なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IVF-ET 周期を振り返って
2009年06月21日 (日) | 編集 |
はじめての体外受精。

とにかくリラックスした状態で臨むことを目標に挑みましたが
今から思えば、これが一番難しかったです。

足を悪くして2年以上遠ざかっていた不妊治療。

以前、ハードに頑張っていた頃は体にいいものを取り入れ
妊娠のための体作りに励み、血液検査の詳細を調べたり
かなり努力をしていました。

しかも最終段階である体外受精に入るのだから
何もかも良い状態で臨もうと病院も
すごく有名なところに通っていました。

しかしそのときの通院は患者を人間として
扱ってもらえないような対応をされ
通院自体がストレスになるというものでした。

今回、久しぶりに再開するにあたり
何を一番重視すればいいのかと考えたとき
今までの私に欠けていたものは何かを考えました。

治療周期は頭が治療のことでいっぱいになり
不安と葛藤の中でものすごいストレスが溜まります。

不妊治療を頑張って赤ちゃんを授かった人たちは
何か気持ちが吹っ切れていたり
治療のことだけに集中していないときに
授かっておられる方が多いように思います。

やっぱり一番大切で私に欠けていたのは
治療中のストレスなんだなと実感。

そして、とにかく自然体で臨めるようにと
通院にもストレスがかからないところを選びました。

しかし、このストレスを溜めない、自然体でというところに
少し落とし穴があったように思います。

飲酒です。

直接的に関係があったかどうかは分かりませんが
IVF前周期はもちろん、採卵までは普通に飲んでいました。

飲むといってもビール1本くらいですが
ダンナも私も晩ご飯とお酒はセットのようなもので
おかずも酒の肴のようなものが多いので
飲まずにごはんを食べるというのは苦痛でした。

おいしそうに飲んでいるダンナの横で
何も飲まずに我慢して食べることの方が
かえってストレスになるのではないのかと思ったりして・・・。

これって、かなり苦しい言い訳ですよね

私はもともとひどい冷え性なので
飲酒をして体を冷やすのは絶対に良くないはず。

今回卵の質が悪かったのは他にも原因があると思いますが
もしかしたら、この飲酒も関係があったのかなと大反省です。

採卵後は飲んでいませんでしたが
卵を作る前の段階から準備しておかないと
ダメだったなとつくづく・・・。

その他に今回気をつけていたのは、ネットの情報に
翻弄されないことでした。 ネットで調べれば
色んな情報が得られるけれど、それによって
不安を大きく煽られることも多々あります。

今までがそうだっただけに、調べるという行為自体が
大きなストレスになると思ったので極力調べずにいました。

受精確認までは・・・。

受精確認の日、グレードが悪くて凍結するかどうか
判断をしなければならないときに知識がなくて
かなりテンパってしまい、それ以降はズルズルと
ネットの波に飲み込まれていきました。

いつものようにネットで調べまくり、判定日までを過ごしました。

今回良い結果に繋がらなかった原因は何か。
きっとそれは誰にも分からないと思います。
目に見えないものだから・・・。

だけど、良くないであろうと考えられることは
次の機会には改善するようにしたいです。

それから、もうひとつ気になっていること。
それは血液検査。

今回の治療に入る前、ホルモン検査は全くしませんでした。
2年前はあまりよくない数値の項目が2つありました。
それは、今から思えば卵子の質に関わるものです。

その数値が良くないと卵子の質に影響が出るというもの。
今回、それらの数値を調べず体外受精に臨みましたが
もしかしたら、これが一番関係しているのかもしれません。

詳細は、また別の機会に書こうと思います。

今回の IVF-ET 周期の治療内容と金額などをまとめました。
専門用語などでややこしいと思いますので
興味のある方は見ていただければ嬉しいです。
IVF - ET 前周期
日付周期体温オリモノ体調処置会計
4/1136.68生理----
4/22-生理----
4/3336.34生理----
4/4436.65生理----
4/5536.64-----
4/6636.45-----
4/7736.66-----
4/8836.49-----
4/9936.47-----
4/101036.60ゼリー----
4/111136.62ゼリー----
4/121236.16のび----
4/131336.55のび排卵痛排卵確認-820
4/141436.68-----
4/1515136.76-----
4/1616236.99-----
4/1717336.97-----
4/1818436.88-----
4/1919536.99-----
4/2020636.94薄茶--- -
4/2121737.04薄茶-スプレキュア1本目-20,940
4/2222837.00薄茶--スプレキュア-
4/2323936.97---
4/24241036.94---
4/25251136.90---
4/26261236.94濃茶---
4/27271336.66濃茶---
4/28281436.70濃茶---
合計:21,760


IVF - ET 周期
日付周期体温オリモノ体調処置会計
4/29136.71 生理---スプレキュア-
4/30236.40 生理    出血少-  ↓-
5/1336.42 生理    出血少内診・スプレキュア2本目  ↓ 16,800
5/2436.52 生理    出血少-  ↓-
5/3536.53  茶--  ↓-
5/4636.73  茶--  ↓-
5/5736.43  茶--  ↓-
5/6836.61  茶--  ↓-
5/7936.49  茶-ゴナピュール300  ↓    5,970
5/81036.48  茶-ゴナピュール300  ↓    6,180
5/91136.56  茶    悪心ゴナピュール300  ↓    5,970
5/101236.44-    悪心HMGテイゾー150  ↓    4,430
5/111336.46-

  悪心/目眩

HMGテイゾー150,  内診  ↓    6,580
5/121436.54--HMGテイゾー150  ↓    4,430
5/131536.52 ゼリー-HMGテイゾー150,  内診  ↓    6,580
5/141636.59 ゼリー-HMGテイゾー150  ↓    4,430
5/151736.57 ゼリー-HMGテイゾー75, 内診  ↓    5,620
5/161836.67 ゼリー-HMGテイゾー75x1/2 , 内診  ↓    5,620
5/171936.65 のび-hCG5000, 採血  ↓    9,240
5/182036.56 のび----
5/192136.78 のび-採卵/プロゲデポー125 メイアクト 185,070
5/2022136.89-

倦怠感/張り

-  ↓-
5/2123237.00-倦怠感/悪心/張り-  ↓-
5/2224337.02-下腹部シクシク

受精確認(G3/1,G4/2,G5/1)

 ET(G3/1),  凍結(G4/2)

プロゲデポー125,  hCG3000

- 113,860
5/2325436.99-頻尿/倦怠感/悪心---
5/2426537.01-     ↓---
5/2527636.92-     ↓---
5/2628737.06-倦怠感/悪心/頭痛

プロゲデポー125

hCG3000 

-    2,460
5/2729836.98-     ↓---
5/2830937.05-     ↓---
5/29311037.09 ベージュ     ↓

プロゲデポー125 

-    1,690
5/30321137.07 濃茶     ↓不正出血→プラノバールプラノバール      720
5/31331237.13  茶     ↓-  ↓-
6/1341336.97  茶     ↓-  ↓-
6/2351437.16 薄茶     ↓

プロゲデポー125 

自己検査(-)

  ↓    1,690
6/3361536.98クリーム色     ↓-  ↓-
6/4371637.07クリーム色     ↓自己検査(-)  ↓-
6/5381737.00-     ↓判定日(-)-    2,370
6/6391837.02-     ↓---
6/7401936.97-     ↓---
6/8412036.94-     ↓---
合計: 389,710
総合計: 411,470


4月21日から点鼻薬を始め、排卵誘発、採卵、移植、
黄体補充を経て、6月8日にその幕を閉じました。

掛かった費用は  \411,470 (自費)。

私の場合は凍結卵が少なかったことや誘発剤の種類によって
少し値段が低かったように思います。

施設ごとの値段設定や薬剤によっても変わってくるので
一概には言えませんが、40~50万くらいが相場だと思います。

体外受精や顕微授精をした場合は不妊治療助成金という制度があり
少しだけ補助金が出ます。 これは自治体によって詳細が異なります。

私の住んでいるところでは1回の治療につき10万円まで
1年度当たり2回が限度で5年間受けられます。

全くないよりは有難いですが、できれば保険適用にしてほしいものです。

少子化問題に取り組んで子育て支援をするものいいけれど
その前の段階にももっと力を入れて欲しいです。

体外受精が保険適用ならもうちょっと受けやすくなると思うのですが
結果が良くても悪くても、これだけの負担が掛かってしまいます。

次の挑戦は、あらゆることを慎重に考えないといけないなと思っています。
最後まで読んで下さってありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
よく分かります。
私もついつい不安になるとネットで検索をして一喜一憂して結果いつもだめ。
旦那さんにはネットとめちゃうよと言われるまで。
それにいつ体温が下がるのか1日朝だけでいい体温計測を1日に20回はやっているでしょうか・・・
ここまでくると旦那さんにはそれがいけないんじゃない?
ストレスが一番よくないって。
そういわれるたびによく分かるのですがだめなんです。
気にしないでおくなんてことは無理。
どっかで絶対きにしているのです。
今回私もセロフェンという排卵誘発剤を10日間飲んで卵を採取しそれで状態がよければ体外か顕微ということでした。
金額も、体に対しても最初に行う体外ならこちらのやり方がいいのではないかと勧められました。
転院した病院は片道1時間というところでそれも負担なのかもしれないですが、何より先生が優しい、看護師さんもわたしもがんばります。
といってくれて涙がでました。
ここでがんばろうと。
もしこの一回で結論がでなくても、何か今まで妊娠できなかった理由が見つかればと思っています。
金額は30万ほどかかると言われました。
私の住んでいるところでは助成金が県と市から10万ずつでるので助かっています。
もしかしてけろっこさんのところも市とかからもでませんか?
それからも小渕大臣が助成金を15万にあげるという話もあります。
保険適用になってくれれば本当にうれしいことですが、5万でもありがたいですよね。
2009/06/22(Mon) 19:21 | URL  | nikoyumi #-[ 編集]
nikoyumiさんへ
こんにちは。 転院してIVFを受けることにされたんですね。 排卵誘発を注射でなく薬で補っても費用は30万も掛かっちゃうんですね。 体への負担は多少少ないかもしれませんが、やはり採卵、移植となると大変だと思います。 できるだけゆったりとした気持ちで過ごせるといいですね。 いい結果に繋がることを心から祈っています。

新しい病院は通院に1時間も掛かってしまうのですね。 かなりしんどいですね。。 だけど先生や看護師さんを信頼して頑張ろうと気持ちになれるところのようなので、それが何よりです。 いくら腕の良い先生や有名な病院でも通院自体がストレスになるのはしんどいですもんね。 この転院がいい方向に繋がるといいですね。

助成金のことですが、やっぱり私の住むところでは県と市から両方出るということはないようでした。 地方によって色々あるんですね。 ただでさえ負担が大きい治療なので、せめて費用の面だけでも安心したいですね。 
2009/06/23(Tue) 13:24 | URL  | けろ→nikoyumiさん #kDfCZ5z6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。