なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
詳細説明
2012年03月02日 (金) | 編集 |
2011年5月3日(火) DAY30

先日凍結した卵ちゃんの詳細を聞きに
ダンナと一緒に病院に行きました。

この日は、培養師さんと先生からの話を聞くだけだったのですが
祝日だったので、かなりの時間を待つことになりました。

まずは培養師さんの話から。
今回の一連の流れを聞きました。

6日目の時点で胚盤胞に到達したが
大きさは夕方の時点で170μm。

凍結基準としては、6日目で180μmないと
凍結できないため、翌日まで様子を見ることに。

7日目朝9時の時点で、すでにイクシーホールからの
脱出が始まっており、30%くらい出ている状態だった。

通常は、230~240μmになると殻(透明帯)を破り
脱出が始まるが、今回はこの大きさになっていたかは不明。

原因としては、透明帯の伸びが悪く、硬かったため
細胞が成長しようとしているのに、周りの殻が伸びないので
イクシーホールから出てきたのではないかとのこと。

イクシーホールからの脱出に関して、顕微授精をしたら
全てがこうなるという訳ではなく、今回のようなケースは
極めて稀で、今までに例がない。

というのも、イクシーホールから、少しだけ細胞がはみ出すことは
よくあるのだが、通常は浸透圧の関係で元に戻るそう。
仮に、戻れなくなった場合は、そのまま成長が止まるか
くびれた所がちぎれてしまう。

しかし今回の場合は、脱出した細胞も、残っている細胞も
両方成長しているので、こんな例は今までにない。

透明帯の中に残っている細胞の状態を見るため
アシステッドハッチングを行ない、細胞を確認すると
1つ1つの細胞がきれいで問題がなかった。

卵の大きさ、は次の通り。

            <脱出した部分>   <残っている部分>
7日目 11:15   95.85μm     163.98μm 
7日目 13:50                181.31μm
8日目  朝                   260.00μm

このように卵は細胞は成長を続けていて、8日目の朝の時点で
中に残っている部分が260μmになったので凍結をした。
フラグメントはあったが、問題のない程度。

ちなみに、夢クリの胚盤胞凍結基準は次の通り。

       <大きさ>      <細胞数>
5日目  160μm以上     8以上
6日目  180μm以上    12以上
7日目  200μm以上    18以上

今回は、卵の成長が進んでいるので凍結となったが
今までこんな状態で、しかも8日目で凍結した例はないので
今後、融解に耐えられるか、移植したらどうなるかは不明。

仮に移植できる状態になっても、1つの卵が2つに分かれている状態で
移植することになった場合、一卵性双生児になる可能性が高い。

そして、結合した部分が離れないので、2つ共が着床し
成長した場合には、結合児になる可能性もある。

脱出した部分より、殻の中に残っている部分に胎児になる細胞が
多く含まれており、脱出した部分には少ししか入っていない。

少ししか入っていなくても細胞は増えていくはずだが
今回は前例がないので、正常に成長できるかも不明。
何らかの障害が出る可能性は、通常の場合に比べると高くなる。

もちろん、何も問題や障害がなく、無事に出産できる可能性もあるが
やはり前例がない以上、確実なことは言えない。

この卵を移植するかどうかは、私達夫婦の判断に任せるが
融解後、両方の細胞が生きている場合は、移植は勧めないとのこと。

今回は特別な例なので、胚盤胞後期培養料と凍結代は請求せず
移植可能になった時点で、移植が完了したら発生することとする。
凍結の期間が年単位の長期になっても構わないとのこと。

ざっと書きましたが、培養師さんとの話はこんな感じです。
とりあえず凍結できたとはいえ、この卵を移植するかどうかという
難題につきあたりました。 

何度も言われたのは 「前例がない」 ということ。

一般のクリニックで、20~30年かかるデータを1年で集めてしまう
夢クリニックの膨大なデータをもってしても、例がないなんて…。

電話でこの話を聞いた時は、なんて運が悪いんだろうと思いましたが
言い替えれば、考えられない程、生命力の強い卵だったということ。

逆境に耐えて、信じられないような生命力で成長している卵ちゃん。
できることなら、お迎えしてあげたい気持ちになりましたが
色んなリスクを聞くと、躊躇せざるを得ませんでした。

このあと、先生とも話をしましたが、先生も培養師さんと同じ見解で
この卵を移植するのは勧めないとのことでした。

この卵は置いておいて、良い卵が採れるように
採卵を続けてみてはどうかと提案されました。

私達夫婦も、先生や培養師さんの意見と同じで、できればもう少し
採卵を続けてみて、いい卵ができるかどうかを見てみたいと思い
そのように伝えました。

今後の予定としては、次周期、自然採卵をし
うまくいかななければ、1周期カウフマンを挟み
その次の周期に低刺激をするということになりました。

それにしても、こんなことが起こってしまうなんて…。
きっと誰にも想像ができないようなことだったんだと思います。

電話で聞いた時は、内容が整理しづらかったのですが
実際の卵の写真や、大きさなどのデータを見せてもらって
一連の出来事がよく分かりました。

こんなに頑張ってくれた卵ちゃんを思うと胸が痛いですが
次の採卵に臨むことになりました。

*******************************************************

あまりお金のことは書きたくないのですが
参考にされている方もいらっしゃると思うので
書かせてもらいます。

今回の低刺激周期の料金をまとめましたので
興味のある方だけ、見てください。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
健診
2012年03月07日 (水) | 編集 |
28W1D

きのうは健診に行ってきました。

BPD(頭の左右幅)    7.66cm
FTA(お腹の断面積)   45.7c㎡ 
FL (太もも~膝まで)  5.22cm
EFW(推定体重)     1408g    
 


赤ちゃんは、この2週間で351gも大きくなっていました
やっぱり少し大きめだけど、経過は順調とのこと。

前回は大丈夫だったのに、きのうはまた逆子になっていました。
前々回は逆子、前回は直り、今回はまた逆子…。
よく動く赤ちゃんです。

まだ固定される時期じゃないので、それほど深刻ではないけど
逆後体操をするように指導を受けました。

その体操とは、夜寝る前に5分間仰向けで休んだ後
うつ伏せになってから、四つん這いになり
その体勢から頭と胸を下げていき、顔を下につけ
腰を高く上げる姿勢になります。

そして、そのまま5~10分体勢をキープ。
終わったら、起き上がらないで
静かに体を右に倒して寝るというものでした。

昨日、寝る前に早速やってみましたが
結構苦しい体勢なので、5分が限界でした。

赤ちゃん関連の本によると、妊婦は左を下にして
横向きに寝る方が体が楽だし、赤ちゃんにとっても
スペースが広くなっていいと書いてあったので
いつも左側を向いて寝ていたのですが
逆子になっているときは、反対にするんですね。

きのうは、赤ちゃんにも事情を話して
うまく頭が下に来るように動くんだよ~と
言っておきました。

きっとまだまだ動いてくれるだろうと期待してるので
それほど深刻には考えていません。

いつも胎動を感じるのは下の方なのですが
これこそが、逆子っていうことになるのかなぁ。
逆子じゃなくなると、もっと上の方で
胎動を感じるのかなぁ?? 

でも、今まで逆子じゃないときでも
下の方で胎動を感じることが多かったし
よく分かりません。

きのうは、妊娠糖尿病の検査もしました。
サイダーのような甘い飲み物を飲み
1時間後に採血をして、糖を分解しているか
確認する検査でした。

結果は次の健診の時に教えてもらうみたいです。

今週から28週に入り、8ヶ月目ということで
妊娠後期に入りました。

相変わらず、体調はまだ安定しておらず
しんどくなって寝込むこともありますが
元気な時は、なるべく動くようにしています。

最近の困りごとは、夜寝ているときに
脚が攣ることと、トイレが近いことです。
トイレは仕方ないにしても
脚が攣るのはちょっと辛いです…。

毎晩、寝る前にふくらはぎをよく伸ばしてから
寝るのですが、それでも攣ってしまいます。

そこで、きのうは寝る前に旦那が
ふくらはぎのマッサージをしてくれました。

靴下効果で、浮腫みは大分マシにはなったけど
やっぱりまだ浮腫みと張りが強いみたいで
すごく硬かったみたいです。

私は「痛い、痛い」の連発で、ダンナは
ほぐすのにすごく苦労していました。

しばらくマッサージをしてもらうと
大分ほぐれて柔らかくなっていました

おかげできのうは久しぶりに
脚が攣らずに済みました。
ダンナに感謝です。

そんなこんなで、相変わらずのマタニティライフですが
そろそろ春になって気候もよくなってくるので
毎日、元気に動けるようになりたいです。
2か月ぶりの甲状腺
2012年03月14日 (水) | 編集 |
29W1D

お久しぶりです。
最近忙しくて、全然ブログが更新できません。

というのも、妊娠してから2月までは、病院以外
ほとんど予定が入っていなかったのですが
3月はものすごく予定が入ってるんです。
(私にしては、ですが…)

ずっと体調が安定しなかったので、友達にも全然会えてなくて
その分が全部3月に集まったという感じで…。

まぁ、普通の人なら問題ないと思うのですが
すぐにへたってしまう弱っちい私にとっては
毎週末プラス、平日にもいくつか予定が入っているのは
かなりハードなことでして…。

で、またその間に通院が入ってくるので
うまくこなせるか、今から心配しています。

友達に会ったり、旅行に行ったり
プランもいろいろ考えたりしていると
あっという間に毎日時間が過ぎちゃいます。

というわけで、バタバタしながらも
きのうは甲状腺の病院に行ってきました。

2ヶ月ぶりでしたが、甲状腺の数値も他の数値も
申し分ないくらいいい数値だと、おじいちゃん先生から
太鼓判をもらいました。

健診で引っかかった肝機能を表す数値も
今回は正常値で問題がありませんでした。

中には、非妊娠時で考えると高値になっているものが
いくつかありましたが、妊娠時には高値になって
当たり前だそうで、妊娠経過が順調な証拠だと
言われました。

ちなみに、その項目はというと
総コレステロール、白血球、好中球です。
全て上限値より、少し高めになっていました。

今回の検査で、1つ驚いたことがありました。
それは、貧血の数値が正常に戻っていたことです。

妊娠32週までは貧血になってしまうらしく
私の場合も毎回ひどくなっていたのに
今回は正常値に戻っていたので、先生からも聞かれました。

考えられるのは2つあって、1つはプルーンジュースや
プルーンを毎日摂っていることと、もう1つはサプリメントを
変えたことです。

このサプリの話が、ひどい話でして…。

このブログでも以前書いたことがあると思うのですが
私は妊娠前から、葉酸とヘム鉄とビタミンCが入っている
サプリを飲んでいました。

このサプリを選んだ理由は、ヘム鉄であることと
100%自然素材からできているということでした。

ヘム鉄と非ヘム鉄の吸収率は全く違うので、ヘム鉄を選んでいたし
添加物などの体に悪いものを取り入れたくないという思いから
少し値段は高くなりますが、このサプリを選んで飲み続けていました。
(そのサプリメントというのが → 葉酸+ヘム鉄

それが、この2~3間前からどこを探しても見当たらなくて
ネットでも薬局でも一切買えない状態だったんです。
何日待っても入荷もしないし、おかしいなと思って
この商品のことを調べてみたら…。

なんと、成分に偽表示があったというニュースを見つけました。
→ こちら

そこには、ヘム鉄と記載しながら、実際には非ヘム鉄だったこと
ビタミンCの成分はローズヒップではなく、L―アスコルビン酸
だったということが書かれていました。
なんじゃそりゃ

ヘム鉄だと思って、天然由来成分だと思って
せっせと摂っていたのに

もともとは偽表示ではなく、本当にそうしていたみたいですが
ビタミンCは2005年7月、ヘム鉄は2008年12月以降
成分が変わっているにもかかわらず、訂正をしていなかったみたい。

私が飲んでいた正確な期間は分からないけど
少なくとも2年は続けていたと思います。
ということは、私が飲んでいたのは全て偽表示のもの。

一番売りにしているところなのに、偽ってたなんて!!
本当に信じられません。

というわけで、薬局で売っているヘム鉄のサプリに変えたんです。
まだ変えて2週間も経っていないと思うんですが…。

今回の結果には、驚きました。
今回貧血が治っていたのは、サプリだけではなく
プルーンなどの食物から摂っているものも
関係しているのかもしれませんが、一番考えられるのは
サプリなので、かなり衝撃を受けました。

このサプリの偽表示のことを知ったときは
本当に腹が立って、文句の1つでも言ってやりたい
気分になりましたが、メーカーのホームページを見ても
その商品がラインナップから消えているだけで
偽表示のことなど一切記載されていないし
やり場のない怒りを感じていました。

でも、そうこうしているうちに忙しくなってしまったので
ブログに書くこともしていなかったのですが
今回はいい機会なので、書いちゃいました。
おかげで、ちょっとスッキリしました。

なんだか、サプリのことで話が脱線しましたが
とにかく甲状腺の病院は問題なく終えられました。

このままで薬の量を続けていけば、甲状腺は安定するので
次回の通院は出産後でいいと言われました。

薬の量は、出産までは今までと同量ので100μで
出産後は75μにして、産後2ヶ月したら
来るようにと言われました。

次は出産後なのかと思うと、なんだか感慨深いです。
おじいちゃん先生は、私の脚のことも心配してくださり
まだ完治していないけど、日常生活には支障がないと言うと
心から安心した表情で、優しい言葉をかけてくださいました。
本当に有難かったです。

出産、頑張ってきます!
とおじいちゃん先生に約束して、診察室を後にしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。