なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己注射
2010年01月08日 (金) | 編集 |
 DAY 6 排卵誘発 3日目 

注射は今日で3日目になりました。
自分で打つのも、少し慣れてきました。

前回のIVFの時は、FSH製剤は ゴナピュール300単位 x 3日
でしたが、今回は フォリルモンP225単位 x 5日 です。

単純に単位数の合計は前回が900で、今回が1125。
これがどんな風に前回との違いになってくるんだろうと
少し楽しみです。

注射は、できるだけ決まった時間にするのが
いいということなので、アラームをかけてやっています。

NEC_0987.jpg

↑ これが、1回分の注射キットです。
左から薬剤と生理食塩水、消毒、右にあるのが注射器、
上にあるのは、ばんそうこうと注射針です。
薬剤は要冷蔵です。

NEC_0988.jpg

↑ これが薬剤と生理食塩液です。 
注射器の中に、初めから薬液が入っているものと思っていたのですが
薬剤はパウダー状で、生食を混ぜて融解して使う形になっています。

まず、注射器で生食を吸い上げ、薬剤アンプルの中に入れて混ぜます。
融解できたら、その薬液を吸い上げ、もうひとつのアンプルに入れて
同じことをしたら出来上がり。

注射針を付け替えて、いざブスリ

NEC_0989.jpg

注射針は26G(ゲージ)と書いてありました。
これが太いのか細いのか基準が分かりませんが・・・。

刺した感じは、それほど痛くないので太くはないのでしょうね。
病院で注射してもらうより痛くありません。

お腹に打っているので、腕と比べると脂肪が多いからかな。
腕に打った時は、揉みが足らないと変にしこりのようになって
痛くなるときがありますが、そんなこともなく
注射の後も、それほど揉まなくても全然平気です。

家でのお気楽注射なので、IVFが始まったという実感が
まだありません。 

病院に行くのもこの注射を5回した後なので
次は11日です。

その日に卵胞チェックをして、今後の誘発の予定を立てるようです。
順調に行けば、採卵は来週の週末あたりかな。

やっぱり自己注射、楽です jumee☆faceA176
注射だけでも、長い時間待ったりするとストレスですからね。

卵ちゃんよ、順調に大きくなってね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。