なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あわい期待
2008年12月03日 (水) | 編集 |
久しぶりに赤ちゃん待ちの記事です

当初は専門だったんですけど
ご存知の通り、途中から路線が変わってしまって・・・。 

なんだか久しぶりで照れくさいようなちょっと不思議な気分

足を悪くして痛みがひどかったのと薬を飲んでいたせいで
この1年8ヶ月の間、ず~っと期待の持てる周期はありませんでした。

おかげさまで、11月頃から痛みも治まり、薬を止められているので
今年いっぱいは少し自然に任せてみようかということになりました。

自然といっても、まぁ周期の計算はしっかりするんですけどね・・・。
基礎体温を測らなかったり、病院には行かない
という感じでしょうか。

もともと自然に授かるのは、限りなく無理に近い状態なので
期待もせず、普段どおりの生活を心がけようと思っていました。

だけど、やっぱり無理でしたね~。

久しぶりのあのドキドキ感

初めの1週間は難なく過ぎていったのですが
あとの1週間が長かった・・・。

私の場合、どうしても後半の1週間に不正出血があって
それが直接の原因になっているかどうかは
定かではありませんが、それがあると必ず下降線を辿ります

今回はどうかと気が気じゃありませんでしたが
いつもなら出血し出すという時期になっても出血せず。

おぉっ!! これはいつもと違うな。 

なんて、思ってみたり。

普段どおりの生活を心がけようと思っても気になるので
ヨガでもしてみようと下腹に力を入れる動きが沢山あったのですが
気にせずやってみました。

すると、その翌日から少しの薄茶色の出血が・・・

ガーン

きのうヨガやったせいかな、なんて考えたりして
しばらくヨガや腹筋は控えました。

するとその翌日は出血が少なくなりました。

そしたら都合よく
おぉっ、きのうのアレは着床出血か!?
なんて考えたりして・・・。

そういえば、下腹部が張っているような気もするし
妊娠前は足の付け根が痛くなるなんて聞くけど
最近私も股関節が痛い。

風邪のような気もするけど、ずっと微熱があって
体がだるいし・・・。

妊娠前の症状が自分にもピッタリ当てはまってる。

だけどだけど、その後は薄い色ではあるものの
不正出血は治まらず・・・。

着床出血はどのくらい続くんだろう。
これは着床出血ではないのかな?

トイレに行くたびに気になってしまって・・・。

ハァ~
気にせずに過ごそうと思っていたのに・・・。
そんなことは無理でした。

パソコン検索の嵐はなんとか避けられたものの
頭の中から離れることは一切ありませんでした

そして本日。
予定通りピッタリに、使者がやってきました

待ちに待った期待の持てる周期だっただけに
もしかしたら奇跡が起こるかも!?

なんてあわい期待を抱いていましたが玉砕!!

まぁ、こんなもんでしょう。

久しぶりにドキドキの感覚を体感しましたよ

私が自然妊娠できた暁には
玉砕の時の不正出血と妊娠した周期の違いを
事細かくレポートしたいものです。

あぁ~誰か教えてくれ~。 どう違うのかを・・・。
な~んてね

だけどコレ、当初からの大きな疑問なんです。

このドキドキを味わうことができるというだけで
私にとったら大きな進歩

やっとスタートラインに立てたんだから
喜ばなくっちゃ!
スポンサーサイト
初対面
2008年12月09日 (火) | 編集 |
7日の日曜から1泊で、ダンナと一緒に島根県に行ってきました

一番の目的は、ブログのお友達である 
いたいの痛いのとんでいけ ~CRPS・ジストニアと共に~ の
『まめちゃん』 の個展を見に行くこと!

彼女とはブログを通じてお友達になりました。
今までは、メールや手紙でのやりとりはありましたが
電話で話したことは一度もなく、初めての対面です!!

彼女のブログは昨年の夏頃から読ませてもらっていましたが
今年の4月からコメントをさせてもらうようになり
私の病名、治療法が分からないときから随分支えてもらいました。

入院中には、鶴を折って送ってくれたり
励ましの手紙もたくさんくれました

以前から、彼女が詩を書いていて
何度か個展を開いているのを知っていたので
少しでも私が動けるようになったら
是非、この目で彼女の詩を見てみたいというのが
私の1つの目標でした。

9月に退院をして、入院前と全く変わらないひどい状態で
戻ってきましたが、鍼の良い先生とめぐり会え
両杖をついてなら1人で出歩けるようになりました。

秋頃、まめちゃんの個展が12月にあるという情報を聞き
頑張れば行けるかなと思い立ち、まめちゃんに会いに行くことを
決めました。

行く少し前から、だんだん緊張してきて
前日からはあまり眠れず、当日なんて朝の4時ごろに目が覚めました。

朝一番の飛行機で島根へGO
電車だと6時間くらいは掛かるようですが
飛行機でなら、なんと40~50分で着いちゃいます!
飛行機も小さくて、なんだか電車かバスに乗っているような気分でした。

出雲空港からバスに乗って、宍道湖温泉駅まで行き
ホテルに荷物を預け、味のあるかわいい電車で会場へ向いました。
[続きを読む...]
島根観光 1日目
2008年12月12日 (金) | 編集 |
7日~8日の島根の旅、続編です。

観光もしてきたので、島根の魅力をご紹介しますね。

まめちゃんの個展を見せてもらったあと
夕食もまめちゃんとさせてもらうことになっていたので
それまでの間、かけ足で観光をすることに!

まずは、軽めに昼食を取り、松江城へ。
[続きを読む...]
島根観光 2日目
2008年12月15日 (月) | 編集 |
早起きしてたくさん観光したいとと思っていましたが
前日の疲れもあり、朝はゆっくりして出発しました。

格安航空券でパックになっていたホテルに泊まったのですが
そこそこグレードの高いホテルだったようで
露天風呂にも入れたし、大満足でした

2日目の観光は出雲へ行ってみました
[続きを読む...]
あと1歩が・・・
2008年12月17日 (水) | 編集 |
最近の足の調子など書こうと思います。

旅行後は、予想通り痛みがひどくなりました
まぁ、あれだけ動けば当然なんですけどね。

足を悪くしてから外出することがほとんどなく
1日中外に出ていることなんてなかったのが
丸2日、動いたんだから・・・

左は痛みも違和感もほとんどなかったのが完全に復活し
右に至っては痛み、違和感はもちろんのこと
安静にしているときでも疼きや熱感が出てきてしまいました

膝の中の方をギュ~っと掴まれているような嫌な疼き感と
膝の中が熱~くなるあの嫌な感覚。

鍼に通うようになってからこんな痛みを感じることがなかったので
改めて常に痛みのある状態というのは、それだけでストレスに
なるのだということを実感しました。

今の私の痛みなんて本当に微々たるものだけど
これが、絶え間なく続く耐え難い痛みの慢性疼痛の方は
その状態を耐えるということが、どれだけのストレス、
苦痛になるのかを考えると本当に頭の下がる思いがします。

肩、背中、腰、股関節などもコリコリの状態で
痛い箇所もいっぱいできちゃいました。

いつもは1週間に1回行く鍼も先週は2回行きました。
おかげで、旅行の疲れから出た痛みはマシになりました。

しかし、元々痛みのひどい右側がなかなかスッキリしません。
これは今に始まったことではないのですが
どうも右側は難しいようです。

左側は3~4箇所、責任トリガーが見つかったので
それで随分改善されたのですが
右側の責任トリガーは1度見つかって以来見つからず・・・。

リハビリをしていても左側は違和感がほとんどないのですが
右側は引っかかり、違和感、痛みが伴います。

先生も毎回予定の時間より1~2時間くらいオーバーして
施術してくださいますが、なかなか難しいようでして・・・。

私の膝は、かなり手ごわいようです

そこで、以前から考えていたことを実行することにしました!

思い切って先生の師匠であるトリガーポイント治療の
第一人者である K教授の治療を受けてみようかと。

トリガーを受けている以上、一度は第一人者の施術というものを
受けてみたいと思っていましたが、予約がなかなか取れず
2~3ヵ月待ちと聞いていたので諦めていたのですが
問い合わせてみると1ヶ月で診てもらえることになりました。

そのことを先生に伝えると、ちょうど先生もK教授のことを
私に勧めようと思っておられたそうです。

やはり師匠だけあって、その腕はものすごいんだそうです

色んな体格の人がいても、それぞれの体格から
どこにどの筋があるのかスケルトンで見えているかのように
筋を特定されるそうです。

そして数ミリ違わず、悪い筋を特定されるのだとか。

先生にお話しするのは申し訳ない気持ちで一杯だったのですが
驚くことに先生は、K教授の施術には私に同行したいと
おっしゃいました。

場所もへんぴな所で2時間くらい掛かるし
同行してもらうとなると先生の鍼灸院も
お休みしてもらわないといけません。

そんなことは、あまりにも申し訳ないのでお断りしたのですが
先生自身が勉強のために是非とも立ち会いたいと
おっしゃるのです。

大学併設の治療院なので、鍼灸師が臨床に立ち会うには
許可が要るらしく、その辺りが難しいかもしれないけど
何としてでも立ち会えるように考えると言っておられました。

いつも思うことだけど、本当に治療熱心で良心的で
良い先生に巡り会えたと思います。
有難いことです。

K教授に診てもらうのは、来年の1月15日です。
年末年始を挟むので、案外早くそのときが来そうです。

K教授の施術、楽しみな反面
バシバシ刺激が来そうで、かなり恐怖心があります。

だけど、それを乗り越えないと治りませんもんね。

今は、あともう少しのところまで来ているのに
なかなかゴールが見えないという状況ですが
来年にはスッキリしたいな
今年最後の
2008年12月23日 (火) | 編集 |
今日は今年最後の鍼治療に行ってきました。

ここ最近1ヶ月ほど鍼には1人で行っていません。
というのも義母と一緒だったり、ダンナと一緒だったりで
2人同時進行でやってもらうので、時間も多く取って下さいます。

最近は4時間コースがほとんど。

良心的なのは有難いけど、経営の方は大丈夫かと心配になります。
もっと負担するように言うのだけど

「辛い症状の人からは、これ以上いただけません」 と。

今日は今年最後ということで、いつもに増して
気合たっぷりの施術でした。

仰向け1時間半、うつ伏せ2時間半といった感じ。

仰向けで両足膝周りから足全体、股関節。
うつ伏せの状態で膝裏から太もも全体、肩、背中、腰、お尻。

肩や腰などの施術をしてもらうと、鍼の効果が出ていると
鼻がものすごく詰まってくるのですが、今日も鼻づまり全開でした。

前回の記事で書いていたように、右足の治りがイマイチ悪くて
責任トリガーにもあまり当たっていなかったのですが
今日は、膝裏の責任トリガーに3~4箇所当たり
ふくらはぎがものすごく細くなりました。

今までふくらはぎはパンパンに張っていて
触っても柔らかい感じが全くなかったのですが
今までにないくらいフニャフニャになってビックリ!
ダンナも驚いていました。

先生も、ここ最近右の当たりが悪かったので
ものすごく喜んでくださいました。

4時間も全身に施術を受けると、帰りはぐったりです。

体中がだるくて、重くて、特に責任トリガーに当たったときには
だるさも倍になります。 

少し歩くのも、やっとという感じで
ロボットのような歩き方になります。

こんな時は車で行くと楽チンなんですよね~。

そうそう、1月に受けることになったK教授の施術、
先生の同行の許可が大学に取れたそうです。

先生も、実際に師匠の施術を患者さんが受けているのを見るのは
初めてらしく、とても楽しみだと言っておられました。
本当に有難いことです。

年末は何かと忙しいので、今年の治療は終わりです。
次の治療まで2週間くらい空くので、無理をしないようにしなくっちゃ。
メリークリスマス
2008年12月24日 (水) | 編集 |
今日はクリスマスイブですね
我家は1日早く、きのうお祝いをしました。

NEC_0591.jpg

メニューは、ローストビーフにスモークサーモン、チーズ、サラダなど。
シャンパンとワインを頂きました
おいしかった~

NEC_0593.jpg  NEC_0596.jpg
ピエ ダングロワというチーズ。 今年はレアチーズケーキ。

お酒を飲んでも痛みが出なくなったので
とってもおいしく頂けちゃいました

去年は、飲みたいけど飲んだら痛いので葛藤でした
おいしく飲めるって幸せですね。
本当にありがたいです。

プレゼントは何か欲しいもの、実用的なものを買うことに。
みなさんはどのようなクリスマスを過ごされているでしょうか。

メリークリスマス
素敵な時間を過ごしてください
2008年を振り返って
2008年12月30日 (火) | 編集 |
気がつけば今年も残すところ2日となりましたね。

我家は23日に早めのクリスマスをしたあと
ずっと大掃除に明け暮れていました。

去年は1人でやって、後で歩けなくなってしまったので
今年はダンナに手伝ってもらってほぼ完了しました

私がやると時間の掛かることも、男手に掛かると早いものですね。 
大助かりでした。 おかげで足の痛みも出ませんでした。

掃除が終わるまで落ち着かなかったので
これでやっと今年を振り返ることができます。

今年は良くも悪くもいろんな事があった年でした。

今年を一文字で表すとしたら何だろう。
ずっと考えていたのですが、やっぱりこれかな。

『逢』

今年は本当にたくさんの出逢いがありました。

一番の出逢いは病気を抱えた友との出逢い。
ブログを通じて、CRPS や ジストニア、線維筋通症 という
病気を知ることができました。

そして、その病気がどれほど苦しく辛いものかということも
その友たちから学ばせてもらいました。
友たちは本当に懸命に毎日を生きていて
私に勇気とパワーをたくさんくれました。

私より明らかに痛みや辛さを伴っているのに
私を励まし、病気は違えど一緒に頑張ろうと励ましてくれました。

その友たちがいたからこそ
私はこの1年頑張れたのだと痛感しています。

この 『逢』 には 辛い出逢いもありました。

今年前半は、疼痛を抱えた足の病名も治療法も分からず
3月に手術をした病院に見切りをつけ
ドクターショッピングを繰り返しました

疼痛研究で有名な先生や大学病院の有名な教授でも
何も分からず進展のないまま見放されました。

このまま治らない
薬を飲んでこのままの状態でやっていくしかない


と言われました。 

それで諦めかけた私に一筋の光が見つかったのは
5月のこと。

私の病名は 筋筋膜疼痛症候群 ではないかという
情報を見つけ、遠方の病院に入院することに。

今年を振り返る上でこの入院生活のことは欠かせません。

できれば、今年のうちに入院中のことをまとめたいと思い
一度試みたのですが、やはりまだできませんでした。

詳しいことは、また来年気持ちの整理がつけば
書きたいと思います。(なかなか書けずにすいません)

この入院生活で病名と治療法が分かったことは
私にとって本当に大きなことで、それがなかったら
今のような回復はないので感謝しなければなりません。

しかし、初めは良かった入院生活も
最終的には心身ともに極限状態に追いやられ
足の状態も入院前と変わらないほどに悪くなって
退院することになったのでした。

このように、今年の出逢いの中でも
ドクターショッピング然り、入院然り
医者との出逢いは辛いものがありました。

でもまぁ、勉強になったといえばそうなんですけど・・・。

そうそう、入院中にもう1つ素敵な出逢いがありました。
同室で一緒に頑張った友達。

今も頻繁に連絡を取り合い、『来年は絶対会おうね』って
お互い励ましあって頑張っています。

入院中も彼女がいてくれたからこそ3ヶ月も頑張れました。

6月初旬から9月初旬まで入院し
9月の終わりに今診てもらっている鍼灸師の先生に出逢いました。

この出逢いによって、私の足は大きく大きく
快方へと向っていったのです。

良心的で本当に一生懸命に見てくださる先生。
この出逢いがなければ、今の私はありません。
本当に感謝です!!

先生のおかげで、今年友達になった
まめちゃんの住む島根にも行くことができました

今年の私も去年に引き続き、周りの多くの人の力に
支えられ助けられ、ここまで頑張ることができました。

周りの人の力といえば、家族の力。
今年も父、母、義父母、きょうだいたちにも
たくさん心配をかけ、励ましてもらい、力をたくさんもらいました。

中でもダンナには今年もいっぱい迷惑をかけたな~。

入院中は仕事で毎日遅くなるのに、自分のご飯の支度や
家事をしっかりこなし、遠方なのに2,3週間に一度は
会いに来てくれました。

だけど、つい先日ダンナがボソっとこぼした一言は、

けろっこが退院した後はホンマ大変やったなぁ。

でした。

退院後しばらくは普通に話すことも難しく、少しの音でビックリしたり
すぐにしんどくなってしまうので、横になっていることが多く
家事も引き続きダンナがやってくれていました。

中でも食事を作るのに苦労したようで
食欲がなくほとんど食べられなかったので
できる限りあっさりしたものをと作ってくれていたのでした。

今までのように普通に生活することが難しくて
少しの音でもビックリして動悸がしてしまうような
状態だったので、ダンナも相当気を使ったのだと思います。

そんな私に愚痴一つこぼさず接してくれて本当に感謝です。

長くなりましたが、今年の私は多くの人と出逢い
多くのことを学ばせてもらいました。

そして、多くの人たちの支えがあって
助けてもらい、励ましてもらい、多くの喜びを感じられた1年でした。

人の力、人の優しさ、一緒に頑張る、支え合うということの大切さを
身に沁みて感じることができました。

私を支えてくれた友達、家族、ブログを見てくださったみなさま
本当にありがとうございました。 すべての人に感謝です。

今年1年大変お世話になりました。

みなさま、どうか良いお年をお迎えください
みなさんにとって来年が素晴らしい年でありますように
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。