なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっという間の2週間
2012年04月01日 (日) | 編集 |
31W6D 

先月半ばに更新したっきり、すっかりご無沙汰しちゃいました~。
いやぁ、タイトルにもあるように、あっという間に半月が経った
気がします。

3月は、私にしては忙しいとブログにも書いていたのですが
3月18日(日)からの1週間は、その中でもかなりハードで
怒涛のように過ぎていきました。

お腹が大きくなるにつれ、腰に負担がかかって痛みも
出ていたのですが、なんとか騙し騙しやっていたんです。

それが、どうもうこうも我慢できないほど痛くなってきて
とうとうお尻にも症状が出だして、家の中を歩くのさえも
難しいほどになってしまったんです。

そこで、18日に急遽、以前からお世話になっていた
鍼の先生のところへ治療をしてもらいに行きました。

妊娠してから初めての治療だったので
不安が大きかったのですが、クッションの位置を
うまく調節してくださり、お腹に負担がないように
治療をしてもらえました。

で、その次の日の19日は妊婦健診に行きました。
まだブログに記録も書いていませんが、経過は順調でした。

そして、次の日の20日には、入院中同室だった友達が
遠方から遊びに来てくれ、我家で談笑&食事。

21~22日は、その友達と京都に旅行へ。
2人ともまだ病気が完治していないわりには
結構歩いて、頑張りました。

おいしいものをいっぱい食べ
温泉に入り、すごく充実した旅行になりました。

23日は1日何もなく、フリーでしたが
疲れがどっと出て、1日ダウン。

そして、24日。
この日は、久しぶりに会う友達3人で梅田でランチ。
またまたいっぱい食べて、いっぱい話して
楽しい時間を過ごしました。

とまぁ、ここまでよく動けたなと自分でも感心するほど
かなりハードな1週間でした。

妊娠してからというもの、病院以外の予定はほとんどなく
連続して予定が入るというだけでも、すごいことなのに
それが1週間、ほぼぶっ通しで予定が入るなんてことは
私にしては有り得ないくらいの快挙なんです。

健康な人からすると、大袈裟だと思われるかもしれませんが
今の私の体力では、奇跡に近いくらいで自分を褒めてあげたい
気持ちになりました(笑)

で、ここまではよかったのですが
その後が問題なんですよね~。

25日以降は、特に予定もなかったので
気が抜けたんでしょうね。

25~26日は案の定、疲れが溜まってダウン。
必要最低限の家事をしたくらいで、あとはぐったりしていました。

27日は疲れが抜けて復活したので、朝から色々と用事をして
動いていたのですが、ダンナが食あたりになってしまいまして…。

朝から下痢がひどくて、会社を半休にして病院に行ったのですが
そうこうしているうちに、どんどんひどくなってきて
下痢と吐き気と高熱で、動けない状態になってしまったんです。

あれやこれやと看病に必要なものを買い物に行くこと3回。
頑張って動いたせいでお腹が張って、私もしんどくなりながらも
寝室まで異動できないダンナをリビングに寝かせるのに
布団を敷いたり、お粥を作ったり、水分補給をさせたりと
忙しく看病をし、なんとかこの日は乗りきれました。

でも次の日から、私にも食あたりの症状が出てダウン。
私はダンナほどひどくなかったので、病院には行かなかったのですが
下痢気味なのと吐き気、微熱にやられました。

食欲がないので、あまり食べられず、赤ちゃんが心配でしたが
お粥と豆腐をなんとか頑張って食べていました。

結局、28~31日まで寝込んでしまい
31日に予定していた友達の家に行く予定を
キャンセルすることになってしまいました。

そして、きのうの夕方くらいから食欲が少し出てきて
今日になって大分回復してきました。

気がつけば、今日はもう4月1日なんですね。
もう4月だなんて…。 本当に早いです。

頑張った後には、お決まりのように体調を崩してしまいましたが
怒涛の1週間をこなせたということで、ちょっぴり自信もつきました。

4月になって、気候も良くなってきたことだし
この調子で少しずつ動いて、体力をつけようと思います。

出産まであと2カ月。
きっとあっという間なんだろうな。

やらなきゃならないことも沢山あるので
頑張り過ぎずに、頑張らなくっちゃです。
スポンサーサイト
健診
2012年04月03日 (火) | 編集 |
3月19日(月) 30W0D

遅くなりましたが、3月19日の健診の結果をアップします。

BPD(頭の左右幅)    8.24cm
FTA(お腹の断面積)   49.7c㎡ 
FL (太もも~膝まで)  5.47cm
EFW(推定体重)     1663g    
 


赤ちゃんは順調で、1663gになっていました

前回行なった妊娠糖尿病の検査も問題なく
貧血も改善されているようでした。

前回の健診で逆子だったので
心配でしたが、直っていました~

結局、逆子体操は初日の1回しかやりませんでした。
というのも、次の日には上の方で動いていたので
直ったのかなぁと思っていたからです。

下の方で動いているなぁと思ったら
常に赤ちゃんに話しかけて、逆子が直るように
言っていたので、それを聞いてくれたのかも
今から親バカですが、かなり賢い子かもしれません(笑)

この調子で、頭が下に落ち着いてくれたらいいんだけど…。
また褒め褒め作戦で、赤ちゃんに話しかけよっと
健診
2012年04月03日 (火) | 編集 |
4月3日(火) 32W1D

本日2回目の投稿です。 

今日は、健診に行ってきました。
今週から9ヶ月に入り、一段とお腹が重たくなった感じがします。

BPD(頭の左右幅)    8.93cm
FTA(お腹の断面積)   62.0c㎡ 
FL (太もも~膝まで)  6.06cm
EFW(推定体重)     2219g    
 


赤ちゃんは、2219gになっていました。
とうとう2000g越えです
2週間前と比べると、556gも大きくなっていてビックリ。

先週は、食あたりでほとんど食べられなかったので
赤ちゃんに栄養が行き届いているか心配だったのですが
週数相当より大分大きくなっていました。

特に、頭がすごく大きいみたいで
この大きさは、35W6D相当らしく
3週近くも大きいので驚きです。

体重は、33W5D相当で、この調子でいくと
予定日には3500gを超えるんじゃないかと
言われて、ちょっとビビっています。

できれば、予定日より早めに産む方がいいと言われました。

ここ数日、お腹が張ることが多く、痛みも伴うので
相談したところ、9ヶ月に入ると張って当たり前だそうで
張りが強かったり、痛みが伴う場合は、安静にするように
言われました。

本によると、この張りは 『ブラクストン・ヒックス収縮』
というらしく、お産の予行演習みたいなもので
本番のお産で、赤ちゃんをうまく押し出せるように
子宮の筋肉を収縮させるウォーミングアップなんだそうです。

本番かぁ…。
あぁ~ドキドキするなぁ~。

次の健診は、また2週間後です。
今度はどのくらい大きくなってるかな
健診
2012年04月17日 (火) | 編集 |
4月17日(火) 34W1D

またまた久しぶりの投稿になってしまいました。
長かった冬も終わって、やっと春らしく暖かくなってきましたね

最近の体調はというと、出かけた日の後、数日間は体調壊すというのが
結構続いていて、体調がいい時は家の用事に追われるって感じでした。

なので、なかなか思うように時間が取れず
運動もしたいのに、体調が悪かったり、お腹が張ったりで
思うようにいかない日が続いていました。

それが、先週末出かけたあとからは体調を崩していなくて
今のところいい感じです。 って、まだ3日目だけど…。
気候も良くなったことだし、この調子で体調が安定してほしいものです。

今日は、健診に行ってきました。

BPD(頭の左右幅)    9.02cm
FTA(お腹の断面積)   72.3c㎡ 
FL (太もも~膝まで)  6.80cm
EFW(推定体重)     2652g    
 


赤ちゃんは順調で、2652gになっていました。
2週間前より、433gも増えていて、ビックリ。
ホントこの調子じゃ、3500g越えるのも
時間の問題だなって感じです。

赤ちゃんの位置は、まだ全然下がっていないようで
できれば少しずつ下がってきた方がいいとのこと。

子宮口は閉じているので、お腹が張っていても
気にせずに動くようにと言われました。
よく動くと赤ちゃんが下がってくるみたいです。

ただ、私の場合は脚のことがあるので、無理はできないため
予定日を過ぎても産まれなかったり、大きくなりすぎたら
帝王切開の可能性もあると言われました。

できれば自然分娩で産みたいので、無理のない範囲で動いて
早く出てきてくれるように、赤ちゃんに話しかけようと思います。
自然周期採卵
2012年04月18日 (水) | 編集 |
しばらく更新できていませんでしたが
去年の通院内容をアップしたいと思います。

最後の転院後、2回目の採卵は胚盤胞まで到達したものの
前例のないイクシーホールからの脱出という、いわくつきの凍結。
その次の周期は、自然採卵をすることになりました。


2011年5月11日(水) DAY3

E2    74
FSH  14.8

E2は 60~80 が正常値なので問題なし。

FSHは高いが、前周期にプラノバールを
飲んでいた影響と考えられる。

内膜も薄くなり、きれいにリセットされている。
6.4mmの卵胞あり。
これを採卵する。


2011年5月19日(木) DAY11

E2    99
LH   14.8
FSH  11.5

E2は、99 なのでまだ低い。

主席卵胞 11.1mm
内膜    5.6mm


2011年5月22日(日) DAY14

E2   151
LH  10.7 
P4   0.3

卵胞は3つ。 10mm前後のものがあるが
この中の1つが主席卵胞となる。

薬を使っていない場合は、1つしか排卵する大きさに
ならないが、たまに複数個育つ場合もある。

前回診察(D11)から、卵の大きさは変わらないようだが
E2は 151 と上がってきている。


2011年5月25日(水) DAY17

E2   238
LH  17.4 
P4   0.5

卵胞3つのうち、1つは変形した。
おそらく前月の残卵ではないかとのこと。

残りの2つは、まだ小さい。
最長径が15.7mm。

E2は 238。 
卵胞1つだけならいい数値だが、2つなのでまだ低い。

採卵は、1つか2つかまだ分からない状態。
採卵日は、5月28日 か 29日 の予定。

採卵が周期21日目以上になると
卵の質に問題があると考えられるため
なるべく早く採卵できた方がよいとのこと。

その周期21日目は、5月29日。


2011年5月27(金) DAY19

E2   266
LH  91.2
P4   1.1

LH 91.2 は LHサージが出て、排卵する直前の状態。

LHサージは 15~200位で、上限は 150~200位なので
採卵までに排卵する可能性もあるとのこと。

E2 266。
LHサージが出ているので、その前ならもう少し高かったはず。
卵胞の大きさは、長径19.1mm。

採卵は、5月28日 9時 で決定。

<採卵までの予定>

スプレキュア (卵の成熟を促す)
右→左→右 1回ずつスプレー
5/27 ① 13:30
     
ボルタレンサポ25mg (座薬)
(卵胞の殻が破れないように自然排卵を抑制)
5/27 ① 17:00
      ② 22:00


いよいよ転院後3回目となる採卵。
自然周期としては、2回目。

さてさて、どんな結果になってくれるかな。
採卵まで20日と、日数が掛かっているのが気がかりです。
採卵当日
2012年04月24日 (火) | 編集 |
2011年5月28日(土) DAY20

採卵まで日数が掛かると、卵の質に影響するらしく
そのデッドラインが21日目。

今回は20日目の採卵ということで
かなり微妙な感じ…。

9:00に病院に着き、2番目の採卵順。
今回は卵の数が少ないため、無麻酔ということで再び恐怖

でも、いざ始まってみると、右側からの採卵だったので
まだ我慢できる痛みでホッとしました。 モニターもしっかり見れ
卵胞が吸い込まれていく様子が、よく見えました。

採卵はこの1つで終わりかと思いきや
2つあった卵胞のうち、どちらが主席卵胞か分からない
ということで、結局もう1つも採卵することに。

残念ながら、それは左側。
やっぱり 痛ーーーい
もちろんモニターは見れませんでした。

左側のせいで、採卵後も痛みが辛かったのですが
15分の安静で大分楽になりました。

しばらく待機して、卵の状態を培養師さんから聞くと
2つ共小さいながら 成熟卵 とのこと

夢クリニックでのサイズは、SSからLまであり
今回はSサイズとのこと。

ちなみに、各サイズの詳細は

SS 1mm 以下
S  1~2 mm
M  2~3 mm
L  3mm 以上

今までの採卵は、MやLが多かったけど、大きいから良い卵
という訳ではなく、大きくても変性卵や空砲はあるそうで
逆に小さくても、質の良い卵はあるので、卵の大きさと質は
関係がないと言われました。

先生との話では、今後のことについて。
本日夕方からプラノバールを12日間服用し
次回は周期3日目に来院するということに。

この日は、いつもの院長先生ではなかったため
あまり詳しく話を聞けませんでした。

一番初めの自然周期採卵では、5日目に胚盤胞になったら
新鮮胚移植も考えられるので、プラノバール服用は
培養結果を待ってということだったけど
今回はその選択肢は、出されず…。

まぁ、そんなにうまくいかないだろうから
それでもいいかと、あえて何も言いませんでした。

今回の採卵は、穿刺した卵胞2個に対して、成熟卵2個。

前回の低刺激周期では、すっごく痛い思いをして
穿刺した卵13個に対して、これまた成熟卵2個。

同じ2個の成熟卵でも、これだけ疲労度が違うのは
一体何なんだって感じでした。

これで、内容も伴ってくれたら万々歳なんだけどな~。
さぁ、2つの卵ちゃん、頑張って成長してね
受精、分割確認
2012年04月26日 (木) | 編集 |
2011年5月29日(日) DAY21 採卵後1日目

前日に採れた2つの成熟卵の受精確認の日。
12:30 電話にて確認。

卵は2つ共、顕微授精にて正常受精したとのこと。
ホッとひと安心


2011年5月30日(月) DAY22 採卵後2日目

10:00 電話にて分割確認。
受精した2つの卵の詳細
      ↓

① 3細胞 グレード4

細胞の輪郭がガタガタしている。
分割が進むときは、こうなることが多いので
発育速度が遅いのか、早いのかまだ分からない状態。
今日中に4細胞になれば、問題はない。

② 4細胞 グレード2

フラグメントはないが、細胞の大きさにばらつきがある。

次の確認は、いきなり飛んで採卵後7日目。
緊張しながら待つことに。
どうなんだろ。 微妙な感じ


2011年6月4日(日) DAY27 採卵後7日目

2つの卵の分割結果を確認。

  (2日目)  (3日目)  (4日目)
① 3細胞 → 4細胞 → 4細胞

② 4細胞 → 4細胞 → 4細胞

① は4日目で、② は3日目で、分割ストップ。

桑実胚、胚盤胞で止まるのは卵子に原因があると考えられるが
今回のように、初期で分割が止まってしまうのは
卵子か精子のどちらが悪いのか分からないとのこと。

ハァ… やっぱりダメだったか

これで転院して3回目の採卵が終了。
なかなかうまくいかないものです

今周期の費用については、続きに書きますね。
興味のある方だけ見てください。
[続きを読む...]
カウフマン2回目
2012年04月27日 (金) | 編集 |
2011年6月16日(木) DAY3

E2    69
FSH  10.6

E2は 60~80 が正常値なので、問題なし。

FSHは 8~10 が正常値。(15まで許容範囲)
今回の 10.6 は 夢クリニックに転院してから一番いい数値

前周期の自然採卵がダメだったので、今周期は卵巣を休めて
卵の質向上を目指すことになりました。

カウフマン療法をするのは、これで2回目。
1回目は、プラノバール夕食後1錠 を 21日間服用でした。

服用するのを プラノバールではなく、マーベロンにすると
14日間 + α 朝、夕1錠 の服用となるそうで
今回はどちらにするか聞かれました。

どちらがいいのか分からなかったので、先生に尋ねましたが
薬の強さが違うので、服用期間が違うということ以外に
特にどちらがいいとは言えないとのこと。

私としては、前回プラノバールでいい結果が出ていないので
同じことをするのも気が進まず、マーベロンを選びました。

先生曰く、マーベロンはプラノバールより成分が少し強いため
服用期間短くなるそうで、ホルモン値をしっかり見極め
プラスαの日数を調整していくとのこと。

さてさて、どうなるかな。
どうかどうかいい結果に繋がりますように


2011年6月23日(木) DAY10

LH   0.2 以下
FSH  1.3

マーベロンを飲んで1週間。
初めはひどかった吐き気が、少し治まってきました。

どうも、薬の副作用が出やすいみたいで
いつもやられてしまいます

ホルモン値は、LHは良いが、FSHがまだ少し高い。
FSHは 1 以下 を目指す。

次はまた1週間後。


2011年6月30日(木) DAY17

LH   0.2 以下
FSH  0.2

LH、FSHともに 1.0 を切ったので
あと5日間マーベロン服用を続け、生理を待つことに。

次回は、3日目に来院。
いよいよ4回目の採卵!!
さてさて、カウフマンの効果はいかに


(カウフマン周期合計金額: ¥27,299)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。