なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死にもの狂い
2009年02月12日 (木) | 編集 |
例の深打ち注射の1週間後には、なんとか自力で
足を上げられるようになりましたが、痛みは変わらず。

日中は気温が高いのでそれだけで疼くため外に出られず。
だけど、このままじっとしていても治りそうもないし
歩けるようにもならない。

眠剤を飲んでも眠れないので日が昇る前に
歩行訓練をすることにしました。

といっても、痛みが強くそんなに歩けません。

睡眠不足で体はフラフラで意識も朦朧としていましたが
両杖をついて、なんとか頑張りました。

はじめは、少し歩いては休憩し
また少し歩いては休憩し、を繰り返しました。 

そのうち5分、10分と歩けるようになり
何度も何度も休憩を挟んでちょっとずつ歩く練習をしました。

日の出前と言ってもやっぱり真夏のことです。
動くと熱くなるので膝が疼きます。
冷えピタシートを張ったり、湿布を張ったりして
なんとか頑張りました。

休憩を何度も挟むけれど、合計すれば
20分、25分、30分と歩けるようになっていきました。

そして、あの注射から毎日毎日歩行練習をし
20日かかって、ようやく50分歩けるようになりました。

もちろん、連続ではありません。
連続では10分か15分歩くのが限界で
途中で何度も休憩を挟みました。

だけど、やっとここまできました。
あともう少しで、また片杖、杖なしと練習ができるかもしれない!

もっと頑張れば、退院できるかもしれない!!
そんな希望が少しだけ出てきました。

でも・・・

毎日の注射は雑なことが多く
肝心の膝の痛みはマシになることはありませんでした。

あの日以来、膝下に注射をするのは怖くて
ほとんどしてもらわず、してもらっても浅く
注射液も少量だけに留まっていました。

でも、それだと痛みは一向に治まらず・・・。
どうしたものかというのが悩みの種でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。