なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疼きの軽減(補足)
2009年06月26日 (金) | 編集 |
きのうの記事で全身の施術に力を入れてもらって
疼きが軽減したと書いていましたが、少し補足させてください。

もともとT先生には足の他にも、首、腕の付け根、肩、背中、腰、お尻と
広範囲に渡って治療をしてもらっていました。

教授先生に言われた全身の治療というのは
今までよりも更に広範囲にしてもらうという意味でした。

腕は今まで腕の付け根の裏側だけだったのが
二の腕や肘から下にもしてもらったり
足も今までは表側が中心で膝蓋腱、膝周り、大腿部を
してもらっていましたが、更にその範囲を広げ
膝下から足首に近いところや大腿裏側やふくらはぎなどにも
施術してもらうようになりました。

そして、今までは悪そうな場所があれば
同じところに集中的に3~4回くらい施術していましたが
その回数を少し減らし、足も全体的に広範囲になりました。

今回、気温上昇に伴う疼きが軽減したのは
教授先生が仰ったように自律神経に関係が
あったかどうかは定かではありません。

今までよりも全身を広範囲にしたのが良かったのか
足の施術で、悪いところを何度も集中的にするより 
全体的に広くしたことが良かったのか。

何が直接的に効いたのかは分からないけれど
結果として疼きや熱感(異常感覚)がマシになったということでした。

きのうの記事を読むと、うまく真意が伝わらないと思い
補足させてもらいました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。