なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんより
2008年10月23日 (木) | 編集 |
秋晴れ の気持ちのいい天気とは打って変わって
こちら関西は、きのうから雨が続いています

そんな空模様と同じで私の心もどんよりしています

いっつもそうなんだ。
いっつもこんな気持ちになる。
いつになったら、こんな気持ちから開放されるのだろう・・・。

妊娠報告。

年に数回、友達や知り合いから報告を受けます。
私たちは結婚して6年。

私達の後に結婚した人からの報告。

不妊治療をしていて、毎周期涙をのんでいるときの報告は
気が狂いそうなほど苦しい。

近所から聞こえてくる赤ちゃんの泣き声。
街角で見る妊婦さんの姿。
テレビに映る赤ちゃんのCMや子ども番組。
赤ちゃん製品の広告。

胸の辺りが締め付けられてとっても苦しくなります。
気がつけば、いつの間にか涙が流れていることも・・・。

友達や近しい人の妊娠は喜ばしいことです。
簡単に授かれるものではないと分かっているからこそ
本当によかったなぁと思います。

だけどその反面、自分に帰ってくる気持ちの葛藤は大きい。
常にこれからツワリの状況、お腹の大きくなっていく姿を目にすること
耳にすることは、子どもをなかなか授かれない私にとっては
正直しんどい・・・。

こんな気持ちにもそろそろ慣れていい頃なのに
いつになっても慣れない私がいる。

特に今は不妊治療から離れていて
毎周期、妊娠の可能性は100%ないと分かっているのに・・・。

今は、まず足の治療を優先することが先決だって分かっているのに・・・。

近所に住む友達が妊娠したと報告を受けたのは
この夏に私が入院中、2度目に歩けなくなって
動悸や息切れ、睡眠不足などで心身ともに参っていたときのこと。

報告を受けてまず 「あぁ~よかった」 と心の底から思いました。
だけど、その直後からじわりじわりと胸のつっかえが出てきて
いつの間にか呼吸困難になっていました。

その友達にはすぐにメールを送れませんでした。
上辺だけの 「おめでとう」 を言いたくなかったので。

結局、退院後しばらくしてから
私の近況報告も兼ねてメールしました。

退院後も精神状態が安定せず
しばらくは人と話すことができませんでしたが
1ヶ月後には安定してきました。

義両親ともゆっくり話をすることができなかったので
体調が落ち着いた10月の連休に顔を出しました。

そこで、義姉の妊娠報告。
そのときも、本当によかったぁと心の底から思いました。
義姉は私より年上だし、なにより不妊治療など苦しい思いをせずに
授かれることはどれだけ素晴らしいことか・・・。

初孫になるので、義母もものすごく喜んでいて
その喜びぶりを見るとどれだけ楽しみにしているのかが分かりました。

義母には、私たちが不妊治療をしていることは詳しく話していて
とても理解をしてくれています。

「子どもはまだか」 というようなプレッシャーも一切かけず
「夫婦が仲良くしていたらそれでいい」 と言ってくれていました。

だけど、あの喜びぶりを見るとやっぱり心待ちにされているのが
痛いくらい分かりました。

それ以来、義母と話すときは必ず義姉の近況を聞かされます。
義母は、なんの悪気もなく嬉しそうに話されるので
私もテンションを上げて、その話を聞くのですが・・・。

最近は、だんだんしんどくなってきました。
きっとみなさんは、なんて心の狭い
ちっちゃいヤツだと思われるでしょうね。

でも、それが私なんです。
ちっちゃいヤツです。

久しぶりに友達に会うときも、妊娠してるんじゃないか。
久しぶりに友達からメールがくれば、妊娠報告じゃないか。
友達から連絡がなければ、ツワリでしんどいんじゃないか。
こんなことばかり思います。

義姉が結婚された時も、きっと私より先に妊娠されるんだろうなと思って
お盆やお正月に会うのが正直怖かった。。

義母から義姉の話が出ると、オメデタのことかなと頭をよぎったり・・・。

いつもいつも妊娠のことを考えているわけではないので
常に苦しいわけではないのですが
久しぶりにきのうは気持ちが沈みました

義姉の話も今までは普通に聞けていたのに
きのうは、しんどくなっちゃいました。

これから、義母に会うたびに話を聞かされるのかと思うと
正直、気が重いです。

心の葛藤もなく、気持ちよく話が聞ける日はくるのかな?

これから年末になり、お正月を迎えると年賀状が届きます。
その時の精神状態よって、写真つき年賀状を
受け止められるかどうかが違ってきます。

心穏やかに受け止めたいな。

こんなときダンナは、いつもこういいます。
「自分たちは自分たちらしくやっていけばいい」

人は人、自分は自分。

人と比べず、自分をしっかり持つ。
今、与えられた環境で、できることをすればいい。
自分が幸せだと思えば、それが幸せなんだ。

日々、些細な幸せはいっぱい転がってる。
今、こうやって生きているということ。
毎日ご飯が食べられるということ。

1つ1つが幸せの積み重ねなんだって。

胸が苦しくなったら大きく深呼吸して
おいしい空気をいっぱい吸い込もう。

どんよりした天気が去れば
きっと秋晴れの気持ちのいい空が戻ってくるよね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
けろっこさん

こんにちは。
辛いですね。気持ち痛いほどわかります。私の両親は、子供が凄く好きなんです。孫が欲しいのはよく分かってます。でも、私には無理なんです。妹と弟にお願いするしかないんです。妊婦さんみると、いいなぁって思うこと多々あるしお友達のうちの子抱っこすれば、やっぱり子供欲しくなります。出産の痛みも知らず、授乳の喜びも知らず終わっちゃうんだって思ったら、涙出そうになります。

けろっこさんは、今膝の治療に専念をしていて不妊治療から離れている状態なので、余計に色々なことを思ったり感じてしまうんでしょうね。追い越されてもいいではないですか。焦っても、自分を追い込むだけだし、気持ちが沈むだけですよ。逆に、体や精神によくないですよ。
2008/10/23(Thu) 14:31 | URL  | uma #-[ 編集]
umaさんへ
umaさん、ありがとうございます。
きっとumaさんは私より辛い思いをされていることでしょうね。
なのに、こんなに優しい言葉をかけてくださって
ありがとうございます。
普段は、妊娠のことで自分を追い詰めないようにしています。
ただ、身近な人の報告を受けてしまうと、どうしても
こんな風になってしまうんです。 情けないです。。
そうですね、焦っても何一ついいことはありませんよね。
本当に体に悪いです。 現に今日は膝が痛みます。
追い越されてもいいですよね! 
何も競うようなことではないのだから。
心に留めてこれから過ごしたいと思います。
2008/10/23(Thu) 16:35 | URL  | けろ→umaさん #r.3wvYC6[ 編集]
こんにちは。
はじめてコメントさせていただきました。

私はもうすぐ結婚2年になるのですが、妊娠を希望する上で、不正出血に悩み、ネットで色々調べているうちにこのけろっこさんのサイトにたどり着きました。

私も同じ症状なんです。不正出血の記事はたくさんあっても、同じ症状の人はほんとうに少なかったんです。不正出血が始まったのはもう5~6年前からで、ただ、毎月あるというわけではないのですが、一度始まると止まらない状態です。排卵後、生理までだらだら続きます。何度も病院に行っています。その度にホルモンバランスが崩れてる。という回答で、低用量ピルが処方されます。それで出血は止まります。ただ、また時期が来ると不正出血がはじまります。病院を変えても診断は同じです。

妊娠を希望するようになっても、なかなか妊娠せず、不正出血もあるので、最近も病院に行きました。基礎体温は付けているのですが、排卵はしています。癌検診も異常なく、血液検査も正常でした。ただ、今回は薬を飲んでも不正出血が止まらず本当に憂鬱な気分です。

次回もう少し詳しいホルモン検査と、子宮卵管造影検査をする予定です。でもそれよりも不正出血があるのに、妊娠できるのかどうかが一番心配なんです。けろっこさんが書かれていたように、病院ではその点についてとても曖昧で、治るのか、妊娠できるのか、結局いつも??な状態です。いつも生理じゃないのにナプキンが手放せないことが悲しくて仕方ありません。

けろっこさんと同じように、周囲の妊娠・出産の話しを聞くたびに、祝福する気持ちよりも先に自分が傷ついたような感覚になって情けないです。けろっこさんの記事を読んで、共感する気持ちと、同じように悩んでいる人がいることの心強さと、けろっこさんは他の病気でも大変な思いをされているのに私は落ち込みすぎだなと思って反省しました。

けろっこさんの幸せを私も願っています。
私も前向きにがんばります。
今日は不正出血が止まらず落ち込んでいるのでかなりマイナスな内容のコメントになってしましました。すみません。

けろっこさんありがとうございました。
2008/10/23(Thu) 18:12 | URL  | tamago #-[ 編集]
tamagoさんへ
tamagoさん、はじめまして。 コメントくださってありがとうございます。 不正出血で悩んでおられるのですね。 こうやって、私と同じ症状の人とお話できることは私にとっても心強いです。 原因が分からないから辛いですね。

病院に行ったら、必ずホルモンバランスが崩れているのではないかと言わますよね。 そして、肝心の不正出血があると妊娠できるのかどうか。 これに対する回答は、まず教えてくれません。 不正出血の原因もハッキリ分からない以上、医師も分からないのでと思います。 だけど、私たちにとっては、分からないと言われて、毎月それと向き合わなければならないというのが本当に苦痛なんですよね。

私は今、不妊治療から離れており、基礎体温も長い間測っていません。 離れてみて分かることは、ベビ待ちの生活はものすごくストレスがかかっていたのだということです。 基礎体温1つをとっても毎朝測って、それによって気持ちが一喜一憂していたんだなって。 私の不正出血は未だ変わりなくありますが、ストレスを感じていない時は、やっぱり時期、量、色などがマシになります。 だけど、このストレスを自分でコントロールするのが一番難しいんですよね。。

tamagoさんは、今度詳しい検査を受けられるとのことですが、あまり心配しすぎないでくださいね。 今はネットで何でも調べられるので便利な反面、情報が多すぎて自分がしんどくなっちゃいます。 今回はお薬で出血が治まらなかったみたいで、気持ちも落ち込んでらっしゃると思いますが、薬に頼れば治まるということが分かっているのだったら、私はそれは1ついいことだと思うのです。(気に触る言い方だったらごめんなさいね。) きっと出血の原因を考えても答えは出ないと思うんです。 高温期の出血は、妊娠する環境としては良いこととはいえないでしょう。 だけど、私たちは薬の量にもよると思いますが、頼れば治まるという気持ちを持っていた方が楽だと思うのです。 

私が今考えていることは、今度不妊治療に戻ることができたら、考えすぎない、調べすぎないをモットーに、不正出血のことも薬に助けてもらって止めてもらおうということ。 今まで考えすぎて押しつぶされてばっかりだったので、今度は気持ちを楽に臨めたらいいなと思います。

tamagoさんは、私が他の病気を抱えていると言うことで、ご自身が落ち込みすぎだと思っていらっしゃるようですが、そんなことはないですよ。 誰でも苦しいのは一緒です。 ベビ待ち経験者はみんな同じことを言いますよ。 みんな同じなんです。 そんなに自分を責めないでくださいね。

私の幸せを願ってくださってありがとうございます。 tamagoさんのコメントを読んでいると、自分と重なり本当に苦しい気持ちが伝わってきます。 お互い無理をせず、なるべく気持ちを楽にやっていきましょうね。 私もtamagoさんの幸せを祈っています。 
よかったらまた遊びに来てくださいね。 
2008/10/24(Fri) 14:41 | URL  | けろ→tamagoさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。