なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウィーク
2010年05月04日 (火) | 編集 |
ゴールデンウィークいかがお過ごしですか。
我家はカレンダー通りの休みで、ゆったりとした毎日を送っています。

それにしても、今日は暑かったですね~
室内の気温は27度もありました

花粉症なので、窓は開けたくなかったのですが
あまりにも暑いので開けちゃいました。

この間まで寒かったのに、急に真夏みたいな暑さになって
体がついていきません。

長い間、足や肩、腰の調子を書いていないので
いずれ詳しく書きたいと思っているのですが
かれこれ半年にもなるのに、なかなか書けないでいます。

4月上旬までは、ものすごく調子がよかったのですが
その後ガクッと調子が落ちてしまい、それに伴って
体調も悪い日が続いていました。

体質改善で風邪をひく回数が減っていたのに
3月後半から、3回もひいてしまいました。
しかも、今も風邪なのか、何なのか頭痛と倦怠感、
微熱が続いてもうすぐ2週間になります。

なので、ゴールデンウィークもしんどくて横になる日が多く
動けるようになったと思って、少し動くとしんどくなってしまうので
思うように計画が立てられません。

そんな不甲斐ない私ですが、しんどいからといって
ずっと寝ていてもつまらないので、花いじりをしたり
シーツや厚手の洗濯、日頃できないこともボチボチやっています。

きのうは自転車で15分くらいのところにある
花と緑のある公園に、お弁当を持って行ってきました
[続きを読む...]
スポンサーサイト
足、腰の状態
2010年05月07日 (金) | 編集 |
前回、足や腰の状態を詳しく書いたのは、昨年の11月で
それから書いていませんでしたので、まとめて経過を
書いておきたいと思います

前回の記事を書いた頃は、ちょうど体質改善の効果が
筋肉に現れ始めたかな~というところでした。
(ちなみに前回の記事は → )

いつも書いているように、私の体は特異体質なようで
鍼の刺激が分かりにくいために治療効果が上がらず
長い間、T先生を悩ませ続けていました。

それが体質改善を始めて4ヶ月経った去年の11月下旬頃から
刺鍼刺激が少しだけ分かりやすくなってきたり
足の調子も良くなってきていました。

毎年、秋は1年のうちで一番足の調子がいい季節なので
片杖で歩けることが多かったのですが、冬になると
調子が悪くなり、両杖に戻ってしまうというのが
いつものパターンでした。

それが、今シーズンは冬になっても調子が落ちることがなく
それどころか、ますます良くなっていきました

12月になっても片松葉杖で歩くことができていて
買い物くらいなら、T字杖で行けるようになりました。

松葉杖は脇の下に寄りかかれるので、清算や袋詰めのときには
杖を脇に挟んで足の負担を軽減できますが、T字杖は
自力で立たなければならないので、調子が良い時でないと
なかなかT字杖にはできませんでした。

それが、T字杖で全く問題がなく買い物ができるようになったんです!
松葉杖の頃は、スーパーの中では片松葉杖をついて
反対の手でカートを押していましたが、T字杖になると
杖は一切使わずカートを押して、自分の足だけで
歩けるようになりました。

初めは、足がすぐに疲れてしまうので、小さいスーパーでしか
自信がありませんでしたが、そのうち大きなスーパーでの
買い物もできるようになりました。

1月になると、鍼に行くときだけは帰りが辛いので
片松葉杖にしていましたが、その他のほとんどの外出が
T字杖になりました。

3月ごろには、少しの買い物なら杖なしで行けるようにもなりました。
といっても、自転車でお店まで行って、買い物は杖なしでする
ということなんですけど。
それでも私にとっては、すごいことでした

そして、腰や背中の筋肉にも驚くほどの変化が現れました

今まで1度目の刺鍼で刺激を感じることなんてなかったのに
1度目から刺激を感じられるようになり、背中や腰でも
かなりハードな刺激が出るようになり、なんと腰で
認知覚 が出るようになりました

そして、鍼を抜く時にも変化が出ました。
普通は、鍼を刺すと筋肉が弛緩するので、鍼を抜くときは
スムーズに抜けるのですが、私の場合は時間を置けば置くほど
筋肉が鍼を締め付けて抜けにくくなり、鍼が曲がるということも
よくあったんです。それが、鍼を抜く時もスッと抜けるようになりました。

治療を始めた頃は、肩~腰にかけては鉄板のように硬かったそうで
1年くらい治療をして、ようやく硬質ゴムくらいの硬さに
なったのですが、そこからがなかなか進まないでいました。

1年で硬質ゴムくらいにはなったとはいえ、男の人の力で
全体重をかけて押しても、跳ね返されるほどで
よく先生は、息を切らして私の腰や背中と格闘されていました。

それが、治療をする前から手で押すと
へこむような状態になったんです!!

先生からしてみれば、奇跡かというくらいの
変化だそうで、本当に驚いておられました。

ただ、筋肉の質はすごく変化して治療効果も上がってきたとは
思うのですが、自分自信で感じる肩や背中、腰の重たさは
それほど今までと変わりがありませんでした。

常に、重たく感じるのは続いていました。
動けるようになったので、行動範囲が広がって
どうしても負担が掛かってしまうのだと思います。

今まで3年間、まともに歩けていないので
体中の筋肉が減っていて、あちこちに負担がかかるのは
仕方ないことなので、無理のない程度に動きつつ
筋肉をつけていこうと思っていました。

そして、ひどくならないように、治療をしてもらいながら
徐々に杖を外して歩けるようになりたいなと
思っていました。

これが4月の初め、ちょうど誕生日ごろまでの状態です。
その後は、ちょっと色々あって状態が悪くなってしまいました

長くなったので、続きはまた別に書きたいと思います。
次に向けて
2010年05月09日 (日) | 編集 |
きのうは、久しぶりに婦人科に行って来ました
次周期に予定している体外受精に向けて
卵巣の状態を見てもらうためです。

まずは採血をして結果が出るまで待ち
その間に内診をしてもらいました。

血液検査の結果は問題ありませんでした。
(月経期検査でしたが、数値は控えていません。)

卵巣の状態も順調だそうで、左右4個ずつ
計8個の卵胞があり、大きさも揃っているとのことでした。
大きさが揃っていなければピルを飲んで
次周期に採卵をするということになるのですが
今周期からでもできると言われました。

そんなことを言われるとは、全く思っていなかったので
驚きましたが、今月は旅行に行く予定なので
次の周期に挑戦することを伝えました。

すると先生は、今周期はピルを飲んで次周期に
備えましょうとおっしゃいました。

私としては、卵胞の大きさが揃っているなら
できれば薬を飲みたくないので、薬を飲まない選択が
できるのか聞いてみました。

すると、できなくはないけれど、次周期に卵胞が
揃っていなければ、その周期はキャンセルになるとのこと。

今周期、卵胞が揃っているのに、次周期に揃わないということが
あるのか聞いてみると、妊娠しにくい人にはそういうことが
起こりうるとのことでした。

ピルを飲みたくない理由は、いろいろあります。

基本、薬はできるだけ飲みたくないのと
飲むと副作用がしんどいし、便秘気味になるということ。
それから、旅行に行くので体調を気にせず楽しみたい
というのもあります。

そして何より、IVF前に自然妊娠
なんていう奇跡もあるかもしれないし

少し悩みましたが、ピルを飲むのはやめることにしました。
もし卵胞が揃っていなかったら、1周期遅れてしまうけど
そうなれば、そうなったで仕方ないかなと・・・。

IVF直後の周期は無排卵になりましたが
その後の2周期は排卵がきちんとあり
通常周期に戻っているので、多分大丈夫だと思うんですよね~。
って、根拠のない自信ですけど

ということで、今周期は特に何もせず
のんびり次の挑戦に備えたいと思います。
IVF前に旅行も楽しめそうでよかったです
不調
2010年05月14日 (金) | 編集 |
先日の記事では、秋から春にかけて、すごく調子が良くなってきた
と書きましたが、その後、足も体調も急降下してしまいました

今週も火曜から3日間寝込んでしまって
今日になって、ようやく少し楽になってきました。

状態のひどい時は、常に疼きや痛み、感覚異常などがあり
精神的ストレスがあると痛みのレベルが上がっていました。
しかし、鍼治療を受けるようになって疼きがなくなると
ある程度のストレスがあっても調子が悪くなることはありませんでした。

それが、今回は違いました。
4月の中頃に精神的にダメージを受けることがあって
その後から、体調も足の状態も悪くなっていきました。

具体的に何があったのかは書きませんが
体がここまで反応するということは
私にとって大きなダメージだったのだと思います。
(悩みの元はすでに解決済みなので、安心してください。)

足には痛みと疼きが出て、T字杖では歩けなくなり
台所仕事も立ってできなくなりました。
片松葉杖では歩けますが、長い距離を歩くのが辛くなりました。

疼きはしばらく感じていなかったので
嫌な感覚を久しぶりに思い出しました。

体調面では、動悸、息切れ、倦怠感がひどく
少し動くと疲れるようになり、手の指先まで痺れるようになりました。

指先の痺れは、遠方での入院中に状態が一番悪かった時にしか
出たことがなかったので、正直驚きました。

指先の痺れがあったのは、2日ほどでしたが
ここまでの反応に、ちょっぴり焦りました。

そして、不調になってからというもの
鍼に行くと、必ず翌日から体調が悪くなるんです。

それが風邪なのか何なのか、よく分からないんですよね~。
とにかく体がだるくて、頭が重たくて、悪寒がして
3~5日間くらい寝込んでしまうんです。
ゴールデンウィークもそんな感じで、半分は寝込んでました。

悩みの種は2週間くらいで解決したので
今は、少しずつ状態は落ち着いてきています。

考え込むと、まだ少し息が吸い込みにくい
感じはありますが、動悸と息切れはなくなりました。

足の方は、少しの買い物はT字杖でできるようになりましたが
基本的には片松葉杖で動いています。
台所仕事は、立ったり座ったりでやっています。

こんな感じで、少しは落ち着いてきたのですが
疼きがなかなか消えてくれません。
それほどひどくはないのですが、夜布団に入ると
熱がこもったようになって疼きます。

足を布団から出すと楽になるので、しばらく出しているのですが
そうすると寒くなるんですよね~。
なので、また布団中に入れると、今度は疼く。
膝の部分だけ、パジャマと布団に大きく穴を開けたくなります(笑)

最近は、寝つくまで、足を出したり入れたり。
疼き調節と格闘するのが日課になっています。

ゴールデンウィークは夏日だったので結構疼いてしまって
その感覚を膝が覚えてしまったのでしょうか。
今週は気温が下がっているのに、嫌な感覚が居座っちゃってます。

去年の夏は、30度を越えないと疼きは出なかったので
まだ20度もない今から、この状態というのは
これからが思いやられます。

それから、今回の悪化で筋肉の質にも影響が出ちゃいました。
鍼の際、腰や背中はまた前のように感覚が鈍くなってしまいました。

1回目の刺鍼では、鍼を刺されている感覚がほとんどないんです
なので、腰も背中もガッツリ悪くなってます。

せっかく認知覚が出るようになっていたのに
以前の状態に戻っているので、先生にも
申し訳ない気持ちになります。

とまぁ、タラタラと不調を綴ってしまいましたが
悪くなったことばかりを悔やんでも始まらないので
体調を整えて、また調子を上げていきたいです

腰の状態を考えると、週2回くらい治療に通いたいのですが
治療後に体調が悪くなるので、通うに通えずで
どうしたものかと思っています。

体の調子がガクッと落ちて、免疫力も落ちてるから
風邪をひきやすくなっているのかなぁと思っているのですが
まずは体調を安定させて、足も腰もまた復活したいです。

調子は落ちたけど、気持ちは落ち込んでいませんのでご安心を
不調なんて吹っ飛ばして、がんばるぞ
第18回厚労省要請
2010年05月18日 (火) | 編集 |
遅くなりましたが、署名の提出について報告させてもらいます。
5月11日は第18回厚生労働省要請の日でした。

今回の提出は、私が署名を集め始めて2回目でした。
1回目は131筆でしたが、今回はその倍以上の
285筆 も集まりました

3月に友達の結婚式があって、その時に学生時代の友達に
お願いしたら、会社の人にたくさんもらってくれて
わざわざ郵送してきてくれました。

他にもダンナと私の両親、親戚、友達など
たくさんの方が協力してくださいました。
本当に有難い限りです。

私経由でなくても、直接郵送してくださった方
FAXで送ってくださった方もいらっしゃると思います。
みなさんありがとうございました。

今回の署名は全体では 4280筆 あり
累計では 67135筆 になったそうです。

次の提出は 6月15日(火) だそうです。
またご協力よろしくお願いいたします。

日にちがあまりないので、自信がありませんが
私もできるだけ頑張りたいと思います。


署名用紙は下記からダウンロードできます
  
署名用紙

署名の送り先は、CRPSの署名活動をしてくださっている団体
RSD山口はるかさんを支える会』 に直接郵送、または
ファックスしていただくか、私の住所をご存知の方は
私に送っていただいても構いません。

RSD 山口はるかさんを支える会
■連絡先 東京都町田市南成瀬 8-15-7(佐藤様方)
 TEL・FAX : 042-722-3578

尚、不明な点などがありましたら、当ブログ、メールフォームより
問い合わせをしてください。(私に直接メールが届きます。)
[続きを読む...]
不調その後
2010年05月20日 (木) | 編集 |
先日書いた不調のその後ですが、徐々に回復してきました。

足の疼きと熱感はマシになり、寝る前に
疼きと格闘することが少なくなりました。

近所の買い物はT字杖で行けるようになり
長時間歩行も片松葉杖ならできるように戻りました。

ただ、腰が良くないのでそれが辛いところですが
一時期を思えば大分戻ってきたのでよかったです。

ここ3回連続で、鍼に行った後に風邪のような症状が出て
体調を壊して3~4日寝込むというのが続いており
やっと体調がよくなって2~3日したら、また鍼に行って
体調を壊すという状態でした。

体調を壊すと何もできなくなるので、やりたいことが
たまっていきます。 なので、鍼に行くのが怖いのですが
行かないと足も腰も辛くなるのが、難しいところで・・・。

で、きのう治療に行ってそのことを先生に相談しました。
すると治療後に体調を壊すのは、今回の不調と関係が
あるかもしれないと言われました。

大きな仕事を抱えていたり、やらなければならないことがあるときは
気が張っているので風邪をひかないけれど、ひと段落して気が緩むと
ドッと疲れが出たり、風邪をひいてしまうという話は
よく聞きますよね。

鍼を受けると副交感神経が優位になります。
今回の私の不調は、自律神経が大きく関係しているので
治療を受けて、副交感神経優位に一気に傾き
自律神経のバランスが崩れて体調を壊すということも
考えれるとのことでした。

なるほど~。
そういえば、今までは治療中に眠ってしまうことは
ほとんどなかったのですが、最近はよく寝てしまいます。

それから、帰りの電車ではぐったりしてしまい
寝てしまいます。 家に帰ってからも疲れがひどく
夜も早くから眠くなって仕方がありません。

他に考えられるのは、寝ると体温が下がるので
治療着のような薄着でいるときに寝てしまうと
体が冷えて、免疫力も弱っているときなので
風邪をひきやすいのかもしれません。

原因は特定できないけど、体の状態が良くないので
体調も不安定なんだということなんでしょうね。

きのうの治療では、遠方から通っているお友達と
偶然にも予約が同じになって、一緒に治療ができました。
久しぶりにお話できてよかったです。

相変わらず、二人ともまだ完治とはいかないけれど
少しずつはよくなっているので、これからも
お互い励ましあって頑張って行きたいです。

治療の様子なども書きたいのですが
パワーが切れてきたので、この辺でやめておきます。

治療前は体調がすごくよくなっていたので
今回の治療後は大丈夫かなと思っていたのですが
やはり、今回もしんどくなっています。

頭が重くて、体がだるくて、少し悪寒がする。
なんでしょう。やっぱり風邪のような症状なんですよね。

だけど、ブログが書けるくらいなので
いつもに比べると少しマシなのかもしれません。
今日は少し休んで、ひどくならないことを祈ります
セルフ治療
2010年05月21日 (金) | 編集 |
きのうは、鍼後の体調不調で午後からは横になっていたのですが
今朝は頭の重たい感じもほとんどなくなり、復活しました!!

今までなら3日は横になる状態が続いたので
用事が溜まってばかりだったのですが
今日は色々と動けてよかったです。

この調子で鍼後の体調不良も治まっていくと嬉しいな。

さて4月半ばから状態が悪くなり、痛みや疼きはさることながら
治療中の筋肉の質もこれまた悪化していました。

鍼を刺しても刺激が来なくなったり
鍼を抜く時に、鍼が吸いついて抜けにくい状態になったり。

調子がいい時には、これらもクリアできてたのですが
やっぱり悪くなると戻っちゃうんですね~。

腰は1回目の刺鍼では、鍼を刺されている感覚さえしないという
かなりヤバイ状態で、刺して数分して鍼を動かすと
少し感覚が出る程度。

そして、2回目、3回目の刺鍼でようやく
少し鍼を刺された感覚が分かる状態でした。

なので、最近は治療をしてもらっても腰や背中が
楽になることはなく、次の治療までにはガッツリ固まって
同じことの繰り返しになっていました

週2,3回通えたらいいのだけど、体調や金銭面を考えると
なかなか思うようにいかないので、治療院で使っているのと
同じ治療の道具を買うことにしました。

「ローラー」と呼ばれるもので、鍼を刺す前や鍼を抜いた後に
筋肉をほぐすのに使う道具です。

通常は人にやってもらうものですが、足は自分でできるし
腰や背中も、工夫すれば自分でもできるということで
使ってみることにしました。

これが、そのローラーです。

ro-ra-_20100520101403.jpg


足には、両手を使えるので問題なく使えるのですが
問題は背面でした。 

私が使いたいのは、後頭部、首、肩、背中、腰、お尻。
って、ほぼ全身やん! と突っ込まないでくださいね。
そうなんです。 範囲が広いんですよね~。

で、実際にやってみると・・・。

これが、1人でもできるんです!
床にローラーを置いて、その上に仰向けになり
腰や背中などを張っている場所にグリグリと押し当てるんです。

腰は感覚が鈍いので、なかなか悪い場所が特定しにくいのですが
それでも、何もしないよりは少し楽になります。

後頭部、首、肩、背中に関しては、もう最高に気持ちいいです。
グリグリ、グリグリ、気づけば1時間半もやってました。

やったあとは、全身が軽くなった感じがして
すごくいい感じでした。

ただ、時間が経つとまた重たくなってしまいます。
パソコンなんかやると一発ですね

でも、何もしないよりは筋肉がほぐれているので、続ければ
必ずいい方向に繋がるんじゃないかなと期待をしています。

足は、ふくらはぎ や すね、太ももなど
適度にローリングすると少し軽くなりました。

そして、きのうはセルフローラーをして始めての治療。
何かいい効果は出ているかな~と期待しました。

1回目の刺鍼では、残念ながら刺激が来ず
ひどいところは鍼を刺された感覚すらなかったのですが
数分して鍼を動かすと、かなり激しい刺激が来るようになりました。

最近では、そんな激しい刺激が来ることはなかったので
まさしく、ローラー効果でした

感覚は少し出るようになったけど
鍼の吸いつきは変わらずで、抜くときはギシギシ、ミシミシ。
鍼が筋肉に吸いついて抜くのは相変わらず痛かったです。
また鍼もスッと抜けるようになってほしいな。

うまく使えるかな~と思ったローラー。
思った以上に自分でも使えるし、全身のマッサージができるので
治療効果が上がってくれそうで嬉しいです。

先生の治療だけに頼らず、自分でできることも
どんどんやっていかなきゃと思っています。

毎日のストレッチに加えて、ローラーが日課になりそうです
楽しみ~
2010年05月25日 (火) | 編集 |
明日から、4泊5日で旅行に行ってきます
入院していたときの友達のところです。

去年の秋に友達が私のところに来てくれて
今度は私が行くという約束が叶います。

私の住んでいるところより、寒いみたいなので
冷え性の私はしっかり防寒しなくちゃいけません。

荷作りも終わって、いよいよ明日。
あぁ~楽しみだなぁ

行ってきま~す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。