なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じゃぁ病名は?
2009年02月20日 (金) | 編集 |
足が上がらなくなったことや、歩けなくなったことに対して
「病名は見当がつくが今は言えない」と言われたことについて
翌朝の注射のときに聞いてみました。

「今は言えないとのことでしたが、いつになったら
 言ってもらえるんですか?」


「言い方が悪かったね、じゃぁ今言おうか。」
(だったら、もったいぶらずにきのう言えばいいのに。)

その病気の専門医ではないので確たる証拠がないのに
言うのはどうかとためらったのだというようなことを言われました。
(ふーん。。 )

その病名とは 身体表現性障害

で、私の場合はそれと 筋筋膜疼痛症候群(MPS) だと。

先生は、その病気がどんなものかと説明するよりも
皇后陛下も以前この病気になられたことがあって
突然声が出なくなられたとか、この病気だと
突然歩けなくなったり、手が動かなくなるという
運動麻痺が起こるのだと言っておられました。

私の足が上がらなくなったのも
その運動麻痺が起こったとでも言いたいのか!!
と、またブチ切れそうになりましたが・・・。

私は皇后陛下にそんなことがあったのかよく知らなかったし
初めて聞く病名だったので、自分で調べてから
詳しく話を聞こうと思いました。
身体表現性障害 とは、膠原病のようにいくつかの症状の総称のような
もので心気症、身体醜形障害、転換性障害、身体化障害、疼痛性障害
などがあります。

それぞれの症状を簡単に説明します。(↑にリンクしたHPより抜粋)

********************************************************

心気症
ある特定の身体の病気、たとえばガンや肝硬変、エイズではないか
と心配し、不安におびえる症状を心気症といいます。

身体醜形障害
醜形恐怖とも呼ばれ、自分の外見に過度にとらわれ
結果として日常生活に重大な支障をもたらすものをいいます。
例えば、自分の鼻が低いことを気にして外出したり
人と会ったり出来ない場合などがあります。

転換性障害(転換性ヒステリー)
突然歩けなくなる、手が動かなくなるといった「運動麻痺」と
声が出なくなる、手足や顔の痛覚がなくなるといった「感覚麻痺」
が起こります。 一口に運動麻痺と言っても、自分の意思で動かしたり
止めたりできる筋肉(随意筋)の麻痺というのが特徴です。

身体化障害
腰痛から嘔吐、頭痛から月経不順まで、症状はさまざま
内科的にも外科的にも説明できない身体症状があり
そのために日常生活が大きく損なわれます。

疼痛性障害
1つ以上の場所にずきずきと疼くような痛み(疼痛)が
いつも感じられるのですが、内科的にも外科的にも異常はなく
明らかにストレスが関係していると認められるものを
疼痛性障害と呼びます。

これらの症状は、本人も気づいていないストレス、不安や葛藤が
身体の症状となって現われるというものです。 

ただし、心身症と違って内科的にも外科的にも異常はありません。
例えば、いくら本人が「胃が痛む」と訴えても内科の検査では異常は
見られず、胃潰瘍のように胃が荒れているという事もないのです。

********************************************************

こうやって見てみると、私に当てはまりそうなのは
一番最後の 疼痛性障害 です。

だけど、先生はしきりに皇后様の声が出なくなったとか
急に歩けなくなるとかそんな話ばかりしていたので
転換性障害 と思っているのだろうなと感じました。

次の記事では、この疼痛性障害と転換性障害について
詳しく検討したいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
忘れることできない、、、
けろっこさん、私も、ジストニアって病名が出るまで、転換性障害(転換性ヒステリー)と言いたかったのでしょうね。きっと、歩けないふりをしているって、言い張った医者!!今でも顔、覚えてます。忘れることできないものですよね。
悔しくて、悔しくってね。
2009/02/20(Fri) 22:47 | URL  | やす #-[ 編集]
やすさんへ
やすさんから病名が分かるまで、歩けないふりをしているとよく聞いていました。 私も入院先で同じようなことを言われ、本当にそんな精神疾患があったのかと思いました。
だけど、その病名ではないのにそうだと言い張られ、他に列記とした病名や治療法があるのに、医者の無知によって患者はどれだけ傷ついているかもっともっと患者の痛みを知るべきですよね。
病名も原因も分からず、長い間苦しみ続けて
医者からもそんな風に言われたら本当に辛かったことと思います。
やすさん、本当に頑張りましたね。 
2009/02/20(Fri) 23:17 | URL  | けろ→やすさん #r.3wvYC6[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/02/21(Sat) 16:10 |   |  #[ 編集]
鍵コメさんへ
ありがとうございます。 こうやって書くことで自分と向き合うこともできるし、私の体験を知ってもらうことで、少しでもどなたかのお役に立てたら嬉しいです。 書いていると嫌なことを思い出すので正直しんどくなりますが、あともう少しで終わりそうなので頑張ります。

身体表現性障害という病気を知ったとき、世の中にはまだまだ知らない病気が沢山あるんだなと感じました。 
2009/02/22(Sun) 21:29 | URL  | けろ→鍵コメさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。