なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
受精、分割確認
2012年02月02日 (木) | 編集 |
2011年2月16日(水) DAY21 採卵翌日

12:30 受精確認 
問題なく受精できたとのこと。
ほっと一安心。


2011年2月17日(木) DAY22 採卵後2日目

10:00 分割確認
4細胞 フラグメント多め グレード3

分割スピードは良いが、フラグメントが多いのと割球が不均等なので
今後、分割が進むかがポイントとなるとのこと。


2011年2月18日(金) DAY23 採卵後3日目

10:00 分割確認
8細胞

なんとか8細胞になってくれた  フラグメントは一度出ると
消えることがないので、まだある状態(粒々した形状のもの)。
フラグメントの割合は10~15%くらい。 グレードはつけておらず
胚盤胞まで育った時点でつけるとのこと。


2011年2月19日(土) DAY24 採卵後4日目

16:00 分割確認
12細胞

朝の時点では9細胞だった。 この状態では、明日5日目で
胚盤胞になるのは難しいので、今周期の移植はキャンセルとなる。

本来なら、4日目で桑実胚になっていないといけない。
桑実胚とは分裂した細胞通しがくっついていることを言うが
早い場合は8細胞位からくっつき始め、遅いと16細胞位でくっつく。

早ければいいというものでもなく、できれば8細胞ではくっついて
ほしくない。12細胞位からがベストだが、私の場合は
まだその気配がない。


2011年2月20日(日) DAY25 採卵後5日目

午前中、プラノバールが郵送にて到着。
夕食後1pc 12日間服用する。

この病院に変わって、一番大切なことを学びました。
それは採卵後の 「残卵潰し」

というのは、採卵で採れる卵は規定の大きさに
なっているものだけで、卵巣の中にはまだ卵が残っている
状態なんだそうです。

特に、刺激周期で排卵誘発をして、多くの卵を作った後には
この残卵がたくさんある状態で、そのままで放っておくと
その卵が質の悪い卵として残ってしまうことになるそうです。

私がいい例でしたが、採卵を繰り返すたびに質が悪くなったり
変性卵が多くなるのは、これが大きな原因なんだそうです。
残卵を潰すには、プラノバールを使用するそうで
今周期の移植がなくなったので、服用することになりました。


2011年2月22日(火) DAY27 採卵後7日目

12:00 凍結確認
残念ながら、成長が止まり凍結できなかったとのこと。

2月20日(日) 採卵後5日目 13細胞
2月21日(月) 採卵後6日目 13細胞(桑実胚になる前)

採卵後4日目の時点で12細胞だったのが
13細胞までにしかならず、成長が止まったそうです。

今まで散々成績の悪い私が、1回でうまくいくとは
思っていなかったので、こんなもんかというところでした。

やっぱり卵の質が悪いんだろうな…。
きっと質の悪い卵がいっぱい残っている状態なのでしょう。

今周期は、完全自然周期(成功報酬システム)ということで
周期全体を通して掛かった費用は ¥82,842 でした。

次周期はカウフマン周期といって
卵巣を休める周期を挟むことになりました。

これも、いわゆる残卵潰しなんです。
少しでも状態が良くなるといいんだけど、どうなるかな
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。