なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心からの祝福
2008年11月13日 (木) | 編集 |
今日は、友達が遊びに来てくれました。

この友達は以前にも紹介したことのある大学時代からの友達。
私が歩けなくて花見に行けなかったときに誘ってくれた友達です。
その時の記事は こちら

この友達には、私が歩けなくなった直後から事情を全部話していました。
近くに住んでいることもあり、いつも心配してくれていました。

ただ5月ごろは友達も仕事が忙しく
私も余裕がなくて入院したことは伝えていませんでした。

8月、入院先で精神的にも肉体的にも最悪の状態の時のこと
その友達からメールが来ました。

赤ちゃんができた。
つわりがひどくてしんどいと。

友達は結婚して3年目だし、赤ちゃんがほしいというのは
以前から聞いていたので本当に嬉しいことでした。

だけど、その報告を受けたあとから私は動悸がいつもよりひどくなり
過呼吸のような状態になってしまいました。

友達が妊娠したという事実は、すごく嬉しいことなのに
それに反して私の精神状態は最悪の状態になってしまいました。

本当ならすぐにでもお祝いの言葉をかけてあげたかったのですが
どうしてもメールを送ることが出来ず・・・。

うわべだけのお祝いの言葉を並べているような気がして
伝えることができないでいました。

連絡ができたのは、退院して精神状態が少し落ち着いてからでした。
お祝いの言葉と入院の経緯をメールしました。

そのときは、動悸がひどく会話できる状態ではなかったので
しばらくは会うことができない旨を説明しておきました。

友達から、そのメールに対する返事はきませんでした。

それから、2ヶ月。
友達のことが気になりつつも連絡できずにいました。

そしておととい。
体も足も調子が良くなってきたことをメールし
友達の近況を聞いてみました。

経過は順調とのことで、今日遊びに来てくれました。

友達は、私のことをメールで読んだ後
手紙を書こうとペンをとってくれたようですが
色々書いているうちに、ものすごく長くなったり
どんなことを書いたらいいのか何度も書き直したりして
結局出せずじまいでいたようでした。

不妊治療のことも、足のことも知っているだけに
メールで私の状態を読んでどんな言葉をかけたらいいのか
分からなかったのでしょうね。

友達は私の顔を見るなり、私が大変だったことを思い
涙をにじませていました。

そして、入院中の話をすると泣きながら聞いてくれました。

友達のことも話をいろいろ聞いて
私のことも聞いてもらえて本当によかったです。

ダボっとした服装の彼女は細身なので
お腹が大きいように見えませんでした。

6ヶ月だというので、お腹を触らせてもらうと
やっぱりポッコリ大きくなっていました。

あぁ~この中に赤ちゃんがいるんだ~
と思うと、なんだかとっても不思議な気持ちになりました。

それと同時に、本当に良かったなぁと心の底から思いました。
友達にも おめでとう と心からお祝いの言葉が言えました。

帰り際、友達が思い出したように言いました。

この前な、ダンナがホンマに優しいなぁと思ってん。

もともと優しい人だと知っている私は
どんなエピソードがあったのかと聞いてるみると・・・。

先日、2人で神社に行ったときのこと。
お賽銭を入れてお願い事をしようと友達が

私、赤ちゃんのことお願いするわ。

と言ったそうです。 
で、ご主人も赤ちゃんのことを祈ってくれるのかと思ったら

オレ、けろっこちゃんのことお願いする。

と一言。

自分たちの赤ちゃんが無事に生まれてきてくれることより
私のことをお祈りしてくれるなんて・・・。

想像もつかなかった言葉に涙が出ました。

そのご主人とは私も仲良くさせてもらっていて
↑で紹介したお花見のときもご主人に連れて行ってもらいました。

温かい友達とそのご主人の優しさに触れ
熱いものがこみ上げ、心にジーンと響きました。

出産予定日は3月の初め。
無事に赤ちゃんが生まれてきてくれることを心から願いました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
色々感じただろうケド、心からおめでとうがいえたってすごいことだと思うよ。
私もいのっとるけんね。
けろちゃんに赤ちゃんが授かるように。
2008/11/14(Fri) 23:18 | URL  | まめ #mQop/nM.[ 編集]
わかるよ、、、
けろっこさんのこのブログ読んでいるうちに涙がこぼれました。私ももう友達に対して、何回も何回も、会いたくない時がありました。私は、DBSの手術の前、本当に最悪で、もうこのままだんだんと動くことも、できなくなってしまう恐怖感で、
旦那にも、(姨捨山に連れて行って、、なんてね)
私、、そんな時もあったから、けろっこさんの気持わかるよ。。
2008/11/15(Sat) 18:43 | URL  | やす #-[ 編集]
まめちゃんへ
今は精神的にも安定してきて、友達と会ったり、
話したりできるようになってよかったよ。
人の幸せを心から喜べるということ、とても大切だよね。
また落ち込むこともあるかもしれないけど
こんな風に落ち着ける気持ちになれるときを
大切にしたいなと思いました。 
まめちゃん、私のこと祈ってくれてありがとう。
とっても嬉しいよi-260
2008/11/15(Sat) 19:30 | URL  | けろ→まめちゃん #r.3wvYC6[ 編集]
やすさんへ
やすさん、泣いてくださったんですか。 ありがとうございます。
やすさんも友達と会いたくないときがあったのですね。 
頭では分かっていても心がついていかないときってあるんですね。
気持ちのアップダウンはあるけれど、それも含めて自分なんだと
言い聞かせてやっていきたいです。
いつかこの思いを懐かしめるときが来てほしいものです。 
2008/11/15(Sat) 19:40 | URL  | けろ→やすさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。