なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奇跡なるか
2009年04月04日 (土) | 編集 |
長い間、ブログ放置してました~ スイマセン
ちゃんと生きてますのでお安心を

ここ2週間、かなり忙しくしていて
ゆっくりパソコンに向う時間が全くありませんでした。

別に気持ちが落ち込んでいるわけでも
痛みがひどくなったわけでもありませんのでご安心を。

友達と遊びに行ったり、遊びに来てもらったり
あとは色々と・・・。

これからしばらく家でゆっくりできる時間がないと思うので
また更新ができないかもしれませんが
今日は例のご報告をと思いまして・・・。

体外受精に入る前に自然で試みた結果が出ました



ジャーン!!






と、もったいつけましたが、
結果は

「奇跡ならず」 でした。

今日で新しい周期に入ってすでに4日目です。
例のごとく、リセット5日前から茶色のオリモノが出だしたので
今回も期待は持てないな~と思っていました。

短くても27日周期だったのに、今回は25日と過去最短でした。
hCGをしたからなのか、何なのか分かりませんが
大きな決断の前に奇跡は起こってくれませんでした。
やっぱり甘くないですね。

この2週間忙しく、気に留める時間がなかったので
気持ちの落ち込みは全くありません。

これで次の治療に心置きなく臨めるといった感じです

これからの治療としては、排卵前にクリニックへ行って
体外受精の前周期に行う点鼻薬をしていく予定です。

また体外受精とはどんなことをするのかなど
書きたいと思っていますが、それはおいおいと。

前進あるのみ!!
さぁ、頑張りますよ
スポンサーサイト
最高記録!!
2009年04月07日 (火) | 編集 |
きのうはT先生の鍼に行ってきました。

1週間ぶりなのですが、最近毎日のように
出かけているので結構キテました

以前教授先生に、日常生活でどれくらい動けているか聞かれて
そのときはあまり動けていなかったので、もっと積極的に
歩行訓練などをした方がいいかと聞くと
こんな風に言われました。

『動けない時な無理して動かない方がいい。 
人間も所詮は動物だから、動けるようになったら
自然と動くようになる』 

そう言われると、最近は家でゆっくりすることなく
家の用事をしたり、出かけたりしています。

動きすぎると少し疲れたり、痛みも出たりしますが
教授先生の言われたとおり、これは私の体が
動けるようになってきた証なんだな~と思います。

さて、きのうの治療ですが
いつもは仰向けから始まって1時間半位したら
今度はうつ伏せで、肩からお尻までをやって
最後にもう一度仰向けで膝蓋腱中心にやって
2時間半~3時間くらいというのがパターンでした。

だけど、きのうはうつ伏せから初めて
最後に仰向けで脚を集中的にやるということになりました。

というのも、以前から書いているように、一番悪いのは
膝蓋腱付近で、注射液の影響で変性を起こしているので
鍼をして柔らかくなっても、また戻ってしまうので
2~3回は鍼を入れて、時間を置いて、抜いて、
というのを繰り返さないと、悪い組織に当たらないのです。

で、仰向けからはじめて少し柔らかくなったところで
うつ伏せにして、背中などの治療をしてもらっているうちに
施術の刺激が痛かったりして、力が入ると
また膝蓋腱が硬くなってしまうようで・・・。

だったら、先にうつ伏せで後ろ側をやってから
後でまとめて仰向けの状態で前をやろうということになったのです。

肩、背中、腰、お尻、腕などは刺激はそこそこあって
責任トリガーにあたって認知覚が出たとしても
まだ耐えられる刺激で、膝に比べると心地いいほどなので
うつ伏せを1時間半くらいやってもらったあと

これで帰れたら幸せでしょうね~。

と、冗談で私が言うと

そうですね~。 これで終わったら天国なんでしょうけど
いまからが怖いですね~。 一気に地獄って感じですか~。


なんて、いいながら先生も笑っていました。

案の定、膝蓋腱の状態は良くなくて、鍼をする前の感じでは
右の方が痛みが出ていたのですが、右より左の腱の方が
だいぶん硬く、痛みの刺激もなかなか届きにくかったです。

だけど、何度も鍼を刺して、抜いてを繰り返すと
だんだん当たるようになってきて、叫びまくってました

大学の教授先生にも言われたけど、私の痛がり方や
リアクションはかなり面白いらしく、その時々で
色んなパターンがあるので楽しんでもらっているようです

そんな風にバリエーション豊かな叫び方を繰り返し
なんと、きのうの治療は過去最高の 4時間 でした!!

しかも鍼の本数は、延べ300本以上!!

以前、大学の助手の方に、T先生には
3時間で200本やってもらったと言うと
みなさん、あんぐり口をあけて唖然としておられました。

また記録が更新されたので、きっと驚かれるだろうな・・・。

普通は、1人の人にそんなにしないのだそうです。
先生の方もしんどいでしょうし、開業されている方は自費診療なので
3時間も4時間も施術すると、治療費もかなりの額になるので・・・。
それに、患者さんからも途中で耐えられなくて
ストップがかかったりするそうです。

私の場合、鍼をするようになってから完全にM化してしまって
痛いけど、良くなると思うと耐えられるんですよね~

T先生は、私がなかなか完治しないからといって
後の予約が入っていないときは、こんな風にサービスしてくださいます。
きのうもいつもの料金でした。

しかもきのうは治療が終わってから、近くに住んでいる方から
手作りクッキーを頂いたからということで、飲み物まで買ってきて
「今日は4時間も大変だったでしょ?」と言って
一緒にお茶までご馳走してくださいました。

先生の方こそ、ずっと立ちっぱなしで大変だったと思うのに
本当にいつもいつも頭の下がる思いです。

先生、ありがとうございました
久しぶりの遠征
2009年04月12日 (日) | 編集 |
9日は教授先生のところへ行ってきました。

最近、たくさん歩くと右膝下が痛くなります。
だけど触診してもらうと、腱や筋の状態は痛い右より左の方が
良くないようで、どうしてそんなことが起こるのだろうと思っていました。

教授先生に聞いてみると、右の筋肉の方が痩せているので
膝にかかる負担がそれだけ大きくなるからとのことでした。

左はそれなりに筋肉がついているので
歩いても太ももの筋肉が膝へかかる負担を
補ってくれているのだそうです。

右の太ももにも筋肉がつけば、痛みも出にくくなるので
トレーニングをした方がいいと言われました。

動けなかったときは、毎日ストレッチとリハビリを
していたのですが、最近は動けるようになったことを
いいことに、全然リハビリをしていませんでした

家事や出かける用事で動いているのが
リハビリになっていると自分に言い訳してました

ダメですね、サボってちゃ~
テレビ見てるときや少しの時間でもいいから
足上げなど簡単にできる運動をしなきゃな~と思いました。

それから、靴は軽くて足裏に衝撃の少ない
クッション性が高いものを履くように言われました。
靴を変えるだけでも膝への負担が全然違うそうです。

だいぶん動けるようになって、歩くスピードも早くなりました。
電車の乗り換えなどで急いでいるときは
両杖をついてるのに、人を追い抜いたりすることも。

それだけ歩けるなら、杖はいらないんじやないかと
思われるかもしれませんが、やっぱりないと痛くなるんですよね~。

だけど、そろそろ片杖で練習したほうがいいのかとか
杖なしで歩く練習もしたほうがいいのかなど少し考えていました。

教授先生に聞いてみると、片杖にして痛みが増すなら両杖でいいし
少しでも杖が必要だと感じるなら、まだ外すタイミングではない。
杖が邪魔に思えるようになれば、その時に外せばいいとのことでした。

杖が邪魔になる、かぁ・・・。
まだ全然邪魔じゃないです、ハイ。
ということで、まだまだ杖にはお世話にならなければなりませんね。

最近は膝蓋腱や内側骨膜、その他の骨膜を中心に
施術してもらっていましたが、内側広筋や外側広筋にも
まだ悪いところが残っていると言われました。

T先生に報告して、今度やってもらおうと思います。
教授先生に治療してもらった内容は全てT先生に報告しています。
またT先生の治療に関しても教授先生に報告し
お二人の先生に連携して治療をしてもらっているという感じです。

1月から教授先生に診てもらっていますが、初めのころは
10日か2週間に1回予約が取れていたのですが
最近は3週間に1回しか予約が取れません。
できればもっとみてもらいたのですが、難しいようです。

先日は3時間半の治療でした。
久しぶりに教授先生のところへ行ったので、やっぱり疲れました。
片道2時間の電車通院は、やっぱりキツイです。

T先生のところは40分くらいなので疲れ方が全然違いました。
それにT先生のところでは足以外にも全身にやってもらうので
足だけの施術3時間に比べると疲労度合いも違うのかもしれません。
足以外は心地良い刺激もありますので・・・。

次に教授先生のところへ行くのは、また3週間後です。

そのころには、不妊治療も始まっているので
大丈夫かなと少し心配になりますが
なるようになると思うしかないですね
三種の神器
2009年04月14日 (火) | 編集 |
先日から、友達のお見舞いによく行くのですが
そこで何度もお会いする女性の方がいらっしゃいます。
その方も、友達のお見舞いに来られているので
しょっちゅう顔を会わせます。

いつも明るく気さくで、とても楽しい素敵な方です。

初めてお会いしたとき、時間があったので
自己紹介を兼ねてお互いの話をたくさんしました。

その方は石を使った手作りのアクセサリーや雑貨を
作っておられるそうで、私の趣味や好きな色を聞くと

イメージが湧いてきた~。

と言って、私にも作ってくださるというのです。

そして、さらに色々とお話しているうちに
なかなか子どもを授かれないことや足のことも話しました。

すると数日後・・・
と~っても素敵なプレゼントを頂きました

アクセサリーに使う石はたくさんの種類があり
それぞれに意味があるそうです。

今回私に選んでくださったのは、これからの私にとって
とても心強い味方となってくれるような石でした。

石に語りかけたり、大切に身につけていると
持つ人によって輝きが増してきたりするそうです

頂いたのはこちら ↓ ジャーン!!
NEC_0698サイズ変更
かわいいでしょ!? 色も私好みなんですね~。

そしてそして・・・ それぞれの石の意味は・・・ 
NEC_0697サイズ変更JPG
 
ちょっと字が読みにくいかもしれませんが・・・
上から順番に右回りに書いていきますね。

水晶 ・・・ ヒーリング効果、浄化
ルビー ・・・ 子宝、強精剤
クラック水晶 ・・・ ヒーリング効果、浄化
カット水晶 ・・・ ヒーリング効果、浄化
コーラル ・・・ 繁栄、幸福のシンボル、妊娠、出産、産後
ムーンストーン ・・・ 誓願成就
ローズクォーツ ・・・ 愛の石

不妊治療のことをお話したからでしょう。
その願いが叶うようにと石を選んでくださったそうです。

実は、これから体外受精をするにあたって
肌身離さないようなお守りが欲しいなと思っていました。

色もかわいく、いつも身につけていられて
大きな意味を持つ石たち。
頑張ろうというパワーをくれる素敵なプレゼント

これを身につけていれば
これからのハードな治療にも耐えられそう
とっても温かい気持ちになりました。

そして後日、またお会いすると・・・
今度はなんと!! ↓
NEC_0709.jpg
ダンナの分も作ってきてくださいました。

ブルータイガーアイ と ルチルクォーツ という石の組み合わせだそうで
これは 「金運、仕事運の最高の組み合わせ」 なんだそうです。

黒っぽく見えるのがブルータイガーアイ。
角度や光の加減でキレイなブルーの色が出ます。

タイガーアイ ・・・ 自信をつけ仕事運、金運を高める
ルチルクォーツ ・・・ 目的達成、活力アップ、金運、商売、商談のお守り

結婚指輪以外、アクセサリーをつけないダンナも
喜んで毎日仕事にもつけて行っています。

そしてそして、さらに数日後。
今度は・・・ ↓
NEC_0701.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、京都の鈴虫寺のお守りです。
もともと入院中の友達が欲しがっていたもので
その女性が代わりにもらいに行ってくださったそうなのですが
なんと、私たち夫婦のためにももらってきてくださいました。

鈴虫寺は山の上にあるので、今の私には行くことができません。
若い頃に一度行ったことがあるのですが
和尚さんの説法を聞かせてもらい、お守りのことや
お守りに込める願い事の仕方などを教えてくださいます。

このお守りに願い事をするときは、お守りを両手に挟み
名前、住所、願い事を言うのだそうです。
ただし願い事は1つだけ。

草鞋を履いた幸福地蔵様が1軒1軒
願い事を叶えにやって来てくださるそうです。

本人がお寺に来れず、代理の方が受け取られた場合
お寺以外の場所から願い事をする場合の方法もあって
私たち夫婦はその方法でお願い事をしました。

お守りは財布などに入れて常に身につけるといいそうです。

今周期から本格的に高度医療に臨むにあたり
心強いお守りとなりました。

NEC_0720サイズ変更

友達を通じて知り合えたこのご縁に本当に感謝です
このお守りと共に、これからの治療に励みたいと思います rainbow
気温と疼き
2009年04月17日 (金) | 編集 |
ここ数日、気温は平年並みで落ち着いていますが
先週は夏を思わせる気温で暑かったですよね~

昨秋から鍼に通うようになって、それまで悩まされていた
安静時の痛み、疼き、灼熱感などがなくなりました。

それに伴って、履けなかったストッキングや
タイトなズボン、靴などが履けるようになりました。

まだストッキングは好んで履こうとは思いませんが
耐えられるようになりました。

入浴や飲酒で血流が良くなると必ず疼いていた灼熱感も
ほとんどなくなり、入浴もゆっくりできるようになっていました。

去年は、夏場に気温が上がってくると
それだけで疼痛レベルが劇的に増し
1日に何度もアイスノンで冷やさなければなりませんでした。

それから、患部が直射日光にあたると覿面にダメなので
車に乗るときは、日よけシートが必要でした。

今年は、ほとんど痛みや疼きも感じなくなっているので
気温が上がったらどうなるか? というのが1つの疑問でした。

車に乗っても最近は日よけをしないし
大丈夫かな~と思っていたのですが・・・。

甘かった ガーン

やっぱり疼きました。。
いや~な疼きがまた戻ってきました 涙

去年に比べるとマシではあるけど
やっぱりまだ疼くんだな~と実感。

一旦疼きだすと、鍼で好転してからは悪天候でも
痛みに反応しなかったのが、顕著に反応しだしました。

曇ってくると足が重たくなり、いや~な感じ。

難しいですね~。
なかなかスカっとはいかないようです。

でも、まぁ去年とは比べものにならないくらい
疼痛レベルが下がっているんだから
良しとしなければなりませんね。

これから、梅雨を控え、夏場を迎えるのが少し怖い気はしますが
疼きや熱感とうまくつきあっていかなきゃなと思っています。
コラボで記録更新!
2009年04月25日 (土) | 編集 |
おととい、ブログで知り合いになった方とお会いしました。

その方も私と同じ筋痛症で、痛みがひどいために
日常生活を普通に送ることが難しいという方でした。

病院に行ってもこれといった原因は分からず
色んな治療を試みても大した効果は出ずに困っておられたそうです。

そんな中、偶然にも私のブログにたどり着いてくださり
メールで情報交換などやりとりをさせてもらっていました。

その方は近畿圏外にお住まいなのですが
私がお世話になっているT先生にみてもらいたいとのことで
車で数時間かかる距離をわざわざ来られました。

1週間、近くのホテルに滞在して
T先生のところに通院されました。

そして、おとといは私もご一緒させてもらいました。

治療を受けた後は、治療の疲れと痛みで
まともに話せないので、治療前にランチをしました。

メールや電話ではお話したことはあったけど
会うのはこの日が初めてで緊張しました。

だけど、そこは同じ悩みを持ったもの同士。
すぐにその緊張の糸もほどけました。

カフェに着くと、その方は 「これどうぞ」
と言って何やら私に手渡してくださいました。

中を見てみると・・・


NEC_0808.jpg


思わず、涙が出ました。
右側の 「健脚健康草履守」 は、その方も同じものを
持っておられるそうで、おそろいです。

子授かりのお守りまで、気を使ってくださり
その温かい心遣いが胸の奥に染み渡りました。

まだブログには書いていませんでしたが
不妊治療も最終ステップにすでに入っているので
とても心強いお守りとなってくれそうです

ランチの後は2人でT先生のところへ。

14時からの予約だったのですが、14時以降は
私達のために全て時間を空けてくださっていたそうです。

T先生のところは基本は1人ずつの治療ですが
ベットが2台あるので、家族や友達同士なら
同時進行で治療を受けることができます。

1人で治療を受けるより、鍼をおく時間が長く取れるので
治療効果が高くなるというのがメリットです。

はじめにお友達が治療を受けはじめ
私は30分遅れで治療が始まりました。

鍼を刺した時、悪いところにあたるときは
かなり痛いので、我慢していても声が出てしまいます。

私も友達もリアクションや声の出し方が全然違って
その辺りはおもしろかったです。

だけど、私の超強烈な痛がり具合を目の当たりにされて
かなり怖かったのではないかと思います

というのも、ここ数日足の状態があまりよくなくて
今まで普通に歩けていた距離が歩けなかったり
気温の変化で疼きや熱感があったりもしていたので
鍼を受けたらきっと痛いだろうなぁとは覚悟していたのですが・・・

一番痛い膝蓋腱は、状態が良ければ
1回目に鍼を入れるときから、ビンビンと刺激が来るのですが
先日はいつもより時間もかなりおけているのに
3回目までキツイ刺激がきませんでした。

その他の部分は、それなりにキツ~いのがきていましたけど
で、3回目の施術に入って、認知覚が左右ともに出始めました。

まずは、膝蓋腱。 
雷が落ちたような衝撃で、悲鳴に近い叫びでした。
左右ともに1~2箇所ずつ当たりました。

そして、もう1箇所。 
今まで出ていなかった場所に新たな認知覚が出ました!!

脛骨(けいこつ)という膝下の内側寄りで
脛(すね)の上寄りの内側あたりにズバリきました

これは、今まで半年以上治療を
受けてきた中で、一番痛かった刺激でした。
痛いなんてもんじゃないと言った方がいいでしょうか。

お恥ずかしい話なのですが、初めて痛くて泣いてしまいました。
我慢しても涙がボロボロと出てきました。

そして、はじめて先生にストップをかけました。
あんなに痛かったのは本当に初めてで
痛すぎてあまりよく覚えていません。

いつもはうつ伏せで全身をやってもらうのですが
結局、足だけで治療が終わりました。

だけど、だけど、時間を見てビックリ
終わったのは、20時前でした。

私が5時間半、友達は6時間も治療してもらったことになります。

最近、治療時間が長くなって記録を更新していましたが
前回は足以外も含めて4時間でしたが
今回は、足だけで5時間半!!

認知覚も沢山出たので、すごくよかったのですが
ただただ、T先生には脱帽というか
感謝してもしきれないくらいの気持ちです。

今回、県外のお友達が1週間滞在して
治療を受けられた費用も、具体的には聞いていませんが
かなりサービスしてくださったようです。

「お辛い症状の方には早く良くなってほしい」
といつも言ってくださいます。

友達も1週間の治療でだいぶん良くなられたようで
喜んでもらえて本当に良かったです。

長時間の治療で、私も友達もフラフラで
まともに歩くのが大変な状態だったのですが
たまたまダンナの仕事が早く終わって
迎えに来てくれたので本当に助かりました

最近は、こんな風に鍼治療の輪が広がっています。
教授先生のところにも先日別の方とご一緒しました。

私がブログやネットを通じて多くの方に助けてもらったように
今度は私も、少しでもどなたかのお役に立ちたいと思います。
めぐりあわせ
2009年04月28日 (火) | 編集 |
3月の後半からあっという間に1ヶ月が経ちました

その間に、誕生日と病気発症から丸2年を迎えました。
誕生日が発症日なので同じ日なんですけどね。

去年の発症1年の時は、1年通い続けた病院に見切りをつけ
セカンド、サードとドクターショッピングをする前でした。

思い返せば、その頃は病名も治療法も分からず不安な毎日でした。

去年の4月1日、転院を機に今まで読ませてもらっていた
痛みと闘っておられる方のブログに思い切ってコメントをしてみました。

当初、私の症状がCRPSに似ているところがあったことから
CRPSと闘っておられる方のブログを見させてもらっていました。

1人の方のブログにコメントをさせてもらったことから始まり
慢性疼痛と闘っておられる多くの方と知り合うことができました。

みなさん、それぞれが耐え難い痛みがあるというのに
本当に親身になって私のことを心配してくださって
相談に乗ったり、励ましてくださいました。

今までは1人で痛みと闘っていたのが
仲間ができたことで、何倍も気持ちが楽になりました。
特に入院中には本当に多くの方に支えてもらいました。

同じような症状があることで気持ちが通じ
私よりも頑張っている人が沢山おられるということに
多くの勇気とパワーをもらいました。

この1年で幸いにも病名と治療法が分かり
快方に迎えたことはブログを通じて
知り合った方たちをなくしてはありえなかったことです。

この場をお借りして感謝の言葉を伝えたいです。
本当に本当にありがとうございました

そして、いつもブログを見てくださるみなさま
本当にありがとうございます。
温かいコメントにどれだけ救われたことか分かりません

この1年は私にとってネットを通じて知り合った方と
実際にお会いするという素敵な機会に恵まれた1年ともなりました。

1年前には全く想像もできなかったことでした。

ブログには詳しくは書いていませんでしたが
3月から4月にかけて6人の方とお会いしました。

その中の1人は以前にもあったことのあるまめちゃんという友達です。
地元を離れて関西に入院するというので、病院の付き添いと
退院後の滞在を含めて、3週間ずっと一緒に過ごしました。

その間、まめちゃんの入院先で別のブロ友さんとお会いしたり
ブログで知り合った方と教授先生の鍼治療をご一緒したり
遠方から来られた方とT先生の治療をご一緒したり。

病気になったことで知ることができた世界。
そして知り合えた仲間。
本当に不思議な縁を感じます。

そしてもうひとつ不思議に思えるのが
ブロ友さんと会うことになったのは3月後半から4月にかけてで
急いでいれば、体外受精をしていてもおかしくない時期でした。

体外受精が始まれば、ホルモン剤の副作用があるので
体調が悪くなって出歩けなかったかもしれません。 

体外受精の時期がずれ込んだのと
この時期に多くの方とお会いできたこと
そしてまめちゃんと3週間も一緒に過ごせたのは
これも、めぐり合わせなのかなと思います。

お会いした方たちには、去年私が苦しかった時期に
本当に助けてもらいました。

私の足もそれなりに動き、体も自由が利く時期に
こんな風に時間が過ごせたことに大きな意味を感じました。

ただの偶然だと思われるかもしれませんが
私には、そんな風に思えてなりません。

人と人の縁 や めぐり合わせ
これからも大切にしたいです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。