なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじまりました
2009年05月01日 (金) | 編集 |
いよいよ待ちに待った体外受精の周期が始まりました。

体外受精を決意してから、この日を迎えるまでに
不正出血、甲状腺、足の問題などを経て
実に2年半もかかりました。 

長かった~。

体外受精は細かく分けると色々な方法がありますが
大きく分けると ロング法 と ショート法 があり
私が行うのは ロング法 というものです。

どちらになるかは、年齢や体質などによって決まるようですが
ロング法を行っている方が多いように思います。

簡単に私の行うロング法を説明すると
体外受精を行う前周期の高温層から
スプレキュアという点鼻薬を1日3回行います。
(点鼻薬の種類や1日に行う回数は病院によって異なります)

この点鼻薬は子宮内膜症などの治療などにも使われるものですが
体外受精で使用する場合には、自力で出すホルモンを抑え
自然排卵を抑制させるために使用します。

点鼻薬は高温期の後半から使うので
1週間ほどすると生理がきます。

生理がきたら病院や自分のスケジュールを考えて
排卵誘発の予定を決め、誘発をしていきます。

誘発をせずに自然排卵するのは通常1~2個ですが
誘発剤で卵をたくさん作り、十分に育ったところで
卵を体外に取り出します。

誘発剤で卵を必要以上にたくさん作るので
大きくなった卵から勝手に排卵するのを防ぐために
点鼻薬で自然排卵を抑えているんですね。
点鼻薬は採卵するまで続けます。

体外に取り出した卵子に精子を合わせて受精させ
無事受精が成功して、卵が分割しはじめたら
子宮に戻すというのが簡単な流れです。

ということで、4月22日から点鼻薬をはじめています。
同時に、この日から自費診療に切り替わったので
毎回、ビックリするような金額を支払うことになりました

点鼻薬は今日で10日目になってだいぶん慣れてきました。

はじめの1週間は風邪なのか副作用なのか
倦怠感、悪寒、悪心、頭痛などがありしんどかったですが
今はそんな症状はほとんどありません。

4月29日に生理になり、今日クリニックに行って
今後の予定を決めてきました。

排卵誘発が始まると連日の注射になるので
GW中は何かと大変なのでGW明けから始めることになりました

5月7日から排卵誘発の注射をします。
先生の話では、6回くらいで済む人が多いそうですが
さて私はどうなるでしょうか。

そして予定では、半ば頃に採卵になるそうです。

いよいよ始まったなぁという感じですが
実はまだ実感がないんですよね~。

今は点鼻薬だけなので、排卵誘発が始まれば
また違うのかもしれません。

点鼻薬の1日3回ですが、病院からは3回とだけ言われていて
特に厳密な時間のことは聞いていませんでした。

ネットで調べると決まった時間にされている方が多く
必ず8時間おきにしなければならないなんて書いてあるところもあり
なるべくそれに従ってアラームをかけたりしてやっていました。

今日、クリニックに行ったので詳しく聞いてみました。

基本8時間おきにしているけれど、もし時間通りにできない場合は
どのくらいの時間差なら許容範囲なのかと。

答えは、8時間おきにするのがベストなんだろうけど
そんなに厳密にしなくても大丈夫とのこと。
食後に1日3回している人もいらっしゃるそうです。

そもそも排卵抑制で使う場合には1日2回でも多くの場合
抑制できるそうで、万全を期して3回にしているそうです。
施設によっては2回のところもあるのだとか。

ネットで見たら、10分くらいならズレてもいいけど
20分以上はダメだとか書いてあって
結構真面目にやってたんですけど、気が楽になりました。

ダメですね~。 どうも神経質になっちゃって・・・

今のクリニックの先生は、こんな風に私の緊張を
解いてくださる感じなのが有難いです。
それに徒歩で通院できて、待ち時間がほとんどないというのは
通院によるストレスがないので、かなり気持ちが楽です。

いよいよ始まりました。
肩の力が入り過ぎないように頑張りたいと思います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いよいよ始まったね。
本当に、本当にここまで長かったね。
点鼻薬、2つ目の病院では1日4回だったよ。。。
自分で時間を決めて打てばよかったので、
ご飯の後と、寝る前に打っていたかな。
忘れないようにするのが大事みたいだね。

採卵までまだ時間があるようなので、
GWはのんびり過ごして
心も体も良い状態で採卵を迎えられますように。

↓の記事。
たくさんのブログ友の方とお会いしたんだね。
いいなぁ。
あぁ、私もけろっこさんと会いたいわぁ。。。
2009/05/01(Fri) 22:11 | URL  | ポラリス #-[ 編集]
ポラリスさんへ
ポラリスさん、いよいよだよi-274
ここまでくるのに、この2年半ずっと付き合ってくれて本当にありがとうね。 
これからは、きっと辛いこともいっぱいあると思うけど、やれるところまで精一杯頑張ろうと思います。 分からないことがいっぱいあるから、また色々教えてね。 頼りにしています。

いいご縁があって、たくさんのブロ友さんとお会いしました。 私もポラリスさんに会いたいな~。 それ以前に、ブログ以外には全然お話もしたことないもんね。 またゆっくりお話してみたいな。 いつか絶対叶えようねi-176
2009/05/02(Sat) 11:40 | URL  | けろ→ポラリスさん #r.3wvYC6[ 編集]
良い方向へ進み始めたのですね。
良かったですね。
ブログのタイトルが変わる日を心待ちにしてるよ!というとプレッシャーにるかな?
お気楽な気持ちでいる方がいいかも?ですね。
私も甲状腺の病気も婦人科の病気も持っているので、「赤ちゃん」を望んでいる人たちの苦労、心労、多少は知ってるつもりです。
コウノトリさんが来てくれます様に。
2009/05/02(Sat) 15:06 | URL  | ビオラ #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。不妊治療で検索していてこのブログにたどり着きました。うちは結婚13年目、妻は妊娠しにくい体質のようで、うちも2年間人工授精を続けましたが、2度妊娠・2度流産し、その後1年は妊娠もせず、人工授精をあきらめ、年齢的なリミット(妻が35歳)もあり先月に体外受精をすることを決めました。体外受精を決めた最初の診察日、検査と、21日間飲むピルと点鼻薬を処方され、やはり自費治療なのでびっくりするほどの金額を請求されました。自費治療と言うのが経済的にキツイですね。夫の私も体外受精の確率を上げるため、クロミッドというよく女性の方が処方される薬を1日半錠飲んでいます。それから妻の体質が気になりましたので漢方専門医を訪れ、漢方薬を処方してもらいました(こちらは保険適用です)。
過去のブログ拝見させていただきましたが、足のご病気など大変な経験をなさってるのですね。実は私も肩、頚の激しい痛み、痺れに襲われ、2度の入院、原因がつかめずいろんな病院を転院、大阪在住の私はネットの情報を頼りに東京の病院まで診察に行き、頚肩腕障害(繊維筋痛症タイプ)と診断されました。ノイロトロピンやロキソニン等の各種の痛み止めを飲んだり鍼治療をしながら治療を続けていますが、またこの病気をきっかけに鬱病を併発、鬱病の治療過程で甲状腺腫瘍も見つかりました。なので、このブログを拝見していまして、他人事とは思えませんでした。
体外受精は長い戦いになりそうですが、お互い赤ちゃんを目標にがんばりましょう。これからもよろしくお願いします。
2009/05/02(Sat) 20:15 | URL  | YASU #-[ 編集]
ビオラさんへ
ビオラさんありがとうございます。
そうですね、お気楽な気持ちでいるのがいいと思います。
始まってしまうと頭では分かっていても
それがなかなか難しいんですけどねi-229
ビオラさんは婦人科系と甲状腺の病気も持っておられますよね。
他にも多くの持病を抱えておられますが
前向きな姿勢を見習わねばと思います。 
元来私の性格がアレコレ考えてしまうタイプなので
考え込んでストレスにならないように気をつけたいと思います。 
2009/05/03(Sun) 13:09 | URL  | けろ→ビオラさん #r.3wvYC6[ 編集]
YASUさんへ
はじめまして、ブログを訪問してくださり、そしてコメントを残してくださってありがとうございます。 不妊治療のことで男性からコメントを頂いたのは初めてなのでとても嬉しく思います。 文面を読ませていただくと奥様のことをとても気遣っておられて、優しい方なんだなと思いました。

長い間、不妊治療をされておられるんですね。 2度もこの上ない悲しい思いをされているなんて、今までの精神的、肉体的負担、そして心の傷を考えると胸が締め付けられて言葉に詰まります。
同じ時期に体外受精をすることになったみたいで、なにかご縁を感じます。 それから頚肩腕障害(繊維筋痛症タイプ)のことも、私と似た病気ですし、甲状腺の事もあったりと私も他人事に思えません。 鬱病も併発されたとのことですが、私も病院には行っていませんが、一時期軽い鬱病だった時があります。
お互い似た病気を持ったもの同士、これから臨む高度不妊治療に頑張りましょうね。
2009/05/03(Sun) 13:29 | URL  | けろ→YASUさん #r.3wvYC6[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/03(Sun) 19:13 |   |  #[ 編集]
こんばんは。今日は休みでしたので過去のブログで読み残していたところ読ませていただきました。足の治療でトリガーポイント・ブロック注射をされていたのですね。実は私も、東京の病院で紹介された大阪にある診療所、その後転院した整形外科でトリガーポイントを週3回ぐらい受けてました。私の場合は最初はリドカインやキシロカイン等の局所麻酔を、転院した整形外科ではそれにステロイドを混ぜていたようです。私は背中や頚のトリガーポイントに注射されると、痛いのではなく『気持ちいい』と感じましたが。。。入院中には硬膜外ブロック注射も受けましたが、こちらは大掛かり、痛みも苦痛な割には効果はイマイチでした。トリガーが効いたのか、処方されていたノイロトロピンやデパス、その他各種筋弛緩剤等は止めることができましたが、今はまだ抗鬱剤は飲みながら生活しています。
体外受精のほうですが、うちは点鼻薬は来週あたりから使うようです。ピルがあと10日分残っています。   お互い上手くいってほしいですね。
2009/05/03(Sun) 19:29 | URL  | YASU #-[ 編集]
いよいよ待ちに待った治療が再開でしたんですね!!がんばってください!!
私も病院から点鼻薬を..って言われたのですが、どうしても嫌で、変えてもらった気がします。

質のいい卵子が出来る事を願っています☆
2009/05/04(Mon) 21:38 | URL  | ルイ #-[ 編集]
YASUさんへ
過去の記事の読んで頂けたなんて光栄です。ありがとうございます。
YASUさんは東京まで行かれたんですね。大変でしたね。
YASUさんもトリガー注射をされていたんですね。
最近はテレビでもトリガーを取り上げるようになってきましたが
病院によっても打ち方が違ったりするのでしょうね。
抗鬱剤以外の薬をやめられたのはよかったですね。
私も薬を飲んでいるときは抗鬱剤が一番良く効いていました。
体外受精は、自費診療なのでかなり高額ですが、
施設によっても多少の違いはあるみたいですね。
病院選びもなかなか難しいところだと思います。
先のことを考えると不安になりますが、とにかく今は
先の不安を考えず前に進みたいと思います。
お互い頑張りましょうね。
2009/05/04(Mon) 22:17 | URL  | けろ→YASUさん #r.3wvYC6[ 編集]
ルイさんへ
やっとIVF周期に入りました。 ここまで本当に長かったです。
ルイさんは点鼻薬はされなかったんですね。 点鼻薬を入れた後に苦いのが口の中に出てくるのが苦手です。 はじめは気持ち悪くてジュースとか飲んでましたけど、大分慣れてきました。 あと1週間くらいの辛抱です。 だけどこれからは、もっと大変な治療が待ってるんですけどね。 先輩としてまた色々教えてくださいね。 よろしくお願いします。
2009/05/04(Mon) 22:23 | URL  | けろ→ルイさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。