なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始まってます
2010年06月09日 (水) | 編集 |
DAY7 排卵誘発6日目

書いていませんでしたが、実はもう始まっちゃってます

周期2日目に通院して卵胞の状態を見てもらい
大きさがそろっていて問題ないので
その日から排卵誘発の注射を始めました。

今周期はアンタゴニスト法なので、いきなり始まって
あれよあれよという間に、気がつけば注射も6日目になっていました。

始めの4日間はFSH製剤の フォリルモンP300単位
今回も自己注射なので楽チンです。

NEC_1408.jpg

前回は、225単位だったのですが、今回は量が増えました。 
理由を聞くと、前回は少し反応が悪かったからだそうです。

注射を始めると、2日間は倦怠感や頭痛などの副作用が出ましたが
徐々に慣れてきたのか、3日目くらいからはマシになりました。

そして今日は通院日でした。
卵胞チェックで10個近くあるのを確認。
今日から FSHとLHの混合剤 HMGテイゾー300単位
排卵を抑えるための ガニレスト0.25mg をすることになりました。

NEC_1425.jpg NEC_1426.jpg

前回はHMGフジ225単位でしたが、今回はテイゾーです。
フジとテイゾーは製造元が違うだけでなく
FSHとLHの混合比率が違うのだそうです。

血液検査の結果を見て、今回はテイゾーになったようです。
単位はFSH製剤と同じく、こちらも前回の225単位から
300単位と増量になっています。

アンタゴニスト製剤でよく聞くのは、セトロタイド ですが
私のクリニックでもセトロタイドは扱っているのですが
クリニックで注射する時はセトロタイドで
自己注射はガニレストになるみたいです。
筋肉注射と皮下注射の違いなのかな。
詳しくは聞いていません。


(6/12 詳しく聞きました。)
両方とも皮下注射なのですが、セトロタイドはクリニックで
溶液をまとめて大量に作って、注射しているそうで
ガニレストは1本1本注射器の中に個別に溶液が入っているという
違いなんだそうです。 セトロタイドを自己注射に使うと
溶液が余ってしまうので、クリニックでしか注射できず
ガニレストなら、自己注射用ができるということなのだそうです。


次は、土曜日に診察してもらって
採卵の予定が決まりそうです。
早ければ来週月曜日、遅くとも水曜には採卵の予定です。

色々考えると緊張してきますが
なるようになると思って頑張りま~す
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おー!もう始まっていたのね!!
今月採卵で、いつごろから採卵周期なのかな~って思ってたんだ~。
来週初めには採卵なんだね。
もうあっという間だね。私もドキドキしちゃいます。

今回は前回と違うアンタゴニスト法だし、
食生活による体質改善や
お友達のアロマトリートメントなど、
採卵に向けて良い条件が整ってるし、
きっと良い卵が育ってくれると思います。
毎日の注射大変だけど、がんばってね!
今回こそ、良い結果になるよう、祈ってます☆
2010/06/09(Wed) 21:58 | URL  | ポラリス #-[ 編集]
ポラリスさんへ
そうなの。 もう始まっちゃってるのよぉ。
早く書かなきゃと思いながら、時間が経っちゃいました。
過去2回はロング法だったから、今回は心構えをする前から
始まっちゃってて、あっという間に採卵を迎えるよ。
ポラリスさんが書いてくれたように、今回こそは良い結果に
なってほしいよ。 友達や食のパワーを信じて頑張るね。
祈ってくれてありがとう!!
2010/06/10(Thu) 20:44 | URL  | けろ→ポラリスさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。