なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい病院
2008年04月02日 (水) | 編集 |
4月になりましたね

早いもので、足を悪くしてもうすぐ1年になります。
今まで、カテゴリーは退院後○ヶ月という風にしていたのですが
この4月で1年になることもあり、4月からは発症後どのくらいという
くくりに変えさせてもらいます。

去年膝のことでカテゴリーを増やした時は
まさか、ここまでカテゴリーが膨れ上がるとは
思ってもみませんでした

まっ、グダグダ話はやめて、気を取り直して頑張ろう

きのうは、新しい病院にいってきました

前の病院はダンナに送り迎えをしてもらっていたのですが
新しい病院に行く曜日が、どうしてもダンナの都合と合わず
これからずっと1人で行かなくてはなりません。

幸い前の病院より家から近いし
駅から病院も近く、歩いて行ける距離なので
頑張って挑戦してきました!

ダンナはタクシーを使ったらいいなんて言ってたけど
そこは、主婦です   もったいなくて・・・

行きも帰りもなんとか1人で頑張りました
(若干の後悔がありますが・・・)

ただ、MRIやレントゲンの画像を沢山持っての両松葉はキツかった。。
風が強くて、持ってる画像がバタバタ揺れるし、重いしで
腕が攣りそうになりました

私の足で家から駅までは5、6分
駅から病院までは7,8分の距離でした。
健康な足だったら、この半分の時間で行けて
何でもないあっという間の距離なのに、それが今の私には重労働

なんとか頑張ったけど、帰ったら家の中も普通に歩けないほど
痛くなっていて、今日も安静にしています。 
せめて、これくらいの移動が楽にできるといいんだけど

新しい先生は、良さそうな人でほっとしました
小柄で物腰の柔らかい方で、話しやすそう。

診察室に入ると、まず紹介状を見てくださいました。
「セカンドオピニオンを希望」と書いてあったらしく

セカンドオピニオンはやってないんだけどね~ と、先生。

あっ、そういう訳じゃなくて・・・
前の病院で原因も治療法もハッキリしなくて
先生が疼痛研究をされてるのを知って
病院を変わるつもりで来たんです。
前の病院には転院するとは言いにくくて
セカンドオピニオンという言葉を使ったんです。。


なるほどね~。 そういうことかぁ (笑)

実際は、こんなにスムーズにしゃべれなくて
しどろもどろで話してましたが・・・

一番初めにかかった町医者のことも知っておられ

じゃぁ、住まいは○○だね。

と、私の住んでいるところもご存知でいい感じでスタートしました。

でも、予約がなかなか取れないだけあって
先生はお忙しそうで、私も初めてということもあって
緊張していて思っていることをうまく話せませんでした。

今までの治療内容や膝が悪くなった経緯を書類にして
先生に渡したのですが、ぎっしりA4用紙8枚もあったので
さすがにゆっくりは目を通してもらう時間がなくて
大まかな経緯を自分の口できちんと説明できたらよかったのですが
テンパってしまって言いたいことの半分も言えませんでした

後から、あー言えばよかった、こー言えばよかったと後悔ばかり。
まぁ、書面で渡しているので時間があるときに見てくださるのでは?
と、自分に言い聞かせませした

で、診察の内容はというと

レントゲン、MRI画像を見る限り、少し水が溜まっているが
特に大きな異常はない

(水が溜まってるなんて今まで1回も言われたことないんですけどー。)

赤外線の温度計で膝の表面温度を測定。
問題なし。

背中が硬くなっていないか、直立の体勢で体が横に傾くか確認
特に問題ない感じ?

血液検査

首、胸、股関節のレントゲンの撮影


きのうのところは以上で終わり。

色々検査しないと分からないみたいで
きちんと診断がつくまで3ヶ月くらいは掛かるみたいです。

ちょっと気が遠くなるけど、仕方ないですよね~。 
次の診察は2週間後

今度はもうちょっと落ち着いて話ができるようにしないとね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。