なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい相棒
2009年09月01日 (火) | 編集 |
足と肩、腰などの状態を書こうと思います。

7月から週2回の治療をしてもらっていて
足は7月~8月中頃までは、調子が良くなったり
悪くなったりを繰り返していました。

8月になって猛暑日が続くと調子はあまりよくありませんでした。
それでも去年に比べると、比べ物にならないくらい楽なので
それは有難かったです。

1日に何回も凍ったアイスノンで患部を冷やさないとダメだったのが
今年は一度も冷やすことがありませんでした。

8月の終わりから気温が少し下がってきて
日中はクーラーをつけずに過ごせるようになって
状態はだいぶん落ち着いてきました。

痛いと長く歩けないので、8月はあまり出歩けませんでしたが
最近は結構動けるようになってきました。

買い物にも頻繁に行けるようになり
片杖で連続30分くらい歩けるようになりました。

肩や背中、腰、お尻などは週2回の治療を受けても
なかなかスッキリしてくれることはありません。
それでもひどかった頃に比べると少しは楽になりました。

もともと凝り性なので、ちょっとミシンをしたり、パソコンをしたり
本を読んだりするだけでガチガチになってしまいます。

それから松葉杖を使うので、どうしても腕、肩、背中、腰に
負担がかかってしまいます。

こればっかりは仕方がないので
うまく付き合っていくしかありませんね。

さてさて、最近調子がよくなってきているので
歩行練習を再開させようと思っています。

そこで、新たに助っ人として我家にやってきてくれたのが・・・
              

杖T字

T字杖です!!
ホームセンターで売っていて、使ってみると
まぁまぁよかったので買いました。
これなら肩や背中に負担がないかな~と思って。

早速使って歩いてみると、やっぱりものすごく軽い!!
今まで使っていた松葉杖は1本が1090gでした。
それを2本使っているんだから、そりぁ凝るわなぁという感じです。

新しく買ったのは、たったの250g。
軽く感じて当然ですね。

杖松葉とT字
比べてみると一目瞭然でしょ!? 大きさが全然違う!!

T字杖で歩いてみると、思ったより歩けました。
最近は状態によって右が痛いか左が痛いか変わるので
疲れてきたら反対に杖を持ち替えるという風にしました。

連続で15分くらい遅すぎないスピードで歩けましたが
15分以上は少しキツイと思ったので、スーパーに入って
品物を見ながら立ち止まったり、ゆっくり歩いたりして
さらに15分動けました。

初日に30分も動けたら上出来かなという感じでした。

次の日は、T字杖で買い物に行ってみました。
沢山買うものがあるときは、いつも自転車に
松葉杖を積んで行くのですが、結構かさ張るんですよね~。

だけどT字なら傘よりも小さいから全く目立たないんです。

30分くらいブラブラしながら買い物をすると結構疲れました。
品物を見ているときはカートを片手で押して、反対の手で
杖を持っているのでそれなりに支えられている感じがあるのですが
レジでお金を払うときや袋に品物を詰めるときが少し辛かったです。

今までは片松葉杖だったので、お金を払うときも袋詰めのときも
杖を脇で固定してもたれかかることができました。

だけどT字だと片手で杖をついていると
両手が使えないので、杖を離してしまうことになり
その間は自力で立っていなければならないのです。

今まで何気にしていた行動がこんなにも
杖に頼っていたんだなと改めて実感しました。

これからは状態をみて、T字にするか松葉杖にするか
考えたいと思います。

T字にすると肩や背中への負担は少ないのですが
手首や腕には結構負担が掛かっているようで
これはこれで、またメンテナンスが必要みたいです

T字でスタスタ歩けるようになりたいな。
ボチボチ練習しようと思います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
ブログの更新がなかったから、
どうしてるかな~って心配してたけど
元気そうで何より♪
赤ちゃん待ち治療だけでなく、
足の治療も続けているんだもんね。
本当によくがんばってるなっていつも思ってます。
去年より良くなってるとのこと。
がんばってることが報われてきているんだね。

赤ちゃん待ちのこと。
ゆっくり休んで、またがんばろうって思えるときがきたら
スタートしたらいいよね。
転院を考えてるんだね。
実は、私もけろっこさん、転院したらどうかな?って思ってるんだ。
けろっこさんがどういう理由で転院を考えてるかわからないから
私の思っていることと違うかもしれないけど。。。

私の通っていた病院の先生は
「体外受精や顕微授精(採卵、培養、移植など)は、
病院によって技術の差がある。
本当に良い技術をもっている先生(病院)は
日本で数件しかない。」
って言ってます。
私、この先生の病院に転院して、
卵の育ちや質が、前の病院と全然違ったの。
だから病院によって技術が違うっていうのは
肌で感じているんだ。
けろっこさんの先生は、
患者さん思いの、優しい先生だけど、
培養師さんが常駐でないことや、
培養液もそのつど取り寄せということを考えると、
技術的には不安だな・・・と感じたの。

それに、その「技術」も人によって合う、合わないがある気がするんだ。
転院する前の病院、結構評判がよくて、
私の知ってる人も、何人か体外受精で赤ちゃん授かってるけど、
私は、さっき書いたように、卵の育ちや質が悪く、
結局、この病院では赤ちゃんが授からなかったから。。。

けろっこさんの考えと全然違ったらごめんね。
でも、1回の体外受精で
肉体的にも、精神的にも、金銭的にも
いっぱいしんどい思いをするから、
その努力が無駄にならないように・・・
と願って、書かせてもらいました。
アドバイス!って思って
軽く聞き流してね~。
2009/09/01(Tue) 21:31 | URL  | ポラリス #-[ 編集]
ポラリスさんへ
ポラリスさんの言うとおり、今のクリニックでは技術や施設の面でかなり不安を感じました。 これ以上同じところでIVFを続けるのは限界かなというのが正直な気持ち。
 
このクリニックを選んだ時は、まだ足に不安があって長い距離をあるけなかったし、2年前に通ってた不妊専門の超有名クリニックではドクハラ的な態度に嫌気がさしていたので、ちょうど近くに良さそうなところがあったから気軽な気持ちで行ってみたの。

でも培養士さんが常駐してなかったり、培養液を随時発注していること、その他にも誘発剤や黄体補充などを患者によって種類を変えることなく、一辺倒のやり方だというのも抵抗を感じました。 
確かにいい先生ではあったんだけど、私の場合はちょっと難しかったみたい。 このクリニックのやり方には合わなかったみたいです。

次に行こうと思っている病院は一応2つに絞ったんだけど、まだ決めてません。 またいろいろ相談させてね。 ポラリスさんの意見、とっても参考になりました。 ありがとう。
2009/09/03(Thu) 15:48 | URL  | けろ→ポラリスさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。