なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退院当日
2009年02月26日 (木) | 編集 |
退院当日。
朝の治療だけを受けて病院をあとにしました。

入院中、お世話になった看護師さんや
清掃のおばちゃん、入院仲間にお礼を言いました。
辛いことも多かったけれど、いい人も沢山おられたので
その方たちに救われました。

先生に対しては最後まで不信感が強く残りましたが
お世話になったことは事実だし、歩けなくなってしまったけれど
この病院の治療で薬が止められたことは私にとって
ものすごく大きなことだったので、その意味も込めて
大人の挨拶だけはしておきました。

バスに乗り込み、駅に向かう車内の中で
この道を私は杖なしで歩いたのかと思うと
とても不思議な気分でした。

駅に着き、電車を待とうとホームへ。

電車の時間まで少し時間があったので
休もうと思ったら、椅子が空いていませんでした。

両杖をついて歩き出し、まだ5分も経っていないのに
すでに足が限界でした。

痛くて痛くて立っていられませんでした。
幸いすぐに椅子を譲ってくださり座ることができたのですが
悔しい気持ちが胸いっぱいに込み上げてきました。

ダンナに大きな大きな負担を掛けて
こんな遠方で3ヶ月も入院させてもらったのに・・・。

あんなに頑張って入院生活を過ごしたのに・・・。

最近はほとんど外出しておらず、院内しか歩いていなかったので
自分がこれほど状態が悪いとは意識していませんでした。

家路に着く電車を待つ時間。

やっと家に帰れるという喜びを感じるところが
自分が全く治っていないのだという現実を突きつけられました。

痛くて痛くて、悔しくて悔しくて・・・。
泣いても泣いても、その悔しさは癒えることがありませんでした。

ダンナはずっと話を聞いてくれていましたが
きっと何ともいえない思いをしたことでしょう。

このとき傍にいてくれたことに本当に感謝します。

こうして3ヶ月に渡る入院生活が終わりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
3ヶ月は長くて辛いものでしたね。
色々な出会いも沢山あったでしょう。
良い思い出と悪い思い出がゴチャゴチャになっているけれど、やはり先生に対する怒りが強い事でしょう・・・

旦那さんも大変でしたね。
感謝の気持ちで一杯でしょう。

私の場合、旦那に普段何にもやらないから奥さんの苦労がわかったでしょう!みたいな気持ちになっていました。

ドクターショッピングは本当に難しいですね。
でも今、けろさんが良い先生に巡りあえて良かったです
2009/02/26(Thu) 15:59 | URL  | みみ #bMuNBHl.[ 編集]
みみさんへ
そうですね・・・私にとってもダンナにとっても3ヶ月は長かったです。
先生に対する怒りというよりは悔しさのほうが大きかった
かもしれません。
ドクターショッピング、本当に難しいです。。
今、良い先生に巡り会えているのは本当に有難いことなのだと
つくづく思います。 いい先生に出会うのは運もありますもんね。 
実際に診てもらわないと分からないところが辛いところですね。
いい先生かどうかすぐに判断できるメガネみたいなものが
あればいいんですけど。 みみさん、いつも優しいお言葉ありがとうございます。
2009/02/26(Thu) 16:12 | URL  | けろ→みみさん #r.3wvYC6[ 編集]
ずっと読ませてもらってました。
まだ続くのかもしれないけど、コメントさせてもらいます。

入院する前、良い病院・先生が見つかったとのことだったので、
私もすごくうれしくて、絶対良くなるって、思ってました。
それがこんなことになっていたとは・・・。

ブログが休止されて、きっと何かあったんだろうなとは思っていたけど、
私の想像以上のものでした。

気持ち悪い男性患者さんのこと・・・
想像するだけで寒気がします。
本当に嫌な思いをしたね。

そして、先生のこと・・・
入院前に、けろっこさんがとても希望をもっていたことを思うと、
すごくすご~く悔しかっただろうね。。。
3ヶ月の入院生活・・・先生を信じて遠くまで来たのにね。

どれだけ辛く、苦しく、悔しかったか・・・
私は想像しかできないけど、それでも胸が苦しくなるくらいだから、
けろっこさん本人は、ホントに本当に辛かっただろうね。
一人で抱え込んで・・・よくがんばったね。

今、新たに信用できる素晴らしい先生と巡り合えたこと、本当によかった。。。
3ヶ月の入院で、少し遠回りしてしまったけど、
今度こそ、けろっこさんの期待を裏切らない先生であることを、私も信じてます。

辛い過去を、こうして記事にするの、辛かったでしょ?
勇気を出して記事にしてくれてありがとう。
2009/02/26(Thu) 22:30 | URL  | ポラリス #-[ 編集]
ポラリスさんへ
ポラリスさん、ありがとう。 温かいコメントに涙が出ました。
正直、この入院記録を書いている間は精神的にしんどかったです。
足のほうも感じなくなっていた疼きや熱感が再発していて
色々思い出すとまた動悸がしてきます。
だけどこれを書けたことで、私の中で一つ区切りがついたというか
新たに頑張ろうという意欲が出てくるような気がします。
3月には甲状腺のチェックをして、またクリニックの治療にも戻りたいし。
ポラリスをはじめ、応援してくれた方たちにも早く入院生活のことを
報告したいと思っていたから、それが叶ってほっとしました。
こちらこそe-266 いつも温かく見守ってくれて
そして応援してくれてありがとう。 私も信じて頑張るね。
2009/02/27(Fri) 16:38 | URL  | けろ→ポラリスさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。