なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通院再開
2006年11月27日 (月) | 編集 |
2005年12月通院を再開しました。 

2周期はタイミング、その後AIHへ進みました。

原因不明と言われていましたが、通院当初から気になっていることが
ひとつありました。

それは、生理の1週間前になると必ず茶色のおりものが出ること。 
量はパンティライナーで間に合う程度で、それは生理まで続くのです。
体温は高温のまま、低温になると生理がきます。

SNSで質問しても、着床出血の人の話は聞けたけど、
毎周期、私と同じ症状の人はいらっしゃいませんでした。

黄体機能不全の場合、不正出血があると知り、先生にも聞いたけど、
私の場合は高温期もしっかり日数があるし、黄体機能不全ではないと
言われ、不正出血は気になるけど原因は分からないとの回答ばかり。

AIH周期は周期5日目から0.5錠のクロミッドを5日間、
高温期には黄体ホルモンを充填することになりました。 
黄体ホルモンはデュファストン、ルトラール、
プロゲデポー(筋肉注射)など周期ごとに色々試してみました。 

でもどれを使ってみても、茶色のおりものは必ずきっちり
生理1週間前にはやってきました。 

そしてAIH 5周期目。  
今まで試したのは黄体ホルモンだけだったけれど、
今度は黄体ホルモンと卵胞ホルモンの両方を補う 『ソフィア』 という
錠剤の薬を試すことに。

不思議なことにこの周期は、予定日1週間前を過ぎても、
茶色のおりものが出ませんでした。 

AIHをするようになってから、黄体ホルモンを服用すると高温期が長く
なり、否が応でも期待せざるを得ない状態になっていました。 

でも茶色のおりものが出ているということは、私にとって
今回もダメだったという証拠でした。 

フライング検査はすると、へこむだけだとは分かりながらも、
早期妊娠検査薬を大量に買っては、撃沈する日々でした。  

そして、ソフィアを試して茶色のおりものが出なかったこの周期。 
いつものように検査をしてみました。 

海外のものより、日本のクリアブルーの方が感度がいいという
噂を聞き、試してみました。
 
やはり、陰性。

が、半日くらいたって見てみると、

あれれ?

薄っすらライン が出てるじゃないのーーー!!

えーーーっ? これってまさか・・・ 

時間が経って出た陽性反応・・・ ネットで調べまくりました

同じように時間が経って出て、妊娠が確定した人もあれば、そうでない人も。

説明書にも時間が経って反応が出た場合、誤反応の可能性が高いと
書いてあり、全く期待は出ない状況でした。 

でも私としては信じたいという一心。

ところが、生理予定日を過ぎた頃から茶色のおりものが出始めました。

いつもなら、生理がくるんだろうなと思う兆候なのだけど、
この周期は違いました。 勝手に妊娠したと思い込み、
不正出血は流産の兆候とも聞くので、2、3日後に病院で検査をしてもらいました。 

妊娠していると思い込んでいたのに、結果は見事に陰性。 

落ち込みまくりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。