なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの悔しさ
2009年02月02日 (月) | 編集 |
今日は教授先生のところへ行って来ました。
前回の治療から2週間ちょっと経っての治療でした。

先週は風邪でほとんど外出しませんでしたが
その前の週は毎日といっていいほど外出し
両杖で1時間、片杖で20分と歩いたり
台所仕事で自然と立っていられる時間が長かったりと
気づけば動けるようになっていました。

そのせいもあったのか、前回はあまり刺激のこなかった鍼の感覚も
今回は、脂汗がにじむほどの激痛ぶりでした

前回の治療で認知覚が出なかった
(責任トリガーがみつからなかった)ので、今回はその参考にと
写真つきでどんな動作をすると痛いかのレポートを持参して
治療に臨みました。(先日主治医の先生に渡したものと同じです)

前回は仰向けで足の前面を集中的に施術してもらいました
今回はうつ伏せで後ろ側を中心に、前側もやってもらいました。

後ろ側では関連痛と呼ばれる感覚はあったけど
認知覚(責任トリガーにあたったと分かる感覚)はでませんでした。

関連痛というのは、鍼を刺したところ以外に痛みが走る感覚で
でもその場所が一番痛いところではないというものです。

今回私が持参したレポートは筋を特定する上で
すごく参考になったそうですが
それでも認知覚は見つかりませんでした。

治療中に教授先生がポツリとおっしゃいました。

膝の中がぐちゃぐちゃになってるのかもしれんな。

これはどういうことかというと・・・

そう、去年の入院で注射を毎日しすぎたことの弊害でした。

主治医の先生からもよく言われることですが
注射のしすぎで組織を傷めているということです。

主治医の先生の話では、注射針を刺し過ぎたせいで
傷めているのだと思っていました。

教授先生に聞くと、針を刺しすぎたのもあるけれど
薬液を大量に入れすぎても組織を壊す可能性があるのだとか。

膝の組織や正常な感覚まで壊されてしまっている
可能性が高いのだそうです。

そういえば、確かに合点がいきます。

認知覚がはっきり出たのは右は1箇所けですが
左は3~4箇所出ています。
そのおかげもあって左は随分と楽になりました。

当初から右の方が痛みが強かったので
明らかに右の方に多く注射をしていました。

私の膝に正常な組織や感覚があれば
認知覚を見つけるのにここまで苦労しないのだろうと思うと
忘れていた悔しさが込み上げてきました。

教授先生の話では、壊れた組織もいつまでも壊れたままではなく
今、鍼治療によって修復をしているところだから
修復が完了すれば、やがて認知覚も出るのではないかとのことでした。

教授先生のところへ行けば、すぐにでも良くなると思っていましたが
まだ時間が掛かりそうですね。

帰りの電車の中では、久しぶりにまた悔しい思いがよみがえり
夕食を済ました後もその思いが消えず、涙が出てきます。

治りたい一心で、家族に大きな負担を掛けてまで
3ヶ月も入院させてもらったのに・・・

こんな結果が待ってるなんて・・・

今から悔やんでも仕方ないのかもしれないけど
やっぱり思い出すと悔しいです。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私は半端じゃない位、注射針をさいているのでチョット心配になってしまいました。
ボトックスを打ってもらうと3週間は痛みが消えるけれど次に打ってもらうまで痛みを抑えるのに毎日、十数か所注射針をさしています。
心配だけど注射針がなかったらまた以前みたくハサミやナイフで脚を傷つけて痛みをごまかしてしまいそうです。

私も今の病気で3年間何度も入院して家族に迷惑をかけてきました。その前にも両肩関節不安定症で5回の手術をして、それでも治らず何度も泣きました。だから、けろさんの気持ちが良くわかります。
今は良い意味で病気とうまく付き合っていく。とすこし気持ちに余裕が出来ました。
でも子供の卒業式には出来ないので可愛そうな思いはさせてしまうのですが・・・

けろさんは針で修復して治すと言う希望があるから気を落とさず前向きになって下さいね。
2009/02/03(Tue) 14:48 | URL  | みみ #bMuNBHl.[ 編集]
みみさんへ
みみさんはご自分で注射針を刺していると以前から聞いていて、正直なところ私もとても心配でした。 
みみさんはボトックスをされているんですね。 強い薬だから、次に打つまでは数ヶ月かかるんですよね。 効果が3週間しかもたないのは本当に辛いですね。
ハサミやナイフを刺してしまうほど痛みが強いなんて何と言っていいか・・・言葉を失います。 それだけの痛みが常にあるという状態なんですもんね。

みみさんのお話を聞かせてもらうと自分の苦しみなんて大したことないのだということがよく分かります。 こんなことで泣き言を言っていたらダメですね。 
いつも優しいお言葉をかけてくださるみみさん、辛い思いをたくさんされたからこそ、こんな風に言ってくださるのだろうと改めて感じました。

自己注射のことなど詳しく聞かせてもらいたいのでメールでお話させてもらいたえると嬉しいです。 コメント欄でお話を聞くのは、なかなかできないので、ブログ右端の下の方に 『 メールフォーム 』 を設置しました。 
みみさんの気が向いたら結構ですので、そちらからメールをいただければ嬉しいです。 体調の事もありますし、体調が悪かったり、メールをするが嫌だったらそれはそれで全然構いません。
ただ、いつも一方的に私のことばかり気にしていただいていて、私も何かみみさんのお役に立てればと思い、このようなお願いをしてみました。 私の知識なんて大したことはないかもしれませんが、情報交換させていただたけたら嬉しいです。
2009/02/03(Tue) 19:10 | URL  | けろ→みみさん #r.3wvYC6[ 編集]
けろっこさんの辛さ、本当によくわかります。
私も何度か、(私の治療法のボトックス)で、どんなに疑問に思ってます。今でも思っています。
けろっこさんと違うとこは、効いても、効かなくても3ヶ月で、、2年前は、本当にボトックスの治療をやめようまで、考えたこともあります。本当に先生によって、ボトックスは、苦しいものになります
うまい先生でも、打つところには、失敗もあります
患者は、本当に怖さまで、感じることもあります
私も、今の先生が、1年間イギリスに行っている間、、不安です。
2009/02/03(Tue) 19:38 | URL  | やす #-[ 編集]
やすさんへ
ボトックスのことはやすさんのブログで多くのことを教えてもらいました。 一度の注射から3ヶ月も待たないといけないというのは、それだけ体に強い作用をもたらすということですものね。 効果が高いということは、副作用もきついということになるのですね。 

私の受けていた注射よりも何倍も強い作用の薬液を使っているということは、それだけ不安も大きくなるのは当然ですよね。 やすさんはお近くに治療をしてくださる先生がおられないから、いつも苦労されていますよね。
新しい先生に早く慣れてもらって安心して注射を受けられるようになるといいですね。
2009/02/04(Wed) 12:09 | URL  | けろ→やすさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。