なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしよう
2010年11月01日 (月) | 編集 |
先週は、またひいた風邪がようやく落ち着いて
たまっていた家事や用事に追われました

そんな1週間の間に、3件もの訃報を聞きました。
とてもお世話になった方ばかりで、悲しい思いをしました。
詳しくは、またいずれ機会があれば書こうと思います。

さて、何をどうしようというのかというと・・・。
ズバリ体調のことです。

先週の一番寒い日にも外出をしなければならず
ガッチリ防寒をして出かけ、その日は難を逃れたのですが
週末になって、また体調がおかしくなりました。
土曜日からまた寝込んでいます。

9月の半ばから体調がおかしくなり始めて
風邪をひいていないときの方が少ないです。
普通に過ごせたのは、トータルで2週間ないくらい。

こんなことは今までに一度もなかったし
やっぱり何かがおかしいと思い、色々と考えました。

ひっかかったのは、漢方と甲状腺のことでした。
漢方を始めたのは8月で、その周期は何の問題も
ありませんでしたが、次の2周期目に1ヶ月ほど連続で
風邪をひいて、3周期目は9日ひいて5日休んで
またひくという感じ。

周期表と見比べると、2周期とも生理の時期は
全くひいていなくて、周期10日前後から
おかしくなる傾向でした。

それと甲状腺が気になるというのは、体調不良の症状が
甲状腺機能低下症の症状とよく似ているということなんです。
私はもともと機能低下症で、薬を飲んでいるのですが
何らかの原因で、機能低下症がひどくなったのではないかと
思ったのです。

甲状腺機能低下症の主な症状は

・皮膚乾燥
・疲労感
・むくみ
・寒がり
・頭髪の脱毛
・体重増加
・便秘
・無気力

甲状腺機能が低下してくると、全身の代謝が低下するため
体の全ての機能が低下します。 なので、免疫力も下がるので
風邪をひきやすくなると考えられます。

漢方の何らかの成分が、甲状腺に悪影響を
与えているのではないかと思い問い合わせてみました。
しかし、甲状腺のことはきちんと話していたようで
漢方が原因ではないということが分かりました。

もうひとつ考えられるのは、9月に喉の風邪をひいたときに
喉の痛みが治まらなかったので、のどぬーるスプレーを
してしまったんですよね。 しばらく使い続けていると
よくなったので、治まってからも予防のために
しばらく使っていました。

でも、あとで詳しく調べると甲状腺に問題のある人は
使ったらいけなかったんです!!

甲状腺に影響を与える物質の代表はヨード剤です。
これはヨードが甲状腺ホルモンの原料だからだそうです。
のどぬーるスプレーやヨード系のうがい薬がそれです。

ヨードは海産物や海藻類に多く含まれていて
ヨードが欠乏する国では、ヨードが不足することによって
甲状腺の病気になるそうですが、日本ではまず考えられません。

だけど、ヨードは摂り過ぎてもよくないらしく
特に健康な人が少々摂り過ぎても問題はないけれど
甲状腺に問題のある人が摂りすぎると
その症状を悪化させるのだそうです。

うがい薬は飲み込まないし、のどぬーるスプレーも
少量だから大丈夫だろうと思っていましたが
調べてみると恐ろしいことが分かっちゃいました。

概ね15mgのヨードが一気に入ると危険なのですが
のどぬーるスプレーには、1ml当たり5mgが含まれ、
うがいのイソジンには1ml当たり7mgが含まれているので
頻回にこうした製剤を使用すれば、ヨードの過剰は
起こっておかしくはないそうです。

もしかすると、これが原因で甲状腺機能低下症を
悪化させているのかもしれません。

来週には体外受精が始まるというのに
こんな体調じゃ無理かもしれません。

というか、体調より甲状腺の機能が下がりすぎていれば
移植しても無駄なので、採卵自体キャンセルになるかもしれません。

とにかく、今の体調が少しでもマシになれば
今週中に甲状腺の病院に行ってこようと思っています。

予約外なので、待ち時間がハンパないと思いますが
この状態で採卵に臨むのは、あまりにも危険なので・・・。

万全の状態で臨みたかったのに、体づくりもできていなし
どうすればいいんだろうと思ってしまいます。

またいつもの治療延期になっちゃうのかな~。
これで何回引き延ばしただろう・・・。
まぁグダグダ言ってても仕方ないので
甲状腺診てもらいますね。
スポンサーサイト
甲状腺の結果
2010年11月07日 (日) | 編集 |
体調不良が甲状腺の影響かもしれないということで
急遽、5日に通院してきました。

この日は甲状腺の他にも、鍼にも行ったので
1日仕事で、病み上がりの体にはハードでした。

さてさて、心配していた検査の結果です。(太字が今回の結果)

日付内服薬FT4FT3TSH
基準値(妊娠希望なし)-0.7-1.61.7-3.70.3-5.0
09/02/13チラーヂンS-501.012.274.699
09/03/13チラS-50+S-251.041.961.743
09/05/08チラS-50+S-251.132.331.640
09/08/21チラS-50+S-251.082.301.085
09/11/16チラS-50+S-25(*)1.132.500.122
10/02/18チラS-50+S-25(*)1.142.721.663
10/06/03チラS-50+S-25(*)0.952.230.745
10/08/31チラS-50+S-25(*)1.052.371.374
10/11/05チラS-50+S-251.082.621.093
妊娠希望時の目標値-0.7-1.61.7-3.72.5以下
(*) S-25 は週6日

ご覧の通り、特に問題がありませんでした
低下症の症状が見事に当てはまっていたので
絶対に数値が上がっていると思ったのですが
文句のつけようがないくらいいい数値でした。

あらら!? 
じゃぁ、あの体調不良は何だったの? って感じです。

季節の変わり目で体調を崩している人が多いので
私もそれではないかとのことでした。
それにしても、体調が悪すぎたんだけどな~。

夏が暑すぎて、秋がなくて急に季節が変わったから
私のような軟弱な体には、相当堪えたということでしょうか??

心配していたヨードの件ですが、私の場合は
制限はしなくていいので、通常の食事に摂っても問題はなく
のどスプレーも1週間くらいなら、使っても大丈夫なんだそうです。

今回のことで、ヨードに関してはとても勉強になりました。
甲状腺に問題がなかったのは、ひとまずよかったです。

さて問題がないとなれば、体外受精をどうするかです。
もちろんチャレンジすると言いたいところですが
諸手を上げて喜ぶわけにはいきません。
また体調が悪くなったらどうしようと思ってしまいます。

体調が悪くなると、何もできなくなります。
そんな状態で採卵、移植なんて体がついていくかどうか・・・。
それに、一番心配なのは卵の質です。

この2ヶ月、寝込んでばっかりだったので
岩盤浴も行けていないし、体づくりが全く出来ていません。
その間も卵は作られているわけで・・・。
そんな状態で作られた卵が、果たしていい質になるだろうか?

だからといって、今月を逃すと年明けまで待たないといけません。
1月になると今よりずっと寒いので、冷え性の私にとっては
今の方が季節的には良いはず。

それに、いつも万全を期してと時期を延ばすことが多かったけど
延ばしていい結果が出たかというと、そうでもないし・・・。
不妊治療をしている時の2ヶ月って本当に長いんです。
やっと挑戦できると思って待つ2ヶ月は更に長い・・・。

金曜日に甲状腺の病院に行きましたが
その時すでに新しい周期が始まっていたので
考える日は、その日しかありませんでした。

結局、1月まで待つという強い気持ちにはなれなかったので
今月挑戦することにしました。

どういう結果になるかは、分かりませんが
とにかく頑張ろうと思います
壊れまくり
2010年11月14日 (日) | 編集 |
以前、お友達のブログで「壊れ年」という内容の記事がありました。
その時は出費が嵩んで大変だろうなぁと、傍観者の面持ちだったのですが…。

なんのなんの。
我が家も負けず劣らず、夏頃から色んなものが壊れ始めました

ドライヤーに始まり、コンポ、テレビ、洗面所の換気扇ときて
先週の初めには、パソコンが壊れちゃいました

パソコンは電源が入らなかったり、画面が立ち上がっても
すぐに落ちたりで、機嫌が良ければセーフモードで
ほんの数分だけ動きます。

データのバックアップを取っていなかったので
立ち上がっている僅かな時間に、データをUSBメモリーに
移しているのですが、重たいファイルだと途中で固まってしまって
なかなか進みません。

しかも1回立ち上がって作業を5分程度できたとしても
その後はもう電源が入らず、丸1日くらい休ませないといけません。
ホント嫌になってきます。
こんなことなら、データちゃんと取っておくんだった…。

今のところ、少しずつだけどデータを取れていますが
何をしても、うんともすんともいわなくなった場合には
データ修復の専門業者があるので依頼することもできるみたいです。

だけど、そこにお願いするとすっごく高くて
6万から10万円以上くらいは掛かるんだそうで…。
そんなことはできないので、我が家は地道にやってみます。
無事に全部移動できることを祈って…

ということで、古いパソコンは使い物にならないので
思い切って、きのう新しいパソコンを買いました。
買ったはいいけど、設定することがたくさんありすぎて大変です。
今日の午後になって、やっとネットができるようになりました。

まだメールや諸々の設定が残っていますが
ネットができるようになれば、まずは一安心です。
いやぁ、この1週間パソコンを触らなかったので
なんだか落ち着かなくて…。

パソコンに依存して生活をしているんだなぁと
つくづく実感しました。 携帯もそうですが
ない時代は、それで十分過ごせていたのに
いつの間にか依存しきった生活になっているんですね~。

新しいパソコンは横長で、今までのと画面比率も違うし
画面の明るさや字体も違ったり、キーボードの配置や
打つ感覚も違うので、変な感じです。 
まっ、しばらくしたら慣れるでしょう。

みなさん、データのバックアップは取っておきましょう。
って、取ってますよね!? 取ってない私がバカでした。

写真のデータがまだ取れていないので
かなり不安になりますが、地道に頑張ります。

婦人科の方は、先週の土曜日から採卵周期に入っていて
注射も順調に進んでいます。
また詳しくは、別の記事で書きますね。

ひとまず、近況報告でした。
はじまってます
2010年11月15日 (月) | 編集 |
報告が遅くなりましたが、採卵周期がスタートしています。
周期2日目である11月6日から、注射が始まりました。
 
2日目の血液結果は以下の通り。

E2  25.2
LH   7.1
FSH  8.8

前回も前々回も、FSHが高めだったのが
少し下がってくれてよかったです。

注射の内容は、前回と同じフォリルモンP300単位。
今回も自己注射なので楽チンです

注射を初めて6日目に通院すると
卵胞は18個と順調に成長しており
この日から、排卵を抑制するアンタゴニスト製剤を
プラスして注射することになりました。

過去2回の採卵では、誘発期間は10日で
前半にFSH製剤、後半にLH、FSHの混合製剤
いわゆるHMGを打っていましたが、今まで成績が悪かったので
今回は少し違うものにすると先生から聞いていました。

その時は、注射の名前まで詳しくは聞かなかったのですが
HMGで今まで使ったことのない注射をするものと思っていたら
続けて同じフォリルモンP300を打つことになっていました。

私の知っている知識では、FSH製剤は卵の数を増やし
HMGは個々の卵の成熟を促すと覚えています。
FSHばかりで、卵の成熟は図らなくて大丈夫なのかなと
不安になります。

きっと先生の考えがあってのことだと思うので
あまり深く考えないようにと心がけていましたが
やっぱり気になるので、今日これから通院するので
聞いてみようと思います。

漢方は今周期も続けています。
いつもより少し値段は高くなるけど、卵の質を上げる薬を
グレードアップしたり、採卵後は卵巣の腫れを抑える
処方をしてもらったりと通常の周期とは違う内容になっています。

あれこれ考えると、精神衛生上よくないので
なるべく考えないように、平常心で過ごしたいのですが
採卵が近づくにつれ落ち着かなくなってきました。

緊張するけど、平常心平常心
採卵決定
2010年11月16日 (火) | 編集 |
 DAY11 注射9日後 

きのうは担当の先生が夜診だったので、夕方から通院してきました。

卵胞は24個できており、大きさは17、18、19mm。
内膜は9.6mmでした。

採血の結果は
E2  2146
LH  0.5
P4  0.9

E2の値は卵胞の個数で、割って200以上あればいい
とのことですが、私の場合はいつも低いのです。
今回もやっぱり低い…

今の病院での過去2回の採卵では、注射を10日間行いました。
両方とも成績が悪かったので、それは過熟成のせいかもしれない
ということで、今回は9日目で注射が終了になりました。

採卵は、予定通り17日に決定しました。
これは卵胞の大きさとホルモン値を見てのことだそうです。
きのうの20時半ごろ、排卵を促すhCG10000単位を打ち
あとは、採卵を待つだけです。

気になっていたFSH注射のことですが
確認したところ、通常は前半にFSH製剤を
後半にHMG製剤を注射するのですが
それで、いい結果が出なかった人は
FSHだけで誘発を終える場合もあるそうです。

FSHだけで、うまくいった方もいらっしゃるそうで
私も一度試してみることになったそうです。
私に合うかどうかは分かりませんが
いい結果に繋がるように祈るだけです

採卵は、明日17日の8時からです。
きのうからお腹が張って辛いですが
泣いても笑っても明日が勝負。
いい結果に繋がることを信じて頑張ってきます。
採卵
2010年11月17日 (水) | 編集 |
 DAY13 採卵当日 

今日は採卵日でした。
朝7時45分頃に病院に着き、準備をした後
8時から採卵となりました。

今回も全身麻酔だったので、眠っている間に済み
2時間ほど休んだ後、内診、面談となりました。

さて、運命の結果は…

採卵数/卵胞数 19/28 (68%)
成熟見込卵      8 (42%)
未成熟卵        1 (5%)
変性卵        10 (53%)

少しでも卵の質が良くなるようにと
漢方や食事の見直し、禁酒に、甘いもの断ちなど
あれやこれやと頑張ったわりには、いつもと
大差ない結果でした。

それでも、前回の成熟見込み卵が2個という
選択の余地がないような結果でなかったことは
よかったかな。

卵胞数こそ違うものの、成熟見込み卵や変性卵の割合は
2回目の採卵とよく似ています。
やっぱり何をしても、私の場合は変性卵が多いみたいです。
先生に聞いてみても、何が原因かは分からないと言われました。

まぁ、悪い結果ばかりを見ていても仕方がないので
気持ちを切り換えて、残り8個の卵ちゃんに
頑張ってもらうしかありません。

2回目の採卵では、7個の成熟見込み卵があったのですが
通常受精をしたところ受精率が悪くて、3つしか受精せず
胚盤胞までは1つしか到達できず、グレードもCと
一番悪いものでした。

ダンナの方は何も問題のない良い数値だったのですが
受精率のことを考えて、今回も前回同様、顕微授精に
することにしました。

移植については、3日目の初期胚か5日目の胚盤胞か
選択を任されました。 迷うところです。

先生の意見としては、胚盤胞まで育てるのが
効率的だというものでしたが、初期胚でグレードが良くても
胚盤胞まで到達しない可能性もあるし
かといって、少々グレードが悪くても
初期胚移植で妊娠に至る場合もあるわけで…。

体内と体外の環境は違うので
一概にどちらがいいとは分からないそうで
無難にいくなら、初期胚で戻して
残りは培養を続け、胚盤胞まで育ったら
凍結するというのが一番いいのかもしれません。

ダンナも一緒に面談に立ち会ってくれたので
先生ともいろいろと話し合いました。
あれやこれやと選択肢を出して考えた結果
胚盤胞まで育てることにしました。

しかし万が一、明日の受精確認で
受精卵があまりにも少ない場合は
初期胚移植も考えるということになりました。

初期胚と胚盤胞を効率よく移植するには
二段階移植はどうかと聞いてみましたが
過去の産物だと言われました。
もう海外ではやっているところはなく
未だにやっているのは日本だけなんだそうです。
胚盤胞を2個移植する方が出産まで至る確率が高いので
この病院では、二段階はもうやっていないのだそうです。

明日の受精確認まで緊張が続きますが
ひとまず今日は大仕事を終えました。

今回は卵胞数28個と、過去4回の採卵で一番多かったので
その分、穿刺数も多いので、お腹の痛みがひどいです。
まともに歩けないので、しばらくは安静にしておきます。
受精確認
2010年11月18日 (木) | 編集 |
 DAY14 採卵翌日 

きのうはお腹の痛みがひどくて、ほとんど動けませんでしたが
今朝は少しマシになっていたので、安心しました。
外出できるまでは、あと数日かかると思いますが
しばらくおとなしくしておきたいと思います。

卵胞が腫れているせいなのか
昨晩はトイレに4回も起きました。
1時間半から2時間おきに目が覚めるので
熟睡できなくて、参っちゃいました。

さて、今日は受精確認の日でした。
朝の10時に電話で確認をしました。

きのう8個あった成熟卵のうち
1個は退行してしまったそうで
7個を顕微授精したとのこと。

そして結果は

6個 が正常受精しました

採卵数19個からすれば、受精した数は少ないけれど
私にとっては、今までで一番多い数です。
(1回目3個、2回目3個、3回目2個)

移植の予定は、胚盤胞まで待つことにしました。
6個のうち、何個が胚盤胞まで育ってくれるか
心配ですが、あれこれ考えても仕方ないので
あとは運を天に任せるしかないですね。

とはいっても、グレードのこと、数のこと
色んな心配が頭によぎります。
難しいとは思いますが、できるだけ気分転換をして
そのときを待ちたいと思います。

移植予定日は、11月22日です。
どうかいい結果でありますように
周期療法 3周期目まとめ
2010年11月19日 (金) | 編集 |
遅くなりましたが、漢方周期療法3周期目のまとめです。

月経期はいつもと変わりなく
低温期と高温期のお薬が少し変わりました。

二至丹は体温が高めだったので今まで入っていましたが
落ち着いてきたので今周期はなくなり、その代わりに
海精宝という卵の質をよくするお薬が5錠から8錠に
増量されました。

不正出血対策に飲んでいた帰脾湯ですが
増量しても変わらなかったので、より効き目の強い
帰脾錠に変更。 粉末から錠剤に変わりました。
さてさて、今周期の結果はいかに!?

(月経期)
① 血府逐瘀丸 8丸x3回x5日 
② 水快宝    5粒x3回x5日 ¥2,625(①+②)
③ 婦宝当帰膠 5mlx2回x5日  ¥850   
                小計 ¥3,475

(低温期~排卵期)
④ 杞菊地黄丸 1/2x2回x10日 ¥3,570
⑤ 海精宝   8粒x2回x10日   ¥3,000
⑥ 逍遥丸   6粒x2回x10日   ¥1,800
⑦ 婦宝当帰膠 10mlx2回x10日 ¥3,400
⑧ 冠元顆粒  1包x2回x3日    ¥945            
                 小計 ¥12,715

(高温期)
⑨ 参茸補血丸 1/2x2回x13日 ¥5,564
⑩ 帰脾錠   6粒x2回x13日  ¥3,640 
⑪ 衛益顆粒  1包x2回x13日  ¥2,730
⑫ 婦宝当帰膠 5mlx2回x13日  ¥2,210
                 小計 ¥14,144

3周期目合計: ¥30,334
(10/8~11/4 周期28日)

6月に行った採卵の影響だと思いますが
ここ2周期は、排卵までやたらと時間が掛かったり
周期自体が30日以上になるなど、通常の周期より
大分乱れた感じでした。

それが今周期は、やっと安定しました。
排卵は16日目で、全体では28日周期でした。
基礎体温も申し分のないくらいキレイなグラフになり
前回の採卵から4周期目にして、やっと元に戻った
という感じです。

さて、問題の不正出血はというと…
残念
今周期も変わらず、しっかり6日ありました   

このことを漢方の先生に伝えました。
当初は、漢方を試せばおさまるとおっしゃっていましたが
なかなかすぐには結果が出ない場合もあるので
飲み続けることが大切と切り返されました。

私の不正出血は、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを取れば
治まることが分かっているのですが、私の場合は
漢方では何をやっても難しい気がします。

ということで、目標としていた周期療法3周期が終わりました。
いよいよ、次の周期は採卵です。

漢方の成果がどうか卵ちゃんに反映していますように
結果報告
2010年11月22日 (月) | 編集 |
 DAY18 採卵後5日目 

採卵の後、卵巣の腫れがひどく、少し家事をするだけで
痛みがひどくなり動けなくなるほどだったので
これはヤバイかもということで、移植後3日目にあたる
土曜日に病院に電話をしてみました。

もし重篤なことが起こっている場合には
日に日に症状がひどくなるそうで、私の場合は
ほんの少しずつマシになってきていたので
すぐに病院に行く必要もないということで一安心。

看護師さんに聞くだけでも、気持ちが楽になりました。
それにしても、見事なくらいお腹がぽっこりしちゃって
本当にびっくりしました。 

妊婦さんか!? と疑うくらいお腹が出ていて
横から鏡で見て、この中に赤ちゃんがいてくれたら
どれだけいいだろうと思っちゃいました。

ひどかった痛みは、4日目には大分落ち着き
家事をしても、それほど響かなくなりました。
ただ10分くらい立って作業をしていると
少し違和感が出てくるので、椅子に座ってやっていました。

さて、今日は採卵後5日目。
胚盤胞をお迎えする日でした。

前々回の胚盤胞移植の時は、午前中に胚の状態を確認してから
移植可能なら病院に行くという形でしたが
今回は、移植しないにしても薬の飲み方など
指導しなければならないということで
電話確認なしに、午後から直接病院に行くことに。

着いてすぐに培養師さんからのお話。
結果は…

ダメでした。
6つ受精したうち、4つが桑実胚。
あとの2つは桑実胚にもなっていない状態。

一瞬、頭が真っ白になって、途中で
培養師さんの声が聞こえなくなりました。
思わず聞き返してしまいました。

それぞれの胚の分割スピードやグレードなど
口頭で詳しく説明してもらいましたが
出てくるグレードはCが多く、覚えきれなかったので
あとでコピーをほしいとお願いすると
詳しく書き直して渡してくださいました。

もらった紙には、受精した日から5日目までの
胚の状態が詳しく書かれていましたが
長くなるので、ここに載せるのは4日目からにします。

<受精後4日目> 
4細胞期胚  グレードD
5細胞期胚  グレードC
5細胞期胚  グレードBC
8細胞期胚  グレードBC
10細胞期胚 グレードBC
10細胞期胚 グレードBC

受精後2日目で4細胞期、3日目で8細胞期
4日目で桑実胚、5日目で胚盤胞となるのが通常ですが
私の場合は、毎度ながら分割スピードが遅いです。

そして今日の状態は

<受精後5日目> 
4細胞期胚  グレードD
8細胞期胚  グレードC
桑実胚 4つ

桑実胚はグレードがつけられないのだそうで
個数のみの記載となります。

培養師さんの話では、一応培養を明日まで続け
桑実胚の4つが、6日目で胚盤胞になるかどうかを
見るそうです。

そして、グレードがB以上であれば凍結
Cであれば廃棄を勧め、BCの場合は勧めないが
要望があれば、凍結可能とのことでした。

培養師さんは4日目の段階でグレードがBCやCでも
胚盤胞になった時点でグレードが上がることもあると
おっしゃっていましたが、正直言って
これ以上期待する気力はありません。

過去に3つしか受精しなかったときでさえ
1つは5日目で胚盤胞になってくれたので
今回は2つか3つは育ってくれると思っていました。
まさか、1つも育たないなんて…。

培養師さんとの話の後、先生との面談がありました。
いつも担当してもらっている先生はおられなかったので
別の先生でした。

その先生からは、今回は残念な結果で移植ができないので
今後の薬の飲み方と次周期以降の話があっただけでした。

聞いていると、今周期は黄体補充のための薬
ルトラールとプレマリンを各2錠朝晩飲んでいたのを
各1錠に減らし、27日まで服用。
膣座薬のクリノンは使用しなくてもよい。

12月の初めに生理がくるので、この月はピルを飲んで
卵巣を休めましょう。 病院の年末年始にあたるので
ピルは長めに飲んで、年明け早々から始められるように。
とおっしゃいました。

サラっと聞いていましたが、我に返って耳を疑いました。
先生は1月に採卵をするつもりで話を進めておられたのです。
6日目胚盤胞を凍結するという選択は一切なく…。

今まで卵の質が悪いので、次の採卵まで4周期くらい
空けるのを当たり前にしていたので、急に言われても
気持がついていきません。 それに、ただでさえ
卵の質が悪いのに、そんなにすぐに採卵をして
本当に大丈夫なのかという不安があります。

そして、そんなにすぐに採卵して
卵の数がきちんと採れるのかも心配です。
しかし、先生はすぐでも問題はないととおっしゃいました。

とりあえず、1月に採卵するかどうかは
考えるということで、面談を後にしました。

ったく、痛い思いや大変な思いをしている患者に対する
配慮が全くなく、いとも簡単に言ってくれるので
ため息が出ました。

面談中、何度も泣きそうになるのを必死で堪えていましたが
途中少し涙が出てしまいました。 面談が終わった後も
気を緩めると涙が出そうだったので、持っていた本に集中して
何も考えないようにしました。

しばらくして会計に呼ばれて、お支払い。
18万…。

移植もできず、凍結卵すらできていないのに、この金額。
虚しく支払いを済ませて病院を後にしました。

まぁこれでも採卵4回目ということで、
3割引かれているので満額なら26万なんですけどね。
それでもやっぱり高いです。 ため息しか出ません。

色々頑張ってもこの結果…。
これからどうしたらいいんだろ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。