なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステロイド
2008年03月11日 (火) | 編集 |
ステロイドの塗り薬。。
やっぱり怖いという気持ちが強いです。

なぜなら、以前ステロイドが少量入っている塗り薬を使って
止めたとたんに、ものすごいことになったことがあるんです。

それは、痔になったときに出された塗り薬でした。
ステロイドが入っているとは聞かされずに使っていて
塗り薬を止めたら、お尻から股の周辺にかけて
皮膚がただれてボロボロになりました。

で、びっくりして病院に問い合わせると
塗り薬にステロイドが少量入っていたとのこと。
これが、いわゆるリバウンドでした。

この症状は、その後数週間続きました。

塗り薬を使っていた期間は、1週間もないほどの短期間。
しかも、入っていたステロイドは、ごく少量です。
それだけで、こんなことになるんだから飲み薬や
今回出された塗り薬のようにステロイドそのものを
塗るなんてこと、考えただけで怖くなります。

薬をもらって家に帰っても、やっぱり怖くて
すぐに塗る気にはなりませんでした。

それで、ステロイドに詳しい友達に聞いてみることに。

話を聞くと、やっぱり飲み薬はやめて正解でした。
でもその前に、今まで打っていたあの注射の怖さを思い知ったのです

ステロイドにも、きつさの等級のようなものがあって
薬の種類も色々あるらしいのですが、その等級と使用期間によって
副作用やリバウンドのきつさが変わってくるそうです。

ステロイドを体内に取り入れる方法も、また色々あって
塗り薬、飲み薬、直接体内に注入する注射や点滴などがあります。

まぁ、少し考えばすぐに分かることですが
私がやっていた注射は、最も怖い部類に入るということです。

注射をすると、数時間後から効果は現れ
翌日には、劇的な効果を発揮していました。

すごく効いてくれて、痛みも腫れも改善されて喜んでいましたが
それだけ、体にキツイものを体内に注入しているということだったのです。

ステロイドのリバウンドの怖さは、皮膚がただれるという
表面的なことだけでなく、内臓にも影響を及ぼすらしいのです。
肝臓や腎臓を悪くすることも考えられるそうです。
その他にもネットで調べても、ものすごく沢山の症状が
書かれていました。

私のように1度や2度注射をしただけで
そのような症状が出ることはありませんが
長期使用すると考えられることです。

今までは漠然とステロイドは怖いというだけでしたが
詳しく話を聞いたり、自分で調べてみると
自分の考えがいかに浅はかだったかと思い知らされました。

今回、私が処方されたのは、ファルネゾンゲル という薬。

この薬の説明の中で、はっとしたのは
『治療期間は、原則3カ月間です』 と書いてあったところ。

3ヶ月以上使うと危険ということです。

病院からもらった説明には、1日 3~4回塗るとありましたが
私は2回しか塗っていません。

効果の程は、まだよく分からない感じ。

病院に行った週は、ものすごく調子が悪くて腫れていましたが
今週になって、その腫れは少し引いてきました。

それは、薬の効果なのか
安静にしていたからなのか定かではありません。

今までも、調子が悪くなると
数日~数週間安静にするとマシになっていたので。

ただ、この塗り薬で効果が出たとしても
それは単に対処法にしか過ぎず
痛みの根本を取るものではないということ。

劇的に効いた注射が、それを物語っています。

4月で歩けなくなって1年になります。
これは、病気なのか、何なのか。。
これからどうなるんだろ?

そろそろ、転院も真剣に考え始めています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/12(Wed) 11:01 |   |  #[ 編集]
鍵コメさんへ
鍵コメさん、ありがとうございます。
今の病院は、もう手詰まりな状態がよく分かるし、転院すべく動いています。
助言ありがとうございます。 またメールしますね。
2008/03/13(Thu) 15:20 | URL  | けろ→鍵コメさん #r.3wvYC6[ 編集]
ステロイドの怖さ
この前は、ステロイドの恐ろしさを教えてくれて本当にありがとう!

ほんまに、けろっこと同じでステロイドは怖いって言うのはわかってたつもりでいたけど、内蔵にも影響するって聞いて寒気がした。

一瞬の劇的な効き目にどうしても頼りがちやけど、考えてみたら、それだけ一瞬で効くって事は相当強い薬やって事やもんな。
でも、その効き目が永続的なものではないというところがまた厄介よな。だから、ついつい常用してしまう。。

けろっこから、ステロイドの飲み薬を処方されたって聞いた時は私もビックリしたし、やめといた方が良いって思った。
でも、注射に入っていたんだね。
それで、注射してしばらくは効いてくれるんだけど、また痛みが出てくる。。って感じだったんだね。

ファルネゾンゲルの効用、読ませてもらったけど確かに塗り薬やから、強い副作用は無いって書いてるけど、長期使用は控えるとかって書いてると、やっぱり何かあるんじゃないかーーって思ってしまうよね。
それに、けろっこも書いてるけど、根本的治癒の薬では無い訳やしね。。
長期使用はあかん、かと言って治りはしない、ほな、どーしろってゆーねん!って感じよな。

塗った時は痛みが引く、でも塗らないとまた痛みが出る、そしてまた塗る。。。
そんな繰り返しじゃ、本当に不安になるよね。どうして良いのか腹立たしくもなってくる。
医者を信じたいけど、それ以上にステロイドの怖さが頭をよぎるよね。
医者が「大丈夫」って言っても何を根拠に??って思うよね。

この日記から今日で3日やけど、痛みはどう?
ステロイドを塗った時は効いてる感じなんかな?

転院を考えるけろっこの気持ちもよくわかります。
これだけ医学が進歩している世の中、ちゃんとした痛みの原因が判明し、ちゃんとした治療法が無いものかと思って本当にめちゃくちゃ腹が立ちます。
2008/03/14(Fri) 15:20 | URL  | みゆ #-[ 編集]
みゆへ
ありがとうね。 
私もステロイドのことは無知に等しかったから、教えてくれた
友人に本当に感謝してます。 
よく効く薬は、その分副作用がきついというのは
考えれば当然の話かもしれないね。。

ステロイドの効き目は、本当にどうなんだか分からん感じ。
気温が上がってきたせいで、それだけで腫れがひどくなってるし・・・

転院のことは、ボチボチ準備中です。
新しい病院と診てもらう先生はもう決まっていて予約も入れてるの。
詳しくは、またブログにアップするね。

もう1年だね。。
早く治ってほしいよぉ。。
2008/03/14(Fri) 15:51 | URL  | けろ→みゆ #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。