なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お悩み解消!?
2009年03月10日 (火) | 編集 |
前回、教授先生から頻繁に治療を受ければ治りも早いと聞いて
早速4~5日に1回のペースで鍼に通っています。

2月28日 と 3月5日は T先生、
きのうの9日は教授先生のところへ行って来ました。

5日のT先生の治療で、なんと!!
右膝の 認知覚 が出ました

責任トリガーポイントを感じることができたのです。

今までも左で2~3箇所、右で1箇所見つかりましたが
その都度大きく状態が改善されてきました。

右に比べて左の方が責任トリガーが沢山見つかっているので
そのおかげで、左はものすごく良くなりました。

それに比べて悪い方の右側は、T先生にも教授先生にも
くまなく探していただいているにも拘らず
なかなか見つからない状態が続いていました。

治療に詰めて通ったことで状態が悪くなる前に
施術してもらえたのも良かったのかもしれませんが
今までの探り方を少し変えてもらったことで
ズバっと認知覚が出ました!!

思わず 「そこっ!!」 と叫びました。

今まで触診で認知覚が出たことはなく
鍼を刺して初めて感じることばかりでしたが
今回は違いました。

「そこっ!」と言った場所に同じ角度から鍼を入れると
当たった瞬間、銃弾を撃たれたような衝撃が走り
痛さも普通のトリガーを感じるのとは
比べ物にならないほどでした。

腱はただでさえ、痛く感じるところなので余計かもしれません。

今まで責任トリガーが見つかった場所は全て
痛い膝下とは離れた箇所でしたが
今回は、まさに痛い場所と同じところで見つかりました。

つまり膝蓋腱の痛いといつも言っている場所でした。

今までも何回もその辺りには鍼をしてもらっているのですが
腱の状態が悪くて、うまく当たらなかったのだと思います。

今回当たったのも、はじめに数箇所その辺りに鍼をして
腱やお皿の状態を柔らかくしてからのことでした。

認知覚が出たことを T先生はものすごく喜んでくださり
そのあとは、ものすごくテンションが高くなって
この良い状態のうちにと、いつもにも増して
長く施術してくださいました。

鍼が終わってから、いつも必ず痛くなる動作をやってみると
左は痛みが出るのに、右は全く痛みが出ませんでした。

こんなことは今までなかったので
一番悪いところに鍼が当たるとこんな風になるんだなと
つくづく教授先生の責任トリガー理論に感動しました。

これで、もうほとんど治るのかなぁなんて
少し期待しましたが、そうはいかないようで
2,3日するとまた少しだけ痛みが戻ってきました。

だけど、今までよりはかなり状態が良くなっています。

きのう教授先生のところへ行って
先日の右の認知覚のことを話して
膝蓋腱の状態を見てもらいました。

しかし、やっぱりまだ悪いところが残っているようで
健康な人に比べると腱やお皿が硬いとのことでした。

健康な人は、お皿を触れば動くけど
私の場合は動きにくいのだそうです。

ちなみにT先生の話では、鍼を受ける前は
肥厚がひどくてお皿がどこにあるのかも分からず
触っても全く動かない状態だったそうです。。
初めに比べるとかなり良くはなっているのですが
まだまだなんですね~。

教授先生にも3時間の施術をしていただき
あとの課題は、膝蓋腱付近を入念に治療していけば
完治も近いとのお墨付きをもらいました!!

前回、教授先生のところへ行ったのは2週間前で
そのときには、リハビリを考えた方がいいかもしれないと
言われていました。

というのも、当初から右の方が痛みが強いせいで
右をかばうので、筋力がなくなってしまっていたのです。

左に比べると、右の筋肉が異常に痩せていて
痩せていると痛みを強く感じることもあるので
良くないと言われていました。

どんなリハビリをすればいいか聞いてみたのですが
自己流でやっていると、鍛えているつもりでも
痛いところがあると無意識のうちに違う筋肉を使ってしまい
うまく鍛えられないので、できればPTさんについてもらって
やった方がいいとのことでした。

それで、通院リハビリでいいところがないか探していたのですが
通うには整形外科の医師による紹介状がいるので
今さら、整形の医者に私の状態や治療を理解してもらうのは
難しいのでどうしようか悩んでいました。

T先生に相談すると、いろいろとアドバイスをしてくださいました。

教授先生のお弟子さんでPTさんがおられるので
通うのが遠いけれど、その人のところへ行くか
また別のお弟子さんでスポーツトレーナーもしている方が
おられるので、その方にアドバイスをもらうかなど
あれこれ考えていました。

そうこうしているうちに2週間が経ってしまい
また教授先生に相談しようと思っていたのですが
先生は、私の足を見るなり

右の筋肉ついてきたね

と、おっしゃいました。

言われて、私も確認してみると・・・
まだ右のほうが痩せているけど、はっきりと
太ももの上の筋肉がついてきているのが分かりました。

実は、毎日ではないけれど、リハビリをするときに
左より右の方にウェイトをおいて筋トレをしたり
家事をするときに左に重心を置くのをやめ
意識的に右足に置いてみたりしていました。

しかしこれだけのことで、急に筋肉がついたとは考えにくく
おそらく、鍼治療の効果が出て状態が良くなってきているのが
一番なんだと思います。

状態の悪いところに筋力をつけようと努力しても
難しいと聞いたことがあるので
状態が良くなってきている証拠なんだと思います。

まだ側面の筋肉は全然ついていないのですが
リハビリにあえて通うまでのこともないということになりました。

この調子で状態が良くなっていけば、自然と動けるようになり
活動量も増えるので、筋力もついていくのだとか。

今まで通り、自宅でストレッチや筋トレ、ヨガなどをやって
日常の家事や買い物などで動いていけばいいかな
ということに落ち着きました。

ここのところ、リハビリをどうしようかと悩んでいたので
なんだか拍子抜けな感じがしますが、ホッとしました。

花粉がひどすぎて、散歩に行く気にはなれませんが
買い物は頑張って行こうと思います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
認知覚が見つかってよかったね。自分のように嬉しいです。
改めて整形に行った所で鍼治療の経過を報告した所で理解してもらえないでしょうね。
私だったら教授さんのPTさんのところは遠いから行くのにちゅうちょっしちっゃいそうです・・
けろさんの気遣いで筋肉が付いてリハビリにも行かなくて良くなって良かったです。
これからも頑張って筋肉をつけて下さい。
2009/03/12(Thu) 08:25 | URL  | みみ #bMuNBHl.[ 編集]
みみさんへ
みみさん、いつもありがとうございます。
専門の方についてリハビリできるに越したことはないのですが、やはり近くにないということから、移動や時間的なことを考えると私も躊躇してしまいました。 このまま何もしないで筋肉がきちんとつくとは思えないので、それなりの努力は必要だと思っています。 最近は日常の用事で疲れてしまって、リハビリを怠けているので渇を入れないといけませんi-229
頑張ります!
2009/03/12(Thu) 13:21 | URL  | けろ→みみさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。