なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パパママクラス 前期
2012年01月08日 (日) | 編集 |
1月6日(金) 19W4D

お世話になっている産科の病院で行なわれている
パパママクラスに参加してきました。

本当は先月に受ける予定だったのですが
体調が悪くてキャンセルしたので、少し遅れてしまいました。

参加していたのは私を含め9組で、平日だったせいもあり
旦那さんも一緒だったのは2組だけでした。

始まっていきなり簡単な自己紹介をするということになり
私が一番にあてられてしまったので緊張しました。

今回は初めてのクラスだったので、16~19週くらいの人が対象で
妊娠中の体の変化やトラブル、気をつけることなど
色々と教えてもらいました。

その他に現在心配なことがあれば
直接質問をして聞くこともできました。

本などで読んで知っていることも多かったですが
勉強になりました。 行っておいてよかったです。

私の病院では院内助産というのがあり、それを選ぶと
陣痛が始まってから出産、産後もずっと同じ部屋で過ごせます。

出産時は通常の場合は旦那さんしか立ち会いができませんが
院内助産の場合は、小さな子どもや他の家族も立ち会えます。

出産時は分娩台に上がることはせず、自分の好きな体勢で
産むフリースタイルをとっていて、医師の立ち会いはなく
助産師さんに取り上げてもらうことになります。

もちろん、出産の途中に何か問題があれば
すぐに医師を呼んで治療してもらうことができます。

できるだけ自然に近いお産を望む人は院内助産を
選ばれるそうで、私も魅力を感じました。

でも、私にとっては大きな問題があって
この部屋は基本的にフローリングで過ごすことになるので
寝るのも床に布団を敷くことになり、座るのも椅子ではないので
私の足にとっては難しいんです…。

ベットは用意してもらえるのかと聞いてみましたが
やはりそれは無理なようで、院内助産は諦めることになりました。

初めての出産なので、医師立ち会いの下での出産の方が
安心できるからいいかもしれませんね。

次のパパママクラスは2月にあります。
体調を整えて、また参加したいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。