なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかな~
2007年01月29日 (月) | 編集 |
周期6日目

病院に行って来ました。 今日の目的は下記の通りです。


① LHとFSHのバランスが悪く、男性ホルモン値が高いと
  どういうことが考えられるか? 聞く。

② ①の再検査依頼
 
③ ポリープを取ったのに茶オリが出るのは何故か? 聞く。

④ 私のかかっている甲状腺の病院から、私の検査結果
  (自己抗体があるかどうか) が 婦人科の病院へ郵送されている
ので、その結果を聞く。


今日はかなり時間が掛かりました

まず診察室に呼ばれるまでに2時間近く待ちました。

やっと診察室に入れたかと思いきや、そこで更に10分ほど待つ・・・

いつもは2~3分くらいで先生が来られるのだけど。

診察室といっても、奥で繋がっているので
両隣の部屋の声が聞こえてきます。
どうやら先生はお隣の方とお話をされているようで、深刻な様子。

聞くつもりはなかったのだけど、聞こえてしまいました。

お隣の患者さんは泣いておられました。
受精卵がどうとか聞こえたので、
体外受精をされた方だったのでしょうか。

先生のボソボソと話される声。 患者さんの鼻水をすする音。
泣きながら何かを質問されていました。

何分くらい待ったのか分かりませんが、
先生が席を立たれる音がしました。

私の番かな?と思いきや、お隣の内診室へ。

あ~今日も忙しそうだなぁ・・・

ちゃんと質問できるかな?と少し不安になる・・・

しばらくすると、やっと先生が私のところへ来てくれました。

で、今日は色々聞きたいことがあって、自分の判断で来た旨を説明し、
上記の ① から質問をしていきました。

① に関しては、私の場合、LH 2.6, FSH 7.9 というのは、
LHは問題がない値らしく、FSHが高すぎるので、
卵巣の機能低下が考えるだそう。

前回、別の先生には、LHとFSHが1対1でないとバランスが悪いと
言われたので、なんだかしっくりきませんでしたが、
まぁその場は良しとしました。

男性ホルモンが高いのは、具体的に何がどう悪いというより、
妊娠に必要なのは女性ホルモンで、男性ホルモンが高いと、
やはり妊娠しにくいと考えられるとの回答。

ふむふむ・・・分かったような分からないような・・・
でも、これも良しとしました。

次の質問をしようとすると、先生は

ちょっとごめんね

と言って、隣の内診室へ。 別の患者さんを見に行かれたのです。

すぐに戻って来られ、次の質問 ③ へ。

ポリープ取ったのに、茶オリが出るのはどうしてでしょうか?

うーーん、ポリープ取ったばかりだしねぇ・・・
しばらく様子見ましょうか。
次も出るようだったら、またカメラ入れて見てみましょう。


えっ、カメラですか??

ちゃんとポリープが取れてないのかもしれないし、
別のがまたできたのかもしれないし。


せんせ、別のってこの間手術したばっかり
なんですけどぉーーー


さすがにコレは言えなかったけど、心の中でつぶやきました 

で、最後の ④ へ。

先日甲状腺の専門病院へ紹介状を書いてもらい、
検査をしてきたのですが、自己抗体の有無については、
結果が分かるまで日数が掛かる為、婦人科の病院宛に郵送するので、
そこで聞くようにと言われていました。

甲状腺の病院へ次に行くのは2ヵ月先なのです。
なので甲状腺の先生は、普段かかっている婦人科の方へ私のデータを
送り、そこで教えてもらうようにとのことだったんです。

で、そのように院長先生に説明して、抗体があったかどうかを
聞いたのですが、

それは教えられません。

えっ?でも私、結果を聞くように、甲状腺の病院から
言われてるんですけどぉ・・・


ここからは押し問答です。

院長先生曰く、よその病院の検査結果、しかも専門外のことを
別の病院の医師が説明するのはおかしい、と。

しかし先生曰く、甲状腺の病院からは患者にデータを教えてくれ
という伝言もないし、こちらからは教えるのはおかしい、
甲状腺のことは甲状腺の病院で聞くのが当たり前だと。

私は、はじめ院長先生のところに送られてきたデータには
抗体の有無が書いてなかったのか、とも思い、

じゃぁ結構です。甲状腺の病院へ電話をして
聞いてみます。


と言ってみたのですが、確かに先生のところに私のデータは
届いていたようでした。甲状腺の病院で当日分かった結果プラス、
抗体の有無なのでしょう。

先生の口ぶりで抗体のことが書いてあるということが分かりました。

私は、ただ抗体の有無が知りたいだけなので、
そのデータをコピーしてほしい、ともお願いしてみました。

しかし、押し問答は続くばかり


で、挙句の果てに先生は

じゃぁ、君は抗体があるかないかを知って、
どうなるの?
それを今知ったところで何かが変わるの?


目が点になりました 

えっ、私、そこまで言われなアカン??
なんか違うような気がするんやけど・・・


と思いつつ、そこまで言われる理由も分からず、
先生の少し威圧的な態度に涙が出そうになりました。

でも、モロモロぐっと我慢して、自分に落ち着くように言い聞かせて、
なるべく穏やかに言ってみました。

抗体の有る無しで、何がどうなるのかが
分からないので、知りたいんです。
次に甲状腺の病院に行くのは1ヶ月以上も先ですし、それまでに
自分なりにインターネットで調べて、自分がどういう状態なのか
知りたいんです。


すると先生は、半ギレの状態で

これコピーしてあげて! 

と席を立ち、看護士さんにデータを渡すと、また隣の別の患者さんの
ところへ行ったのです。

私、なんか悪いこと言ったかな? せんせ、キレてるの??

訳が分かりません。

その後、先生はまた私のいる診察室へ戻り、
コピーを封筒に入れ手渡してくれました。

が、私の目は見ず、

今から採血しますね。 
結果は1週間後に出るから、また聞きに来てください。


なんだか事務的に話して、はいっ終わり! という感じでした。

何だったのでしょう?? 

院長先生の言われるように、甲状腺の病院からの直接的な指示が
ない限り、専門外の、しかも甲状腺の病院で行った検査に対して、
婦人科の先生が言及するというのはおかしいです。

それは、分かります。 
でも私は、婦人科の病院で聞くようにと言われたから、
ただ聞いただけなんです。

聞き方が悪かったのでしょうか?
何か気を悪くさせるようなこと、言ったのでしょうか?
先生、忙しくて、気が立っておられたのでしょうか?
半ギレに見えただけで、本当はキレてなかったのでしょうか?

いろんなことを考えました。 でも分かりません。

ほんと分かりません。 謎です 

その後、看護士さんに採血をしてもらい、
すごく嫌~な気分だったので、少し気分を変えようと思い、
看護士さんに話してみました。

この検査って、LH、FSH、テストステロン(男性ホルモン)ですよね?

内容なんて、何でもよかったんです。
ただ、採血してもらった後だからそのことについて話しただけで・・・

看護士さんが固まりました。 

えっ! テストステロン・・・?

で、確認してくると言って、その場を離れました。

どうやら、検査項目が間違っていたようです。

3つの項目の内、テストステロンではなく、
問題のなかったプロラクチンが項目に入っていたようでした。

カルテに書かれていた項目が間違ってたようでした。

これって、私がたまたま指摘したから
よかったものの、気付かなかったらどうなってたのよ??


気分を取り直そうと思って話をしたのに、更に嫌な気分になりました。

言って下さってよかったですぅ。
先生もきっとテストステロンのつもりだったと思いますぅ。


看護士さんの言葉に愛想笑いをしましたが、
顔が引きつって言葉になりませんでした。

その後、会計。

あれっ、お釣りがおかしい・・・

じゃり銭を出したのに、ないものとしてお釣りが・・・


はぁ~  

何から何まで・・・

ほんと、なんだかなーーー の1日でした。   


(会計)
診察料: 369
検査料:1,671
合計: 2,040


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは☆
病院、お疲れさまでした。
それにしても先生の対応・・・
読んでて納得いきませんでした!!!
そんな対応ってありなの!?って思ってしまって・・・
それじゃなくても婦人科なんて行くのも嫌なところなのに、
そんな態度されたらますますいくのいやになっちゃいますよねー。
やっぱり忙しい病院だと、先生もイライラが溜まってしまうんでしょうかねぇ。。
元気出してくださいね。
LHとFSHの件ですが、アタシもちょっと調べてみたんですけど、1対1じゃなきゃいけないってこともないみたいですね。
LHよりFSHのほうが数値が大きいのが普通のようでした。
基準値もそういう設定になってるみたいですよ。
今日の再検査の結果が良いといいですね(≡^∇^≡)
2007/01/29(Mon) 23:56 | URL  | みき #-[ 編集]
みきさんへ
LHとFSHのこと調べてくださったんですね。
私も調べてみたら、1対2くらいがいいみたいですね。
詳しくは後日UPしますね。
きのうの先生の対応、やっぱりおかしいですよね。
みきさんにもそう言ってもらえて安心しましたv-410
ブログに書いたので、もうすっかり元気になりましたよv-411 
ありがとうございます!
みきさんの病院はすごくいい雰囲気ですよねe-376
ほんと見習ってほしいものですv-354
2007/01/30(Tue) 19:54 | URL  | けろ→みきさん #r.3wvYC6[ 編集]
けろっこさん、病院おつかれさまでした。。
いくら患者が多くて忙しい婦人科とはいえ、その先生の対応は
どうなの!?って思っちゃいました。
読みながら「そんな病院、替えちゃえ~!」と心の中で思いましたが、
先月替えられたばかりだったんですよね。うーーん。
感情的にならずにいられたけろっこさんは、えらいです!

私の病院の先生は、ものすごくサバサバしていて
あまり『話し合える』ような雰囲気がないんです。
ハッキリ言ってくれるのでわかりやすいけれど、
もっといろいろ話し合うことができる先生に
会えたらなぁ、なんてことも思います。
でも結果は出してくれてるし、それ以上の不満もない
ので、もう少し今の病院で頑張ろうと思ってますが・・・

おたがいに、がんばりましょうね~っ
2007/01/30(Tue) 23:55 | URL  | のび蔵 #-[ 編集]
のび蔵さんへ
そうなんですよぉ。
病院変わったばっかりでi-230
初めの方の印象はすごくよかったんですけど、
ここ2回位の対応の仕方に疑問がありあます。
でもその病院は患者が選んだ病院の人気ランキングで
1位になってるんですよねぇ・・・i-227
のび蔵さんの病院の先生はハッキリ説明してくれるんですね。
分かりやすいのは魅力ですけど、話し合える環境って
ほんと大切ですよね★
デリケートな治療だからこそ必要な部分だと思いますi-228
病院自体の方針としては『患者と納得のいくまで話をする』
というのがモットーのようなので、もう少し様子みてみますi-84
頑張りましょうねi-237
2007/01/31(Wed) 08:24 | URL  | けろ→のび蔵さん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。