なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポリープオペ当日
2007年01月07日 (日) | 編集 |
周期11日目  

絶飲食の為、うがいをして喉を湿らせ、いざ病院へ。
相変わらず、生理痛のひどい感じでフラフラしながらも
無事病院へ到着。 

オペは9時からだけど、8時30分に着いて準備が始まりました。
まずはリカバリールームへ通されました。 

病院の大部屋のような感じで、ベットの周りをカーテンで
仕切ってあり、点滴を吊るすものや、鍵の掛かるロッカーなどが
ありました。 術着に着替え、ベットで横になりながら待ちました。 

ENYA の心地いい音楽が流れていました

まずは点滴。 手首の辺りにブスっと・・・。 
しばらく痛かったです。 
麻酔は入っておらず、生理食塩水だけでした。 

10分後くらいに手術室へ徒歩で移動。

看護婦: 今から麻酔しますね~。 
      麻酔が入っていくときにビリビリした感じになりますけど
      問題ないですからね~。少しボーっとしてきましたか?


私:    いいえ、まだ全然しません。 
  う~すべ~に色の~ ・・・・・ 
遠くで 一青窈のハナミズキが聞こえる・・・  

これ友達の結婚式で歌ってはったなぁ・・・

薄っすら目を開けて周りを見ると、そこはリカバリールーム。 

あれっ?  時計を見ると10時でした。

そう言えば、麻酔がまだかかってないといった後、全く記憶がない・・・。 

そうか、もう終わったんだ。 
あれっ? パンツはいてる。
  
看護婦さんがはかせてくれたんだー。 

枕元にはナースコールと手紙の入った袋が・・・
『お疲れ様でした。 お茶とお菓子をご用意しましたので
食べてください』

朝からの絶飲食。 病院からの心優しい気遣いでした。

次の瞬間。
 
あっ 痛い 何これ!?
お腹がめちゃくちゃ痛い・・・ 
なんだこりゃ~、きのうよりももっともっと痛いやん!!


まだ意識が朦朧としてるし、我慢して眠ろうかとも思ったけど
痛すぎて無理でした。 

ナースコールを押し、看護婦さんに来てもらいました。 
痛みを訴えると、しばらくして座薬を持ってきてくれました。 
座薬を入れてもらい、またしばらく眠りました。 

完全に熟睡しているわけではなく、バックに流れている曲は
常に聞こえていました。 
でも目は閉じており、頭はボーっとしていました。 

12時になり、トイレに行きたくなったので起き上がりました。 
フラフラで歩けない・・・
看護婦さんに着いて来てもらってトイレへ。

リカバリールームへ戻ると、旦那が来ていました。 
着替えて待合室へ。 まだ少しふらついていました。

診察室で取ったポリープを見せてもらいました。 

数を聞いたけど、大きいのが一つあって、
あとは内膜と一緒に取っているので数は分からないと言われました。
透明の瓶の中に、どす黒い粒のようなものが沢山入っていました。
組織が良性かどうか病理解剖に出すそうです。

その後、内診室でガーゼをとってもらい終了。
抗生物質と痛み止めをもらいました。 

抗生物質は4日間飲み、入浴もしばらくはシャワーのみ。

相変わらずボーっとしながら病院を出ました。 


(会計)
診察料:   242
投薬料:   206
手術料: 15,024
検査料:  3,078
合計:  18,550
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様やったね。よく頑張ったね!
日帰りとは聞いてたけど、
それでも手術やから大変やったんやね。

そんなしんどい中、メール返信してくれて
ありがとうね。
2007/01/17(Wed) 17:34 | URL  | みゆ #-[ 編集]
みゆへ

初コメントありがと。

もうすっかり元気だよ。
心配してくれてホンマにありがとうね!
2007/01/17(Wed) 19:21 | URL  | けろっこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。