思います。
そして、先生は私が回を重ねるごとによくなっている姿を
自分のことのように

あぁ~、よかったぁ。 本当によかったぁ。

と心の底から喜んでくださいます。
そして、どんな体勢が痛いか、施術後どんな風に改善したかなど
事細かに聞いてくださいます。

本当に有難いことです。

先週は、風邪をひいて1週間丸々寝込んでしまったので
リハビリも歩行練習もほとんどしていないのですが
膝に関しては、痛みをほとんど感じません。

雨の日や湿度の高い日はそれだけで疼きと熱感があったのに
雨が降っても、湿度が高くても、膝下に痛みが出ません!!

お風呂も疼くので湯船に浸かるのは控えていましたが
最近は、毎日浸かっています。

膝はなるべく浸さないように立てて、冷水シャワーも必須ですが
今までは必ずあった疼きが最近は出なくなりました。

そして、日中にアイスノンで冷却することがなくなりました。

料理をするときは、いつも椅子に座って調理していたのが
最近は立ったまますることが増えました。

少しずつではありますが、徐々に回復しているようです。

気がつけば、退院から1ヶ月が経ち、動悸や息切れなどの症状も
ずいぶん楽になりました。

これから、少しずつ歩行練習もしていこうと思っています。
ちょっと明るい兆しが見えてきたようです
退院から1ヶ月
2008年10月08日 (水) | 編集 |
ここ数日スッキリしない天気が続いていましたが
今日はカラっとした秋晴れの気持ちのいいお天気です

心も晴れ晴れするようで、久しぶりにお花の世話や
土の片付けなどをしました

9月4日に退院して、あっという間に1ヶ月が経ちました。

思い返せば、この1ヶ月は動悸、息切れ、会話疲れ、倦怠感などで
思うように体が動かず、お花の世話も水遣りくらいで
お花を触ろうという気になれませんでした。

家事も必要最低限のことしかできず、食事の準備も
ダンナに手伝ってもらうことがほとんでした。

今週に入り、風邪が治ったこともあって
体が徐々に動くようになってきました。

食事の準備も1人でできるようになり
少し手の込んだ料理も作る気力が出てきました。

花のことをしていると、ご近所の方が声を掛けてくださいました。

話すのが億劫だったので、極力、人と会いたくなく
ほとんど外に出ない毎日だったので
ご近所さんともお話をしていませんでした。

久しぶりにお話をしてみましたが
以前のような動悸はしませんでした。
考えてみれば、最近は息切れもしません。

少しずつ、元の体に戻っています。

今、通っている鍼灸院に行くまでは
体の治療と合わせて、心の治療も考えていたのですが
「精神科」にかかるというのに抵抗があり
なかなか実行しないでいると
いつの間にか体調が落ち着いてきました。

何故、「心療内科」 でなく 「精神科」 なのか?
それは、入院中に言われた精神疾患の病名のせいなのです。

その病気は 「精神科」 で診てもらうのが良いそうで
精神科ならどこでも診てもらえるというものではないようだったので
その病気を診てもらえる個人クリニックに目星をつけていました。 

自分でも、その病気の可能性があると思いましたが
今となっては、よく分からなくなりました。

精神的な要因で歩けなくなる、疼痛が起こるというような病気です。
(具体的には、また機会があれば紹介させてもらいます。)

でも今は、鍼で効果が出てきているし
しばらくは、このまま様子を見ようかと思っています。

精神科にかかるとなると、嫌なことも思い出さないといけないし
余計ストレスがかかってしまう気がするので。

このまま秋空ののんびりした雰囲気を満喫して
ゆっくりすることが、体にとってどれだけいいお薬になることか・・・。
そんな風に思います

膝の調子は、ここ数日それほどよくありません

膝周りの肥厚が取れて、軽くなっていたのですが
ここ数日、また両膝とも全体的に腫れていて少し重たいです。

鍼で劇的な効果が出て、このまま完治までまっしぐら
と行きたいところでしたが、そうは問屋が卸しませんね~

それでも、痛み、熱感はあまりなく、薬を飲まずに
日常が遅れているということは、大きな進歩です!!

まだまだ完治までは程遠いようですが、頑張ろうと思います

治りかかると、ついつい焦りが出てしまいますが
心を落ち着かせてやっていきたいものです
結婚記念日
2008年10月12日 (日) | 編集 |
10月10日は、6回目の結婚記念日でした

10日は平日でダンナの帰りも遅かったので、お祝いは翌日にしました。
お祝いといっても我家の場合は、食事に行くくらいなのですが・・・。
家の近くのお寿司屋さんに行ってきました

そこへ行くのは今回で3回目で
すっごくおいしいので毎回大満足なんです

そんなにおいしいなら、頻繁に行きたいところなんですけど
年に1回できるかどうかの贅沢でして・・・

誕生日など何かしらのイベントの時に
そこのお寿司屋さんに行こうとするのですが
今まで2回連続で、臨時休業の日に当たってしまって
今回は、かねてからの念願だったんです。

そんなこともあり、ダンナも私もお店が開いているか
行く前から違う意味でドキドキです。
(あらかじめ電話で聞いとけって感じですが

お店の近くまで行くと、今回は看板に電気がついていてホッと一息。

お造りに始まり、最後は松茸の土瓶蒸しまで。
足の調子が良くなったこともあり
お酒はビールに焼酎まで頂いちゃいました

いやぁ~やっぱりおいしかったです。

ネタはとっても新鮮で切り方にも工夫があって
見るも良し、食べるもの良しといった感じ。

いくらなんて軍艦巻きから溢れて
お皿い~っぱいにこぼれてるんです~
それをスプンで頂いちゃうんですよ  
またそれが焼酎に合うんですね~

今、思い出しても顔がニンマリしちゃいます。
ダンナも私も大満足で、顔が緩みっぱなしでした

お寿司以外でしたことといえば
ブログのお友達に倣って、記念に写真を。

そのお友達は、結婚記念日には
毎年陶器を買って、自分たちの写真を撮るそうです。

そのアイデアを聞いて素敵だなぁと思い
6年目からですが、写真案、私達もマネしちゃいました。
ダンナが手で5を作り、私が1を重ねてパチリ

私達も1年目から写真を撮っておけばよかったと思います。
これから1枚ずつ写真を増やしていきたいです

さて、結婚して丸6年が経ったということは
結婚生活も 7年目 に突入したということです!

 といえば・・・
ラッキーセブン

何かいいことがありそうな予感がしませんか!?
な~んて、プラス思考な私たちなのでありました
まだまだ
2008年10月14日 (火) | 編集 |
日曜日は4回目の鍼に行って来ました。

もともと右の方が痛みが強くて、過去2回は
右の方に重点を置いて施術してもらったので
右の方が軽くなっていたのですが、3回目の施術を受けた週は
左にも多めにしてもらったせいか右の方がまた重くなっていました。

鍼を刺す場所によって、その週の膝の感じが変わります。

前回は右の後ろ側を中心にやってもらったので
今回は右の前側を中心に施術してもらいました。

施術前は右の方が重たかったのが、帰りには左の方が重く感じました。

症状がひどかったところの痛みや腫れが取れると
今度は他の場所の痛みが目立ってくるのだそうです。

難しいですね。  一回鍼を打ったらスカっと痛みや腫れが
取れてくれればいいのですが、なかなかそうはいかないみたいです。

でも、毎回行く度に改善していっているのは事実だと思います。

初めは腫れと浮腫みがひどくて、膝蓋骨(膝のお皿)の形が
全く分からなかったようですが、今はハッキリ分かるようになりました。

膝蓋骨の位置が分からないくらいなので
膝周りも全体的に腫れぼったくなっていて
触察してトリガーポイントを探してもらっても
ズーンと響く感じが全くしなかったのが
今回はピンポイントに感じることができました。

何箇所もとっさに「痛いっ!」と
声が出てしまうような響く場所がありました。

肥厚が取れたおかげで
硬い筋が良く分かるようになったからだそうです。

この3連休は、鍼治療に加え、散髪やお墓参り
ダンナの実家、買い物など毎日出かけました。

買い物では、ショッピングモール、ホームセンター、ドラッグストアなど
2時間くらいブラブラしました。 (両松葉杖使用)

といっても1箇所ではなく、途中休憩も移動もあるので
実質30分くらいかな、連続で動けたのは・・・。

鍼治療で効果が出てきたとはいえ、やっぱり30分もブラブラすると
足がだるくなって、痛みが出てきます。

家の用事をしているだけでは、実際どれだけ
動けるようになったのかが分かりません。

週末のことで、まだまだだな~と実感しました。

最近は、毎日ストレッチと筋トレをしています。

今まで使っていない筋肉が沢山あるので、歩行訓練をしても
すぐに傷める可能性があるので、ある程度筋力をつけないと
いけないと思いまして・・・。

それに、退院後9キロ痩せていた体重が
食欲が完全復活したことにより、1キロ戻ってしまい
これ以上太らないためにも必要かなと

部屋の電気を消して、リラックスできる音楽を聞きながら
途中、瞑想のような時間も取りながらやっているので
1時間半くらいかかります。

鳥の声、水の音、風の音、波の音などキレイな音と合わせた
音楽を聞いていると心も体も気持ち良くなります。

筋トレは好きではないのですが、音楽を聞きながら
目を閉じてやっていると何故か苦にならずにできています

心も体も健康になりたいな
ちっちゃなお客ちゃま
2008年10月15日 (水) | 編集 |
今朝、いつものようにダンナを見送ったときのこと
ガレージの門を閉めて家の中に入ろうと思ったら・・・。

春先にキレイに花を咲かせてくれた クレマチス カルトマニージョ。 

NEC_0084_20080512154410.jpg

葉っぱがいっぱい散って、ぐちゃぐちゃになっているではありませんか!

この花は剪定をしたらダメなので、見た瞬間
ショックーーー!! えっ、なんで!? という感じでした。

それだけではなく、他の花も少し荒らされていました。

ガレージの奥に進むと、なんとなんと園芸用品を置いている隙間に
小さい小さい猫ちゃんがいるではありませんか!

土を乾かすバットや鉢などをガレージの奥に置いていて
そのほんの小さな隙間、幅10cm~15cmくらいの幅のところに
子猫ちゃんが連なって4、5匹いました。

猫ナベのような状態です。
きゃ~、なんてかわいいの~

我家の隣家は空家になっており、野良猫が住み着いています。
最近子猫の鳴き声がするので、生まれたことは知っていました。

そういえば、この間、ダンナがガレージの隙間に
子猫がいっぱい入っていったのを見て、覗こうとしたら
親猫に威嚇されたと言っていたことを思い出しました。

ガレージは夜になると車が止まるし、奥の隙間に入っていたら
寒さを凌げるので、きっと知らないうちに住み着いていたのでしょうね。

猫ナベ状態のかわいい猫ちゃんたちは
私が覗くと、どうしようどうしよう、という感じで
しばらく躊躇していましたが、隙を見て急いで逃げていきました。

どこに逃げたんだろうと思って家の周りを見に行くと
親猫では絶対に入れない小さな隙間から逃げていくのが見えました。

もう少し見たかったな~と思いながら家に入ろうとしたら
親猫が心配そうに子猫ちゃんたちを探していました。

子猫ちゃんたちがいた場所は小さすぎて
たぶん親猫は入れないんだと思います。
夜は別々に寝ているのかな~とか考えちゃいました。

ぐちゃぐちゃにされたカルトマニージョ。
来年は4年目だったかな。 

年々大きくなってキレイに花を咲かせてくれていたのに
来年は無理かもしれません

ショックだけど、子猫ちゃんたちは、きっと食べるものが
なかったんだろうなと思うとかわいそうになりました。

できることなら、ミルクでもあげたいところだけど
飼えないのに中途半端に餌付けをしてしまうと
ご近所さんにも迷惑だし、ウチの家に住み着かれると
糞尿のことや花を荒らされる可能性があることなどから
大変なことになってしまうので気持ちをぐっと抑えました。

お昼前にガレージに行ったら、また子猫ちゃんが2匹。
太陽が出てきて気持ちよかったのでしょうね

今度は土を入れているバットの上に
またまた猫ナベのようにくっついて日向ぼっこをしていました
(またすぐ逃げちゃいましたが・・・。)

今まで気付いていなかったけど、子猫ちゃんたちにとって
格好の場所になっていたのでしょうね。

かわいい猫ちゃんたちのことを聞いてもらいたくて
ダンナに電話をしました

ダンナも微笑ましそうに聞いていましたが
相談した結果、かわいそうだけど隙間をブロックで塞ぐことにしました。

塞いだ後、何回も見に行きましたが
猫ちゃんたちを目にすることはありませんでした。

午後になって、窓を開けていると
子猫ちゃんの鳴き声が隣家からしてきました。

その声はとてもかよわく、なんだか可哀想で仕方がありませんでした。
隙間をブロックで塞いだことで、猫ちゃんたちの寝床を
奪ってしまったようで、心が痛みました。

できることなら、その場所で寝かせてあげて
毎朝、子猫ちゃんたちを見たいです。

あんなにかわいい子どもたち。
何とかしてあげたいけど中途半端に手を出してはいけない・・・。
心苦しい思いが今もずっと私の中にあります。

子どもの頃、野良猫が近所に住み着いて
困るからと隣のおじいさんが罠を仕掛けたことがありました。
捕まえて保険所に連れて行こうというのです

案の定、猫は捕らえられましたが、お姉ちゃんと一緒に
こっそり猫を逃がしたことがありました。

その後、隣のおじいさんに睨まれながらもその猫を飼いました。

でも、今はそんなことはできない。
4,5匹もいる猫ちゃんを飼うことなんてできない。
それに、親猫がいるのに奪うことなんてできない。

胸の辺りが締め付けられる思いが続いています。
これでよかったのかな・・・。
新ワザ!
2008年10月21日 (火) | 編集 |
きのうは5回目の鍼に行ってきました。

いつもは週末に車で連れて行ってもらうのですが
きのうは1人で電車で行ってきました

というのも、日曜日にトリガーポイント講習会があり
今回のテーマは膝なので、講習会の後に施術する方が
新しい技術でできるから絶対にいいと聞いていたからでした。

講習会は年に6回あるらしいのですが
その都度、腰、肩、膝などテーマがありトリガーポイント治療の
第一人者である教授から教わるそうです。

講習会では、トリガーポイントの押し方、見つけ方、位置など
毎回今までになかった技法を教わるようで
講習会の直後にその教わった内容を患者さんに試すと
今までにない効果が現れるのだと聞かされていました。

なので、今回はものすごく楽しみで
どんな風に効果があるのかと期待たっぷりでした。

ただ、初めての電車通いということで不安はありました。
鍼灸院の最寄り駅が改装中で階段しかないため
改札を出るまでに、長い階段の上り下りがあったので・・・。

ラッシュ時を避けて14時からにしていたので
行きは電車でも座れ、階段も問題なくクリアできました

駅からは1分と近いので心配なく歩いて行くと
初めての電車通院ということが心配だったそうで
先生がドアを開けて待ってくれていました。
優しいでしょ?

いつものように、この1週間の調子を報告。

だいぶん楽になってきて、台所仕事も立ったまま
できる時間が増えたけど、膝周りに重たい感じがあったり
リハビリの際に痛みが出ることなどを伝えました。

さて、新しいワザのお披露目です!

期待通り、今までにない方法を沢山学んでこられたそうで
講習会の復習を兼ねてじっくり見させて欲しいので
ゆっくり施術させてほしいと言われました。

もちろん、そのつもりだったので快諾したのですが
なんと3時間もかけて施術してくださいました

今までは膝の周囲と後ろ側だけだったのが
太もも全体と股関節まで、トリガーポイントとなりうるところがあったそうで
全てに鍼をしてもらいました。

最近は、股関節も痛くなっていたので丁度よかったです。

片脚の前側だけで50本!!
両脚、前だけで100本というスゴさです!

しかも、いつもより鍼を刺された時の衝撃がすごく
ビーン、ズキーン、ドシーンなど手は常にグーの状態
脂汗がにじんで、受けている方も体力を消耗しました

脚前側だけで1時間半以上かけてもらいました。
後ろ側や肩にも施術してもらい
最終的には150本以上打ってもらったようです。

衝撃が強かっただけに、施術後も今までにない重だるさがあり
帰りの電車が心配になりました。

案の定。。
両脚とも、室内も普通に歩けないほどの重たさに・・・。

しかも、3時間もやってもらったため
帰りはすっかりラッシュの時間になっていました。

行きは難なくクリアできた階段も
1歩ずつ足を運ばないと進めません

ホームに着くと人でいっぱい。
椅子に座ろうにもすでに座っておられて空いていません。
仕方なく電車を待つことに。

数分して電車が到着
17時半を過ぎれば、学生や仕事帰りの人でいっぱいです。

痛い両脚を引きずるように電車に乗り込みました。
もちろん空いている席などありません。
出入り口は危ないので、なんとか手摺りのある
長椅子の前に立ちました。

座っている人は一瞬私を見ますが、携帯をいじったり
余所見をしたりして、み~んな知らんぷり。

一駅過ぎると席が空いたので座りたいと思ったら
学生が2人空いている席に座ろうとしました。

私は思わず、 「あの~スイマセン。。」
と言って座らせてもらいました。

そのまま普通電車で帰ればよかったのですが
途中の駅で、快速が来るというので乗り換えてしまいました。
アホです・・・

長い距離を電車に乗るのは久しぶりだったので
ついつい昔のクセで思わず乗り換えてしまいました。

その後も、また誰一人として席を譲ってくれる人はなく
結局最後まで立ったままでした。

途中で脚が痛くて痛くて、このまま座り込んでしまうのではないかと
思うほどでしたが、顔を歪めながら何とか耐えました。

座っている人はだいたい知らんぷりの人が多いのですが
中には辛そうに立っている私の姿をジロジロと見ている人もいて
気分が悪かったです。

以前、朝のラッシュ時に電車に乗ったときもそうでしたが
みなさんお疲れなんでしょうね。。 
だけど、世の中それでいいのかなと悲しい気持ちになりました

家に帰ると、少し歩くのも普通に歩けないほど
大変なことになっていました。

久しぶりに椅子に座って室内を移動して
ご飯の支度も始終椅子のお世話になりました。

久しぶりにこんな状態になったので焦りましたが
一晩寝たら、室内は普通に歩けるように戻っていました。

今度からは快速などに乗り換えず、ゆっくり電車に乗ることにします。

ダンナは席を代わってもらうように頼めばよかったのにと言うけれど
そんなこと言えますか? 
私にはどう頑張っても無理です。。

さて、楽しみだった新しいワザの効果はというと・・・。

今日は、まだ鍼を刺した後が痛むのでまだよく分かりません。
あと1,2日もすれば分かると思います。

どんな効果が出るのやら
どんより
2008年10月23日 (木) | 編集 |
秋晴れ の気持ちのいい天気とは打って変わって
こちら関西は、きのうから雨が続いています

そんな空模様と同じで私の心もどんよりしています

いっつもそうなんだ。
いっつもこんな気持ちになる。
いつになったら、こんな気持ちから開放されるのだろう・・・。

妊娠報告。

年に数回、友達や知り合いから報告を受けます。
私たちは結婚して6年。

私達の後に結婚した人からの報告。

不妊治療をしていて、毎周期涙をのんでいるときの報告は
気が狂いそうなほど苦しい。

近所から聞こえてくる赤ちゃんの泣き声。
街角で見る妊婦さんの姿。
テレビに映る赤ちゃんのCMや子ども番組。
赤ちゃん製品の広告。

胸の辺りが締め付けられてとっても苦しくなります。
気がつけば、いつの間にか涙が流れていることも・・・。

友達や近しい人の妊娠は喜ばしいことです。
簡単に授かれるものではないと分かっているからこそ
本当によかったなぁと思います。

だけどその反面、自分に帰ってくる気持ちの葛藤は大きい。
常にこれからツワリの状況、お腹の大きくなっていく姿を目にすること
耳にすることは、子どもをなかなか授かれない私にとっては
正直しんどい・・・。

こんな気持ちにもそろそろ慣れていい頃なのに
いつになっても慣れない私がいる。

特に今は不妊治療から離れていて
毎周期、妊娠の可能性は100%ないと分かっているのに・・・。

今は、まず足の治療を優先することが先決だって分かっているのに・・・。

近所に住む友達が妊娠したと報告を受けたのは
この夏に私が入院中、2度目に歩けなくなって
動悸や息切れ、睡眠不足などで心身ともに参っていたときのこと。

報告を受けてまず 「あぁ~よかった」 と心の底から思いました。
だけど、その直後からじわりじわりと胸のつっかえが出てきて
いつの間にか呼吸困難になっていました。

その友達にはすぐにメールを送れませんでした。
上辺だけの 「おめでとう」 を言いたくなかったので。

結局、退院後しばらくしてから
私の近況報告も兼ねてメールしました。

退院後も精神状態が安定せず
しばらくは人と話すことができませんでしたが
1ヶ月後には安定してきました。

義両親ともゆっくり話をすることができなかったので
体調が落ち着いた10月の連休に顔を出しました。

そこで、義姉の妊娠報告。
そのときも、本当によかったぁと心の底から思いました。
義姉は私より年上だし、なにより不妊治療など苦しい思いをせずに
授かれることはどれだけ素晴らしいことか・・・。

初孫になるので、義母もものすごく喜んでいて
その喜びぶりを見るとどれだけ楽しみにしているのかが分かりました。

義母には、私たちが不妊治療をしていることは詳しく話していて
とても理解をしてくれています。

「子どもはまだか」 というようなプレッシャーも一切かけず
「夫婦が仲良くしていたらそれでいい」 と言ってくれていました。

だけど、あの喜びぶりを見るとやっぱり心待ちにされているのが
痛いくらい分かりました。

それ以来、義母と話すときは必ず義姉の近況を聞かされます。
義母は、なんの悪気もなく嬉しそうに話されるので
私もテンションを上げて、その話を聞くのですが・・・。

最近は、だんだんしんどくなってきました。
きっとみなさんは、なんて心の狭い
ちっちゃいヤツだと思われるでしょうね。

でも、それが私なんです。
ちっちゃいヤツです。

久しぶりに友達に会うときも、妊娠してるんじゃないか。
久しぶりに友達からメールがくれば、妊娠報告じゃないか。
友達から連絡がなければ、ツワリでしんどいんじゃないか。
こんなことばかり思います。

義姉が結婚された時も、きっと私より先に妊娠されるんだろうなと思って
お盆やお正月に会うのが正直怖かった。。

義母から義姉の話が出ると、オメデタのことかなと頭をよぎったり・・・。

いつもいつも妊娠のことを考えているわけではないので
常に苦しいわけではないのですが
久しぶりにきのうは気持ちが沈みました

義姉の話も今までは普通に聞けていたのに
きのうは、しんどくなっちゃいました。

これから、義母に会うたびに話を聞かされるのかと思うと
正直、気が重いです。

心の葛藤もなく、気持ちよく話が聞ける日はくるのかな?

これから年末になり、お正月を迎えると年賀状が届きます。
その時の精神状態よって、写真つき年賀状を
受け止められるかどうかが違ってきます。

心穏やかに受け止めたいな。

こんなときダンナは、いつもこういいます。
「自分たちは自分たちらしくやっていけばいい」

人は人、自分は自分。

人と比べず、自分をしっかり持つ。
今、与えられた環境で、できることをすればいい。
自分が幸せだと思えば、それが幸せなんだ。

日々、些細な幸せはいっぱい転がってる。
今、こうやって生きているということ。
毎日ご飯が食べられるということ。

1つ1つが幸せの積み重ねなんだって。

胸が苦しくなったら大きく深呼吸して
おいしい空気をいっぱい吸い込もう。

どんよりした天気が去れば
きっと秋晴れの気持ちのいい空が戻ってくるよね
気を取り直して
2008年10月24日 (金) | 編集 |
きのうは後ろ向きな内容の記事を書いていましたが
おかげさまで今日は元気になりました

昨晩は、ダンナと夜更かしをしてゆっくり過ごしました。
テレビを見たり、音楽を聞いたり・・・

別に何を話したというわけではないのですが
心が落ち着きました。

やっぱり私、焦っていました。

次、不妊治療に戻ったら、体外受精をするつもりなので
周期から考えて、いつ頃から病院に通わないといけないとか
1人で勝手に考えてました。

今までは、不妊治療に戻りたくても戻れない理由がありました。
歩けなかったり、薬を服用していたり
甲状腺の数値異常があったり・・・。

だけど今は足の治療で薬を飲んでいないし
甲状腺の数値も正常値なので、不妊治療を始めようと思えば
いつでも始められるのです。

今、通っている鍼治療も薬液を入れているわけではなく
患部が足ということもあって、仮に妊娠しても鍼治療は続けられます。

これらのことから、11月から婦人科に行き始めて
12月には体外受精をしようかと思っていました。

ダンナには何にも相談していません。
漠然と1人で考えていました。

でも、まだ足も完全に良くなったわけではないのに
こんなに焦ってベビ待ちを開始してもいいんだろうか。
そんな疑問が私の中にはありました。

きのうダンナにチラっと聞いてみましたが
今の段階では早いと思っているようでした。

やっぱり、どう考えてもまだ早いですね。

それに、年末年始はゆっくりした方がいいかなと。
おいしいお酒も飲みたいしね!

いつに始めるとか、今の段階では考えないことにします。
ざっくり来年!! くらいに思う方が気持ちが楽です。

ということで、今年は足の治療、リハビリに専念しよう!
ウダウダ考えない! 

こんな風に決めると、気持ちがスッキリしました。

今日は午後から天気が回復したので買い物に行ってみました。

広告をチェックして、買いたいものをメモに書き
エコバックを持っていざ出発です。

自転車のかごに片杖を積み(折りたためるから楽チン
近くのスーパーへ

週末、ダンナについていくのはありましたが
退院してから、1人で買い物に行くのは初めて。

しかも今まで買い物に行くといっても
スーパーの中をブラブラするということができなかったので
買いたいものを1つか2つ決めて、それを目指してまっしぐら
という感じでした。

だけど、今回は違います!

買いたいものも沢山書き出し
買うもの以外もじっくり見ることができました。

片杖をついて、カートをもう片方の手で押して
店の中をウロウロできました。

そうそう、私が買い物できなかった1年半の間に
カードにお金をチャージをして、それをかざすと
お金を財布から出さずに買い物ができるようになったんですね~。

レジで小銭を探したり、お釣りをもらったりしなくていいから
とっても楽チンでした。

エコバックを持っているので、エコカードにスタンプを押してもらいました。
カードがいっぱいになると100円の割引をしてくれます。

あぁ~ 私、主婦してるなぁ と実感。
とっても満足しました

自転車に乗るのも、以前に比べるとこぐ時に痛みが出なくなりました。

目で見てもあまり分からないけれど
道路には微妙な坂があります。

そこをこぐ時、膝に負担がかかって痛みが出ていたのですが
ほとんど違和感なく自転車に乗れました。

足は少し疲れましたが、全然問題なしです

こんな風にできることを増やしていって
今年はいっぱい楽しもう。

そうだ! この1年半、遊びにも行けてないし
めいいっぱい楽しもう。

同じ時間を過ごすなら楽しんだ方がいいもんね
キターッ!!!
2008年10月29日 (水) | 編集 |
きのうは、1人で鍼に行ってきました

前回、スーパーハードな3時間コースをやってもらった効果はというと
劇的に効いたー! という感じではなかったのですが
気づけば・・・ 

「あれっ!? 動けてる? できてる?」 という感じでした。

台所仕事で立っている時間が長くなったり
買い物に行って30分くらいウロウロできたり
両松葉で20分くらい散歩ができたり
半身浴ができるようになったり。

そして、今まで動いたら痛くなっていた場所とは違う場所が
少し痛むようになっていました。

膝蓋骨(お皿)の下、内側寄りのところです。

鍼に行く時は、前回施術後から
どのような動作で、どこが痛むかを必ず報告します。
その場所を元に先生が鍼を刺す場所を探られるのです。

今回は今までと違う場所が痛いことを伝えると
先生は 「やっぱり」 というようなことをおっしゃり
そこは、膝治療のポイントで残りがちなところなんだそうです。

ちょうど先日講習会で勉強されてきたことが
大いに役立っているようでした。 

今までは、他の場所にも悪いところがありすぎて
筋肉や腱が硬かったり、腫れていたりして
その場所に気づかなかったようです。

前回の 超スーパーハード3時間コース で かなりのポイントを
取り除けたようで、今回は鍼を刺されても前回のように
終始手がグーになることなく、脂汗もかかずに
施術を受けることができました

思い返せば、前回は鍼を刺されたら全てが ビーーーン!!! と
電流の走るような痛みで相当辛かったんですよね~
息も切れてました

今回は全体的にそんな大きな刺激はなかったものの
スゴイことがありました!

それは・・・
やっと分かったんです。

責任トリガーポイント が!!

責任トリガーポイント というのは、痛みの大元となっている
場所のことで、責任トリガーポイントに鍼を刺すと
実際に痛い箇所からは離れている場所でも痛い箇所に痛みが響いて
感じるというポイントなんだそうです。

いつも鍼を刺すたびに、ズーンと響くかどうかを確認され
響かなければ少しずらして刺し直すということを
繰り返して行ってもらっていましたが、ズーンと響く感覚や
電気が走るような衝撃はあったものの
痛い箇所に直接響く感覚というのは、よく分かりませんでした。

私の場合、膝蓋骨(お皿)の下、膝蓋腱辺りに
歩けなくなった当初からずっと痛みがあったのですが
膝の周りや膝の裏側、太もも、股関節など
沢山いろんなところを探ってもらいましたが
今までは膝下に直接響いているような響いてないような
よく分からない感覚ばかりで、自分が鈍いだけで
気づいていないのかなと思っていました。

だけど、違いました。

それは、いきなり突然やってきました。

刺された瞬間 

キターーーッ!!! 

という感じでした。

今までとは全くちがう感覚、とっさに コレだ!!  と 
言ってしまうほどすぐに分かりました。

その時は、うつ伏せの状態だったので
どの辺かハッキリ分かりませんでしたが
膝裏の外側寄りの辺りに鍼を刺したのに
確かに、一瞬で膝下の痛い箇所に 
キーンと響いて通じるような痛みが走りました。

その後も、それに近い感覚が一度ありましたが
同じように、ドンピシャリと当たるのは感じませんでした。

右側に、たった1回だけ感じました。

毎回の施術で、少しずつ良くはなってきているけれど
長時間動くとどうしても右の方に痛みが出ていました。

この責任トリガーの感覚が分かれば
痛みの大元に刺激を与えて完治する道筋ができそうです

今回の施術では、膝は数より質という感じで
膝よりも肩、背中、腰、お尻の方が施術のウェイトが大きかったです。

最近は、膝の痛みがほとんどなくなったので
肩と背中の痛みが目立ってしんどかったんです。
なので、少しは改善してくれるといいのですが
私の肩は、かなり頑固でなかなかなんですよねー。

そんなこんなで、90分の施術のところを
また15分オーバーして施術してくださいました。

前回、帰りの電車で快速に乗り換えたせいで
座れなくて大変な思いをしたので
今回は普通で時間をかけてゆっくりと帰りました

少しずつだけど前進しているのが分かります
歩く練習もボチボチと頑張っています。
この調子でやっていきたいです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。