なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トリガー4ヶ月の効果 と 先日の治療その後
2009年01月23日 (金) | 編集 |
1月15日にトリガー治療第一人者の治療を受けて1週間が経ちました。

認知覚がみつからなかったことで劇的な効果は
ないんだろうなと思っていましたが、気づけば 

アレっ 痛くない!? 動けてる?? 

という感じです。

ご飯の支度をするのに野菜を切ったり、調理するのに
今までは、ほんの少しの間なら立っていられるのですが
長くなると途中から座っていました。

だけど最近は立ったまま
長く調理がしていられるようになっています。

洗濯を干すのも座って干していましたが
立って干しても大丈夫になっていたり。

それから、どれくらい歩けるようになったかを試してみると
両杖では1時間、片杖(左)では20分くらいは歩けました。

考えてみると明らかに教授先生の治療後
できるようになったことが多いような・・・。
やっぱり教授先生ってすごいなと改めて思いました。

だけど、すごいのは教授先生だけじゃなくて
いつもの先生だってすごいんですよ。

教授先生の治療を受けるにあたって、発症からの経緯や
鍼を受ける前、4ヶ月受けた後の状態の変化などを
書面にまとめて教授先生に渡しました。

それを見て改めて思ったことは、
よくここまで回復したもんだとつくづく感じました。

長くなりますが、よかったら見てください。
    ↓
手術後の痛みの状態と現在の状況
(2008年1月15日現在)

緑字: 2008年9月23日 鍼治療を受ける前の状態
青字: 2009年1月15日 鍼治療を4ヶ月受けた現在の状態

膝の痛みの種類はジンジンと疼く、腫れを伴って脈打つような感じ、
重たい。 膝の表面上は冷たいが、膝の中が熱い
グツグツ煮えているような感じがする。 
ぎゅーっと押さえつけられるような痛み。
痛い箇所は、膝のお皿の下側、特に膝蓋腱辺り。
表面的な痛みではなく、中が痛い感じ。

→ 安静時、痛みは感じない。 
正座、四つんばい、しゃがむ等の動作時に痛みを感じる。 
左より右の方が痛みや違和感が強い。 痛い箇所は膝蓋腱辺り。



調子が良くても次の条件があれば必ず痛みが起こる。


① 入浴、気温上昇、飲酒などによって血流がよくなったとき

入浴は膝を湯船に浸けず膝を立てた状態で入り
何度も冷水シャワーをする。 秋から冬にかけては疼痛が緩和したが
春になり気温が上がってくるとそれだけで疼痛レベルが上がり
膝の中が煮えているように熱く感じる。 しかし、触ってみると
冷たいことが多い。 夏はエアコンで室温を調整しないと耐えられない。
直射日光にあたると覿面に疼痛、灼熱感が増す。
1日数回の冷却が必要。 飲酒も同様で、アルコール度数が
高いほど症状が強く出る。 

→ 入浴時、湯船に長く浸かれるようになる。 
完全に膝を浸けると違和感が出るので膝は浸からないように立て
入浴後は患部に冷水シャワーをするが以前のような灼熱感、
疼きはなく少し違和感が残る程度。 飲酒による疼きはなくなる。 
アルコール度数が高くても全く疼きが出ない。



② 気候条件

雨、曇りなどの気圧の低下、湿気が多い、気温が高いなどの気候条件で
疼痛、灼熱感が増す。

→ 天候による痛みは出なくなる。  


③ ストッキング、タイトなズボン、靴を履くなどの圧迫刺激

締め付けられて、足全体が重たい感じになり、違和感が出てくる。
外出時、靴を履くとそれだけ足が重たくなり、室内ならスムーズに
歩けるのが歩けなくなる。

→ ストッキング、タイトなズボンを履けるようになる。 
しかしストッキングは時間が経つと圧迫感が出てきて
少し重たいような違和感が出てくる。 靴による圧迫感はなくなる。



④ 一定の時間以上、膝に負担をかける運動刺激

両松葉でも10分以上の歩行は難しい。 両松葉もしくは
何かにもたれていても5分立っていると痛くなってきて
それ以上は難しくなる。

→ 両松葉で連続20~30分は歩行可能。 
買い物などで1時間~1時間半くらいはブラブラできる。 
両松葉で20分くらいは立っていられる。



⑤ 気分の落ち込み、ストレスなどによる精神的要因

たくさん泣くと、驚くほどに痛みが増す。 
膝の中が熱くなり、疼痛レベルが増す。
逆に、友達と話したり、趣味のことをすると痛みを感じなくなる。

→ 以前ほどの落ち込みがないのでよく分からないが
気になること、ストレスがあると多少痛みが増す。



2009年1月15日現在、疼きや感覚異常はなくなったが
下記の動作で 膝下、膝蓋腱辺りからすね上部 
に違和感、痛みを感じる。 左と右では右の方が痛みが強い。


1. あぐら足裏合わせ
あぐらのような体勢から足裏を互いに合わせる。 またはその状態で
前かがみになると、膝下からすね上部に違和感と少しの痛みが出る。

2. 仰向け
平らな硬い床で仰向けになり、つま先を外に向けた楽な体勢だと
痛みは出ないが、つま先を真っ直ぐ上にすると両膝下に違和感が出る。

3. 四つんばい
クッションの上では痛みなくできるが、平らな硬いところでは
膝下に痛みが出るため一瞬しかできない。 

4. 正座
クッションのあるところでは、正座に近い状態(重心を全てかける手前)
まではできるが、完全に重心をかけるのは痛くて難しい。
平らなところでは全く無理。 

5. しゃがむ
何かに掴まれば、ゆっくりならしゃがむことができる。
何も掴まらない場合、ゆっくりとしゃがみ、少しの間なら
しゃがんだ体勢を維持できるが、しばらくすると膝下に痛みが出てくる。

********************************************************

以上が、昨秋退院後の4ヶ月の鍼の成果です。

こうやって見てみると本当に改善しているということが
よく分かります。

トリガーポイント療法に出会えたこと
よい先生に出会えたことに改めて感謝したいと思います キラリラ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
良かったですね
教授の所に行ったかいがありましたね。
症状が回復して自分の様に嬉しいです。

主治医の先生も細かく経歴を書いてくれてそれをバトンタッチで治療がスムーズにいったのでしょうね。ありがたい事ですね。

次回の教授の治療が楽しみですね。
2009/01/23(Fri) 18:14 | URL  | みみ #bMuNBHl.[ 編集]
みみさんへ
思いきって教授先生のところに行ってよかったです。
治療の効果を書面にまとめたのは主治医の先生ではなくて
私なんですけどね。 私の書き方が分かりにくかったですね。
主治医の先生は初診のとき付き添ってくださったので
事細かく教授先生に説明してくださって、その点では
私の症状が伝わりやすかったと思います。 
本当に有難いことです。
みみさんの症状が少しでも良くなりますように。
寒い日が続くのでお体大事にしてくださいね。
2009/01/23(Fri) 21:57 | URL  | けろ→みみさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。