なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あと1歩が・・・
2008年12月17日 (水) | 編集 |
最近の足の調子など書こうと思います。

旅行後は、予想通り痛みがひどくなりました
まぁ、あれだけ動けば当然なんですけどね。

足を悪くしてから外出することがほとんどなく
1日中外に出ていることなんてなかったのが
丸2日、動いたんだから・・・

左は痛みも違和感もほとんどなかったのが完全に復活し
右に至っては痛み、違和感はもちろんのこと
安静にしているときでも疼きや熱感が出てきてしまいました

膝の中の方をギュ~っと掴まれているような嫌な疼き感と
膝の中が熱~くなるあの嫌な感覚。

鍼に通うようになってからこんな痛みを感じることがなかったので
改めて常に痛みのある状態というのは、それだけでストレスに
なるのだということを実感しました。

今の私の痛みなんて本当に微々たるものだけど
これが、絶え間なく続く耐え難い痛みの慢性疼痛の方は
その状態を耐えるということが、どれだけのストレス、
苦痛になるのかを考えると本当に頭の下がる思いがします。

肩、背中、腰、股関節などもコリコリの状態で
痛い箇所もいっぱいできちゃいました。

いつもは1週間に1回行く鍼も先週は2回行きました。
おかげで、旅行の疲れから出た痛みはマシになりました。

しかし、元々痛みのひどい右側がなかなかスッキリしません。
これは今に始まったことではないのですが
どうも右側は難しいようです。

左側は3~4箇所、責任トリガーが見つかったので
それで随分改善されたのですが
右側の責任トリガーは1度見つかって以来見つからず・・・。

リハビリをしていても左側は違和感がほとんどないのですが
右側は引っかかり、違和感、痛みが伴います。

先生も毎回予定の時間より1~2時間くらいオーバーして
施術してくださいますが、なかなか難しいようでして・・・。

私の膝は、かなり手ごわいようです

そこで、以前から考えていたことを実行することにしました!

思い切って先生の師匠であるトリガーポイント治療の
第一人者である K教授の治療を受けてみようかと。

トリガーを受けている以上、一度は第一人者の施術というものを
受けてみたいと思っていましたが、予約がなかなか取れず
2~3ヵ月待ちと聞いていたので諦めていたのですが
問い合わせてみると1ヶ月で診てもらえることになりました。

そのことを先生に伝えると、ちょうど先生もK教授のことを
私に勧めようと思っておられたそうです。

やはり師匠だけあって、その腕はものすごいんだそうです

色んな体格の人がいても、それぞれの体格から
どこにどの筋があるのかスケルトンで見えているかのように
筋を特定されるそうです。

そして数ミリ違わず、悪い筋を特定されるのだとか。

先生にお話しするのは申し訳ない気持ちで一杯だったのですが
驚くことに先生は、K教授の施術には私に同行したいと
おっしゃいました。

場所もへんぴな所で2時間くらい掛かるし
同行してもらうとなると先生の鍼灸院も
お休みしてもらわないといけません。

そんなことは、あまりにも申し訳ないのでお断りしたのですが
先生自身が勉強のために是非とも立ち会いたいと
おっしゃるのです。

大学併設の治療院なので、鍼灸師が臨床に立ち会うには
許可が要るらしく、その辺りが難しいかもしれないけど
何としてでも立ち会えるように考えると言っておられました。

いつも思うことだけど、本当に治療熱心で良心的で
良い先生に巡り会えたと思います。
有難いことです。

K教授に診てもらうのは、来年の1月15日です。
年末年始を挟むので、案外早くそのときが来そうです。

K教授の施術、楽しみな反面
バシバシ刺激が来そうで、かなり恐怖心があります。

だけど、それを乗り越えないと治りませんもんね。

今は、あともう少しのところまで来ているのに
なかなかゴールが見えないという状況ですが
来年にはスッキリしたいな
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
旅行後はきっと痛みが強くなっているだろうなぁとおもって、心配したよ。
大丈夫だったかな??
鍼のほうは、なんだか色々とあるんだね。
その鍼の先生の師匠のところへ行くんだね。
それでもっともっとよくなるといいね。
師匠だもん、きっと今よりもっとよくなるよ。
そう願ってるからね。
けろちゃん、ガンバ!!
遠くからだけど、応援してるからね。
2008/12/17(Wed) 23:53 | URL  | まめ #mQop/nM.[ 編集]
まめちゃんへ
やっぱり予想通りだったよ。 1週間は疲れと痛みで
へばってたけど今は大丈夫になったよ。
鍼の先生には2回とも4時間ずつの施術をしてもらったんだよ。
しかもいつものように1時間半の料金で。 
本当にいつも先生には感謝しても、し足りません。
先生にそんなに負担を掛けているのに
私の右膝、どうがんばってもらっても、難しいみたい・・・。
先生泣かせです。。 来年、師匠に診てもらうの楽しみです。
応援してくれてありがとう。 
私もまめちゃんのこといつも応援してるよi-184i-184
2008/12/18(Thu) 15:48 | URL  | けろ→まめちゃん #r.3wvYC6[ 編集]
早く診ていただけて良かったですね。
それもいつも診てくれている先生が同行までしてくれるなんてありがたいことです。
私は肩を5回手術しましたが初め担当医の先生が自分の師匠の所まで一緒に連れて行ってくれました(北海道から千葉県迄)本当にありがたかったです。
めったにこんな良い先生にめぐり合えないですよね。2人共幸せです。

トリガーを探すのは本当に難しいですよね。
私も自分で注射針をだいたいの所に刺しそこから動かしてコレだ!という所にぐさりと刺します。
師匠はそれをさぐり当てられるなんて神の領域に入っているんじゃないかしら・・・
私もそこに近ければ行ってみたいです。
2008/12/20(Sat) 02:03 | URL  | みみ #bMuNBHl.[ 編集]
みみさんへ
みみさんは、肩の手術5回もされているんですね。 みみさんの先生も同行してくださったんですね。 ホントこんな体験滅多にないですよね。 しかも、みみさんは北海道から千葉までですか。 それは、すごすぎます!!

みみさんはトリガーを自分で探し当てているとのこと、それもすごいです! 鍼を刺してそこからさぐるというのは、かなり痛い作業ですよね。 
これはあくまでも鍼灸の鍼の場合ですが、先生によるとトリガー治療は鍼を刺すだけより、刺して15分以上置いたほうがいいそうです。 時間を置くと細胞が再生をするように働くそうです。
 
師匠は話に聞く限り、かなり神の領域みたいですよ。 師匠の大学は大阪の田舎の方です。 師匠の治療、絶対報告しますからね。
2008/12/20(Sat) 09:02 | URL  | けろ→みみさん #r.3wvYC6[ 編集]
15分以上ですね
ありがとうございます。
いつも5分位しか刺していませんでした。
夜中に痛くなることが多いため2回ほど指したまま30分程ねてしまい、もし動いてしまい針がおれたら危ない所でした。
2008/12/23(Tue) 11:04 | URL  | みみ #bMuNBHl.[ 編集]
みみさんへ
みみさん、15分以上置くというのは鍼灸の鍼の場合です。 注射針は太いのでそんなに時間を置くと逆に組織を傷めてしまうかもしれないので、やめておいた方がいいような気がします。 今度先生に聞いてみますね。 私の書き方が分かりにくかったですね。 ごめんなさい。 私は入院中にトリガー注射を打ちすぎて、細胞を傷めてしまい、今泣かさせていますi-202 
ご自身で打たれているとのことで心配なのですが気をつけてくださいね。
2008/12/23(Tue) 15:50 | URL  | けろ→みみさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。