なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おかえり
2009年07月25日 (土) | 編集 |
 ET 自然周期 Day 20 ET 当日
==============================

今日は凍結胚移植の日。

卵ちゃんが融解に耐えられるか心配でしたが
どんな結果であれ、しっかり受け止めようと思っていました。

グレード4の卵で、4分割と5分割のものを
2つ一緒に凍結していました。

状態を聞くと、2つとも無事に融解できて
追加培養をして、きちんと細胞が生きていることが
確認できたとのこと。

あぁ~よかったぁ jumee☆faceA7

グレードの問題があったから
移植できない可能性の方が高いんじゃないかと
思っていたので、ホッとしました。

2つとも無事に戻ってくれたので
先生も私も2つ一緒に移植することで納得しました。

基本的には1つずつ移植するのが通例なのですが
35歳以上であること、移植が2回目だということ
卵のグレードが良くないことなどから
2つ一緒に移植するのがいいという判断でした。

ダンナも同じ考えだったので、一番いい形で
お迎えできることがすごく嬉しかったです 芽

すぐに着替えをして、採卵した時と同じ部屋へ。

内診の時と違って、カーテンで仕切られていないから
周りが見えるのと、ガチャガチャという器材の音などで
どうしても恐怖心が煽られます。

消毒やカテーテルの模擬挿入をし
いざ、移植です!

前回の移植のときと同じく経腹エコーなので
お腹にゼリーのようなものを塗り
先生がエコーを見ながらいい位置を探されます。

位置が決まれば、移植完了。
時間にして10分も掛からないくらいでした。

痛みは生理痛のような弱い鈍痛が少しあるくらいですが
恐怖心があるので少し緊張しました。

以前、お友達のおばさんから頂いた
パワーストーンのブレスレットをしていたので
反対の手でしっかりブレスレットに触れていました。

心強いお守りなので、気持ちが落ち着きました rainbow
(Hさん、ありがとうございました。)

移植の後は、着替えをしたらすぐに帰宅できました。
今日は大雨だったので、ダンナが車で
付き添ってくれたので助かりました。

黄体補充は、おとといに hCG5000 を注射してもらったのと
月曜日から プラノバールを飲むことになりました。

そして、あとは判定日を待つのみです jumee☆excite2

今回は、前回のように検索魔になったり
いっぱいいっぱいにならないようにしたいな。

かごめかごめの歌にあるように
行きは良い良い、帰りは怖い~
てな感じで、初めの1週間は落ちついていられるんだけど
後半がどうしても難しいんですよね

なるべく趣味を充実させたり
結果のことで頭がいっぱいにならないように
できたらいいなと思っています。

そして、最後に一言。

卵ちゃん、おかえり~!!キラリラ
よくがんばったね
jumee☆thanks2
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
じ~ん。。。
ちゃんと排卵して、
卵ちゃんも無事戻ってきてくれたんだね。
よかった、ホントよかった!!

「どうだったかな~」ってドキドキしながら
ブログを覗いたら、
題名の「おかえり」って言葉が見えて、
あぁ、ちゃんと融解に耐えて無事移植できたんだっていうのと、
けろっこさんの、卵ちゃんたちへの深い愛情を感じて、
じ~んと胸が熱くなりました。
本当によかったね!けろっこさん、お疲れさまでした。

グレードが悪いと言われながらも
卵ちゃんたち、がんばったね。
けろっこさんのお腹の中でも
その調子でがんばって成長しつづけてね。
生命力の強い卵ちゃんたちだから
きっとお腹の中でもがんばってくれるハズ。

後半がなかなか穏やかでいられないっていうの、
すご~~くよくわかるわ。
前半はまだ先だから割と落ち着いていられるけど、
日が近づくにつれて、どうしてもね。。。
趣味を充実させるって、良い方法かもね。
できるだけ、心穏やかに過ごせますように♪
2009/07/25(Sat) 22:19 | URL  | ポラリス #-[ 編集]
ポラリスさんへ
ポラリスさん、無事にお腹に戻すことができました。
いつも見守ってくれて、応援してくれてありがとう。
グレードの問題があったので、融解に耐えられるかどうか
覚悟はしていました。 もし耐えられなかったとしても
それはそのように導かれたのだと考えようと思っていました。
というのも、まだ足は完治していなくて外出するには杖が要るし
長時間歩くこともできないから、子どもを産み、育てるということが
私にできるのか、そんな不安もあったから・・・。

だけど今回無事に2つともに融解に耐え、そしてお腹に戻すことが
できたのは色んな意味で前に進んでいいと言われているようで
とても心強くも感じたんだ。

生命力の強い卵ちゃんだから、お腹の中でも頑張ってくれると私も
信じてるよ。 卵ちゃんだけでなく、私も一緒に頑張らなきゃね。
今、できること。 今、必要なことを努力しようと思ってます。
初めての移植のときと違って今回はお腹に戻せたという安心感のような
ものがあって、今のところ気持ちは落ち着いてるよ。 
果たしてこの状態がいつまで続いてくれるか・・・。
今回は精神的にも成長できるかな?
2009/07/26(Sun) 23:01 | URL  | けろ→ポラリスさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。