なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甲状腺の対策
2010年09月04日 (土) | 編集 |
8月31日に甲状腺の通院をしてきました。
この日は午後から鍼治療で、ハードな1日でした。

鍼の方は、腰の反応がまたまた悪くて
ため息モードでしたが、足の調子はまずまずで
初めてT字杖で、甲状腺の病院にも行けました。

いつものように診察の1時間前に採血をして
1時間後に結果を見て先生とお話をします。

結果は問題なく、いい数値でした。
おじいちゃん先生も、いつも通り安定しているとにっこり。

検査結果です。 (太字が今回の結果)
日付内服薬FT4FT3TSH
基準値(妊娠希望なし)-0.7-1.61.7-3.70.3-5.0
09/02/13チラーヂンS-501.012.274.699
09/03/13チラS-50+S-251.041.961.743
09/05/08チラS-50+S-251.132.331.640
09/08/21チラS-50+S-251.082.301.085
09/11/16チラS-50+S-25(*)1.132.500.122
10/02/18チラS-50+S-25(*)1.142.721.663
10/06/03チラS-50+S-25(*)0.952.230.745
10/08/31チラS-50+S-25(*)1.052.371.374
妊娠希望時の目標値-0.7-1.61.7-3.72.5以下
(*) S-25 は週6日

6月にした顕微授精の結果を報告して
少し不安に思っていることを相談してみました。

というのは、先日の化学流産のこと。
6月の顕微授精では、hCG1.7で
1月の体外受精では、0.9でした。

1.0以上で着床とみなすので、1月の結果は
深く考えていなかったけど、0.9でも
反応していることには変わりがないので
着床しかけたけど、続かなかったと考えられます。

私は甲状腺機能低下症で、甲状腺ホルモンを補う薬を飲んでいます。
妊娠すると、甲状腺ホルモンは更に低下するので
通常よりも増量しないといけないと聞いていました。

いつも、妊娠が分かったらすぐに来院するようにとは
言われていたけれど、実際、どの時点から甲状腺ホルモンは
低下するのだろうと疑問に思いました。

もしかして、判定日の時にはすでに足りていない状態で
それが原因でうまくいかなかったということも考えられます。
(甲状腺の数値に問題があると、流産する可能性が
高くなるそうです。)

それで、どの時点から甲状腺ホルモンの低下が起こるのか
聞いてみると、妊娠4週目とのことでした。
ちょうど判定日のあたりです。

化学流産の場合は、卵の質の問題だと考えられているので
甲状腺は関係ないかもしれませんが、念のために
次回の体外受精の時には、あらかじめ多めに飲みたいと
お願いしてみました。

すると、先生も私の考えに同意してくださり
薬を増量したら、うまくいく人もあるから頑張ろう!
と、励ましてくださいました。

毎度のことながら、おじいちゃん先生の優しさには
涙が出そうになります。 
また言い方が優しいんだな~。

ということで、薬の量が少し変更になりました。
チラーヂンS-25+50を週6日、S-50を
週1日だったのが、S-25+50が毎日に。

そして、体外受精を始める周期は、更に週2日
S-50を追加して飲むということになりました。

不安に思っていたことが解決してすごく良かったです。
これで、今度こそうまくいきますように
スポンサーサイト
最近の署名活動
2010年09月05日 (日) | 編集 |
6月に署名の記事を書いて以来、ご無沙汰してしまってスイマセン
7月23日と8月23日に署名の提出日があったのですが
自身の体調が不安定だったため、お休みさせていただきました。

体調が思わしくなかったり、気分的に落ちているときは
なかなか署名をお願いする気力がなくていけません。

同じ人に何度もお願いしているので
何度も言ったら、その人の負担になるんじゃないかとか
嫌な顔をされたらどうしようとか、弱気な自分も見え隠れします。

そんなときにハッと気づかせてもらったのが
いつもお世話になっているCRPSの難病指定をしていただいている
「RSD山口はるかさんを支える会」の掲示板でした。

8月23日に第21回厚生労働省要請があり
そのときの様子が書かれていました。
以下は、その掲示板より転記させていただきます。



第21回厚労省要請: 「治療法の研究を急いで」と「桃花」さんに
訴えていただきました

投稿者:Web-family
投稿日:2010年 8月25日(水)22時55分19秒  

 
8月23日、第21回厚生労働省要請を行いました。
「慢性の痛みに関する検討会」の真摯な論議に基づいて
来年度予算の8月末の概算要求での研究費等の確保に向けて
東京都の「桃花」さんに自分の痛みや固定ジストニアの身体の状況など
直接訴えていただきました。

検討会事務局の疾病対策課の方々も「痛み」の状態を
理解しようとして、「一番痛い時を10として
いつもどんな感じですか」などと質問していました。
車で付き添ってこられた母親や夫のご苦労の話にも
良く耳を傾けて受けとめていました。

「桃花」さんの両足の不随意の動きがテーブルに隠れて
疾病対策課の方々には見えなかったので、「桃花」さんから
申し出て、要請が済んだ後に、間近で両足の不随意の
動きの様子を見てもらいました。

また、2005年国際疼痛学会のCRPSの診断基準の
症状でもあるジストニアについて、ご自身が訳された
「固定ジストニア症候群(2004)」の文献を
英文も添えて渡して、患者さんの理解を深めて
「治療法の研究をしてほしい」と訴えていました。

私たちも、検討会の報告書(提言)の作成状況を尋ねた後に
患者さんの心を繋ぐために、研究費等の予算を確保してほしいと
強く要請しました。

この日は、難病指定を求める署名3773筆(累計で76018筆)
を提出しました。 10月13日に第22回厚生労働省要請を
行いますので、署名や「私のCRPSの症状」など
ご協力よろしくお願いします。




桃花さんという方は、掲示板でお名前だけは
何度か拝見していましたが、面識はありませんでした。 
この方もCRPSと固定ジストニアで苦しんでおられる・・・。 
まめちゃんと同じでした。

私が署名活動を始めたのは、まめちゃんの夢の1つでもあった
病気を多くの人に知ってもらうということのお手伝いをするためと
私を助けてくれた多くのCRPSの友人のために、1日も早く
その痛みを軽減できるよう、何かできることはないかと
始めたのがきっかけでした。

ダメですね・・・。 日々の忙しさや自身の体調で
初心を忘れてしまいそうになります。
そんな時には、何のために自分がこの活動をしているのか
今一度、初心を振り返ってみようと思います。

次回の提出日は 10月13日(水) です。
FAXでも受け付けてもらえるので、みなさまの温かいご協力を
どうかよろしくお願いいたします。

署名用紙は下記からダウンロードできます
  
署名用紙

署名の送り先は、CRPSの署名活動をしてくださっている団体
RSD山口はるかさんを支える会』 に直接郵送、または
ファックスしていただくか、私の住所をご存知の方は
私に送っていただいても構いません。

RSD 山口はるかさんを支える会
■連絡先 東京都町田市南成瀬 8-15-7(佐藤様方)
 TEL・FAX : 042-722-3578

尚、不明な点などがありましたら、当ブログ、メールフォームより
問い合わせをしてください。(私に直接メールが届きます。)

署名活動を一緒にしてくれる仲間の紹介です。
以前は別のブログを開設していましたが
新たに、CRPS難病指定の署名活動を中心にした
ブログを開設してくれました。 → 願い~想いは届く!!
周期療法1周期目まとめ
2010年09月07日 (火) | 編集 |
8月から始めた周期療法。
1周期目は9月1日に無事終了しました。
感想や気づいたこと、会計などまとめておきたいと思います。

(月経期)
① 血府逐瘀丸 8丸x3回x7日 
② 水快宝    5粒x3回x7日 ¥3,675(①+②)
③ 婦宝当帰膠 5mlx2回x7日 ¥1,190   
                小計 ¥4,865

(低温期~排卵期)
④ 杞菊地黄丸 1/2x2回x10日 ¥3,750
⑤ 二至丹   5粒x2回x10日
⑥ 海精宝   5粒x2回x10日   ¥3,500(⑤+⑥)
⑦ 晶三仙   1包x2回x10日   ¥1,260
⑧ 婦宝当帰膠 10mlx2回x10日 ¥3,400
⑨ 冠元顆粒  1包x2回x5日   ¥1,575            
                 小計 ¥13,305

(高温期)
⑩ 参茸補血丸 1/2x2回x14日 ¥5,992
⑪ 帰脾湯   1包x2回x14日  
⑫ 衛益顆粒  1包x2回x14日  ¥4,410(⑪+⑫)
⑬ 婦宝当帰膠 5mlx2回x14日  ¥2,380
                 小計 ¥12,782

1周期目合計: ¥30,952
(8/2~9/1 周期31日)

婦宝当帰膠は瓶に入っていて、2本セットで
購入しているので、1mlあたりの単価を出して計算しました。

婦宝当帰膠の1ヶ月あたりの消費量は、1本300ml入りで
1本プラス1/3本分くらいでした。なので実際に支払った金額は
2本分なのでもう少し多くなっています。

事前の話では、ひと月2万5千円~3万円と言われていたので
まぁこんなもんかなといったところ。
ただし、初回なので量的に少し控えめだったそうなので
次回からはもう少し金額が上がるかもしれません。 

肝腎の効果の程はというと、低温期の基礎体温が
36.6度台が多かったのが、36.4~36.5度台と
少し下がりました。 

理想は36.3~36.4度台だそうなので
もう少し下がった方がいいみたいです。

高温期はいつもは36.8後半~37度台なのですが
ほとんどが36.8度台で36.9以上になったのは
10日中3日だけでした。

これも漢方の影響なのかな? 
素人考えでは、高温期は今まで通り
高い体温の方がいいような気がするんだけどな・・・。 

先日行った時に聞くのを忘れたので
次回、また確認しようと思います。

高温期に処方された 帰脾湯と衛益顆粒は
不正出血予防だったのですが、あえなく撃沈でした。
特にいつもと変わりなく、リセット8日前から
しっかりと茶オリさんが登場しちゃいました

このことを先生に話すと、次回は量を増やすとのことでした。
さてさて、どうなることやら!?

少し飲みにくい薬もありましたが
なんとか1周期目が終わりました。

漢方というと、苦い、臭い、飲みにくいという
イメージが強かったのですが、私のやった周期療法は
錠剤や顆粒、シロップ状と飲みやすいものが多く
以外に現代的だったなぁという感想です。

蝋皮丸は少し食べにくかったけど
慣れてくると、なんとかなりました。
 
今は周期療法も2周期目に突入しています。
この調子で、うまくいくといいな
ふくらはぎ革命
2010年09月10日 (金) | 編集 |
先日の台風を境に少しだけ秋に近づきましたね。
1日中エアコンをつけていたのが
朝晩はなくても過ごせるようになりました。

きのうは空を見上げると、夏の入道雲から秋を思わせる
うろこ雲に変わっていて、ちょっぴり秋を感じました。

しかーし、今日は2時頃から室温が30度を超えてきたので
ギブアップでしてクーラーかけちゃいました
心地の良い秋が早くきてほしいものです

さてさて、きのうは鍼に行ってきました。
ダンナの一件があって以来、腰の不調は続いていて
この2週間は鍼を刺しても、まったく感覚が分からない状態で
先週は特にひどくて、4回くらい刺しましたが
結局最後まで感覚が出ることはありませんでした。

状態が悪いときでも、鍼を刺して時間を置いて
再度鍼を触ってみると、感覚が分かったり
1回目で感覚がなくても、3回目くらいでは
少しは分かるのですが、ここまで無反応だと
先生も私もガックリきていました。

この2週間、感覚はほとんどなかったけど
セルフ治療は毎日続けていて、ローラーやマッサージ
ストレッチなど、時間をかけて頑張っていました。

すると、その成果があったのか、きのうは1回目から
ほんの少しだけ鍼を刺した感覚が分かりました。
まだまだ認知覚には程遠いですが、ちょっとだけ安心しました。

で、タイトルの 『ふくらはぎ革命』 ですが・・・
きのうは何が起こったかというと、驚くような効果が
ふくらはぎに現れたんです!!

私が冷え性だというのは、何回も書いていますが
夏場もこの冷えは健在で、とくに膝から下がひどいんです。

お腹や腰も冷えますが、薄手の腹巻やオーバーショーツを
履いているので、それなりにガードできているんですよね。
だけど、足元は長ズボンに薄手のレッグウォーマーをしても
結構冷えるんです。 触ってみるとものすごく冷たいんです。

クーラーをかけると冷気が下に下がるので
夏場はどうしても足元が冷えてしまいます。
ある程度は仕方のないことなのですが
私の場合は、この冷えがかなりひどいということが
鍼を受けていて判明したんです。

先月の終わりごろから、ふくらはぎにも鍼をして
もらっていたのですが、その時に鍼を刺した痕が
なかなか消えなかったんです。

他の部位では、長くかかっても2,3日あれば
きれいに消えるのですが、ふくらはぎだけは
1週間経ってもくっきり残っていたんです。

で、また鍼をすると、どんどん鍼痕が残ってしまって・・・。
どうしたものかなと思っていたら、あることを思い出しました。
そういえば、4月頃にできものがふくらはぎに出来たとき
2ヶ月くらい痕が残っていたんです。

そのときは、年だから代謝が悪いのかな~と
漠然と思って深く考えていなかったのですが
今回のことで、血流が悪いからだとピンときました。

私のふくらはぎから足首までは、パンと張っていて
浮腫みと張りがひどいような状態で、つまもうと思っても
硬くてつまめません。

足元が冷えると体にも良くないので、ローラーで
ふくらはぎのマッサージはしているのですが
それだけでは全く追いついていないんですよね。
ローラーの直後は多少肌の色が良くなりますが
やめるとすぐに戻ってしまいます。

鍼をすると血流が良くなるので、ふくらはぎに
鍼をするようになってからは、少しは冷えが改善するかと
期待していましたが、一向にその気配はありませんでした。

そこで、その話を先生にすると、最近患者さんで
お灸と鍼を組み合わせた治療をしてすごく効果が出た方が
いらっしゃるので、それをやってみようということになりました。

お灸は以前にも、赤ちゃん待ちのためにもなるので
鍼を置いている時間にお腹にしてもらったことは
あったのですが、他のところで試すのは初めてでした。

1回目のうつ伏せの施術の時に、ふくらはぎにお灸をしておいて
2回目の時に鍼を刺してもらい、さらに鍼を置いている時間に
もう一度お灸をしてもらいました。

そして、ふくらはぎの筋を緩める場所が
膝の裏側や太ももの裏側にあるので
そこにも鍼をしてもらうと、かなり緩みました。

そして、鍼を抜いた後にマッサージしてもらうとビックリ! 
なんと、タプンタプンのふにゃふにゃになったんです!!

これは5月に友達にアロマをやってもらったとき以来のことで
鍼でこんな状態になったことはなかったので、先生も私も
ビックリで、大喜びしました。

硬くてつまめなかった、ふくらはぎも足首もつまめました。
そして、肌の色がきれいな白とピンクが混じったような
色になっていて、血流が良くなっているのがよく分かりました。
普段は、もっと紫がかっているような色なんですよね。

そして、きのうはこのお灸をお腹や腰にもしてくださいました。
先生には不妊治療のことも話しているので、いつもお腹や体が
冷えないように気遣ってくださっています。

お灸は結構熱くて、1箇所に置き続けると我慢できなくなるので
何度も位置を変えてくださいました。
お腹は10個も置いてくださって、あっちこっちと
熱くなったお灸をこまめに移動させてくださいました。
すごく有難かったです。

そのおかげで、きのうは治療が終わってからも
お腹や腰がじんわり温かくて心地良かったです。
家に帰って腰を見てみると、いつもより鍼痕がマシでした。

やっぱりお灸で血流を良くしてやると、違うんだな~と実感。
それに、ふくらはぎがあんなに変わるなんて
お灸のすごさに改めて感心しました。
T先生に感謝です。

1日経って、その後のふくらはぎの状態はというと
施術直後のふにゃふにゃとまでは、いかないけれど
柔らかさは、保っています。

そして驚くのが、ふくらはぎの鍼痕です。
きのう鍼を刺したところがどこか分からないほど
消えているんです。

きのうの施術直後にも、いつもに比べてかなり痕が薄いとは
思っていましたが、1日で消えるなんて本当にビックリです。
それだけ、今までは血流が悪かったということなんですよね。

家にもお灸があるので、時間があれば自分でもやろうと思います。 
お灸は、匂いが染み付くので敬遠していたんですよね。

きのうも帰りの電車で、体と服にしっかりお灸の匂いが
染み付いていて、自分でも臭かったくらいです。
きっと周りの人に迷惑掛けただろうな~
ごめんなさーい 

だけど、そんなこといっている場合じゃありませんね。
大敵である冷えにここまで効くなら、頑張って取り入れなきゃ!
次から鍼灸院でしてもらうときは、匂い対策も考えようと思います。

あっぱれお灸!!
バンザイふくらはぎ革命です
体調不良
2010年09月18日 (土) | 編集 |
ふくらはぎ革命が起こってから、早1週間。
ガッツリ体調壊しちゃってました~

毎度ながらの頭痛と倦怠感に、熱っぽい感じとフラフラ感
朝晩の気温が下がってきて風邪でもひいたのか
それとも鍼後の体調不良がまたまた戻ってきたのか・・・。

この1週間、午前中に家の用事をしたら
午後は横になるという生活を送ってました。

そんな生活も4日目あたりから、体調が戻りつつあったのですが
ダンナが新たな風邪をひいたため、どうやらそれも吸収したようで・・・。

私がひいた風邪はダンナにうつらないのに
ダンナの風邪はもれなく私にうつります

なんだろなー。 この弱っちさ。
こんな自分が嫌になっちゃいます

今日も午後から2時間ほど横になりましたが
いい加減、しんどいのも飽きてきました~。
それでも、今日は大分楽になってきたので
あと少しで復活できるはず!!
早くこの頭のモヤモヤ感が取れてほしいです。

ふくらはぎ革命の後、その柔らかさをキープすべく
ローラーやお灸などセルフをしようと思っていたのに
全くできていません

あのふにゃふにゃ感は何処へ~って感じですが
また元気になったら、セルフ頑張ろうと思います。

そんな体調不良の中ではありますが
おとといは頑張って、漢方とアロマに行って来ました。
って、これがまたトホホだったんですけどね

その話は、また今度に書くことにして
我家の3連休は、ゆっくりすることになりそうです。
みなさんは、楽しい3連休が過ごせますように
朗報です
2010年09月23日 (木) | 編集 |
CRPS難病指定署名の記事です。

前回の署名に関する記事で、ここ2回の提出日には
参加できなかったと書いていましたが、そんなときでも
署名活動に関する報告を代表の方からいただきます。

それは、メールであったり郵送であったりと
実に丁寧に連絡をしてくださいます。

きっと多くの協力してくださる方々にも
同じようにされているのだろうと思うと
本当に骨の折れる作業で、頭の下がる思いです。

先日いただいた書面では、大きな前進ともいえる
朗報を拝見させていただきました。

昨年の12月に「慢性の痛みに関する検討会」というものが
疾病対策課を事務局にして設置されました。

その様子は、このブログでも少し紹介していましたが
検討会は3回に分けて行われ、その検討会のまとめが
6月1日に案として出され、それをもとに議論がなされ
最終的なまとめが、厚生労働省の中で調整されていたそうです。

そして、9月13日に厚労相のホームページで
「今後の慢性の痛み対策について(提言)」 として
公表されたそうです。

3回に分けた検討会には、RSD山口はるかさんを支える会
代表の方も参加され、検討会のまとめを作る際にも
多くの患者さんから寄せられた意見を反映させようと
かなりのご尽力をされておられました。

去年から、文面で検討会の進展状況をご報告いただいていたので
今回の「今後の慢性の痛み対策について(提言)」を
読ませていただいて、支える会が検討会に働きかけた内容が
大きく反映されていると感じました。

代表の方も、支える会で作成された患者さんの資料集の
一人一人の声が反映されているものになっていて
委員の方々に受け止められて、有難く思うと仰っていました。

私も耐え難い痛みを経験したものとして
このような提言が厚労相からなされたことは
大きな前進だと感じました。

難しい言葉も含まれているかもしれませんが
この報告を読んでいただけると嬉しいです。

「今後の慢性の痛み対策について(提言)」 (PDFファイル)

尚、この件について、支える会の掲示板の報告を
下記の通り、転記させてもらいます。



朗報です!
「今後の慢性の痛み対策について(提言)」が厚生労働省から
出ました

投稿者:Web-family 投稿日:2010年 9月14日(火)00時22分28秒

厚生労働省は、患者さんの難病指定を求める切実な願いを受けとめて
昨年の12月10日に、疾病対策課を事務局にして
「慢性の痛みに対する検討会」を設置しました。

これまで3回の検討会が開催されて
CRPS(RSD、カウザルギー)を含めて

(1)「慢性の痛み」を取り巻く課題を整理して
(2)「慢性の痛み」対策の今後のあり方について

検討を進めてきました。

私たちも、患者さんの痛みの実態や願いが述べられた
資料集を作成しましたが、委員のドクターの方々も
よく読まれて、その中の一人一人の思いを受けとめて
真摯に論議を進めてくださいました。

6月1日に、検討会のまとめ(案)が事務局から出され
それをもとに論議がされて、最終的なまとめが
厚生労働省の中で調整されていましたが
9月13日、厚生労働省のホームページで

「今後の慢性の痛み対策について(提言)」 として
公表されました。
 
「調査・研究」の項目の所で、「難治性の痛みについて研究を推進し
対策を確立することが求められている」と位置づけて
「痛みの実態調査」と「痛みの評価法に関する研究」の推進を
謳っています。

提言には、患者さんから寄せられた声も多く反映されています。
研究費等の確保では、12月の予算案が山場ですが
提言の具体化に向けて、これからも声の広がりを
大切にしていきたいと思います。

今後も、ご協力よろしくお願いします。



次回の提出日は 10月13日(水) です。
FAXでも受け付けてもらえるので、みなさまの温かいご協力を
どうかよろしくお願いいたします。

署名用紙は下記からダウンロードできます
  
署名用紙

署名の送り先は、CRPSの署名活動をしてくださっている団体
RSD山口はるかさんを支える会』 に直接郵送、または
ファックスしていただくか、私の住所をご存知の方は
私に送っていただいても構いません。

RSD 山口はるかさんを支える会
■連絡先 東京都町田市南成瀬 8-15-7(佐藤様方)
 TEL・FAX : 042-722-3578

尚、不明な点などがありましたら、当ブログ、メールフォームより
問い合わせをしてください。(私に直接メールが届きます。)
どうなってるんだか
2010年09月28日 (火) | 編集 |
先週書いた体調不良ですが・・・
実は、まだ治ってません
かれこれ今日で16日目

どうやら2種類の風邪をひいたようで
前半のが治りかけたかと思うと
のどにくるキツイ風邪をまたもらったみたいです。

この風邪は完全にダンナの風邪で
症状と経過を辿ると笑っちゃうくらい一致しています。

体の強いダンナもこの風邪には1週間以上やられてたので
私も長引いているのかもしれません。

今はとにかくのどが痛くて、唾をのみこむのも辛いです。
それと毎度お馴染みの頭痛に、鼻づまりが少々。
午前中に用事をすると午後から休むという生活が
もう2週間以上続いています。

身体作りに始めていた、岩盤浴や腰湯、半身浴。
ストレッチやローラー、マッサージなども
全く何もできていません。

鍼にも3週間行けていないので
足も腰も、かなりキツイです。

ハァ、いつになったら元気になれるんだろう。
風邪はよくひくし、長引く方だけど
こんなに長くしんどいのが続くのは初めてで
私の体はどうなってるんだろうと不安になります。

この3週間、予定していたお出かけも全てキャンセル。
日常の家事をこなすだけで精一杯で、あとはダウンです

薬は飲まない主義だったけど、さすがにこの長引く風邪には
きのうから薬飲んじゃいました。

薬といっても症状を緩和するだけだから
飲んでもあまり意味がないかと思っていましたが
薬が効いている間に、こうやってブログも書けるし
少し気持ちの余裕もできて、これはこれでいいかなと。

月が変わる前には治っていたいけど、どうなるかな。
早く治療にも行きたいし、岩盤浴にも行きたいな。
そして、気持ちのいい秋空の元を歩きたいです。

身体作りに関しては、今月は全く何もできていないので
かなり焦りを覚えますが、そんなことを考えていたら
余計体に障りそうなので、ここは我慢我慢です。

こんな自分の体が情けなくてたまりません。
今は試練の時と思って、このどんよりとした雲がなくなり
きれいな虹がかかってくれることを願います
一周忌
2010年09月29日 (水) | 編集 |
今日9月29日は大切な友達、まめちゃんの旅立った日でした。
あれから1年。

あっという間では、ありませんでした。
私にとっては、長かったかな・・・。
まだ1年しか経っていないのに
ずいぶん前のことのような気がします。

でも、訃報を聞いたときのこと、
かけつけたまめちゃんのお家でのこと、
お通夜、お葬式、お葬式が終わってからのことは
不思議なことに、まるできのうのことのように
鮮明に覚えていて・・・。
時間の感覚が、なんだかよく分かりません。

そのときのことを思い出しては
涙したり、悔しくなったり、悲しくなったり。
眠れない夜が来るたびに、まめちゃんもこうやって
痛みと闘ったんだろうなと、しみじみ思います。 

入院中、夜が怖いと言って、よく電話で話をしました。
まめちゃんの運命を決めてしまった最後の治療の前夜。
その夜も、怖いと言って長い電話をしました。
その時のことを思い出すたびに、胸が締め付けられます。

あの時にもう一度戻ることができるなら・・・。
何度も何度も考えました。

もう一度看護師として働きたい。
夢を叶えたい。
病気を治したい。

24歳のかわいい女の子です。
まだまだやりたいこともたくさんあったのに。
最後の最後まで医療に翻弄されて
どれだけ無念だったことか・・・。

この1年、いつも思っていたこと。
まめちゃんは、本当に成仏できたのだろうか。
自分の死を受け入れることができたのだろうか。

いつまでも、メソメソしていてはいけないと
毎日写真のまめちゃんに笑いかけたり
話しかけたりしているけれど
それでも頭の片隅からはその思いが離れなくて・・・。

夏がやってきて、去年のことを思い出し
9月に入ると眠れない夜が続きました。
きっと命日の29日は、1日中泣いて
過ごすんだろうなと漠然と考えていました。

それが今日。
今日は、朝から気持ちの良い、抜けるような青空で
ここ数週間体調の悪かった私が、驚くほどに家事をてきぱきこなし
久しぶりに、気持ちよく空を見上げる余裕までありました。
まるで、まめちゃんに背中を押されているかのようでした。

その勢いのままに、気持ちの良い青空の下を
去年まめちゃんと一緒に食べたパンとスイーツを
買いに行きました。

そして、テーブルにまめちゃんの分も並べて
あのときのように一緒に食べました。
心なしか、写真のまめちゃんがいつもより
笑っているように見えました。

まめちゃん、いつまでもメソメソしてごめんね。
だけど、私はやっぱりまめちゃんが心配なんだ。
寂しがりのまめちゃんが、1人で寂しくないかなって。

でも、いつまでも残されたものが
こんなこと言ってちゃダメなんだよね。
まめちゃんにお説教されそうだね。

もっともっと強くならなきゃいけないのにね。
私の方が一回りもお姉さんなのにね。

まめちゃん、元気でいますか。
毎日何をしていますか。
お空の上は、どんなですか。
大好きな歌を歌っていますか。
お友達は、たくさんできましたか。
手足をうんと伸ばして、伸びをしていますか。
いっぱい走っていますか。
恋をしていますか。

それから・・・。

お空の上から、見てくれていますか。

こんな私じゃ、笑われるかな。
もっと強くならなきゃね。

私、頑張るから。
頑張るからね。
まめちゃん、見守っていてね。

これからも、まめちゃんの幸せを願って
祈り続けようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。