なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パパママクラス 中期
2012年02月11日 (土) | 編集 |
2月10日(金) 24W4D

きのうは病院で開かれるパパママクラスに行ってきました。
1月に前期のクラスを受けて、今回は中期ということで2回目でした。

前回は助産師さんだけのお話で、途中休憩もあって
1時間ちょっとで終わったけど、今回は休憩なしで
予定の1時間半を少し超えるくらいガッツリとありました。

まずは栄養士さんから、妊婦が摂るべき影響と食事についてのお話。

内容は大体知っていることで、普段から実践していることでしたが
具体的にどのくらいの量を3食で摂らなければならないか
というところは、すごく参考になりました。

必要な量は何グラムと言われてもピンときませんが
食品サンプルで、お茶碗にご飯が入っているものや
魚や肉など、実際の大きさのサンプルを出して
説明してくださいました。

例えば、動物性のタンパク質なら、手のひらに
乗るくらいの量を1回の食事で取り入れるんだそうです。
ふむふむと頷きながら聞いていました。

私の場合、なるべくバランス良くは食べられているのですが
量がそれほど食べられないので、全体的なカロリーとしては
低くなると思います。

一般女性は、1日1600~1800kcal で
妊娠中期から後期にかけては、2000~2250kcal が
必要量とされるみたいですが、そんなに摂れているか疑問です。

もっと食べないといけないかなぁとも思うのですが
今のところ、赤ちゃんは週数相当より少し大きめで
成長の妨げにはなっていないみたいなので
大丈夫かなぁと思ったりもしています。

栄養士さんの話の後は、産科の先生からのお話。
スライドを使って、妊娠中の注意点や体の変化などの説明があり
ところどころ、雑学的なお話があり、それが面白かったです。

例えば、妊娠すると感情にも変化が現れるということで
子どもや小さなものがやたらと愛おしく思えたり
感情の起伏が激しくなり、涙もろくなるという話。

確かに、以前より赤ちゃんや子どもを見る目が変わったとは
思っていましたが、そういうメカニズムになっていたんですね。

で、すごく興味深く思ったのは、動物の話でした。
ハイエナはライオンを襲いますが、妊娠中のライオンは
大人のライオンは襲っても、子どものライオンは襲わないのだそうです。

もちろん、オスのライオンなら子どもであろうが即座に襲うそうですが
妊娠中は母性が働いていて抑制されるんだそうです。
そういう働きが哺乳類の動物には備わっているらしいのです。

へぇ~と深く感心ちゃいました。
ボタンがあれば何回も押していましたよ(笑)

それと、もうひとつ驚いたことは、早産の理由の1つに
歯周病があるんだそうです。

口の中に歯周病菌が増えると、免疫を担当する細胞から血中に
「サイトカイン」という情報伝達物質が出されるそうで
サイトカインの血中濃度が上がると、妊婦の身体は
それを「出産開始のゴーサイン」とみなすらしいのです。

歯周病によるサイトカイン濃度の上昇を身体が出産の準備が
整ったと判断し、陣痛や子宮の収縮が起こって
切迫早産や早産を引き起こす要因になるのだそうです。

早産にならなくても、低体重での出産も
考えられるようで、気をつけようと思いました。

ワンコインで受けられる妊婦の歯科検診があるのですが
まだ行っていないので、この機会に行こうと思いました。

最後は助産師さんからの話でした。

パパママクラスのテキストがあって、それに従って説明されるのですが
この時点で終了予定時間の5分前だったので、かなりの駆け足で
必要なことだけお話されました。

色々と勉強になって、今回も参加してよかったです。

次は、4月にパパママクラスの後期と
立ち会い出産希望のパパクラスがあります。

体調を整えて、また参加したいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。