なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホルモン負荷試験
2009年11月11日 (水) | 編集 |
今日は新しく通い始めたクリニックに行ってきました。
ホルモン負荷試験 というのを受けてきました。

今まで、色んな病院で検査をしているので、ほとんど
経験済みなのですが、この検査は経験がありませんでした。

この検査は、ホルモン剤を人工的に注射で投与してみて
ホルモン分泌の反応を調べる検査だそうです。

私がしてもらった検査項目は、
LH,FSH,プロラクチン,卵胞ホルモンです。
通常は甲状腺機能も調べるそうですが、私は専門病院で
診てもらっているので省いてもらいました。

ホルモン剤を注入するので、一時的に気分が悪くなったり
尿意をもよおしたりするそうで、ベットに横になって受けました。

まずはじめに、普通に採血をして
そのあと、ホルモン剤を注入します。

2種類のホルモン剤だったようで
LH,FSHを調べるためのホルモン剤と
次にプロラクチンを調べるためのホルモン剤だったそうです。

聞いていた通り、一時的に気分が悪くなったり
尿意をもよおしました。

横になっていたのでしばらくすると治まりましたが
敏感に反応するものですね~。

30分横になり、30分後にまた採血をしてもらい終了。

先生との面談はしなかったので、わりと早く終わりました。
といっても1時間半くらいはかかったかな。

この検査、お会計でビックリしました。
\12,540 もしました。 

そんなに高いと思ってなかったので
お金が足りてよかったです。
一瞬焦りました

この検査はどこでもこれくらいの値段なのかもしれませんが
このクリニックは全体的に高いです。

この前まで行っていた所だったら、内診と面談で1000円以内ですが
新しいところでは3倍以上していたような・・・。

まぁ仕方ないですね。
有名クリニックなんですから。
これからも覚悟しておかないと!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。