なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい周期
2009年07月07日 (火) | 編集 |
きのう月のものがやってきました。

IVF-ET 後の周期だったので無排卵だったようで
体温は風邪をひいたので、4日間くらいは少し高めでしたが
それ以外は、低温のままでした。

ご存知の方も多いかもしれませんが
どうして今回無排卵になったかというと・・・。

自然排卵周期の場合は、周期が始まった時点で
小さいものを含め沢山の卵胞があります。
毎月排卵するのは1つか2つなので、その沢山ある中で
20ミリを超えたものが排卵するしくみになっています。

しかし体外受精周期では、排卵誘発をして
通常なら排卵できないような小さい卵胞まで大きくし
採卵という形で人工的に全て採ってしまうので
次の周期には排卵できる大きさになる卵胞がないんですね。

だから IVF-ET 後の周期はお休みするということだったんです。
いざ自分が経験するまでは、漠然と体を休ませるためだと
思っていましたが、無排卵になるからという理由もあったんですね。

無排卵で生理がくるというのを経験したことがなかったので
周期的に少し長くなるのかと思っていたのですが
終わってみれば27日周期でした。

クリニックの先生からは、生理が来たら予約を入れるように
言われていたので、明日行くことにしました。

次の予定は、一応考えていることはあるのですが
先生と相談して決めようと思っています。

今日は七夕ですね。
笹の葉飾りも短冊も用意していないけど
こっそりお願い事だけしておきました。

織姫と彦星さんが素敵な再会ができますように
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。