なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆休みの告白
2009年02月16日 (月) | 編集 |
またまた去年入院時の記録に戻ります。
暗い内容が多くなりますが、よかったらお付き合いください。

********************************************************

入院中、ダンナは遠方にもかかわらず
月に2~3回お見舞いに来てくれていました。

仕事で毎日遅くなるのに、食事の準備、家事、買い物をこなし
きっと体はヘトヘトに疲れているはずなのに・・・。
本当に有難いことでした。

入院中、弱っている私にとっては
ダンナの存在は大きな支えでした。

週末に病院の近くで外泊することも何度かありました。
お盆休みはレンタカーを借りて、2泊で近場の温泉に行きました。

この頃は、深打ち注射で歩けなくなってから
少しずつ動けるようになっている途中でした。

深打ち注射のことは、ダンナにも話をしていましたが
心配をかけるので詳しくは話していませんでした。

きれいな景色を見たり、自然の中をドライブしたり
楽しいはずなのに、心に引っかかるものがあって
気持ちがスッキリしませんでした。

ダンナもきっと何かあると分かっていたでしょうね。
これ以上自分の胸だけに留めておくのは限界になり
最終日、とうとう何もかも辛かったことを話してしまいました。

入院当初から先生の言動に不安があったこと
心無いことを言われたこと
気持ち悪い男性の話、病院の衛生環境のこと
その他にも色々と嫌なことがあり
泣きながら、洗いざらい全てを打ち明けました。

ダンナは黙って聞いていました。
きっと悔しい思いでいっぱいだったと思います。
人一倍、心配性な人だから・・・。

だけど何も言わずに受け止めてくれました。

そのおかげで、私はものすごく気持ちが安定し
心がスッと軽くなりました。

ダンナのためにも、早朝歩行を続けて
片杖、杖なしと歩けるように頑張る!
そして1日も早く退院できるように頑張ると約束しました。

ダンナは私が散歩に行くときに歩きやすいようにと
軽いスニーカーや動きやすい服、散歩中に聞く音楽など
色んなものを準備しては送ってくれたり
持参してくれたりしていました。

今回はスニーカーを持ってきてくれており
それを履いて頑張って歩く練習をしようと
張り切って、このお盆休みを終えました。

あともうちょっと!!
しんどいけど、あともうちょっと頑張ろう!
そんな風に思えた貴重な時間でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
素晴らしい旦那様ですね。
外泊とか出来るから気ばらしにもなるし病院生活も耐えられたのでしょう。これも旦那様の優しさのおかげですね。
私の旦那は同じ市内に入院した時10日も来ない事もあったです。
入院ばっかりしているから心配もふっとんで慣れてしまったのでしょう。でもあんまりです!!
逆に「疲れた」と言われてしまいました。
けろさんは幸せ者です。
2009/02/16(Mon) 17:27 | URL  | みみ #bMuNBHl.[ 編集]
お互いに、、、
けろっこさん、いい旦那さんですね。
だから、けろっこさん、辛くても病気と闘えると思いますよ。
私も旦那の支えがなかったら、、このジストニアと闘えないと思います。入院ばかりの繰り返しでね
入院は、本当に辛いほうが、多いからね。
うちは、2年前、旦那が糖尿病で、2週間入院のしてから、もっと、変わりましたよ。余程、入院が辛かったのでしょうね。旦那もね。それから、本当に二人三脚で、がんばってます。(笑)
2009/02/16(Mon) 21:09 | URL  | やす #-[ 編集]
けろちゃんのだんなさん、本当にいい人だもんね。
さりげない優しさとか、すごく温かい人だと思う。
まめはだんなさんのファンだよ~。
でも、横取りはしないから安心してね(笑)
けろちゃんは本当にステキな人とめぐり会えたんだね。
だんなさんにすべてを話せたことって、すごく大きな意味があったと思うよ。
夫婦の絆を深めることができたって言うか。
逆に言えば、だんなさんもけろちゃんじゃなきゃ
だめってことなんだよ。
本当、ステキな夫婦だよね。
2009/02/16(Mon) 23:06 | URL  | まめ #mQop/nM.[ 編集]
みみさんへ
ダンナには本当に感謝しています。
自分の夫のことをこんな風に書くのもどうかと思いますが
私一人では到底乗り越えられなかったと思います。
私が足を悪くしてから負担ばっかり掛けてしまって
本当に大変な思いをさせたと思います。
だけど愚痴ひとつこぼさず、今日まで支えてくれたことは
本当に有難いことです。 これを当たり前だと思わず
この感謝の気持ちを忘れないようにしなければと思います。
みみさんのところはお子さんもいらっしゃいますし
ご主人もお忙しかったのでしょうね。 
入院は本人にとっても家族にとっても大変なことですものね。
2009/02/17(Tue) 19:39 | URL  | けろ→みみさん #r.3wvYC6[ 編集]
やすさんへ
やすさんのご主人も優しそうな方ですね。
京都の病院まで付き添ってくださいますもんね。
病気になって初めて、家族の存在がこんなに
有難いものだったのかと気づかせてもらいました。
やすさんのところは、ご主人も病気をされてから
より分かり合えるようになってのでしょうね。
なんでも経験しないと本当の辛さは分からないですものね。
二人三脚ですね。 素敵だと思います。
2009/02/17(Tue) 19:50 | URL  | けろ→やすさんへ #r.3wvYC6[ 編集]
まめちゃんへ 
まめちゃん、ダンナのこと褒めてくれてありがとう。
ファンだなんて、そんなこと言ったらきっと喜ぶよ。
ダンナもまめちゃんのブログチェックしてるから
まめちゃんのファンなんじゃないかな?
ダンナに全てを話せたこと、私にとっては本当に大きなことだったよ。
ダンナにしてみたら、悔しくてたまらなかったと思う。
声を荒げて怒ったり、医者に怒鳴りつけたり
心の中ではそんな気持ちでいっぱいだった思うんだ。
だけど、そんなことをしても何の解決にもならないから
最後まで病院側には何にも言わなかったよ。
ダンナと巡り会えたこと、本当に感謝しなくちゃ。
色々あったけど一緒になれて本当に良かったな。
この気持ちをいつまでも大切にしたいです。
2009/02/17(Tue) 20:08 | URL  | けろ→まめちゃん  #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。