なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気になっていたアレ
2013年01月09日 (水) | 編集 |
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

気づけば、もう9日も経っちゃいましたが
みなさんはどんなお正月を迎えましたか。
我家は両家の実家へ行って賑やかな時間を過ごしました。

さて、ブログ休止中に試した体質改善シリーズですが
なかなか更新ができず申し訳ありません。

あと1つやったことがあるので、それを書こうと思います。

それは何かというと、前から気になっていた
布ナプキン です。

雑誌やブログなどで、いいと聞いていて気にはなっていたのですが
とにかく面倒くさそうというイメージが強くて
やろうという気になれませんでした。

それがどうしてやろうと思ったのかというと
「経皮毒」という言葉を聞いたからでした。

毎日使うシャンプー、歯磨き粉、洗剤、もちろん生理用品も含む
日用品の多くは、合成化学物質で作られています。

毎日、毎日使うことで、皮膚から体内に少しずつ化学物質が
吸収されることを、経皮毒といいます。

腕の内側の皮膚から、経皮吸収されるのを1とすると
女性のデリケート部分は、42倍 なんだそうです!

体の部分で、一番経皮吸収する場所だそうで
婦人病とも深く関わりがあると言われています。
また冷えにも大きく影響があるのだそうです。

私は生理の時はタンポンとナプキンの両方を使っていたし
生理でないときは、常におりものシートをつけていました。

ケミカルナプキンとおりものシートで子宮を冷やし
経皮毒を吸収しているかと思うと、すごく怖くなり
このままだとますます赤ちゃんが来てくれないのではないかと
危機感を持ちました。

更にもしかすると、卵の質が悪いのも関係があるかもしれないと思い
これは布ナプキンに変えなくちゃと焦りました。

でも、いきなり布ナプキンにするというのは
ハードルが高すぎるので、まずはおりものシートから
試してみることにしました。

私が試してみたのは、この2商品でした。
          ↓




試してみると、すごく気持ちがいいというのが第一印象。

おりものが多い日はかぶれることもあったのですが
それが全くないし、心地いい状態が続きます。

洗濯はお風呂で軽く洗うだけなので問題ありませんでした。
私は手洗いをしていましたが、洗濯機でもいいと思います。

そんなこんなで、おりものシートを布に変えると
その心地よさがたまらなくなって
いよいよ次は布ナプキンに挑戦することになりました。

経皮毒と布ナプキンについて、私では言葉足らずなので
書かれているサイトを載せますね。
興味のある方は見てください。

本当は怖いケミカルナプキン

経皮毒と子宮頸がんとナプキンの話

布ナプキン使用報告
スポンサーサイト
布ナプキン
2013年01月23日 (水) | 編集 |
書こう書こうと思いながら、気づけば前回の記事から
2週間も経っちゃってました。 スイマセン。

さて、布ナプキンに挑戦しようと、まずはライナーから試してみて
いい感じだったわけですが、いざ布ナプキンを買おうと
色々調べていたところ、すごくいいものを見つけました。

ちょうど同じ時期に冷えとりもしていたので
冷えとりのブログで紹介があったのですが
布ナプキンにも、冷えとりでするように絹、綿と重ねて
使えるものがあるというのです!

よくあるのは綿の布ナプキンですが、冷えとり式のものがあるなら
その方が断然排毒効果があるので、是非それを試してみたい
と思いました。

で、その扱っているサイトを見てみると
すごく勉強になることが色々書いてあって
ますます使ってみたくなりました。

そのサイトがこちら → あるでばらん

サイトを見れば詳しく書かれていますが
ここの商品はシルクを使っているだけでなく
シルクの布が薬草を使って染めてあり、個人の症状に合わせて
その効能を選べるようになっていました。
→ 薬草紹介

ここでも、まずはライナーから挑戦。
染めは、浄血の効能があり、昔から婦人病に効く
と言われている「茜」を選びました。

使ってみて、ビックリ!!

茜染めなので、ピンク色をしているのですが
使い始めてすぐに、おりものがついたところだけが白くなっていました。

つまりは、茜の染めが抜けてしまったのです。

サイトにも書かれていましたが、体内の毒素が抜けて
シルクや茜の薬効成分が吸い取ったということみたいです。

でもこれって裏を返せば…。
それだけ毒素が溜まってたということで…。
ちょっとゾッとしました。

これは早くナプキンの方にも挑戦せねば!!
と背中を押された気分でした。
いざ挑戦
2013年01月26日 (土) | 編集 |
布ナプキンの手始めとして、おりものシートには慣れたので
いざ布ナプキンに挑戦です。

商品が沢山あるのでどれにしようか迷いましたが
色々と吟味して選びました。

ケミカルナプキンでは経血が吸収されて逆戻りしにくいですが
布だとそんな訳にはいかないので不快なのではないかと
思いましたが、そんなことはありませんでした。
布の方が通気性がいいのか、逆に気持ちがいいくらいでした。

布ナプキンにして一番不安に思っていたのは、洗濯のこと。
面倒くさいのと、きれいに落ちるのかという疑問。

「面倒」というのは、これは我慢するしかありません。

溜まっている毒素を取り除くため
赤ちゃんが早くやってきてくれるため
と思いながらやりました。

血液汚れは落ちにくいというイメージがあったので
どうなるものかと思いましたが、ナプキンを替えた後
すぐに水で洗い流すと、思いのほかきれいになりました。

ただ、すぐに水洗いできなかったものや
量が多かった時などは、水洗いだけでは
きれいにならないこともありました。

そんな時は、洗剤でゴシゴシしたのですが
これがなかなか落ちません。

天然の染料で染めてあったり、シルクの製品を漂白するのも
おかしな話なので、いいものがないか調べてみると
血液汚れによく効くものがありました。
→ アルカリウォッシュ

布ナプキンを扱っているサイトでも紹介されていて
良さそうだったので、買ってみました。

一番小さなサイズで50gというのがあったので
まずそれを試してみたのですが、大正解でした。

バケツにこの洗剤を溶かして、使用後の布ナプキンを
数時間つけておくだけで、時間が経った経血でも
きれいに落ちてくれたので感動しました。

この洗剤を使うようになってからは
洗濯ストレスはなくなりました。

布ナプキンだと、夜や多いときが心配でしたが
それが何故か問題にはなりませんでした。

というのも、トイレに行った時に多く出るようになって
ナプキンから漏れるというようなことはありませんでした。

これは以前、母から聞いた話なのですが
昔のナプキンが無かった時代は、大変だっただろうと聞くと
「トイレに行った時に出るから、それほど大変じゃなかった」
と言っていたのを思い出しました。

何かで読んだことがありますが、今はナプキンを常時あてているので
体がいつでも排血していい状態になっていて、いわば「たれ流し」の
状態になっているそうです。

母乳は赤ちゃんが吸ってくれると、どんどん出てくれますが
吸わなくなると出なくなるのと同じことなんだそうです。

「経血コントロール」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
私は最近この言葉を知ったのですが、ナプキンを使わなくても
トイレで全て排血してしまうようにコントロールできるのだそうです。

私は読んだことがありませんが、著書も出ています。
→ 排経美人のすすめ

少し話が逸れましたが、どうなるかと思った布ナプ生活は
心配するような問題もなく、快適に過ごせるようになりました。

次の記事では、布ナプにしてみて起こった
体の変化について書いてみようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。