なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己流タイミングと病院デビュー
2006年11月25日 (土) | 編集 |
2004年1月から専業主婦となったわけですが、
初めのうちはタイミングも何もさっぱりで自然に任せていました。

インターネットなどで色々調べ、排卵日に合わせるといいと知り、
5月から自己流でタイミングを取ってみました。 

4周期やってみたけど妊娠に至らず、またまた軽い気持ちで
婦人科デビュー。 
自分たちに問題はないだろう、という前提のもと、
まぁ原因があれば早いうちに分かってる方がいいし・・・ 
なんて自分に言い聞かせて。

ネットで調べて、わりと近くのそこそこ評判の良い病院へデビュー。
ホルモン検査、卵管造影、子宮鏡、ヒューナーなど
必要な検査をしてもらったけれど、特に問題はないと言われ、
タイミングを8周期続けました。 

男性因子は、旦那の体調によっては少し悪いときも
ありましたが、特に問題はないと言われていました。

ヒューナーは3回やって、精子が全く見つからず。 
でも抗精子抗体検査で陰性だった為、ヒューナー異常でも
特に問題はないというのが、先生の見解でした。 

子宮鏡検査ではポリープが数個見つかりましたが、
これも取るほどの大きさではないので問題なしということに。

専業主婦なので、時間が有り余っていて、ネットや本などで
不妊のこと、治療をしてる人とのSNSなどで
知識がどんどん増えていく。 
旦那の帰りは毎日夜中で、一日中赤ちゃん待ちのことで
頭がいっぱいになっていました。 

生理がきては泣いて、頑張ろうと奮起して、そしてまた泣いて・・・ 
その繰り返し。

だんだん精神的にまいっていきました。 

何もする気が起こらなくなり、悲しくもないのに気がつけば
勝手に涙が流れている。  

こんな状態が続き、精神的に限界が近づいていました。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。