なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花粉お見舞い申し上げます
2009年03月01日 (日) | 編集 |
花粉症のみなさま、辛~い季節いかがお過ごしでしょうか。

ここ関西ではスギ花粉がピークを向えております。

きのうは鍼に行ってきましたが
室内にいるのにクシャミと鼻水が止まらず・・・。

もちろん花粉対策はしっかりしているのですが
花粉最盛期には何をしても勝つことができましぇーん!!

花粉対策といえば・・・
今の時期、店頭には色々なものが出回っていますね~。
マスクに、スプレー、お薬などなど。

さてさて、私が愛用している対策グッズは ↓

NEC_0609.jpg

左から紹介させてもらいます。
あくまで私個人の意見なので、その辺はあしからず。

① マスク
このマスク、つけると鳥のくちばしみたいに
少しとんがって見えるので鳥マスクと呼んでいます。
おでかけの時につけるのは恥ずかしいので
もう少し見栄えのいいものにするのですが・・・。
大きめのマスクをして鼻のところをメガネで押さえると
マスクが浮きにくく効果的です

② 花粉鼻にぬってトール
これ、今年初めて使ってみたんです!
花粉が鼻に入ってこないように
鼻の穴の入り口に塗るというものです。
同じような商品が複数の会社から販売されているようです。
私は、まだこれしか使ったことがありません。

鼻をしっかり洗ったあとでこれをつけると効果的です。
塗っている方がやっぱり鼻が楽ですね。 全然違いますよ。
まぁ、一旦鼻が出だすと止まらないので
そのときは仕方なく諦めてます

③ ハナノア
これも今年初挑戦です。
鼻を洗うための容器と洗浄液のセット。
洗浄液だけでも売っています。
この手の商品もいろいろあるかもしれませんね。

鼻うがいをするための商品です。
鼻から液体を入れて口から流し出すというもの。
水でやると鼻がツーンとして痛いのも
これでやるとその嫌な痛みがないのです。

この時期、鼻をジャブジャブ洗いたい衝動に駆られますよね
鼻に入った花粉を洗い流すにはもってこいのアイテムですが
私、鼻うがいというものが苦手で、何回やってもうまくできないんです。
どうしても喉の方に液体がいかず、反対の鼻の穴と
液体を入れた方と両方から出てしまいます。

だけど、こんなへたくそなやり方でも
しないよりはした方がマシで、洗うとスッキリします。
ジャブジャブ洗えるというわけではありませんが
なかなかいいです。

④ 洗眼液
抗ヒスタミン剤が入っている洗眼液です。
洗眼液も多くのメーカーから出ていますね。
買いに行った時に安いものを買うようにしています。
抗ヒスタミン剤が入っているのいないのとでは
だいぶん違うように思います。
1日数回、洗眼すると楽ですよ。

⑤ 花粉マスクでブロック
これはマスクにスプレーしておくと、花粉を通しにくいというもの。
あるのとないのとでは、やはり違います。
どのくらい違うかと言われると、困りますが
している方が断然楽ですね。

⑥ メガネの曇り止め
普段コンタクトですが、花粉の時期は自殺行為です。
コンタクトに付着した花粉がずーっと離れず目の中に
あると思っただけで、身震いがします。 キャー

で、メガネの曇り止めはマスクをつけたとき
曇りを防止するためです。
電車に乗ったり、外出時に気温が低かったりすると
曇っちゃって困るんですよね。
最近はマスクにも曇り防止の設計になってるみたいですが
それでも曇る時は曇るのであると便利ですね。

⑦ 耳鼻科で出してもらったお薬
内服薬と目薬です。 
飲み始めは眠くなりますが、慣れてくるとマシになりました。
倦怠感が少しあるかもしれませんが、薬なしでは耐えられましぇーん。

目薬は1日数回痒い時に。 
洗眼液で目を洗ってから目薬をさすと効果的です。

以前は、点鼻薬も使っていましたが
鼻がツーンするのが苦手なので今は使ってません。
使うと、さらに効果アップなんでしょうけどね。

てなわけで、最近の私の日課は花粉対策です。
他にも布団やカーペットにスプレーして
花粉を舞い上げにくくするものや空気清浄機など
いろいろ使いながら日々闘っています。

今年は始まりがすごく早かったですよね。
きのうあたりからピークを感じているのですが
みなさまどうでしょうか。

スギが終わればヒノキ。
ハァ~ こんな調子で5月まで頑張らねば!

もしかしたら、今年衝撃デビューを果たした人も
いらっしゃるかもしれませんね。

私もはじめは風邪かと思ったのですが
水のような鼻水が止まらず、クシャミの連発で・・・

数年前の大飛散の年にデビューをしました。
以来、毎年この季節になると億劫です。
春は一番好きな季節なのに~。

花粉症をひどくしないために一番大切なのは
花粉を体内に取り込まないこと!
おかしいかな、と思ったら恥ずかしがらずにマスクしてくださいね。

私はデビューの年、マスクをするのが恥ずかしくて
していなかったら、息ができないほどの
鼻水、鼻詰まりになりました
寝ていると息ができなくて目が覚めるんです
一旦ひどくなると、なかなか治まらないので危険ですよ。

オススメ対策があったら教えてください。
同士のみなさま、頑張りましょうね~。
スポンサーサイト
近況報告
2009年03月04日 (水) | 編集 |
しばらく最近の様子をお話していなかったので
久しぶりに書きたいと思います。

1月からトリガーポイント鍼治療の第一人者である教授先生と
昨秋からお世話になっている先生との両方の先生に
見てもらっています。

ブログに書く際、教授のことはいつも教授先生と書いていて
分かりやすいのですが、以前からお世話になっている先生のことは
どういう風に書けばいいかと思っていました。

これからは 「T先生」  と書かせていただきます。

1月は、教授先生 1回、T先生 3回
2月は、教授先生 3回、T先生 2回 の治療でした。

教授先生のところでは脚だけで2~3時間、
T先生のところでは脚、全身(肩、背中、腰、お尻)で
3~4時間の施術をしてもらいます。

できれば、教授先生のところへ週1のペースで
通いたいのですが、予約がなかなか取れません。

2月は教授先生のところへ行った方が多くて
T先生の方へは行く回数が減っていました。

そうすると、脚だけの治療になるので
肩から全身の凝りがものすごく強くなって
体中がガチガチになってしまったので
もっとマメに通わなければいけないなと痛感しました。

今まで鍼へ通う頻度は、週1回のペースだったのですが
先日教授先生に聞いたところでは
頻繁に受ければ、それだけ治りも早いということでした。

できれば週2回くらい通いたいのですが
保険が効かなかったり、交通費もたくさんかかったりで
負担が大きくて、なかなか難しいんですよね・・・。

だけど、3月はお財布と相談しながら
なるべく回数を多く行ってみようと思います。
それで調子が良くなれば、また張り合いも出ますもんね!

それで、肝心の最近の調子の方はというと・・・

それほど大きな進展はありません。
相変わらず、悪い方の右脚の認知覚は出ないままで
たくさん歩くと痛みが出てきます。

ただ、教授先生に初めてかかった1月から比べると
右の膝蓋腱はだいぶん柔らかくなってきたそうです。
はじめは、カチコチの石みたいに硬かったんですって。
少しずつ少しずつ、破壊された膝組織が修復をしているようです。

日常生活では、椅子に頼ることが多かった台所仕事で
立って野菜を切ったり、洗い物や片づけをするようになりました。

椅子は常に近くに置いているので
疲れたり、痛くなったら座るようにしています。

それから、買い物やゴミ出しに行くようになりました。
買い物は少量なら徒歩で行くのですが
重たいものがある時やゴミ出しは自転車で行きます。

自転車に乗るのも、少々の坂なら乗ったままこげるようになり
以前は痛くて上れなかった坂もクリアできるようになりました。

歩いて買い物に行く時は両杖で
自転車の時は片杖を積んで行きます。
スーパーでは片杖をついてカートを押します。

片杖または杖なしで、距離によっては歩けるのですが
積極的には挑戦していません。

教授先生によると、痛いと感じる動作や痛みの出る連続運動は
腱や筋を傷める可能性があるので避けた方が良いとのことでした。

散歩なら、どのくらいで痛みが出るかという時間を
把握しておき、痛みの出ない範囲内で
1週間同じ運動をして、それでも痛みが出なければ
徐々に距離を増やすという方法が望ましいのだそうです。

運動やリハビリについては
最近色々と悩んでいることがあり
また別の記事で書きたいと思います。

こんな感じで、最近は外に出ることが多くなりました。
花粉と格闘しつつ頑張っております
お悩み解消!?
2009年03月10日 (火) | 編集 |
前回、教授先生から頻繁に治療を受ければ治りも早いと聞いて
早速4~5日に1回のペースで鍼に通っています。

2月28日 と 3月5日は T先生、
きのうの9日は教授先生のところへ行って来ました。

5日のT先生の治療で、なんと!!
右膝の 認知覚 が出ました

責任トリガーポイントを感じることができたのです。

今までも左で2~3箇所、右で1箇所見つかりましたが
その都度大きく状態が改善されてきました。

右に比べて左の方が責任トリガーが沢山見つかっているので
そのおかげで、左はものすごく良くなりました。

それに比べて悪い方の右側は、T先生にも教授先生にも
くまなく探していただいているにも拘らず
なかなか見つからない状態が続いていました。

治療に詰めて通ったことで状態が悪くなる前に
施術してもらえたのも良かったのかもしれませんが
今までの探り方を少し変えてもらったことで
ズバっと認知覚が出ました!!

思わず 「そこっ!!」 と叫びました。

今まで触診で認知覚が出たことはなく
鍼を刺して初めて感じることばかりでしたが
今回は違いました。

「そこっ!」と言った場所に同じ角度から鍼を入れると
当たった瞬間、銃弾を撃たれたような衝撃が走り
痛さも普通のトリガーを感じるのとは
比べ物にならないほどでした。

腱はただでさえ、痛く感じるところなので余計かもしれません。

今まで責任トリガーが見つかった場所は全て
痛い膝下とは離れた箇所でしたが
今回は、まさに痛い場所と同じところで見つかりました。

つまり膝蓋腱の痛いといつも言っている場所でした。

今までも何回もその辺りには鍼をしてもらっているのですが
腱の状態が悪くて、うまく当たらなかったのだと思います。

今回当たったのも、はじめに数箇所その辺りに鍼をして
腱やお皿の状態を柔らかくしてからのことでした。

認知覚が出たことを T先生はものすごく喜んでくださり
そのあとは、ものすごくテンションが高くなって
この良い状態のうちにと、いつもにも増して
長く施術してくださいました。

鍼が終わってから、いつも必ず痛くなる動作をやってみると
左は痛みが出るのに、右は全く痛みが出ませんでした。

こんなことは今までなかったので
一番悪いところに鍼が当たるとこんな風になるんだなと
つくづく教授先生の責任トリガー理論に感動しました。

これで、もうほとんど治るのかなぁなんて
少し期待しましたが、そうはいかないようで
2,3日するとまた少しだけ痛みが戻ってきました。

だけど、今までよりはかなり状態が良くなっています。

きのう教授先生のところへ行って
先日の右の認知覚のことを話して
膝蓋腱の状態を見てもらいました。

しかし、やっぱりまだ悪いところが残っているようで
健康な人に比べると腱やお皿が硬いとのことでした。

健康な人は、お皿を触れば動くけど
私の場合は動きにくいのだそうです。

ちなみにT先生の話では、鍼を受ける前は
肥厚がひどくてお皿がどこにあるのかも分からず
触っても全く動かない状態だったそうです。。
初めに比べるとかなり良くはなっているのですが
まだまだなんですね~。

教授先生にも3時間の施術をしていただき
あとの課題は、膝蓋腱付近を入念に治療していけば
完治も近いとのお墨付きをもらいました!!

前回、教授先生のところへ行ったのは2週間前で
そのときには、リハビリを考えた方がいいかもしれないと
言われていました。

というのも、当初から右の方が痛みが強いせいで
右をかばうので、筋力がなくなってしまっていたのです。

左に比べると、右の筋肉が異常に痩せていて
痩せていると痛みを強く感じることもあるので
良くないと言われていました。

どんなリハビリをすればいいか聞いてみたのですが
自己流でやっていると、鍛えているつもりでも
痛いところがあると無意識のうちに違う筋肉を使ってしまい
うまく鍛えられないので、できればPTさんについてもらって
やった方がいいとのことでした。

それで、通院リハビリでいいところがないか探していたのですが
通うには整形外科の医師による紹介状がいるので
今さら、整形の医者に私の状態や治療を理解してもらうのは
難しいのでどうしようか悩んでいました。

T先生に相談すると、いろいろとアドバイスをしてくださいました。

教授先生のお弟子さんでPTさんがおられるので
通うのが遠いけれど、その人のところへ行くか
また別のお弟子さんでスポーツトレーナーもしている方が
おられるので、その方にアドバイスをもらうかなど
あれこれ考えていました。

そうこうしているうちに2週間が経ってしまい
また教授先生に相談しようと思っていたのですが
先生は、私の足を見るなり

右の筋肉ついてきたね

と、おっしゃいました。

言われて、私も確認してみると・・・
まだ右のほうが痩せているけど、はっきりと
太ももの上の筋肉がついてきているのが分かりました。

実は、毎日ではないけれど、リハビリをするときに
左より右の方にウェイトをおいて筋トレをしたり
家事をするときに左に重心を置くのをやめ
意識的に右足に置いてみたりしていました。

しかしこれだけのことで、急に筋肉がついたとは考えにくく
おそらく、鍼治療の効果が出て状態が良くなってきているのが
一番なんだと思います。

状態の悪いところに筋力をつけようと努力しても
難しいと聞いたことがあるので
状態が良くなってきている証拠なんだと思います。

まだ側面の筋肉は全然ついていないのですが
リハビリにあえて通うまでのこともないということになりました。

この調子で状態が良くなっていけば、自然と動けるようになり
活動量も増えるので、筋力もついていくのだとか。

今まで通り、自宅でストレッチや筋トレ、ヨガなどをやって
日常の家事や買い物などで動いていけばいいかな
ということに落ち着きました。

ここのところ、リハビリをどうしようかと悩んでいたので
なんだか拍子抜けな感じがしますが、ホッとしました。

花粉がひどすぎて、散歩に行く気にはなれませんが
買い物は頑張って行こうと思います
ハードな1日
2009年03月13日 (金) | 編集 |
今日は朝9時前に家を出て
甲状腺の病院とT先生の鍼に行ってきました

甲状腺の病院はしばらく連れて行ってもらっていたけど
前回坂道を歩く練習をして大丈夫だったので
2年ぶりに1人で電車で行ってみました。

行くだけなら簡単だったんだけど、今日はあいにくの雨
普段両杖で出かけているので、雨だと傘がさせません。
片杖は不安だけど、この際仕方ないと挑戦しました!

ラッシュ時は避けたのですが、9時台はやっぱり満員で
30分以上座れなかったのでかなり辛かったけど
最後の数分は座れたのでそれで回復しました。

病院の最寄駅はビックリするくらいの階段だらけで
エスカレーターもエレベーターもなく
これでもか~というくらい階段を上り下り
さらに駅を出てから病院までは坂道で・・・。

傘をさして片杖で歩くのが心配だったけど
難なく無事に到着できました。
少し疲れたけど、思ったより楽に来れました。

これも、先日の認知覚のおかげです。

甲状腺の結果はまた次の記事で書かせてもらうとして
ここでは、午後からの鍼のことを書きますね。

甲状腺が終わったあとは、鍼灸院へ移動
乗換えがありますが、甲状腺の病院からは30分もかかりません。

お昼時というのもあって、乗り換えの駅で周辺をブラブラ。
片杖の不安も吹き飛ばし結構動けました

今日のT先生の鍼は、1人なのに3時間半もやってくださいました。

教授先生から、膝蓋腱を責めていけばいいとのアドバイスから
今までにないくらい膝蓋腱に剣山のように鍼を入れてもらいました。

腱だけに30本くらい。
すごいでしょ!?
刺激はかなりハードなものでしたけど

両脚、腕、首、肩、背中、腰、お尻の施術で
今日は200本くらいいきました!
これは新記録じゃないかな。

先生もかなりの労力で大変だった思いますが
いい状態になりつつあるので今が大切だと
次の予約の方ギリギリの時間までやってくださいました。

先日、右の膝蓋腱に認知覚が出て
右の調子がものすごくよくなったのですが
そうなると今度は左の腱の良くないところが目立って
今回は左も沢山やっていただきました。

だけど、右に比べると状態が悪いようで
腱が硬く、鍼を刺しても悪いところに届かない感じでした。

それを何度も刺したり、マッサージしたりで
だいぶん柔らかく、そしてトリガーにあたるような状態に
持って行ってくださいました。

痛かったけど、先生の熱意に感謝です。

朝9時前に家を出て、帰ったのは18時半でした。
我ながら今日は頑張りました
ドキドキの検査結果
2009年03月17日 (火) | 編集 |
先週金曜日に甲状腺の病院に行ったときの
検査結果を報告します!

前回まさかの結果で不妊治療に入るのを断念したのですが
1ヶ月薬を増やして様子をみてみました。

体で感じる変化は特に何もなく
ドキドキしながら検査結果を待ちました。

いつもの優しい先生から結果を聞きました。

ドキドキ。。
[続きを読む...]
右か左か!?
2009年03月18日 (水) | 編集 |
婦人科クリニックに行ってきました。

甲状腺の数値が妊娠可能になったと報告し
排卵が左右のどちらかを見てもらいました。

最近少し乱れていますが
私の周期は28日前後で今日は12日目。

実は、きのうからオリモノが増えていて
右の卵巣辺りに違和感があったんです。

なので、今回は右からの排卵かなぁと思って
体外受精に臨む心構えをして内診を受けました。

すると、先生の一言。

左からですね~。

思わず、やったぁ~ とニッコリしてしまいました

きのうも書いたように、本格的な治療は久しぶりなので
いきなり体外受精というと、ちょっと怖気づいていたんですよね~。

左からの排卵ということは、卵管が通っている方なので
自然か人工授精ということになりました。

そこで、周期と卵の大きさのにらめっこです。
卵胞は19ミリ。 
ここ3日以内に排卵しそうな感じ。

20日(金)が一番怪しそうなのですが、その日は祝日で
クリニックが休みなので人工授精はできません。

先生と相談した結果、明日の夜にもう一度状態をみてもらい
排卵しそうなら自然に任せ、21日(土)に排卵確認をして
まだだったら、人工授精をしてもいいということになりました。
人工授精をするかどうかは夫婦で決めてくださいとのこと。

明日は教授先生のところに行くので
クリニックの時間までに戻れるかどうか微妙なのですが
もし間に合わなかったら電話するということで了承してもらいました。

明日も忙しくなりそうです

さぁ、いよいよ始まりました。
気負いすぎず、がんばろうと思います
自然で
2009年03月20日 (金) | 編集 |
きのうは昼頃に家を出て、教授先生の鍼へ行き
終わったのが17時半で、急いで帰って19時半。
その足で、クリニックへ行って家に帰ったのは20時半頃でした。

鍼後のだるさもあり、さすがに疲れてヘロヘロでした。

クリニックで卵胞をみてもらうとまだ排卵しておらず
今にも排卵しそうな感じでした。

クリニックの休みの日に排卵が重なるので
今回は、自然で臨むことにしました。

土曜日にまだ排卵していないなら
人工授精をしようかとも思いましたが
特に先生から提案がなかったので
あえてお願いしませんでした。

最後に自然で試してみるのもいいかな~と

きのうは、久しぶりにHCGという
排卵誘発注射を打ってもらいました。
注射を打たなくても自然に排卵すると思いますが
打った方が確実だからでしょうか・・・

「筋肉注射なので痛いですよ」 と言われましたが
全然耐えられる程度でした。
他に痛い注射や治療はいっぱいありますからね~

さてさて、どうなるでしょうか。
心穏やかに結果を待ちたいと思います
新たな認知覚
2009年03月24日 (火) | 編集 |
先週木曜(19日)ときのう(23日)に鍼に行きました。
先週は教授先生で、きのうはT先生。

最近、教授先生のところでも3時間くらい施術してくださいます。
だんだん時間が長くなっているような気がします。
ありがたいです。

私の膝のことで、膝蓋腱の状態など普通の人と違うことが
あまりにも多いせいで、先生は沢山の論文を読んでくださり
私の治療に生かせないかと日夜頭を悩ませて
くださっているようです。

別に恩着せがましく言われているわけではなく
先生との会話の端々から、そうなんだろうなと感じました。

「けろっこさんの膝は私が死ぬ間際になっても
絶対思い出しますよ。」


とか

「けろっこさんのことを考えると悶々とします(笑)」

なんて冗談でおっしゃいます。
相当悩ませているんだろうな~

先日、右の膝蓋腱に認知覚が出てから
右膝の状態が良くなりましたが、やはりそれでもまだ腱は
完全には良くなっておらず、数日経つと硬くなってしまいます。

初めの頃に比べると随分柔らかくはなったのですが
普通の人は認知覚が出たら、こんな風には戻らないそうです。

それと、私の腱は鍼を刺す前は硬いのですが
鍼を刺すとものすごく柔らかくなるそうです。
柔らかくなれば良さそうなものだと思うのですが
これも、普通の人は鍼を刺しただけで
そこまで柔らかくはならないそうで・・・。

教授先生がおっしゃるには、例の注射の麻酔薬が
膝蓋腱の組織に 『変性』 をもたらしたのだそうです。
要は、性質を変えてしまったということですね orz

以前から何度も言われているのでショックはありませんが
やっぱりそうなんだなーと思っちゃいます

まぁ、変性をしているとは言っても
徐々に良くなっているのは事実なんだから
めげずに治療を続けるしかありません。

それからもう1つ言われたことは
私の膝蓋腱は先が歪んでいるのだそうです。
普通はまっすぐに下に向っているのが
私の場合は、少し外側を向いているのだとか。

骨の変形がある人は治りが悪い場合があるので
もしかしたら、私の腱の形がおかしいのも
治りが悪いのに関係があるかもしれないとのことでした。

先日の治療では、今までに打っていない箇所に
してもらったのですが、そこで当たりが出ました

右側の大腿内側骨膜というところだったのですが
大腿骨膜という太ももの真ん中辺りに認知覚が出るのは
よくあることらしいのですが、内側で出るのは
とても珍しいのだそうです。

場所的に言うと、膝上の内側、内側広筋あたりなのですが
もちろん内側広筋には今までも打っていましたが
この骨膜というのは、鍼を骨に当たるまで入れるようで
骨に当たると何ともいえない嫌な刺激がきちゃいます
かなりの脂汗もので、絶叫混じりでした

右の膝蓋腱は認知覚が以前に出たので
左側も同じように探してもらっているのですが
この間のT先生のときもそうだったけど
鍼を入れて時間を置いてから抜くというのを3回くらい
繰り返しても当たりそうで当たらないという感覚が続き
鍼の刺激もキツく来ず、もう終わりかな~と思ったとき
4回目で、ビックウェーブがやってきました

認知覚でなくても絶叫するほどの痛みや刺激は
多々あるのですが、やっぱり認知覚の刺激は違いますね。
私の場合は、雷が落ちたようなものすごい衝撃が走ります
(これは脚の場合です。 肩や腰はもっとマイルドですよ。)

嬉しい反面、刺激が強いのは辛いのですが
これを超えれば良くなるので、少しの我慢です。

珍しく、同じ日に2箇所も認知覚が出ました。

きのうのT先生の治療では右膝蓋腱の状態は少し良くなっており
少しは硬くはなっているけど、お皿の動きもスムーズになって
縦横に動くようになったそうです。

左はまだまだ硬く、腱も肥厚しているようで
鍼を入れてもなかなか患部に当たらないような感じで
はじめの1回は刺激が少なかったです。

けれど、過去2回に比べると1回目に鍼を入れたときの
刺激は感じやすくなっており、悪いながらも
少しずつ良くなっているのが感じ取れました。

そして、2回目に左膝蓋腱に入念に
20本くらい入れてもらうと、ジャストミート!!
左の膝蓋腱でも認知覚出ました~

そしてそして、なんと!!
前回教授先生のところで右側の内側骨膜で出たのと同じように
左側の内側骨膜でも認知覚が出ちゃいました~

3月に入ってから、鍼に通う間隔を増やしたのが良かったのか
今までかなり苦労してきた認知覚が、ここにきて
ジャンジャン出るようになってきました。

普通の人は認知覚が出れば、すぐに完治に
繋がっていくのだけれど、私の場合はそうはいかないようで
もうしばらく辛抱が必要といったところです。

でも、いい方向に向っていることは事実なので
この調子で頑張りたいと思います
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。