なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
候補 1
2009年09月28日 (月) | 編集 |
今日、今後お世話になるかもしれない
候補としてあげているクリニックに行ってきました。

ダンナも一緒に来てくれたので車で行きました。
電車だと通院には45~50分くらいかかりそうです。

ビルのワンフロアがクリニックになっていました。
規模は院長先生1人で見ておられるわりには大きかったですが
3年前に通っていた有名クリニックよりは小さかったです。

平日だからか待合室におられる方も
さほど多くなく1時間も経たないうちに呼ばれました。
3年前のところは座るところがないほど人でいっぱいで
2、3時間待ちはざらでした。

いざ診察室へ通され、先生とお話。

HPで見たとおり優しそうな先生で、話をよく聞いてくださいました。
お聞きしたのは、今後私がこの病院で体外受精をするとしたら
どのような方法で進めていかれるかということ。

今までの治療履歴を紙にまとめて
先生に目を通してもらい、お話をしました。

私の場合は前回のIVFでは、卵のグレードが
良くなかったのがうまくいかなかった原因だと言われました。

では、誘発剤や治療方法を変えればうまくいくかというと
多少その可能性もあるけれど、それだけではなくて
一番には、同じ人でも周期によっていい卵ができるときと
そうでないときがあるというのが大きいのだそう。

同じ方法でも、周期が違えばうまくいく
可能性があるのだそうです。

じゃぁ、あらかじめいい卵ができる周期が分かるのか
というと、はっきりと予測するのはできないそうで
ただ周期が始まってすぐに卵胞の状態を見ることによって
その周期はIVFを治療を進めるべきか見送るべきかを
見極めることはできるとのこと。

うーーん。。 納得できるようなできないような・・・。

私は前回の採卵で7つ取れているので
卵が採れにくいということではないので
ロング法をするのが妥当なところだけど
この病院では アンタゴニスト法 を薦めているそうです。

アンタゴニストというのは、点鼻薬を使って
排卵を止めることをせず、その役割を注射で補うというもの。

では、ロング法と比べてどんなメリットがあるのかというと

 OHSS(卵巣過剰刺激症候群)を防ぐ
 黄体補充が少なくて済む
 IVF後に卵巣を休める期間が短くて済む

などが挙げられるそうです。

ロング法では点鼻薬を約2週間も行い
自力ホルモンを完全にストップさせてしまうので
黄体補充はしっかり薬や注射で補わなくてはならなりません。

私の場合は、採卵の翌月は無排卵になり
採卵から4ヶ月経った今でも採卵前の状態とは違います。

排卵が3日~1週間くらい遅れてたり
排卵期のオリモノがほとんど出なかったり
高温期が短かったり・・・。

アンタゴニスト法をやったことがないので
排卵の遅れなどがないとは言い切れませんが
卵巣の回復はロング法より早いそうです。

卵の質の問題はどうかというと
ロング法とアンタゴニスト法で違いはないとのこと。

この病院ではよほどのことがない限り
ロング法よりはアンタゴニスト法をするそうなので
私の場合もそうなると思います。

IVFをやった病院と違って、培養室もあるし
IVFの件数も多いし、患者に合わせた治療をしてくれたり
進んだ技術も取り入れられている感じでした。

ただ1つ気になったことは、キッズルームが
待合室の一角に設けられていて、扉も開けっ放しになっており
常に子どもの姿が見えていたり、声が聞こえているのには
少し抵抗を感じました。

今はまだ治療をしていないので、そんな光景も
微笑ましく見ていられるのですが
治療がうまく行かなかった時には辛いだろうなと・・・。

この病院を選んだ理由は、先生がとても患者思いで
質問をしっかり聞いてくれたり、納得のいくまで
話を聞いてくださるような人柄だということでした。

来月行くもう1つの病院は、あくまで口コミ情報からの
推測ですが、先生の対応は淡々としていて
忙しいときは質問をしづらいような印象なんです。

ただ、通院時間が30分以内ということと
最先端の治療をされている感じなので
これがまた魅力なんですよね。

もう1つの病院の雰囲気と先生の印象が良ければ
そちらに傾く可能性が大かもしれません。

いつも思うことですが、病院選びって本当に難しいです。

一度診察を受けて印象が良くなくても
しばらくすれば変わることもありますよね。

こんなこと言ってたら決められないな。
どうすればいいんだろ??

来月、もう1つの病院に行ってみて
色んなことを総合的に考えて決めようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2つの病院が候補にあがっているんだね。
病院選びって、ホント悩むよね。
先生との相性って大事だと思う。
いくら良い病院でも、先生と合わなかったら
通うのにストレスになっちゃうもんね。。。

でも、赤ちゃん待ち治療の先生は、
どちらかというと淡々としてる人が多いのかな?
私が通ってた2つの病院の院長は、
どちらもあまり話しやすいタイプじゃなかった。
私もそれがちょっと苦になったこと、あったよ。
(幸い、どちらの病院ももう1人、先生が居て、
もう1人の先生は優しい相談しやすい人だったから、
私はそちらの先生を担当にしてもらってたから良かったのだけど。)

でも、もし院長先生1人で、話しにくくても、
あまりにも相性が悪い・・・ということじゃなかったら、
やっぱり通ってた病院を選ぶかな。
それは技術が素晴らしいから。
自分のやりたい治療が受けられるから。
赤ちゃん授かるためだったら、
ちょっとぐらいなら我慢して、
その技術を受けたいと思うから。

本当は、技術も、先生も希望通りバッチリが一番だけどね。
もうひとつの病院が、けろっこさんにとってバッチリだといいね!
2009/09/29(Tue) 22:05 | URL  | ポラリス #-[ 編集]
ポラリスさんへ
淡々とした先生ってやっぱり多いよね。 私もそう思うよ。
やっぱり技術は大事だよね。 ポラリスさんの言うように
多少のことなら我慢しないとな~と私も思っています。
それから、院長が話しにくくて他の先生に診てもらうときって
基本的な治療の進め方とか、採卵などの重要な時は
院長が絡んでくれるのかな~? 技術のある先生が担当だったら
問題はないんだけどね。 次の病院がいいところだったらいいな。
また報告するね。
2009/09/30(Wed) 17:25 | URL  | けろ→ポラリスさん #r.3wvYC6[ 編集]
1つ目の病院は、院長ともう1人の先生のやり方が違ってたの。
でも2つ目の病院は、2人の先生、どちらでも
考え方、進め方は一緒にしてるって説明があったよ。
実際、私はもう1人の先生担当だったけど、
悩んだときは院長に聞きにいってたことがあったよ。

・・・というわけで、その辺も病院によって違うみたい。
そういうところの見極めも難しいよね。
あっ!でも、移植や採卵は、
どちらの病院も、担当じゃなくても
院長がやってくれてたから、
技術は受けられたという感じです。
参考までに・・・。
2009/09/30(Wed) 21:55 | URL  | ポラリス #-[ 編集]
ポラリスさんへ
返事が遅くなってごめんね。 詳しい情報ありがとう。
採卵など、絶対的に技術が必要な場合は、やっぱり経験が多くて
腕のいい先生にお願いしたいよね。 担当が院長でなくても
治療の進め方は院長に指示を仰ぎながらやってくれるのが
やっぱりベストかも。 まぁ腕も人柄もいい先生なら
それが一番いいんだけどね。 次の病院は10月19日なの。
いい病院でありますように!
2009/10/04(Sun) 00:50 | URL  | けろ→ポラリスさん #r.3wvYC6[ 編集]
はじめまして
はじめまして。
あたしのブログへの書き込み、ありがとうございました。あたしもお名前は何度か見たことがあるなぁ~という程度で存じていました。あたしは関東に住んでいることもあり、まめさんとの実質的距離があまりにもあって、結局まめさんの地元へ駆けつけることができなかったのが、今ものすごく悔やまれます。なんとか時間をやりくりしようにもなかなか都合がつかず、そろそろいけそうだなぁと思ってた矢先の突然の連絡に、愕然としました。上京された時にお会いできたのが、今となっては応援団長のお仕事だったのかな・・・と、まめさんのお仕事振りに感謝しているところです。
けろっこさんからのかきこみで、お知り合いになれたのも、きっとまめさんの引き合わせかもしれません。これからもどうぞよろしくお願いします。
2009/10/10(Sat) 13:08 | URL  | camomi #CMqPGwOk[ 編集]
camomiさんへ
こちらに来て下さってありがとうございます。
camomiさんのことはまめちゃんから話を聞いていましたし、他の方のブログの書き込みを見させてもらって、以前から優しい素敵な方なんだろうなと思っていました。
まめちゃんのこと、未だに信じられません。 camomiさんがまめちゃんのブログに書き込まれていたこと、camomiさんのブログでの記事を拝見し、どうしてもコメントせずにはいられませんでした。
こうやってお話させてもらえるのも、まめちゃんのおかげですね。
私は持病のことを含め、不妊治療のことなどを綴っています。
よろしければ、また遊びに来て下さい。 こちらこそこれからもよろしくお願いします。
2009/10/10(Sat) 21:48 | URL  | けろ→camomiさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。